事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り

学生の引越し方法と料金相場|時期別のやるべきこと、よくある質問も紹介

summary
  • 学生の引越しは状況に合わせて引越し業者や宅配便や自力といった最適な方法を選びましょう
  • 引越しにかかる全体の料金は家賃の約5.5~12.5ヶ月分が目安です
  • 引越し業者を利用する際の料金の目安は50km以内の場合は約3~5万円、500km以内の場合は約5~6万円です
  • 各種手続き含め引越しの準備は1ヶ月前から取り組みましょう
  • 住民票の異動(移動)や引越し先の挨拶は必須ではないので状況に合わせて行いましょう

進学や就職、学期途中での住み替えなど、学生でも引越しが必要となるシーンはいくつか考えられます。なかでも3~4月に集中する進学や就職シーズンは、引越しが集中するシーズンでもあるため、速やかに行動しないと最悪の場合、希望日に引越しができないことも考えられます。

そこで今回は学生が引越しをする場合の引越し方法や料金相場、時期別にやるべきことを解説。後半では住民票の異動(移動)や引越し先への挨拶など、よくある質問にも触れているので、本記事で学生の引越しに必要な知識を勉強して、スムーズに引越しができるように心の準備をしていきましょう。

学生の引越し方法

就職や進学などで学生が引越しをする場合は、下記のパターンが考えられます。

  • 引越し業者に見積り、依頼する
  • 大きな荷物だけを引越し業者に依頼する
  • 宅配便を利用する
  • 自力で引越しをする

次項で各引越し方法の特徴やメリット・デメリットを解説するので、自分の状況に合った最適な引越し方法を考えてみましょう。

引越し業者に見積り、依頼する

単身引越しパックや学割プランなど、各種サービスを用意している引越し業者に見積りを依頼して、引越しをお願いするかどうかを検討しましょう。引越し業者に依頼する場合、下記のようなメリットとデメリットが挙げられます。

メリット デメリット
  • プロに作業をお任せできる
  • 万が一(紛失・破損)の場合に保証してくれる場合が多い
  • 資材の提供やエアコン付け外しをお願いできる場合がある
  • 料金が高くなりがち
  • 引越しの日時が制限される
  • プライバシーの侵害を感じる場合がある

引越し業者に依頼する場合は、当然ですが搬出入などの引越し作業はすべて引越し業者が担当してくれます。また、国土交通省の告示により運送中の荷物の減失・毀損は損害賠償を負うことが定められており、引越し業者の過失が明らかである場合は、その責を負う必要があるため、万が一荷物が紛失・破損した場合でも安心です。

一方で、引越し業者にすべての作業を依頼するとなると料金は高くなるし、引越しの日にちの制限がある場合もあります。また、引越し業者が旧居・新居に立ち入ることになるので、プライバシーの侵害を感じる場合もあるでしょう。

■引越し業者に依頼するのがおすすめの人

  • 引越しまでに時間がない人
  • 手伝いが頼めない人
  • 運送中の破損や紛失に対して、保証が付いている方が安心な人

大きな荷物だけを引越し業者に依頼する

大型家具・家電だけを引越し業者に依頼する方法もあります。

メリット デメリット
  • 引越し業者にすべてを依頼するよりは料金をおさえられる
  • 自力で運ぶ場合と異なり、補償が付いているので安心
  • 引越し先が遠方の場合は割高になる場合も

ベッドや洗濯機、冷蔵庫など、自力では運搬が難しい大物の家具・家電のみを引越し業者に依頼すれば、通常パックで依頼するよりも料金をおさえられる傾向にあります。ただし、引越し先が近場の場合のみです。移動距離が長くなればなるほど、割高になる可能性が高いので注意が必要です。

【おすすめの人】

  • 荷物が少ない人
  • 引越し先が近場

大型家具・家電のみを引越し業者に依頼する場合は、「引越しで家具だけ運びたい!近距離なら安い方法がある?」に詳細を記載しているので、あわせて参考にしてください。

宅配便を利用する

荷物が規定のダンボールにおさまる場合は、引越し用の荷物でも宅配便を利用できます。

メリット デメリット
  • 料金をおさえられる場合がある
  • 時期によって料金変動がない
  • 見積り不要
  • 大きな荷物は送れない
  • 梱包資材は自分で用意する
  • 発送当日に届かない

引越し業者と異なり、宅配便を利用する場合に見積りは必要ありません。また、規定のダンボール10箱以内の荷物量であれば、引越し業者に依頼するよりも安く済むことが多く、時期によって料金が変動することもないので安心です。

ただし、宅配便では大きな荷物は送れません。そのため、引越し元で大型家具・家電を購入した場合は、自力で運ぶか、その分だけ引越し業者に依頼することになります。宅配便を利用する場合は自分で資材を用意する必要がある点、到着までに時間がかかる点にも留意しておきましょう。

【おすすめの人】

  • 大きな荷物がない人
  • 引越し先に持っていく荷物が少ない人
  • 資材の準備をする時間がある人
  • 引越しと新生活開始までの期間に余裕がある人

宅配便を利用して引越しをする方法については「引越しで宅配便を使うメリット・デメリットとは?気を付けたい注意点も解説!」でも解説しているので合わせてご参考にしてください。

自力で引越しをする

引越し業者や宅配便を利用せずに、すべての荷物を自分たちで運ぶ方法もあります。人件費がかからない分、引越し料金をおさえやすい方法と言えるでしょう。そのほか、自力で引越しをする場合のメリット・デメリットを下記にて紹介します。

メリット デメリット
  • 料金をおさえられる場合がある
  • プライバシーが守られる
  • 引越し業者とのやり取りが不要
  • 時間の融通が利く
  • 荷物の破損・損失に対する保証はない
  • 重い荷物の搬入もすべて自力で行う必要がある
  • 慣れない引越し作業でケガをする可能性がある
  • 時間がかかる

人件費がかからない分、引越しにかかる料金をおさえやすいのが「自力で引越しする方法」です。ただし、荷物量や距離などの条件によっては、引越し業者が提供するプランを利用した方が安くなる場合もあるので注意が必要です。料金面以外にも、引越し業者とのやり取りが発生しない点や、自分たちでスケジュールを決められる点なども、自力で引越しをするメリットとして挙げられます。

一方で、荷物の破損・損失に対する保証がない点や、時間がかかる点などデメリットもあります。これらの特徴を踏まえたうえで、自力での引越しは下記のような人におすすめの方法です。

【おすすめの人】

  • 手伝ってくれる人、移動手段がある人
  • 引越し先が近い人
  • 荷物量が少ない人
  • 新居が1階の人
  • 万が一荷物が破損・紛失しても納得できる人

自力で引越しする方法については、「自力で引越しする方法とは?必要なものや流れ・大型家電の運搬方法を説明」で方法や注意点を紹介しているので合わせてご参考ください。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

学生の引越しにかかる料金全体の相場

学生の引越しにかかる料金全体の目安は、家賃の約5.5~12.5ヶ月分です。たとえば家賃5万円の新居を契約した場合、全体としてかかる引越し料金の目安は28~63万円になります。料金の目安は、契約する新居の家賃はもちろん、引越し方法・移動距離・荷物量や購入する家具家電のグレードなどによって左右されます。そのため、下記は参考程度に留めておきましょう。

■学生の引越しにかかる料金全体の目安

料金相場
新居の契約 家賃の5~6ヶ月分

例:家賃5万円の場合、25~30万円ほどが目安

家電、家具の購入 約30万円
日用品 約2万円
退居時の料金

(すでに一人暮らしの場合)

約20万円~

※上記から敷金で足りない分が請求される

ちなみに引越し業者を依頼する場合にかかる業者の利用料金は、別途発生するので注意が必要です。引越し業者を利用する際の料金相場は次項にて説明します。

また、一人暮らしの引越し料金については「一人暮らしの引越し料金はどのくらい?相場や費用を安くおさえる方法を解説」でより詳しく解説しているので、あわせてご確認ください。

引越し業者を利用する際の料金相場

引越し業者を利用して、学生が引越しをする場合の料金相場は下記のようになります。

  • 50km以内の場合:約3~5万円
  • 500km以内の場合:約5~6万円

上記は距離にて算出した相場ですが、引越し料金は「距離」のほかに、「時期(繁忙期・閑散期)」、「引越しする曜日・時間帯」、「荷物量」などによって変動するため、一概には言えません。また学生の場合は「単身引越しパック」や「学割」などを用意している業者を選択すれば、上記よりも安く引越しを行える場合もあります。

引越しまでにやっておくこと

引越しに関してやるべきことは、引越し当日の引越し作業だけではありません。そのため、引越しする日の1ヶ月前から徐々に準備しておかないと、引越し直前に焦ることになるので注意が必要です。余裕を持って引越しができるよう、ここでは引越しまでにやっておくことをタイミング別に紹介します。

引越し1ヶ月前まで

引越し1ヶ月前までにやっておくことは下記のとおりです。

【やっておくべきこと】

  • 新居探し
  • 引越し業者の選定・スケジュールの確認
  • 不用品・粗大ごみの処理

大前提として新居が決まらないことには引越しもできないので早めに新居は決めてしまいましょう。引越し先が決まったら、引越し業者の選定を行います。特に繁忙期はすぐに予約が埋まってしまうので、早めの行動を心がけましょう。また、1ヶ月前を目安に不用品・粗大ごみの処理を行います。自治体によっては粗大ごみの収集の日が決まっていたり、予約制だったりすることがあるので事前に確認しておきましょう。

引越し2週間前まで

引越し2週間前までにやるべきことは下記のとおりです。

【やっておくべきこと】

  • インターネットの引越し手続き
  • ライフライン(電気・水道・ガス)の解約・申込み手続き
  • 荷造り

引越し直前に焦ることがないよう、2週間前からは本格的に荷造りをはじめましょう。

インターネットの手続きや電気や水道、ガスなどのライフラインの手続きは2週間前を目処に行います。旧居の解約手続きはもちろん、新居が決まっている場合はなるべく早いタイミングで申込みの手続きも済ませましょう。

引越し1週間前まで

引越し1週間前までには、下記を済ませておきましょう。

【やっておくべきこと】

  • 転出届けの提出(管轄の市町村区役所が変わる引越しの場合)
  • 郵便物の転送手続き
  • 近隣住民への挨拶
  • 挨拶品の準備

現在と異なる市区町村への引越しの場合は、転出届けの提出が必要です。

また、引越し後に旧居に郵便物が届くことを避けるため、このタイミングで転送手続きを行うことも忘れてはいけません。郵便局で転居届を提出すれば、1年間は新住所に郵便物を転送してくれます。

一人暮らしの場合は、「引越しの挨拶は必要ない」という意見も見かけますが、挨拶をするメリットも多いため「一人暮らしの男は引越しの挨拶をするべき?」や「引越し挨拶をしないでも大丈夫?一人暮らし女性の引越しの注意点」を参考に挨拶の準備も進めましょう。

引越し直前まで

引越しの1~3日前までにやっておきたいことには以下のようなものがあります。

【やっておくべきこと】

  • すべての荷物を梱包する
  • 冷蔵庫、洗濯機の水抜き
  • 引越し業者との最終打ち合わせ

忘れてはいけないのが、冷蔵庫と洗濯機の水抜きです。水が残っている場合は搬送中の故障の原因になります。引越し業者に依頼する場合にある補償は「引越し業者の過失であることが明確である場合」です。そのため、水抜きを忘れて故障した場合は補償が適用されない可能性が高いので注意が必要です。

一人暮らしの引越し手順や準備について、「一人暮らしの引越しの手順・準備とは?やることリストをチェック!単身引越し向けのプランも紹介!」により詳細を記載しているので、合わせてご確認ください。

学生の引越しでよくある質問

ここでは学生の引越しでよくある質問について解説していきます。

住民票の異動(移動)手続きは必要?

引越しをした場合、原則として引越し後14日以内に住民票も異動(移動)しなくてはいけませんが、学生の一時的な拠点の移動であれば住民票を異動(移動)させなくても法律上の問題はないとされています。ただし、公的な書類は住民票に登録されている住所に届く点には注意が必要です。運転免許証の更新などが良い例です。見逃したことにより損を被る可能性もあるので、充分に注意しておきましょう。

住民票を異動(移動)させる方法や必要な書類については「引越しで住民票を異動(移動)する方法は?役場で行う手続きを解説」で解説しているので、住民票を移動させる場合は参考にしてください。

引越し先で挨拶周りは必要?

引越し先での挨拶回りは、一人暮らしの場合でもできるだけ行っておく方が良いでしょう。ただし、入居先の状況によって大きく異なるため、挨拶回りをした方が良いかどうかは、不動産会社や大家さんに相談のうえ、決めると良いでしょう。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

学生の引越しにおすすめの業者5選

学生におすすめの引越しには下記の業者がおすすめです。

単身向けプラン 学生割引 資材の無料提供 無料サービス
アート引越センター
日通 × ×
ヤマトホームコンビニエンス × × ×
全国学生引越しセンター ×
単身引越しナビ × ×

※単身向けプランについては同プランに近しいサービスを展開している会社は◯としております。

学生割引がある業者は少ないですが、上記の業者であれば単身パックなど学生でも利用できるサービスがそろっています。また上記の業者は比較的引越し料金が安価な傾向にあるため、リーズナブルに引越しを行いたい人に最適です。最後の単身引越しナビについては引越し業者ではありませんが、登録業者のなかから最適な1社のみを選定してくれるので、安心かつ良心的な価格で引越しができる点で学生にもおすすめできます。

アート引越センター

引用元:アート引越センター

■サービス基本情報

プラン名 おまかせパック、学割パック、レディースパック
料金目安 学割パック:京都-東京(約550kmの移動で)32,340円~

※荷物量によって異なる

無料サービス 家具クリーン、クリーンソックス、指名サービス、ふたつよろしくサービス(ご近所への挨拶)、家具移動サービス、ワンストップサービス(移転手続き)、引越しマイサービス(お客様ページ)
オプション 各種電気工事、エアコンクリーニング、暮らしのお手伝いアートエプロンサービス(掃除、模様替え、衣替え等)、ハウスクリーニング+ハウスコーティング、新居の除菌サービス、プロセブン(地震対策)、カーボンシート敷き込み、ピアノ・特殊品の移動・運送、ピアノ調律、車両陸送、一時預かり
梱包資材 無料提供
対象エリア 全国
見積り方法

アート引越しセンターでは、単身者用に「おまかせパック」、「学割パック」、「レディースパック」を用意しています。おすすめは学割パック。学生ならではの割引を受けられます。また、特典として学割パックをご利用の方全員にカーテンをプレゼントしてくれます。女性の場合は、学割パックとレディースパックの併用も可能。女性スタッフのみで、リーズナブルな引越しを実現できます。

アート引越センターの特徴

  • 学割パックがお得&カーテンももらえる
  • 女性の場合は学割とレディースの併用が可能
  • 無料サービスも充実しており、お得に引越し可能
  • 見積り方法が充実

アート引越センターの詳細を見る

日通

引用元:日本通運

■サービス基本情報

プラン名 引越し単身パックS・L、単身パック当日
料金目安
  • 単身パックS:19,800円から
  • 単身パックL:22,000円から
  • 単身パック当日:要見積り
無料サービス -
オプション 一時預かり、除菌・抗菌サービス、各種電気工事、車両陸送、ピアノ運送、ハウスクリーニング、不用品(粗大ごみ)引き取り、家電リサイクル品引き取り、盗聴器・盗撮器 探査サービス
梱包資材 有料:4,370円(税込)

※ダンボールS×4、M×6、クラフトテープ×1、フトン袋×1

※未使用の場合でも精算は不可。

※単身パック当日は資材無料

対象エリア 全国
見積り方法
割引 【引越し単身パックS・L】

  • インターネット割引:引越し料金2,200円割引
  • 複数ボックス割引:単身パックを2つ以上利用で、1ボックスにつき1,100円割引
  • 開始時間おまかせ割引:引越し作業開始時間お任せで1ボックスにつき1,100円割引

日通では単身者向けに「引越し単身パックS・L」と「単身パック当日」を提供しています。引越し単身パックS・Lは19,800円(税込)から利用可能。

Web申込みで2,200円の割引を受けられるので、リーズナブルな引越しを実現できます。

単身パック当日は、車での移動で30分以内の近距離かつ荷物の少ない引越しにおすすめです。搬出から搬入までで4時間を目安に終わるライトな引越しに向いています。オプションで「盗聴器・盗撮器 探査サービス」を依頼すれば、一人暮らしが不安な女性でも安心して新生活のスタートを切れます。

日通の特徴

  • 引越し単身パックは19,800円から利用可能
  • Web申込みで2,200円割引
  • 盗聴器・盗撮器 探査サービス(オプション)で単身女性でも安心

日通の詳細を見る

ヤマトホームコンビニエンス

引用元:ヤマトホームコンビニエンス

■サービス基本情報

プラン名 わたしの引越し、家具家電配達
料金目安 【わたしの引越し】

    • 東京-神奈川の場合:23,100円~
    • 東京-大阪の場合:30,800円~

※曜日・時期・時間帯によって追加料金あり

【家具家電配達】

    • 東京-神奈川、洗濯機を運ぶ場合:7,535円
    • 東京-神奈川、ダブルベッドを運ぶ場合:23,375円
無料サービス -
オプション 洗濯機・照明の取り付け・取り外し、テレビ周辺機器の配線
梱包資材 -
対象エリア 全国
見積り方法

ヤマトホームコンビニエンスが提供する「わたしの引越し」は、どちらかというと宅配便に近いサービスです。集荷日から7日以内でお届け日を指定可能。場所によっては、翌々日からの指定になるため注意が必要ですが、トラック一台借りる通常の引越しと違い、専用ボックスに荷物を積んでほかの人の荷物と一緒にトラックに混載するため、料金をおさえた引越しができます。また、ヤマトホームコンビニエンスでは家具家電の配達も請け負ってくれるので、自分の状況に合わせてプランを選択しましょう。

ヤマトホームコンビニエンスの特徴

  • 集荷日から7日以内を指定してお届け
  • 専用ボックスでトラックに混載するためリーズナブルに引越し可能
  • 大型家具・家電のみの配達も可能

ヤマトホームコンビニエンスの詳細を見る

全国学生引越しセンター

引用元:全国学生引越しセンター

■サービス基本情報

プラン名 単身の引越し
料金目安 19,800円~
無料サービス ハンガーボックスレンタル、使用済みダンボールの回収
オプション 各種電気工事、ピアノ運搬、ユニック作業(大型家具・家電用のユニック車手配)、荷造り・荷解き、処分品回収、エアコンクリーニング
梱包資材 無料提供

※ダンボールM×5、L×5

対象エリア 全国
見積り方法
  • 電話(0210-336-220)
  • LINE

創業25周年を迎える全国学生引越しセンターの単身プランは19,800円から利用可能。荷物量が多い場合でも33,000円からと良心的な料金設定です。梱包資材も無料で提供。使用済みのダンボールも無料で回収してくれるなど、引越し料金以外に追加料金が発生しない点も学生にとっては嬉しいポイントでしょう。オプションになりますが、荷造り・荷解きにも対応してくれるので、引越し日までに時間がない場合でも安心です。

全国学生引越しセンターの特徴

  • 単身プランは19,800円から利用可能
  • 荷物量が多い場合でも33,000円から
  • 梱包資材無料提供&使用済みダンボール無料回収

全国学生引越しセンターの詳細を見る

単身引越しナビ

■サービス基本情報

プラン名 単身定額パック(2トントラック)
料金目安 29,480円~
無料サービス ライフライン代行サービス(提携事業者)
オプション ご相談に応じて対応いたします!
梱包資材 20枚無料(大サイズ10枚、小サイズ10枚)
対象エリア 一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)
見積り方法 Webで完結(見積り~申込みまで)

電話なしで、かつ引越し業者とのやり取りを極力少なくしたい単身者には当サイトが提供する定額引越しサービスの「単身引越しナビ」がおすすめです。荷物の制限は2トンのショートトラックに載せられるだけなので料金体系も非常にわかりやすく、見積りの時間が削減できるようになっています。やや大型の家具や家電があっても、既定のサイズに収まるのであれば料金は変わりません。希望日入力後でも、電話対応は単身引越しナビかマッチングした引越し業者だけなので安心して利用できます。しつこい営業電話も、訪問見積りもないので、じっくりと引越し準備を進められるでしょう。

こちらから電話することはなく、ネットから申し込んだら、マッチングできるまで待っていればOK。マッチングできれば、あとは当日までに梱包を済ませるだけです。梱包で使うダンボールも20枚ついてくるので、梱包資材の調達は必要ありません。時間のない人、できるだけ手間を少なくして引越ししたい人は、ぜひ利用してみてください。

単身引越しナビの特徴

  • 一都三県の引越しに最適
  • 国の許認可を受けた業者から最適な1社のみをご案内
  • しつこい営業メール・電話はなし
無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

まとめ

学生が引越しをする方法は、業者に依頼する、宅配便を利用する、自力で運ぶ、などが考えられます。引越しにかかる料金は引越しの方法や移動距離、荷物の量などによって左右されますが、引越し全体にかかる料金相場としては家賃5.5~12.5ヶ月が目安です。引越し業者に依頼する場合の引越し料金の目安は、3~6万円程度。できるだけ料金をおさえるためにも状況に合わせて最適な方法を模索しましょう。

また、引越しは手続きや契約、荷造りなどやることがたくさんあります。直前になって焦る、もしくは引越し後に困ることがないよう、やることをリストアップして引越しの1ヶ月前くらいから計画的に準備を進めていきましょう。