引越し準備特集

簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる 簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる
若いカップルとダンボールを積み立ている業者

summary

  • 引越し準備を始めるタイミングや流れなどを事前に押さえておくことが大切です
  • 引越し業者の手配は、引越し決定後すぐに済ませておきましょう
  • 各種手続きや荷造りだけでなく「新居での生活を始める準備」も整えておくと快適に新生活をスタートできます

引越しを行う際には、さまざまな準備が必要です。特に初めての引越しを控えている方のなかには「何をどのように準備したらいいのかわからない」とお困りの場合もあることでしょう。
そこで、今回は引越しの際に必要な準備や手順について詳しく解説します。さらにはそれぞれの準備を効率的にこなすためのノウハウをまとめた記事もご紹介しますので、ぜひ参考にしながら、スムーズに引越し準備を進めていきましょう。

引越し準備はどのタイミングで始める?

カレンダー

まずは、引越し準備を始めるタイミングを押さえておきましょう。

引越し準備は、新居の契約が完了した後、すぐに始めることがポイントです。 荷造りなどの本格的な準備は「引越し2週間ほど前」から開始することをおすすめしますが、現住居の退去手続きや引越し業者の手配などは引越しが決まった段階で進めていくとよいでしょう。

なかでも早めに行いたい準備が、引越しに伴うインターネット回線の手続きです。申し込みを行ってすぐに利用できるわけではなく、場合によっては利用開始までに1ヶ月程度かかる場合もあります。新居にてすぐにインターネットを利用したい場合には、なるべく早めに手続きしておけると安心です。

引越し準備の流れをチェック!

次に、引越し準備における大まかな流れを確認しておきましょう。効率的な手順を事前に把握しておくことで、迷うことなく着実に引越し準備を進められます。

  • STEP① 新居の契約・現住居の解約手続き
  • STEP② 引越し業者の手配
  • STEP③ 荷物の整理
  • STEP④ 各種手続き
  • STEP⑤ 新居で生活を始める準備

具体的に必要な準備については、以下の見出しにおいて各STEPで詳しく解説していきます。

新居の契約・現住居の解約手続き

引越しを決めたら、まずは新居を探して希望条件に合う物件の契約から始めます。その際には、家賃だけでなく、そのほかにかかる費用も考慮したうえで、契約に進むことが大切です。
賃貸物件に引っ越す場合には敷金・礼金や仲介手数料、引越し業者に支払う料金など、さまざまな費用が発生します。実際に契約してから「こんなに費用がかかるとは…」と後悔することがないように、まずは以下の記事を参考に引越しにかかる費用相場をしっかりと把握しておきましょう。
無事に新居の契約が完了した後は、できるだけ早めに現住居の大家さんや管理会社に連絡をして引っ越す旨を申し伝えます。賃貸契約の解約通知は「退去したい日から1ヶ月~2ヶ月前まで」と定められているケースが多いため、しっかりと期日を守って連絡することが大切です。もしもまだ退去日が確定していない場合には、まずは大まかな退去時期を伝えて、退去日が決まった段階で再度連絡を入れるようにしましょう。

引越し業者の手配

引越しは自力で行うことも可能ですが、プロの引越し業者に依頼するほうが、よりスムーズに引越し作業を進められます。効率的に引っ越したい方、自力で引越し作業を行うことに不安がある方は、ぜひ引越し業者の手配を進めましょう。
しかし、一口に引越し業者といっても数が多く、選ぶ業者によって料金やサービス内容が異なるため、業者を選ぶのは簡単ではありません。複数の業者に一括で見積もり依頼をしたい場合には、「一括見積りサイト」を利用するのも一つの方法です。既にお目当ての業者がある場合には、個別に連絡をして見積もりを依頼するのもよいでしょう。

引越し料金は運搬する荷物の量や引越し先までの距離、引越しを行う時期などによっても左右されます。「できるだけ費用を抑えて引越ししたい」とお考えの方は、ぜひ以下の記事を参考にしながら引越し手段や日程を検討してみてはいかがでしょうか。
引越し業者の手配は、引越し予定日の1ヶ月ほど前には済ませておきましょう。特に3月中旬から4月上旬頃の「引越し繁忙期」は、予約が混み合うことが想定されるため、引越しが決まった段階で、早めに日程を押させておくことをおすすめします。

荷物の整理

引越しに伴う荷物の整理は、引越し予定日の3週間ほど前から始めるとよいでしょう。ただし、引越し日までの生活に不便を感じることのないよう、すぐに使用しないものから、少しずつ梱包を進めていくことをおすすめします。
荷造りにあたっては、まずは梱包に必要なダンボールや緩衝材といった資材を調達しましょう。引越し業者を利用する場合にはこれらの梱包資材を無料で提供してもられるケースが多いですが、なかには個数が決まっている場合もあるため事前の確認が大切です。
また、もしも不用な家具や家電を処分したい場合は、ルールに従って自治体に回収してもらう、リサイクルショップやネットオークションなどで売るなどの方法で早めに処分しましょう。ただしエアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などは「家電リサイクル法」によって処分に必要な料金や手段が定められているため、お住まいの地域での処分方法について事前にきちんと確認することが重要です。

引越しの荷造りに関するお役立ち情報を以下にまとめたので、ぜひ参考にしながら梱包作業を進めてみてください。

各種手続き

住民移異動届とペン

引越しをすると、住所が変わるため、手続きをしないでいると日常生活に支障をきたしてしまいます。住所を登録しているサービスには非常に多くの種類があり、住民票やマイナンバーカードなど公的機関のサービスだけでなく、運転免許証や車庫証明、銀行口座、クレジットカードなども住所変更が必要です。普段利用しているサービスを継続して利用できるように、以下の記事を参考にしながら適切な方法で住所変更の手続きを行いましょう。

新居で生活を始める準備

引越し当日からスムーズに新生活を始めるためには、以下でご紹介するような「生活に関わる準備」も進めておくことが大切です。特に実家を出て初めて一人暮らしをする場合は、家具や家電を一式そろえる必要があるため、生活に不便がないようにきちんと手配しておきましょう。

ライフライン(ガス・電気・水道)の手続き

電気と水道は、新住所と利用開始日を連絡しておけばすぐに使用できます。しかし、ガスは事前の連絡に加えて、引越し当日の立ち会いも必要となるため、必ず入居前に手配しておきましょう。

家電をそろえる

生活するうえで必要な家電は人それぞれ異なりますが、最低限、以下のものを調達しておくとよいでしょう。

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • エアコンや扇風機などの空調家電
  • テレビ
  • 掃除機
  • 洗濯機

家具や日用品をそろえる

家具や日用品は、最低限用意しておいて、実際に生活してからそろえても構いません。
以下を参考に、すぐに必要なものをリストアップして準備しておきましょう。

引越しで準備しておきたい家具の例
  • カーテン
  • ベッドや布団などの寝具
  • テーブルや椅子
  • 収納家具
引越しで準備しておきたい日用品の例
  • タオル
  • シャンプー類
  • トイレットペーパー
  • 歯ブラシなどのオーラルケア用品
  • 掃除・洗濯用品
  • フライパンや包丁などのキッチンツール
  • 食器やカトラリー類

挨拶のための手土産を用意する

新居の引越し挨拶用に手土産を用意することも、大切な引越し準備の一つです。引越し時には荷物の搬入による騒音などで近隣に迷惑をかけることはもちろん、今後のお付き合いも考慮して、きちんと挨拶にうかがいましょう。

新居の掃除をする

引越し準備として「新居の掃除」を思い浮かべる方は少ないかもしれませんが、忘れずに行うことが大切です。場合によってはクリーニングが何ヶ月も前に行われていて、いざ入ってみたらホコリが気になるといったケースも見られます。
また、入居前に掃除をすることで、内見時には気づけなかった傷や不具合などを発見できるメリットもあります。

まとめ

引越し準備は手間がかかるため、必要な作業や流れを事前に把握したうえで進めることがポイントです。特に契約や手続き関連は期日が設けられていることが多いため、後回しにせず、早めに済ませておきましょう。
ぜひ今回ご紹介した記事を参考にしながら引越し準備を進めて、気持ちよく引越し当日を迎えましょう。