事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
女性 電卓 計算

summary

  • 引越し費用は通常期・50km以内場合は単身が約4万円前後で2人暮らしでは約5~7万円が相場です
  • 引越し費用は繁忙期・通常期といった時期と住居や荷物量の条件のほかに引越しをする曜日や作業時間によっても変わります
  • 引越し費用は主に「運賃」「実費」「オプション費用」で構成されます

引越しに大きな費用がかかることが分かっている以上は、だいたいの予算は事前に把握しておきたいと思う方は多いでしょう。引越しの費用を決める要素は多数ありますが、時期や人数、地域などでの変動が主に大きな要素を占めます。引越し費用を決めるものがわかれば、引越し費用のどこを削減したら良いかも明確になります。少しでも安く引越しをしたいのなら、引越し費用を決めているだいたいの要素を理解できると良いです。この記事では、時期別・パターン別の引越し費用の相場はもちろんのこと、だいたいの引越し費用が分かるように解説していきます。

時期別の引越し費用相場

カレンダー 家

      繁忙期の引越し費用相場

引越し業界の繁忙期といわれる3~4月は、転勤や入学卒業シーズンであり、引越し依頼が全国的に殺到するため、繁忙期となります。そのために引越し費用も高くなることが多いです。繁忙期における2人家族のだいたい引越し費用の相場は以下のとおりです。

■繁忙期の引越し費用相場

50km未満(同じ都道府県内程度)約6~8万円
50km以上約10~20万円

※距離・荷物量によって変わります。

通常期の引越し費用相場

繁忙期以外の時期は、だいたい引越し依頼が減るため引越し費用も安くなります。通常期における2人家族の引越し費用相場は以下のとおりです。同じ異動(移動)距離でも、繁忙期か閑散期かによっても費用の変動があります。

■通常期の引越し費用相場

50km未満(同じ都道府県内程度)約5~7万円
50km以上約9~15万円

※距離・荷物量によって変わります。

引越し費用が1年で最も高い月はいつ?安い月は?

繁忙期以外にも、夏休み中や転勤が増える秋も引越し費用が高くなる傾向にあります。また、繁忙期のなかでも、入学や卒業、就職や転勤の時期と重なることが多い3月中旬~4月上旬は引越し件数が増加して、特に費用が高くなります。繁忙期は人の異動(移動)が多くなるため、物件の空きも多く、賃貸物件における入れ替わりが激しいです。繁忙期は、駅に近い場所や買い物に便利といった人気物件はだいたい埋まり、自分が希望した条件で新居を見つけるのも苦労します。繁忙期に物件を探す場合は、引っ越すことが判明した時点で引越し業者を予約する行動をとるべきです。繁忙期は引越しに対して、とくに迅速な行動を心掛けると良いです。一方で、通常期のなかでも11~1月は引越し需要が特に少ない閑散期とされ、引越し費用を安く設定している引越し業者が多くなります。条件が良い物件は閑散期も残っていることがあるので、良い物件に引っ越すためには、早く行動しましょう。恋人と二人暮らしをスタートさせるときや、今の部屋が狭くなった際の引っ越しなどは、この閑散期を狙って物件探しをすると良いす。新築の場合は、だいたい8月頃に物件の情報が出ている場合もあります。インターネットで目星をつけておくと良いでしょう。

引越し費用は日にちによっても変動があり、だいたい平日が安いです。そして引越し費用が高めなのが、土日祝日やその前日の金曜日、祝祭日の前日となります。なぜ曜日ごとに変動があるのか、曜日ごとの具体的な引越し費用の相場は後の章で解説します。

また、引越しのタイミングによっては、新居と旧居の家賃を支払わなければならない状況になることもあります。そのため「旧居を引き払ってから引越しをしたい」と考える人は多く、だいたい引越しは月末の人気が高まります。そのため、月末は引越し費用が高いです。初旬~中旬の引越しは、費用が安くなる傾向があります。 引越しの費用を安く抑えたくても仕事の関係で、引越し月を選べない場合は、その月の初旬~中旬の平日を狙って引越しするのがおすすめです。

パターン別の引越し費用相場

家族・単身・学生別の相場

引っ越し費用は、荷物の量や移動距離によって変動しますが、引越しの相場としては以下のとおりです。ここでは3~4月の繁忙期以外にあたる通常期を目安に紹介します。

■パターン別の引越し費用相場

単身2人家族4人家族学生
50km以内4万円前後約5~7万円約8~10万円約3~5万円
500km以内約5~8万円約9~15万円約12~17万円約5~6万円

学生の場合は各引越し業者が提供している「学割プラン」などを利用できるので、繁忙期でも通常プランより安い費用で引越しできます。単身の場合も「単身引越しパック」のような「荷物が少ない人向け」のプランを利用すれば、だいたいのケースは、安い費用で引越しができます。単身でも荷物が多い人は、契約するプランの費用が高くなります。なるべくなら、旧居で不用品を整理して荷物を少なくすると引っ越し費用を削減できるでしょう。

時間帯別の費用相場

引越し費用は、引越しをする時間帯によっても変動します。引越し業者が用意するプランは、だいたい「午前便」「午後便」「フリー便」などの時間帯別に分けられています。

このなかで最も引越し費用が安いのは「フリー便」で、最も高いのは「午前便」です。業者にとって一件目の作業になる「午前便」は、費用は高くなります。なぜなら、指定した時刻で、なおかつ1日の早いうちから引越しの作業ができるので、1日の予定も立てやすくなります。よって、午前中に引越しを希望する人が多くなるのでしょう。

2件目、3件目の作業になる「フリー便」は引越し費用が安いぶん「時間の見通しがたたない」といったデメリットがあります。時間に余裕があり、引越しのために連休をとることができる人なら、この引越し費用が安くなる「フリー便」や「午後便」がおすすめです。

平日・土日・祝日別の相場

引越し費用は、需要が多い時期ほど引越しの合計費用が高くなり、人々の引越しが少ないほど費用も安くなります。3月や4月など通年でみた繁忙期の以外にも、土日祝日など、曜日によっても引越しの費用は、変動するため注意が必要です。土日や祝日といった休みの日に引越しが集中するのは、国民的な休日であるからに間違いなく、多くの人の仕事が休みだからでしょう。また、平日のなかでも「月曜」や「金曜」などは、休みの前後に絡めて有給をとる人も多いのです。このような理由から、平日のなかでも火曜~木曜が引越し費用をより抑えることができるといえます。

単身者の50km未満での引越しを例にすると、平日はだいたい30,000~45,000円、土日祝は約36,000~48,000円と、時期による変動ほどの大きな差はありませんが、やはり平日は費用が安い傾向にあります。

間取り別の相場

旧居と新居の広さや間取りによって荷物の量が変わるので、当然ながら費用もかわります。以下は通常期に50km圏内の近距離に引っ越す例の目安です。

■間取り別の相場

1R・1K約2~4万円
1LDK・2K・2D約4~9万円
2LDK・3K・3DK約6~15万円

引越し費用が決まる仕組み

引越し費用の基本内訳

引越し費用の内訳は、主に下記の3つです。

■引越し費用の基本内訳

基準運賃引越し先が100km以内の場合は時間制運賃、100km以上の場合は距離制運賃になります。この制度は撤廃されていますが、現在も基準運賃に従い、引越し費用の内訳を構成している引越し業者もあります。
実費基準運賃以外の人件費やダンボールなど梱包資材の費用、有料道路を利用した場合の道路料金もこちらに含まれます。
オプション費用エアコンの取り外し作業やピアノの輸送など、オプションサービスにかかる料金のことです。

基準運賃と実費

現在この制度は撤廃されていますが、過去に基準運賃は国土交通省によって基準が設けられていました。そのため、過去に届け出を出している引越し業者は、今もこの基準運賃に従い、引越し費用の内訳を構成している場合もあります。一方で、実費は主に作業員の人件費にあたり、引越し先の部屋数、荷物量により費用が変動します。部屋数が多いほど作業員の人数が増えるため、人件費が増加するので引越し費用も高くなります。

宅配便を利用する

引越しには引越し業者を利用せず、宅配便を利用するのもひとつの手段です。宅配業者の単身パックなら、通常の引越しよりも大幅に引越し費用を削減できます。ただし、荷物を詰めるコンテナのサイズが決められており、入り切らない場合は追加の費用がかかるため、荷物の多い方や大型の家具を輸送したい場合は不向きといえます。

部屋数

引越し費用の実費(人件費)は、作業員の人数と引越し先の部屋数によって決まることが多いです。

作業員の人数は、ワンルーム・1DKほどの引越しの場合で単身の引越しだと1~3人、2DK・3DKほどの場合で3~4人ほどの作業人数になります。引越し時期や休日かどうかによりも変動しますが、作業員一人当たりの人件費は、およそ1~2万円です。

引越し費用を安くするポイント 

電卓 家 模型

費用が安い引越し業者に依頼する

引越し費用は業者によっても大きく異なり、比較すると倍近く値段に差があるケースもあります。初めから一つの業者に決めて見積りを依頼するのではなく、インターネットを活用して複数の業者に同時に見積りを依頼して比較すると、自身の希望に合う費用の業者に依頼できるでしょう。根拠のない費用比較だと、引越し業者も相談にのってくれないことがあります。WEBで提示されている料金や、一括見積りの結果をもって引越し費用の交渉をするとスムーズです。

家電・家具の購入を最低限に抑える

引越し費用は、だいたい荷物の量が多いほど高くなります。作業する従業員も多く必要になりますし、荷物を運送するトラックも大きいものにする必要があるからです。そのため、あらかじめ不要なものを減らしておけば、引っ越し費用を削減できます。特に大きさがある家電や家具は引越し前に購入するのではなく、処分してから引越し後に新しいものを購入し、新居に届けてもらうようにするのが良いでしょう。

失敗しない引越し業者の選び方

引越し業者に依頼する際は、まず引越し費用の見積りを行います。最初から1社を選んで依頼するのではなく、インターネット上の一括見積りサイトを利用するのが便利です。荷物の量や家の場所から引越し費用を算出して比較して、だいたいの引越しにかかる費用を把握します。そのうえで「どこの引越し業者にすべきか」と検討するのが一般的な方法です。ここでは、引越し業者選びで失敗しないポイントを解説します。

対応の早さと丁寧さをみる

引越し業者の質を確かめるためには、見積り依頼に対する返事の早さと内容は、その引越し業者の良し悪しを判断する重要なポイントになります。返事がメールの場合は、自分の名前に間違いがないか、質問に丁寧に返答があるかどうかもチェックしましょう。電話で返事がきた場合は、時間帯が非常識でないか、おざなりな応対でないかなどの点で判断します。見積り依頼に対して丁寧な対応ができる引越し業者であれば、実際の引越し作業もミスコミュニケーションで作業が頓挫することもなく、丁寧な作業が期待できるでしょう。

引越し先が遠距離か近距離かを考える

引越し業者には大手業者と地域に精通した中小業者がいます。引越し先までの距離によってどちらを選ぶか考えてみましょう。地方を跨ぐ長距離の引越しでは、全国各地に拠点を持っている大手業者の方が安定したクオリティーの引越し作業を期待できます。一方、県内や隣県程度までの近距離では、地域に密着している中小業者の方が、融通が利き安い費用で引っ越せる可能性が高くなることも。大手は企業の規模に応じてしっかりした保証や教育を行なっているのが強みです。また、地域に密着した引越し業者ならではのメリットもあります。このような引越し業者では、スタッフが少ないことから同一スタッフが一貫して対応が多いため、利用者と業者のあいだで「ミスコミュニケーションが起こりづらい」といった特徴もあるようです。

営業担当と相性が良いか確かめる

引越しはその作業の力量だけではなく、自分と引越し業者の性格が合うかどうかもチェックしましょう。引越しは人生でそう何度もあることではないでしょう。だからこそ引越しのベテランである引越し業者に質問を行い、頼りたいこともあるはずです。このようなときに真摯に対応してもらえないのは、とても心細いものです。「マナーをきちんと守れているか」、「丁寧な対応をしているか」に加えて、引越し業者と話す際に「コミュニケーションに緊張しないか」といったフィーリング面も引越し業者と契約する際は重要視すべき点です。営業担当者と引越し作業員は同じ会社の社員であり、両者の雰囲気は似ているケースが多くあります。営業担当者との会話のなかで、自分のなかではっきりした理由がなくとも「この人に自分の引っ越しを任せたくない」と感じた場合は、ほかの引越し業者を検討しましょう。

引越し費用を自分で安くするために

引っ越す物件の初期費用を抑える

引越し費用を抑える方法は、引越し業者の費用をカットするのが早いですが、どうしても「その日に引越しをしなくてはいけない」など引越し日程を自分で選択できない人もいることでしょう。そのような場合は、新居の初期費用を抑えましょう。不動産会社によっては、大家さんにかけ合ってくれる場所もあります。まずは自分のだいたいのイメージで良いので希望を伝え、家賃や敷金・礼金などを安くできないか交渉してみると良いでしょう。

生活環境が整っているエリアに新居を探す

引越しをするということは、そこで新しい生活がスタートすることを意味しています。場合によっては、今の生活より削れる支出が増えるかもしれません。例えば駅近の物件に引っ越す場合は、電車がより身近になるので、自家用車を手放す手段もあります。旧居が「プロパンガス」なら「都市ガス」の物件に引っ越すことで、光熱費も削減できるでしょう。引越しを良い機会だと認識し、減らせる支出を見つけてみましょう。トータルの支出を見て「引越しで浮いたお金が増えた」となれば良いですね。

自分で荷物を運ぶ

自家用車がある人なら、自分で持っていける荷物はあらかじめ新居に運んでしまうのも手段の一つです。引越し業者に全ての荷物を運んでもらう必要はありません。自分で運べる荷物ならダンボールでなくても、衣装ケースなどで対応できる場合もあります。シーズンオフの荷物などは、自分で運んでしまうと引越し業者が指定する梱包方法をとらなくて済むので、荷造りが楽になる場合もあるでしょう旧居の契約が切れるまで猶予がある場合は、まだ荷物を全て運び出す必要もありません。引越しに休みを多く使える場合などは、自分で荷物を分けて運ぶ方が費用を安く抑えることができますよ。

引越し費用に関するQ&A 

クレジットカードで支払える?

引越し費用は、だいたい引越し当日に現金払いするケースが多いです。しかし、引越し業者によってはクレジットカード決済が可能な場合もあります。さらに、分割やリボ払いもできることがあるので、引越し費用の工面に無理がある場合は、このような決済手段も検討してみましょう。引越し費用は多くの場合、高額になります。クレジットカードなどのポイントを重視する方は業者を選ぶ際、決済方法がその引越し業者と契約する基準の一つになることもあるでしょう。あとで慌てないためにも、決済方法は引越し業者に事前に確認しておくと安心です。

チップやお心づけは必要?

引越し業者に、差し入れすることは絶対ではありません。作業の対価として、費用を払っています。そのため、仕事を任せることに後ろめたさを感じる必要はないのです。しかし、引越し業者に「絶対チップを渡してはいけない」という決まりもないので、仕事内容に感動を覚え、個人的にお礼がしたい場合は差し入れやチップを渡しても差し支えありません。仕事として依頼をしているとはいえ、引越しは自分の住居に足を踏み入れて作業してもらうので、気持ちよく作業を進めてもらいたいでしょう。状況に応じて飲料やお菓子などを差し入れや、無理のない金額でお心付けするのも良い方法です。

ダンボールは無料でもらえるの?

引越し業者からダンボールは無料でもらえる場合が多いです。しかし、安いプランの場合はダンボールが費用内に入っていない場合もあります。ダンボールの枚数や梱包作業する日までに自宅に届くよう、事前に連絡しておきましょう。しかし、引越しに使うダンボールはかなり大きく場所を取ります。できれば梱包する当日の朝に届くように事前に調整しておくとベストです。

  運搬中に荷物が破損したら保証してもらえるの?

引越し業者の大半は「運送業者貨物賠償責任保険」に加入しているため、運搬中に業者の不手際により荷物が破損した場合は、原則として業者に損害賠償を請求できます。ただし、荷物の引き渡しから一定期間内に通知することや、電化製品の内部故障(パソコンのデータ等)には適用されない細かな規定があるため、事前に引越し業者のホームページでしっかり確認しておきましょう。データなど補償されないものについては、事前に自分でできる対策をしっかりと行うことも重要になります。

引越し業者によって費用が違うのはなぜ?

引越し業者には誰もが知る業者から、地域に根ざした中小業者までさまざまな企業があります。一般的に遠距離の引越しでは、各地の状況に精通しており、営業所を全国にもつ大手の引越し業者の方が費用は安く済みます。近距離での引越しの場合は、中小業者の場合の方が地域に精通しているため、安い費用で抑えられる傾向があるでしょう。

大手引越し業者の方がサービスラインナップも充実していることが多い強みがありますが、中小業者は細かな要望にも柔軟に対応してくれることが多く、それぞれメリット・デメリットがあります。プランの内容や見積りの結果から、自分に最適な引越し業者を探すと良いです。

引越し見積りはキャンセルできる?契約後のキャンセルの場合は?

引越し業者が出す見積りは、あくまでも見積りです。引越し業者と契約を交わすわけではないため、キャンセルをすることが可能です。見積りの段階ではキャンセル費用が発生することはありません。

    契約後も引越し3日前までは無料でキャンセルできる

見積りで依頼したい引越し業者が決まったら、その引越し業者と契約をしますが、その後の生活で何が起きるかはわかりません。契約後にやむをえない理由でキャンセルをすることはできないのでしょうか?

多くの引越し業者では、国土交通省の「標準引越運送約款」に則ってサービス運営を行っています。この約款によると、キャンセル費用が発生するのは以下のとおりです。

■キャンセル日数とキャンセル料

キャンセル日キャンセル料
2日前見積運賃等の20%以内
前日見積運賃等の30%以内
当日見積運賃等の50%以内

なお、引越し業者のなかには独自の約款を採用している場合もあるため、提示された約款は必ず確認しておきましょう。引越し日に近くなるほど、キャンセル費用も高くなります。やむを得ない事情で急遽キャンセルや延期をする場合は、引越し業者の都合を考慮すべきです。キャンセルが明確になった場合は早めに連絡すべきでしょう。

まとめ

今回は、引越しにかかる費用を安く抑えるポイントを紹介しました。だいたい費用が安いとされる閑散期でも、曜日や時間帯で大きく費用が変わります。少しの違いで引越し費用が大きく変動するため、事前の調査と計画的な引越しがポイントです。人生の大きな転機の一つである引越しを、少しでも引越し費用を安く快適なものにしてください。