事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り

引越し時のガス開通までの流れ|注意点や必要なもの、解約手続きも解説

引越し時のガス開通までの流れ|注意点や必要なもの、解約手続きも解説
summary
  • ガスの開栓手続きは、電気・水道と比べて計画性が必要になるものです
  • 引越し先でガスを開通させるためには、立ち会いが必要になります
  • 引越し先でガスを開通させる前に、ガスの種類や開栓日時の予約が必要です
  • 引越し元のガスの閉栓手続きも、開栓時同様に計画的に行わなければなりません

引越しが決まると、各種ライフラインの開栓手続きが必要になります。電気や水道、人によっては電話回線もありますが、とくに注意を払うべきなのがガスです。

うまくガス業者と連絡を取り合わなければ、新居への入居当日にガス開通が間に合わないという事態も起きてしまいます。

この記事では、引越し時のガス開通までの流れや手順、ガス開栓にともなう注意点を解説します。引越しのガス開通が遅れないよう、本記事を参考にして計画的に手続きを進めてください。

引越し時のガス開通までの流れ

引越し時のガス開通までの流れ

引越しにともなうガス開通までの流れとして、旧居のガス閉栓と新居でのガス開栓それぞれの手続きを行う必要があります。とくにガス開栓時には契約者、もしくは同居人の立ち会いが必要となるため、ガスの点検員とスケジュール調整をしなければなりません。

また、旧居・新居がオートロックを採用している賃貸物件の場合、閉栓の際も立ち会いが必要になる場合があります。この立ち会いが絡む関係で、ガスの閉栓・開栓の申し込みは計画的に行う必要があるのです。目安として、引越しの1〜2週間前には手続きを行いましょう。

ガスの閉栓・開栓にともなう立ち会いは、土日・祝日を含めて年中無休対応している事業者がほとんどです。理想は引越しの前日、もしくは当日にガスの閉栓・開栓をしてもらうのがおすすめです。当日に開栓を依頼する場合は、引越し全体のスケジュールに組み込んでしまい、別の予定とバッティングしないようにしてください。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

ガスの使用開始までの手順

ガスの使用開始までの手順

ガスの使用開始までには、以下の手順を踏まなければなりません。

  • 引越し先のガス業者を確認する
  • 事前準備をする
  • ガス開通のための申し込みをする
  • ガス開栓作業に立ち会う
  • ガス機器の設置

電気や水道と異なる注意点もあり、間違えると火災やガス機器故障の原因にもなります。事前に確認をして手続きを進めましょう。

引越し先のガス業者を確認する

ガスの開栓手続きは、新居を管轄するガス業者に依頼をします。

新居が旧居から近く、引き続き同じガス業者で開栓を依頼する場合は旧居の閉栓の申し込みと一緒にしてしまうと良いでしょう。新居が離れており、ガス業者が変わる場合は、新居でガスを供給している業者を探すところから始まります。

この時、新居にあるガスの種類に注意してください。ガスには都市ガスとプロパンガスの2種類が存在し、ガスの性質が異なります。

都市ガスは、水道のように地下に張り巡らされた配管を通して、ガス業者が持つガスタンクから各家庭に供給されているものです。
対してプロパンガスは、家屋の外にガスボンベを設置し、そこからガスを供給しています。

これらは主に熱量が異なり、それぞれの熱量に対応したガス機器でないと使用することができません。旧居で使用しているガス機器と新居で供給されているガスが同じかどうかを事前に確認してください。

万が一間違えてしまうと、旧居で使用していたガス機器が使えなくなってしまう恐れがあります。ガス業者に依頼すれば、新居のガスのタイプに合わせて改造してもらうこともできる場合もありますが、一定の追加料金が発生します。事前に確認しておきましょう。

事前準備をする

ガス種の確認が終わり、問題なく使用できることがわかればガスの契約に移ります。
契約時には以下の情報が必要になるため、メモなどで用意しておくと良いでしょう。

【申し込み時に必要な情報】

  • 契約者名
  • 引越し先の住所
  • 引越し先の建物情報
  • ガスの使用開始日
  • 立ち会いの希望日時
  • ガス料金の支払い方法

前述のとおり、ほぼすべてのガス業者は年中無休で開栓を行ってくれます。仮に土日や年末年始であっても対応してくれるはずです。
ただし、引越しの繁忙期にはガスの開栓・閉栓作業が立て込みます。その関係で、思った日時で立ち会い日時が取れない場合も珍しくありません。

電気・水道と異なり、立ち会いが必要なだけにほかのライフラインよりも早く準備を済ませてしまうのがおすすめです。

ガス開通のための申し込みをする

ガス開通のために必要な事前情報が出そろったら、申し込みを行います。

ガスの開栓申し込みは引越しの10日~1週間前が目安です。これより遅くなってしまうと希望日時での開栓が難しくなってしまう可能性があります。また、開栓があまりに早すぎると、開通してから引越しが完了するまでのガス料金も支払わなければなりません。申し込みには余裕を持ち、無駄なガス代を支払ったり、入居時にガスが使えなかったりするなどの状況が起こらないようにしましょう。

申し込みは電話以外にも、ガス業者のWebサイトからでも可能です。詳細はガス業者によって異なるため、一度申し込みを行うガス業者のWebサイトを確認してください。急な引越しなどで引越しまで1週間を切ってしまっている場合は、電話で申し込みをすると早めに対処してもらえるでしょう。

ガス開栓作業に立ち会う

ガスの開栓作業当日は、点検員が訪問するまでに新居にいるようにしてください。

ガスの開栓を依頼した当日の朝に、点検員からリマインドの電話がくるため再度時間を確認して、その時間までに新居に向かいましょう。この時にもしどうしても開栓時間に間に合わない事情がある場合は、点検員に時間変更を申し出るようにしてください。

ガス開栓作業では、まず新居のガス栓やガス機器の説明を行います。トラブルが起きた際の対処法や問い合わせ先の情報を教えてくれる場になるため、メモを取ると良いかもしれません。説明後にガスメーターを開栓し、ガスが開通したかどうかの点検を行います。同時にガス漏れがないかも確認し、万が一見つかった場合は対処します。

最終的に、備え付けのガス機器の使い方の説明を受け、すべての作業が終わると「作業完了報告書」への署名押印が求められます。サインだけで済む場合と印鑑も必要な場合があるため、どちらも用意しておきましょう。最近は印鑑不要になっているケースもありますが、念のため持っておくと安心です。

ガス機器の設置

ガスの開通後は、旧居から持ってきたガス機器の設置と試運転を行います。また、賃貸物件で備え付けのガス機器がある場合は、それらが正常に作動するかどうかを確認しましょう。ガス開栓で点検員が確認のために使用する場合もありますが、念のため自分自身でも確認しておくことをおすすめします。

ガス機器が正常に利用できるかどうかをチェックし、問題なければガスの開栓・開通は終了です。なお、自分でガスが使えるかどうかを判断するときには、十分な換気を行いながら点火をしてください。万が一ガスのホースが抜けてしまったり、ガス漏れがあったりした場合に、急性一酸化炭素中毒を引き起こさないための対処です。また、賃貸物件の場合、備え付けのガス警報器が作動しないようにするためでもあります。冬場の寒い時期などに換気するのは気が引けるかもしれませんが、自身の健康と共同生活者に迷惑をかけないために、きちんと換気しながら行ってください。

ガス開通を申し込む際の注意点

ガス開通を申し込む際の注意点

ガス開通を申し込む際、以下の5点に注意してください。

  • 引越し先で使用できるガスの種類を確認しておく
  • ガス開通の作業は自分ではできない
  • ガス開通には必ず立ち会いが必要
  • 土日を希望する場合、事前に確認が必要
  • ガス開通の申し込みが当日になってしまった場合

ほかのライフラインとは異なり、ガスの開通には特有の手続きや過程が存在します。以下のいずれかの注意点に該当してしまった場合に備えて、対処法などがあればそれらも同時に解説します。

引越し先で使用できるガスの種類を確認しておく

先にも少しだけ触れましたが、引越し先で使用できるガスの種類を確認しておきましょう。ガスには、大きく分けて次の2種類があります。

  • 都市ガス(天然ガス)
  • プロパンガス(LPガス、LPG)

両者の違いは熱量です。それぞれに規格番号が割り振られていますが、都市ガスの場合は「13A」「12A」の2種類がほとんどです。都市ガスはこの番号が異なっていても同じガス機器が使用できるようになっているため、旧居・新居ともに都市ガスが供給されている場合はそこまで気にしなくても良いでしょう。

問題は都市ガスからプロパンガス、プロパンガスから都市ガスの地域への引越しです。プロパンガスの規格は多岐にわたり、都市ガスとはまったく異なる規格となっています。プロパンガスは、それぞれの規格に対応したガス機器でなければ使用できない特徴があります。もし新居へガス機器を持っていく場合、最低でも引越し先が都市ガスなのかプロパンガスなのかを確認しておきましょう。

ちなみに、原則この2つはガス栓とガス機器をつなぐホースの色で区別できます。
都市ガスは青もしくは薄いベージュ、プロパンガスはオレンジ色のホースが使われています。ガス栓のホースが目に見えてわかる場合は、この方法で旧居のガス種を判断するようにしてください。

ガス開通の作業は自分ではできない

ガス開通は絶対に自分でしてはいけません。

ガスの取り扱いには資格が必要であり、有資格者でなければ開通してはいけないと法律で義務づけられているためです。立ち会いが必要なのも同様で、それだけ危険なものであることを理解しておいてください。

よくある勘違いが「危険物取扱者免状」を持っていれば大丈夫というものですが、都市ガス・プロパンガスともに、消防法における危険物には該当しません。つまり、危険物取扱者の資格を持っていてもガスの開栓はできないということになります。

ガスの開栓に必要な資格は一般社団法人 日本ガス協会が設けている「需要家ガス設備点検員資格認定」を受けた技術者のみに認められるものです。ガス業者が基礎教育を行って初めて得られる資格であるとともに、開栓に必要な特殊工具もガス業者のみが持っています。

言い換えれば、自力でガス開栓を行うことは、資格的にも物理的にも不可能だということになるのです。

ガス開通には必ず立ち会いが必要

ガス開通には必ず立ち会いが必要です。

これはガス業者のルールではなく、法律で規定されている義務です。そのため、当日誰も立ち会えない場合、ガスの開通はできません。危険物ではないものの、一歩間違えれば重大事故に発展しかねないものです。また、ガス業者の点検員にもガスの使用説明が義務付けられているため、理由の如何を問わず立ち会わなければなりません。

どうしても立ち会いができない場合は代理人でも構いません。家族や同居人、友人や大家さんなどの信頼できる人に依頼しましょう。ただし、代理人が立ち会う旨は、事前にガス業者に伝えておいてください。ガス業者が混乱をきたさないためにも配慮をしましょう。なお、代理人を立てる場合に委任状や印鑑、本人確認書類は不要です。

ガス業者は、開栓と同時にガスの使い方も指導します。地震が発生した際の復旧方法など、これから新居で生活するうえで必要な内容を代理人に対して行います。ガス業者から聞いた内容は、必ず代理人から伝言してもらうようにしてください。

土日を希望する場合、事前に確認が必要

ほとんどのガス業者は、土日の開栓を希望された場合でも問題なく対応してくれるでしょう。しかし、すべてのガス業者が年中無休で対応しているわけではないため、事前に確認が必要です。

とくに注意が必要なのは繁忙期です。引越しの時期とかぶる形でガス業者も開栓・閉栓の繁忙期がやってきます。土日・祝日は仕事が休みで、その時間を利用して引越しをする人も少なくないため、必然的にガス業者も忙しくなります。
繁忙期のピークになると、希望したい日時が埋まってしまっていることもあるため、早めに申し込みしておくようにしてください。

また、ガス業者の営業時間にも注意が必要です。基本的に年中無休ではあるものの、24時間対応というわけではありません。業者によって対応可能な時間が異なるため、開栓を申込むガス業者の営業時間を事前に調べておくようにしてください。

ガス開通の申し込みが当日になってしまった場合

万が一ガスの開通申し込みが当日になってしまった場合、まずはガス業者に速やかに連絡を入れてください。予定が空いていれば当日にガスの開通ができるかもしれません。当然、この場合も契約者の立ち合いが必要です。

夕方などの遅い時間や繁忙期に開栓申し込みができていないことに気がついて連絡した場合、翌日や別日に回されることも少なくありません。そうなってしまった場合は素直にあきらめるほかないでしょう。

引越し当日になって「ガスの開栓手続きができていない」とならないように、早め早めの申し込みを心がけてください。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

引越し元のガスの使用停止・解約手続きも忘れずに

引越し元のガスの使用停止・解約手続きも忘れずに

引越し元のガスの使用停止・解約手続きも忘れてはいけません。ガスの閉栓に関しては、開栓とは違って立ち会いが必須ではなくなります。

しかし、オートロック式のマンションやガスメーターが室内にある場合はガスの閉栓にも立ち会いが求められます。旧居の形態にもよるため、オートロックのマンションに住んでいる、ガスメーターが室内にある場合は閉栓日時の決定もあわせて行ってください。

引越し元のガス業者を確認する

まずは引越し元のガス業者がどこなのかを確認します。

月々のガス料金を示した検針票にガス業者の名前が書かれているため、それを確認すると良いでしょう。ただし、なかには電気代とまとめて請求になっているため、検針票が手元にない場合もあるでしょう。その場合は銀行口座やクレジットカードの取引履歴を確認すれば確認できます。

プロパンガスの場合は、設置されているガスボンベに会社の名前が書かれている場合もあるため、確認してみてください。

事前準備をする

ガスの使用停止・閉栓に必要な情報を集めます。必要な情報は次のとおりです。

【ガスの使用停止・解約に必要な情報】

  • 契約者名
  • ガスを停止する住所(旧居の住所)
  • お客様番号
  • 電話番号
  • ガス停止の希望日時

お客様番号は、先に出てきた検針票で確認できます。ない場合は申し込みの際に「お客様番号がわからない」と伝えましょう。住所や名前、登録されている電話番号から顧客情報を呼び出すことができます。

ガスの停止希望日時は、特別な事情がない限り引越しの前日か当日にしましょう。ガスが停止するとガスコンロや給湯器が使用できなくなってしまうため、以降多少の不便を被ることになります。

ガスの使用停止・解約の連絡をする

ガスの使用停止・解約の連絡を、旧居で契約していたガス業者にします。

前述で集めた情報を電話、もしくはインターネットで入力して申し込みをすれば完了です。オートロック式のマンションやガスメーターが室内にある場合を除き、以降は使用停止日まですることはありません。

立ち会いが必要なパターンでは、閉栓日時の決定が必要です。できれば電話で伝えるとスムーズになるでしょう。また、引越し当日になって閉栓手続きをしていないことに気が付いた場合も、電話で申し込みをしてください。開栓時同様、ガス業者の予定が空いていればガスの閉栓を当日に行ってもらえます。

ガス機器の取り外し

使用停止の申し込みが終われば、ガス機器の取り外しを行います。入居時から備え付けられていたものを除き、個人で購入したガス機器は、取り外して梱包や処分できるようにしておきましょう。

ここでは自分でガス機器を取り外す場合と、業者に依頼する場合の2種類を簡単に解説します。
詳しい取り外し方や梱包方法については「ガスコンロの引越しに必要な作業一覧|取り外し・設置・処分方法を解説」を参照してください。

自分で取り外す場合

自分で取り外す場合の手順は次のとおりです。

  1. ガスコンロのスイッチが入っていないことを確認
  2. ガス栓を閉める
  3. 元栓からホースを抜く

ガスの元栓を閉めたことを確認してからガス栓を抜きましょう。ガスコンロの電源が入っていると、万が一ガスが漏れていた場合に火花が着火し、火災に発展する可能性があります。また、ホースを抜いた際に微量ながらもガスが漏れだします。ガス警報器が作動しないように、換気をして取り外すようにしてください。

業者に依頼する場合

業者に依頼する場合は、事前にその旨を伝えておきましょう。早めに予約をしておかなければ、予約が埋まってしまい取り外してもらえなくなる可能性もあるためです。

ガス業者に依頼する方法もありますが、引越し業者とガス業者の繁忙期はほぼ同じであるため、いずれにしても早めの手続きが必要になります。引越しが決まった段階で、業者の斡旋を行いましょう。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

ガス以外に必要なライフラインの手続き

ガス以外に必要なライフラインの手続き

ガス以外に必要な水道と電気で手続きが必要になります。
大まかな流れはガスと変わりませんが、それぞれに特有のやっておくことがあるため、それらを整理しておきましょう。

水道

水道は、旧居での利用停止と閉栓が必要です。

ガス同様、立ち会いは必要ありませんが、オートロック式の場合は立ち会いが必要です。申込先は各自治体の水道局で、電話やWebサイトから申し込みできます。なお、同一市区町村内への引越しの場合は、開栓と閉栓の手続きを同時に行いましょう。

開栓の際も、新住所を管轄している水道局に申し込みが必要です。電話、Webサイトからの申し込みのほか、郵送も可能です。申し込みの際は「水道開始申込書」に必要事項を記入する必要があるため、早めに申込んでおくと良いでしょう。なお、開栓の場合もオートロック式のマンション以外は立ち会い不要です。開通したかどうか確認するため、バルブを開けて水が出るかどうかをチェックしてください。

電気

電気の場合は各電力会社に利用停止と利用開始を申請すれば手続きは完了です。

新居での手続きには「電気使用申込書」の記入と送付が必要ですが、見当たらない場合は電力会社に連絡してください。住居形態にかかわらず立ち会いは必要ないため、決まった日時になれば停止・開通します。申し込みは電話やWebサイトから可能です。

停止の手続きの際には電力会社から登録情報が聞かれるため、請求書や明細書を手元に置いておきましょう。また、旧居を退去する際は、必ずブレーカーを落としてください。ブレーカーを落とし忘れると漏電が発生し、火災事故につながる可能性があります。

まとめ

電気・水道・ガスと私たちの生活を守るライフラインは、旧居・新居でそれぞれ手続きが必要です。とくに新居でライフラインが使えない状況だけは、絶対に避けたいところです。

引越しの繁忙期になる前に、開栓の申し込みだけでも済ませておきましょう。危険なものを使用するため、立ち会いの手間は発生しますが、安全に使うためにも開栓に伴う立ち会いは必ずスケジュールを空けておくようにしてください。これらの手続きを忘れてしまうのが不安という人は、引越し業者の代行サービスなどを利用するのも一つの手です。

当サイトが提供する単身引越しナビでは電気、水道、ガス、インターネットなどの解約、変更手続きの無料代行を行ってくれる提携事業者がいます。 無料代行を希望する方は、リクエスト予約か申込み時に無料代行を希望すると申告するだけで、あとは代行業者からの連絡を待つだけです。

また単身引越しナビが提供する単身引越しの定額パックは2tショートトラックの積み切りパックで、たとえば閑散期の平日で31km未満の移動距離であれば29,480円(税込)です。 ただし、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の引越し限定である他、建物の種別による条件もあるため、まずはご自身の引越しに適しているかどうか、リクエスト予約をしてみましょう。 定額の条件に当てはまらない方には、個別に見積金額の提示もしてくれます。

手続きが一気に楽になるので、ぜひ引越しを楽に行いたい方はぜひ一度見積りをとってみてください。