事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
TAX 例

summary

  • 12月の引越しの場合は年末調整やライフライン会社の年末年始の休業など考慮しなくてはいけないことがたくさんあります
  • 新居で年賀状を受け取れるようにするために郵便局の転送サービスの手続きをしましょう
  • 多忙な年末には「単身引越しナビ」を利用して引越し業者選びを手軽にするのがおすすめです

12月は引越しの閑散期にあたるため、引越し料金が安いことから費用をおさえたい方にはおすすめの時期ですが、年末ということでやらなくてはいけないことも多くあります。この記事では12月に引越しをする場合に気を付けるべきことや、効率良く引越しをするためにおすすめのサービスなどを紹介します。ぜひ引越しをするうえでの参考にしてみてください。

年末調整の住所について

年間の所得にかかる税金を会社が給与からあらかじめ差し引くことを源泉徴収といい、その所得税を再計算することを年末調整といいます。年末調整では税金を払いすぎていた場合には還元され、払い足りていなかった場合には徴収されます。年末調整の書類に記入する情報をもとに税金を納めることになるため、住所を正しく記入しなければ手続きは進みません。そのため年末調整で記入する住所は大切になりますが、12月に引越しをする場合は、年末調整の書類を準備する際にまだ引越しを終えていない場合もあるでしょう。そのような場合は旧居と新居どちらの住所を記入すれば良いのでしょうか。

新居の住所が分かっている場合

マンション 住居

年末調整に使う住所は1月1日に実際に住んでいると見込まれる場所であるため、年末調整の書類を準備する時点で引越し先が決まっている場合には、書類に新居の住所を記入しましょう。

新居の住所が未定な場合

12月に引っ越すけれども、引越し先の住所が未定であるという場合には、現在住んでいる住所を記入しましょう。ただし、新居の住所が決定し次第、すぐに会社に報告しましょう。また、事前に会社には引越し予定であることを伝えておくと手続きがスムーズに進むでしょう。

住民票の変更について

住民票とは、「住民の居住関係を公に証明するもの」であり、国民年金や国民健康保険といった制度は住民票の住所をもとに手続きされます。そのため、年末の引越しであろうと期限内に住民票を異動(移動)の手続きをする必要があります。住民票の異動(移動)に必要な手続きは、同じ市区町村内なら「転居届」、異なる市区町村への引越しならば「転出届」と「転入届」で、これらの手続きを役所で行う必要があります。ただし、年末年始は役所も基本的に休業をしているため、年末の引越しをする際は休業期間も考慮したうえで手続きをする予定を立てましょう。

また、年末に引越しをした場合、新居と旧居のどちらの自治体に住民税を払えば良いのか迷う方がいるかもしれません。「住民税は1月1日に居住していた市区町村で支払う」ことを覚えておきましょう。

インフラ事業会社の休業期間に注意

引越しでは上記のような公的な手続きのほかに、電気・ガス・水道などのライフラインの手続きも必要です。引越し当日から新居でライフラインを使用するためには、あらかじめ電気・ガス会社、また水道局に手続きをしなければいけません。しかし、年末年始は休業期間を設ける会社もあります。特に、ガスの開栓にはガス会社の立ち会いが必要です。年末年始もガスの開始手続きや、開栓の立ち会いを受け付けている会社もありますが、会社によっては年末年始を休業期間として対応をしていないこともあります。年末年始に引越しをする場合は、利用する会社の営業日を確認したうえで早めに手続きをするようにしましょう。

年賀状など郵便物の転送手続きも忘れずに

12月に引越しをした場合すぐに年末を迎え、年賀状を送り合う季節になります。SNSなどの連絡先を知らず、年賀状だけでやり取りをしている古い友人なども、少なからずいるのではないでしょうか。しかし年末までの短い期間で、年賀状を送ってくれる全員に引越しを伝えるのは難しいことです。その場合、引越したことを知らずに旧居宛てで年賀状が送られてくるため、受け取れないと不安を抱く方もいるかと思います。しかし郵便局の転送サービスを利用することで、新居に年賀状が届くようにすることが可能です。郵便局に「転居届」を出すことで、届出日から1年間旧居に来た郵便物が転送不要のものを除き、無料で新居に転送されてきます。年賀状は転送対象に含まれているため、自分宛ての年賀状すべてに目を通せるでしょう。年末に引越し予定の場合は、早めに手続きをするようにしましょう。

12月の引越しをスマートにするために

12月 カレンダー

「師走」と呼ばれているように、12月はとても忙しい時期です。会社員の場合、年末年始に向けて仕事が前倒しになり、納期も迫っているということもあるでしょう。また、忘年会への出席や、年賀状を書く準備も必要です。普段掃除をしない部屋の隅々まで大掃除をする方も多いでしょう。人によってさまざまな理由がありますが、多くの人にとって年末はとても忙しいものです。それに加えて引越しもとなると、更に多忙になります。引越しをスムーズに終えられなければ、穏やかな気持ちで無事に新年を迎えることは難しいでしょう。そこで引越し準備を少しでも楽にするためにおすすめなのが、当サイトの運営する単身者向けの引越しマッチングサービス「単身引越しナビ」です。

定額パックで安心、明朗会計

「単身引越しナビ」は一都三県で引越しをする方限定の2トンショートトラック積み切りパックです。通常の一括引越し見積りサイトと違い、料金は閑散期・繁忙期といったシーズン料金や、平日・休祝日料金を元にした6パターン定額制のため、わざわざ複数の業者と見積り交渉をする必要はなく業者を決めることができます。申込み時に単身引越しナビの定額パック対象の場合は、引越し料金が表示されるので、申込み前に金額がわかります。また、申込み後は待っているだけで業者とマッチングをするので、引越し見積りにかかるはずの時間や手間を省略できます。

営業電話の心配なし

「単身引越しナビ」には多数の引越し業者が登録されています。そのため、一見普通の一括見積りサービスに見えるのですが、大きく異なるところがあります。それは、「単身引越しナビ」がぴったりの1社をマッチングくれることです。「単身引越しナビ」では、利用者は登録時に自分の引越しに関する情報を入力しますが、個人情報が公開されるのはマッチングしたその業者のみです。そのため一般的な一括見積りサービスにありがちな複数業者から一斉に営業電話が際限なくかかってくるという事態を回避できます。

信頼できる業者のみと提携しているから安心安全

「単身引越しナビ」は1社とマッチングをする仕組みのため、自分で業者を選択できないのは少し不安と思う方もいるかもしれません。しかし「単身引越しナビ」に登録している業者は国の許認可を取得しており、また単身引越しナビ独自の審査も通過しています。実績多数の業者が参画しているので、安心してご利用いただけるでしょう。

まとめ

この記事では、12月に引越しをする場合の注意や、手軽に引越しをするためにおすすめのサービスを紹介しました。12月は忙しい時期ですが、工夫次第では手間を削減して引越しできます。「単身引越しナビ」などご紹介したサービスなどを利用すれば、負担の少ない引越しができるため、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。この記事を参考に、気持ちよく新年を迎えられるようにしてください。