事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り

引越し費用の相場|世帯別平均、業者の選び方、安くおさえる方法も解説

引越し費用の相場|世帯別平均、業者の選び方、安くおさえる方法も解説

summary

  • 引越し料金の相場は人数・移動距離・時期によって異なります
  • 最も高くなるのは入学や異動がある3~4月です
  • 引越し料金は「繁忙期を避ける」「自分でする作業の割合を増やす」といった少しの工夫でおさえられます
  • 引越しの見積りを取るタイミングは一般的に1ヶ月前です
  • ほとんどの業者では3ヶ月前から見積りを受け付けているので、繁忙期は1ヶ月以上前に見積りをとっておきましょう

引越し料金を安くおさえるためにも知っておきたいのが、相場です。相場を把握していれば、引越し料金の見積り額を見る目も変わるうえに、価格交渉もしやすくなるでしょう。ただし、見積りは移動する人数や距離、時期などによって異なるので一概に「○円」と言い切れるものではありません。

そこで今回は、引越し料金の相場について、世帯別、時期別に紹介。料金を安くおさえる方法についても触れているので、引越しする際に活用してみてください。

引越し費用の相場

引越し費用の相場

引越し料金の相場は下記のような要素が関係してくるため、一概には言えません。

  • 引っ越す人数(荷物量)
  • 時期
  • 引越し先までの距離

そのため、人数と時期に分けてそれぞれの相場を紹介します。当然ですが、人数が増えれば増えるほど、距離が遠ければ遠いほど引越し料金は高くなります。さらに繁忙期の場合は、閑散期の2倍以上になることも。引越しのケースや状況によって料金は異なるので、あくまで目安として参考にしてみてください。

一人暮らしの相場

一人暮らしの場合は、荷物の量と移動距離・時期によって料金が変動しますが、基本の料金体系は時間制と距離制の2つがあり、運搬距離が100kmを超えると距離制で費用が決められて、運搬距離が長くなるほど料金も増えていきます。

■繁忙期(2~4月)

市内(15km未満)県内(50km未満)県外(500km未満)500km以上
引越し荷物少なめ約39,259円約47,620円約45,822円約67,202円
引越し荷物多め約52,975円約58,198円約71,510円約111,650円

■閑散期(5~1月)

市内(15km未満)県内(50km未満)県外(500km未満)500km以上
引越し荷物少なめ約34,376円約36,049円約42,068円約61,483円
引越し荷物多め約45,460円約45,379円約60,758円約96,128円

荷物の多い人が、繁忙期に500km以上の引越しをする場合の引越し料金相場は、11万円以上になる場合がます。一方で、荷物の少ない人が市内で引っ越す場合は、4万円以下に収まることが多いようです。荷物量の差、シーズンの差により、単身の場合でも引越し料金に7万円もの差が出ます。

また、単身の場合は、単身引越しパック(トラックに合積するプラン)か、単身プラン(トラック1台借りるプラン)かによっても料金に差が出ます。一般的に単身引越しパックの方が料金設定は安価です。

家族暮らしの相場

家族で引越しする場合の料金相場は以下のようになります。家族の人数構成によって、料金は大きく変動します。

■二人暮らし

市内(15km未満)県内(50km未満)県外(500km未満)500km以上
繁忙期約86,800円約99,200円約203,600円約274,000円
閑散期約61,800円約72,500円約141,600円約179,100円

■三人暮らし

市内(15km未満)県内(50km未満)県外(500km未満)500km以上
繁忙期約106,400円約131,000円約281,600円約351,900円
閑散期約73,500円約96,100円約195,600円約280,000円

■四人暮らし

市内(15km未満)県内(50km未満)県外(500km未満)500km以上
繁忙期約117,500円約141,500円約307,500円約376,300円
閑散期約78,400円約110,800円約201,200円約303,900円

■五人暮らし

市内(15km未満)県内(50km未満)県外(500km未満)500km以上
繁忙期約147,300円約197,300円約430,700円約507,900円
閑散期約97,700円約156,100円約272,600円約398,800円

家族の人数や引っ越す距離、時期によって異なりますが、安く済んで6万前後、高いと50万前後かかります。ただし、家族の場合は人手があるので、作業を負担する割合を増やす、引越し先で家具を新調するなどすれば、料金を安くすることはそれほど難しくないでしょう。

引越し時期ごとの相場

引越し時期ごとの引越し料金の相場は以下のとおりです。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
一人暮らし約30,900円~約34,600円約35,600円~約37,900円約50,600円~約62,500円約39,000円~約45,200円約32,000円~約37,300円約32,800円~約35,800円約33,000円~約36,100円約31,200円~約35,000円約31,900円~約38,200円約31,400円~約36,300円約33,400円~約36,000円約31,700円~約36,100円
二人暮らし約60,400円~約60,200円約69,600円~約79,400円約96,000円~約108,100円約77,500円~約90,300円約60,800円~約77,000円約58,700円~約75,000円約61,500円~約65,600円約64,100円~約71,700円約62,200円~約70,700円約60,400円~約78,700円約57,600円~約72,900円約62,700円~約73,800円
三人暮らし約73,000円~約78,700円約77,600円~約95,000円約121,100円~約141,400円約91,700円~約120,700円約75,400円~約92,900円約72,700円~約140,700円約77,100円~約79,100円約74,600円~約84,100円約68,400円~約89,900円約70,100円~約102,000円約74,600円~約107,30円約71,200円~約91,600円
四人暮らし約75,800円~約104,800円約83,000円~約114,200円約125,700円~約160,200円約109,300円~約122,700円約77,900円~約109,300円約75,500円~約141,100円約81,300円~約116,600円約77,000円~約89,600円約80,600円~約107,400円約77,200円~約108,600円約82,000円~約112,800円約74,100円~約104,000円
五人暮らし約85,100円~約144,300円約99,100円~約140,500円約134,800円~約225,500円約159,700円~約169,100円約104,000円~約172,800円約91,200円~約184,000円約99,900円~約162,000円約89,400円~約138,900円約111,800円~約147,700円約94,400円~約177,900円約106,400円~約149,400円約95,600円~約143,300円

※15km未満~50km未満の場合の料金相場

新学期や人事異動のある、3月、4月は割高になる傾向にあります。逆に、引越し料金が最も安くなるのは1月です。引越し料金は需要と供給で変動することから、1月の需要が最も少ないことが見て取れます。寒い時期であり、また年明け早々に引越しをしようという人は少ないのでしょう。

引越し費用の内訳

引越し費用の内訳

引越しにかかる費用は、以下の4つで構成されています。

内訳概要
運賃荷物を運ぶために使用する車輌にかかる料金。時間制と距離制がある。大きさ(2トントラック、4トントラック等)と台数によっても変動する
料金待機時間料、荷造り、荷物の搬出入、附帯業務に関わる人件費
実費梱包資材費、高速道路料金など
オプションピアノの搬出など、追加サービスを依頼した際にかかる料金

運賃は、国土交通省が示す運送にかかる標準的な料金です。荷物を運ぶ距離や時間、使うトラックの種類によって金額が変わります。

その他3つの費用を含めた4つの料金をあわせて引越し料金が決まります。

引越し料金は引越し業者によっても変動しますが、平日か休日か、通常期か繁忙期かといった時期的な要因により大きく変動します。

特に繁忙期の引越し料金は通常期の2倍近くかかることもあります。

運賃については、目安があるので次項で説明します。また、これら以外にかかる料金についても、一緒に把握しておきましょう。

 運賃について

運賃は時間制と距離制で目安の金額が異なります。荷物を運んだ距離が100km以内の場合は、4時間制、8時間制と時間で金額を設定します。荷物を運んだ距離が100kmを超える場合は、1車1回の運送ごとに距離で金額が設定される仕組みです。また、金額はトラックの重量によっても変動します。また地域によっても料金が異なるので、詳細は全日本トラック協会が公表している「今すぐ分かる標準的な運賃」を確認してみてください。今回は代表例として、関東の料金について下記の表にまとめています。但し、事業者によっては独自の運賃体系を定めていることもあります。

■時間制


2tトラック4tトラック10tトラック20tトラック
基礎額8時間39,060円45,790円57,900円72,440円
4時間23,440円27,470円34,740円43,460円
加算額10km280円340円510円720円
1時間3,820円4,000円4,280円5,060円

■距離制

距離2tトラック4tトラック10tトラック20tトラック
100km32,090円37,000円47,670円60,420円
110km33,910円39,090円50,390円63,930円
120km35,730円41,170円53,110円67,430円
130km37,550円43,260円55,830円70,940円
140km39,360円45,340円58,550円74,440円
150km41,180円47,430円61,270円77,950円
160km43,000円49,510円64,000円81,450円
170km44,820円51,600円66,720円84,960円
180km46,630円53,690円69,440円88,460円
190km48,450円55,770円72,160円91,970円
200km50,270円57,860円74,880円95,470円

たとえば東京からだと栃木県宇都宮市がちょうど100km地点です。宇都宮よりも遠方に引越しをする場合は、距離制が適用されます。

話は変わりますが、引越し業者は、国から事業許可を得て営業しています。しかし、ごく稀に国の許可を得ずに引越し事業を行う悪徳業者もいるので注意が必要です。そうした業者と契約してしまうと、法外な引越し料金を請求される可能性もあります。まずは、運賃などの引越し料金が見積書に明記されていることを確認して、そのうえで適正価格かどうかもチェックしておきましょう。

そのほかの料金について

先に説明した料金のほかに、引越しでは下記のような料金が発生する場合があります。

  • 割増料金

引越し先の距離が遠く、トラックが深夜走行しなければいけない場合や、日曜祝日などの引越しの場合には、運賃が2割増しになるのが通常です。

  • 待機時間料

依頼者の都合により、発着地で待機時間が発生した場合に請求されます。距離制の運賃に適用されます。

  • 延滞料

荷物の引き渡しが終わった時点までに依頼主が引越し料金を支払わなかった場合、引越しが終わった翌日から実際に支払った日までの期間に対して年利14.5%の割合で延滞料を請求される可能性があります。

キャンセル費用(解約手数料)はいつから発生する?

引越し業者との契約を解約したい場合、引越し当日の2日前から解約手数料が発生します。解約手数料に関しては「標準引越運送約款」で規定されており、その割合は以下のとおりです。

  • 引越しの2日前:見積り運賃等の20%以内
  • 引越しの前日:見積り運賃等の30%以内
  • 引越しの当日:見積り運賃等の50%以内

上記の金額以上に請求された、または3日前までに解約を申し出たのに、手数料を請求された場合は、そのまま素直に支払うのではなく、業者にしっかりと確認を取りましょう。引越しのキャンセルについて詳しく知りたい人は「引越しのキャンセル料はいつから発生する?負担割合やキャンセルを穏便に済ませる方法もご紹介」もご参照ください。

引越し業者の選び方

引越し業者の選び方

引越し業者を選ぶ際におさえておきたいポイントは、以下の3つです。

  • サービスの内容
  • 料金
  • 引越し日時
  • 口コミ・評判

要は総合的に評価の高い業者を選択すれば間違いないということです。ただし、優良な業者でも希望する日付が予約できるかは運次第になるので、注意が必要です。また、見落としがちな口コミや評判は、必ずチェックしておきましょう。ホームページで謳っていることと、実際の対応が異なる場合は、SNSや口コミサイトに顕著に表れます。

サービスの内容

「梱包資材を無料で提供」してくれたり、「10分何でも対応サービス」があったりと、各社ユニークなサービスを打ち出しています。また、単身の場合は、単身引越しパックや単身プランなど、リーズナブルに引越しができるプラン、女性スタッフが引越し作業を行うレディースプラン、シニア世代向けのサービスを提供するシニアプランなども、業者によっては用意があります。

オプションサービスについても、業者で対応範囲が異なるため、希望するサービスに対応してくれる業者かどうかをよく比較検討してみましょう。

料金

見積りで提示された料金が、作業内容に対して適正価格かどうかの確認は必須です。見積りに記載されている内容を確認のうえ、もし見積りの段階で相場より高い場合は、理由を聞いてみると良いでしょう。納得がいく場合は、その業者に依頼しても良いですが、納得いかない場合は、早めにお断りしておきましょう。なかには無理に契約を迫ってくる業者もあるので、押しに負けて契約してしまわないように注意が必要です。

できるだけ安く済ませる方法については、後述するので参考にしてみてください。

引越し日時

「この業者が良い」と思っても、時期によっては予約が取れないこともあります。特に繁忙期となると、予約を取りづらくなるので、早めに見積りを取り、業者の比較検討を行うことをおすすめします。まだ時間があるからとのんびりしていると、希望日どころか、希望する日の前後の週にも空きがないということも珍しくありません。

希望日に引越しを行うためにも、その日時に対応可能な業者を早めに選定して、そのなかからサービスが良く、料金が安い業者を選ぶようにしましょう。

単身引越しナビなら、最適な1社が見つかる

単身で一都三県の引越しは、当サイトが提供する定額引越しサービスの「単身引越しナビ」での見積りがおすすめです。単身引越しナビでは、引越し情報を入力するだけで、自動で最適な1社を紹介。紹介するのは1社のみなので、見積りシミュレーションのように複数社からの営業がくることもありません。

登録しているのは国の許可を得ている業者のみ。さらに単身引越しナビが独自で審査を行い、通過した業者をご紹介するので、安心安全に引越しができます。料金は定額料金(29,480円)からの定額制となります。リーズナブルに引越しができます。

一都三県在住で、単身で引越しの予定がある場合は、ぜひ単身引越しナビをお試しください。

口コミ・評判

サービス内容や料金が魅力的でも、利用者からの評価が低い業者はおすすめできません。引越し業者に運搬を依頼するのはただの荷物ではありません。荷物のなかには思い入れの深いものも含まれているはずです。また、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品もあります。

そうしたことを考慮すると、引越し業者には丁寧さも求めたいところです。どの業者のホームページにも「丁寧に運びます」といった文言が踊っていますが、実際の対応は実際に利用した人にしか分かりません。そのため、引越し業者の候補がある程度絞れてきたら、SNSや口コミサイトで候補の業者名を検索してみましょう。地域や担当者による部分も大きいでしょうが、教育が行き届いていれば、あまり酷い口コミは見当たらないでしょう。

引越し費用をおさえる方法

引越し費用をおさえる方法

引越し料金をおさえるテクニックには以下のような方法があります。

  • 相見積りを取る
  • 料金が高くなるタイミングを避ける
  • 時間帯を指定しない
  • 自分で作業する分量を増やす

最も安く引越しができるのは、「閑散期に時間指定なしで、できるだけ自分で作業を行う」ケースです。さらに、その条件で相見積りを取れば、最安で引越しできるでしょう。

相見積りを取る

引越し業者に依頼する際は、はじめから1社に決めるのではなく、複数社から見積りを取り、料金を比較検討しましょう。引越し料金の設定に決まりはなく、引越し業者が決めているので、同じ作業内容でも業者が違えば料金に差がでます。複数社から見積りをとり、比較検討を行うことで安い業者を選定できます。

見積りを取るタイミングはいつが最適?

見積りを取るタイミングは引越しの1ヶ月前です。引越しまで1ヶ月あれば、比較検討するのに充分な時間が取れます。また、希望する日程も抑えやすくなるので、1ヶ月前がおすすめです。ただし、繁忙期である3~4月は、多くの人が引越しをするので、希望の業者で希望の日時をおさえる難易度が上がります。

ほとんどの引越し業者では、3ヶ月前から見積りが取れるので、繁忙期に引越しを行う場合は、1ヶ月前と言わず早め早めに見積りを取り、予約を行いましょう。

料金が高くなるタイミングを避ける

繁忙期、土日祝、月末や月初めなど、時期やタイミングを考慮するだけでも料金はおさえられます。先述のとおり、繁忙期と閑散期では、料金に1.5倍~2倍の差が出ます。そのため、引越しの日程をコントロールできる場合は、月末・月初めを避けた閑散期の平日に行うと良いでしょう。

高くなる時期を避けたからといって、見積りを怠るのはNGです。安い時期でも各社料金やサービスを比較検討して、よりリーズナブルに、より快適に引越しを行いましょう。

時間帯を指定しない

一般的に引越し業者に依頼する際、「午前」「午後」「フリー」の時間帯を選択できます。料金のことを考えるのであれば、断然「フリー」がおすすめです。フリーとは引越しの時間帯指定をしないこと。指定した日時で、業者側の都合の良い時間帯に引越し作業を行うので、「午前」「午後」を選択するよりも料金が安くなる傾向にあります。

ただし、料金が安くなる反面、いつ来るか分からないという不安があるということは覚えておきましょう。時期によっては朝一くることもあれば、稀に引越し作業が深夜まで及んだ、というケースもあります。しかし、一般的には午後から来ることが多いので、大抵の場合はそのつもりで準備をしておけば大丈夫でしょう。

自分で作業する分量を増やす

当然ですが、任せる作業が増えれば増えるほど、引越し料金は高くなるので、自分たちで作業する分量を増やすことも安く済ませる方法の1つです。たとえば荷造りや荷解きは自分たちで行い、オプションは基本的に使用しないようにする。また、荷物量をできるだけ少なくする、大型家具・家電以外は自分たちで運ぶといった工夫をすれば引越し料金をグッとおさえられます。

ただし、あまり応援を呼んでしまうと、食事代や飲み物代、謝礼などが高くつきます。場合によっては、すべての作業を業者に依頼した方が安かった、ということもあり得るので、事前にシミュレーションをしてみることをおすすめします。

引越しにかかる費用の総額

引越しにかかる費用の総額

これまで引越し料金として「引越し業者に支払う金額」の話をしてきましたが、引越しには「引越し料金」以外にも、

下記のような費用が発生します。

【引越しにかかる費用】

  • 引越し料金
  • 新居の契約費用
  • 原状回復費
  • 家具購入費
  • 交通費

これらにかかる費用の総額は、一般的に家賃の5.5~12.5倍だと言われています。たとえば家賃5万円の場合、概算にはなりますが約28~63万円になります。金額に大きな差が出るのは、引越し時期や物件代など、上記の要素が複雑に絡んできます。それぞれにかかる料金を下げる努力をすれば、総額費用を抑えて引越しを行えるでしょう。

まとめ

まとめ

引越し料金の相場は、「時期」や「人数」、「移動距離」などの条件で大きく左右されます。自分の引越し条件が見えてきたら、今回紹介した相場を参考に、引越し業者に見積りを取ってみましょう。相場よりも高い見積り額が提示されたら、交渉の材料としても活用できます。

単身・近距離で引越しをする場合は、当サイトが提供する定額引越しサービスの「単身引越しナビ」の利用がおすすめです。定額制を採用しており、引越し料金は29,480円から。明朗会計で安心です。また、単身引越しナビでは、ご登録いただいた情報を基に、あなたに最適な1社を紹介。一括見積りシミュレーションのように複数社から営業メールや電話がくることもありません。安心・リーズナブルな引越しが叶う、単身引越しナビをぜひお試しください。