事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
女性 ダンボール 電卓

summary

  • 物件契約の初期費用は家賃の約5~6ヶ月分必要です
  • 初期費用に加えて家具や家電の購入費を準備する必要があります
  • 家賃や敷金・礼金が安い物件を選ぶなどして安く引っ越しをしましょう

多くの人にとって引越しは人生の一大イベントであり、少なくない額のお金がかかります。新居の契約にともなう初期費用や引越し作業の費用など、必要な予算を引越し前に把握し、実際にお金の準備が必要です。この記事では、引越しに必要な予算と主な内容、そして少ない資金でも引っ越せる方法を紹介します。

初期費用の相場は?50万円必要って本当?

初期費用とは、住宅の購入時や賃貸住宅への入居時にかかる費用のことです。賃貸住宅の場合は、敷金・礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険料などのことを指します。初期費用の相場は家賃のおよそ約5〜6ヶ月分とされており、例えば家賃8万円以上の家に引っ越す場合、約40〜48万円の費用がかかる計算です。そして初期費用に加え、引越し料金や生活用品の購入費もかかるため、引越しにはかなりの費用が必要です。

引越し全体にかかる費用の相場と内訳

引越しではさまざまな場面でお金が必要です。引越しでかかる費用を大きく分けると「物件契約の初期費用」「引越し料金」「家財道具の購入費」の3種類があり、各費用がさらに細かい項目に分かれます。各項目とその相場を知っておけば、引越しに大体どれくらいの費用がかかるかわかりやすいでしょう。そこでこの章では、引越し全体での費用内訳を紹介します。

一人暮らしの初期費用の目安

一人暮らしの初期費用は家賃のおよそ5~6ヶ月分となります。家賃を目安に初期費用がいくらかかるかを考えることも必要です。下記では家賃ごとの初期費用の目安についてご紹介します。

家賃の目安初期費用の目安
2万円以下10万円
3.3万円~4万円20万円
5万円~6万円30万円
6.6万円~8万円40万円
8.3万円~10万円50万円
16万円~20万円100万円

一人暮らしをするときの初期費用の内訳

引越しでは新居に移り住むにあたり、物件の契約に伴う各種費用がかかります。特に最初は初期費用として賃料とは別の費用が必要です。具体的な内訳や相場などを理解して事前に準備しておきましょう。

物件契約の初期費用に含まれる主な項目一覧

家賃に対する料金の目安家賃6万円の場合家賃7万円の場合家賃8万円の場合
敷金1~2ヶ月分6~12万円7~14万円8~16万円
礼金1~2ヶ月分6~12万円7~14万円8~16万円
仲介手数料0.5~1ヶ月分3~6万円3.5~7万円4~8万円
火災保険料0.5~1.5万円0.5~1.5万円0.5~1.5万円0.5~1.5万円
前家賃1ヶ月分6万円7万円8万円
日割り家賃入居日による入居日による入居日による入居日による
鍵交換費用1~3万円1~3万円1~3万円1~3万円
総額5~6ヶ月分28.5~40.5万円33~46.5万円37.5~52.5万円

※総額は、日割り家賃1ヶ月とした場合として算出

敷金・礼金

どちらも貸主に対して支払うお金です。敷金は退去時の原状回復費用や家賃滞納時の埋め合わせなどのために貸主が預かるお金で、退去する際に必要分を除いた金額が借主に返金されます。

三大都市圏や各エリアでの、家賃に対する敷金相場は以下の表のとおりです。首都圏がやや低めの水準となっていますが、全国的に家賃1~2ヶ月が相場のようです。

敷金 グラフ

一方、礼金は物件を貸してくれることへのお礼として支払うお金で、敷金と異なり返金はされません。礼金も家賃の1~2ヶ月分ほどが相場です。

礼金 グラフ

不動産賃貸時の仲介手数料

物件を紹介した不動産会社に対して契約成立時に支払うお金です。家賃の0.5~1ヶ月分を支払うことが多いようです。借主と貸主の双方に、合計して家賃1ヶ月分を請求できるため、半分ずつの場合や全額借主に請求される場合、あるいは貸主にすべて請求されて借主は支払わなくて良い場合などがあります。なお、支払う場合は消費税も請求される点に注意しましょう。

火災保険料

多くの賃貸物件で契約の条件として加入が求められます。保険料は物件の立地や構造などで異なりますが、1年で5,000~15,000円ほどが目安です。「火災保険」という名前ながら地震や水漏れなど火事以外の被害にも対応していることが多く、自分が被害を受けた場合以外に、被害を与えた側になったときのためにも保険に加入しておくと安心です。

前家賃

賃貸物件の家賃は多くの場合、前払い契約になっているため、契約と同時に翌月分の家賃を支払います。契約によっては管理費や共益費などの物件メンテナンス費用が求められることもあり、必要な場合は前家賃とあわせて請求されます。

日割り家賃

月の途中から入居する場合は、「日割り家賃」としてその月の入居日から月末までの日数分の家賃を支払うのが一般的です。なお、前家賃と混同しやすいですが、前述した前家賃は翌月分の家賃、日割り家賃は初月分の残り日数から計算される家賃です。

管理費(共益費)

管理費(共益費)は物件の共有スペースのための費用です。毎月家賃とともに支払う必要があります。相場は、前家賃は通常1~2ヶ月分、管理費は家賃の5~10%と言われることがありますが、実際は物件ごとに異なります。特に管理費はエレベーターなどの管理するべき設備が増えれば増えますし、同じマンションに入居していても面積が広ければ多く割り当てられます。

賃貸保証料

賃貸契約を結ぶ際、連帯保証人を立てられない場合に家賃保証会社の保証を利用する際に支払う費用です。基本的に、賃貸物件を借りるときには連帯保証人が必要です。連帯保証人は、借主が万が一家賃を支払えなくなった場合に代わりに家賃を払う義務を負います。諸事情により親族などに連帯保証人を頼めない場合は、家賃保証会社を利用することで賃貸物件を借りられます。

鍵交換費用

新居の鍵を最初に交換するための費用です。退去時に鍵は回収されますが、前の借主がひそかに合鍵を作って持っている場合もあるため、防犯上の観点から鍵交換をすることがおすすめです。なお、国土交通省は鍵交換の費用について、貸主が負担することが妥当であるとしていますが、実際には借主が負担する場合も多くあります。費用は鍵の種類で変わりますが、およそ1~3万円ほどです。

消毒料

消毒料は入居前に部屋の消毒をするときに発生する費用です。消毒をするかしないかは任意とする場合もあるようなので、不要な場合は貸主に相談してみましょう。

家電・家具・日用品の購入費用

新居で使う家財道具の購入費用も必要ですがまずは、毎日必要になるものから購入すると良いでしょう。具体的には、寝具・冷蔵庫・洗濯機などに加えて照明器具やカーテンなども必要です。大まかな費用相場は以下のとおりです。

寝具

ベッド(シングル)

20,000円

ベッド(ダブル)

36,800円

布団セット シングル
(敷布団・掛ふとん・枕)

4,600円

布団セット ダブル
(敷布団・掛ふとん・枕)

6,600円

冷蔵庫

冷蔵庫(単身用2ドア)

43,500円

冷蔵庫(家族用6ドア)

206,100円

洗濯機

洗濯機(縦型・単身用)

39,500円

洗濯機(縦型・家族用)

99,800円

洗濯機(乾燥機付き)

171,100円

乾燥機

56,100円

照明器具

10,000円

カーテン

20,000円

また、日常生活を送るためにはほかにも多くの生活用品が必要です。一般的な店舗で購入する場合はおおよそ以下の費用がかかります。

キッチン用品

キッチンタオル

1,700円

タオル掛け

1,600円

スポンジ

800円

三角コーナー

1,200円

台所用洗剤

400円

コップ

400円

ジョッキ

500円

お皿

600円

茶碗

400円

500円

フォーク

600円

スプーン

600円

フライ返し

800円

ボウル

900円

片手鍋

2,500円

包丁

3,600円

まな板

3,800円

その他日用品

スリッパ

900円

スリッパ(ベランダ用)

1,100円

書類ケース

2,400円

アイロン台

3,100円

引越し料金

引越し業者を利用する際にかかる引越し料金は、引越し距離や時期、オプションサービスの数などで大きく変わります。具体的な内訳やそれぞれの費用などは見積りの際に業者から説明を受けられるため必ず確認しておきましょう。以下では引越し料金を決定する主な要因と追加のオプションサービス、および一人暮らしの場合の引越し料金相場について解説します。

引越し料金の決定要因

引越し業者の利用料金は主に「運賃」「料金」「実費」「オプション料金」があります。「運賃」は国土交通省が定めた標準的な運賃の基準をもとに決められる事が多く、決定方法は時間制と距離制があります。「料金」は荷物の積み卸しや搬出・搬入などにかかる人件費です。資材費や高速道路料金などは「実費」に含まれます。ピアノの運送や不用品処分などの追加サービスを申込むと、申込んだプランに応じて「オプション料金」がかかります。引越し料金は同じ距離・荷物量でも引っ越す時期で大きく変わり、一般的に最も高くなる時期は3月中旬~4月上旬の繁忙期です。

一人暮らしの場合の引越し料金相場

引越し料金は、繁忙期と通常期で相場が変動します。また、移動距離や荷物の量によっても大きく変動するため、自分の引越しパターンにあてはめてシミュレーションしてみることをおすすめします。下記は単身者の月別引越し料金相場表です。引越し料金をシミュレーションする際の参考にしてみてください。

単身者の引越し相場
1月約30,900円~約34,600円
2月約35,600円~約37,900円
3月約50,600円~約62,500円
4月約39,000円~約45,200円
5月約32,000円~約37,300円
6月約32,800円~約35,800円
7月約33,000円~約36,100円
8月約31,200円~約35,000円
9月約31,900円~約38,200円
10月約31,400円~約36,300円
11月約33,400円~約36,000円
12月約31,700円~約36,100円
  • オプションサービス
    引越し業者が各自で設けているオプションサービスを利用すると費用が追加されます。エアコンの移設工事や不用品の処分、荷物の梱包などさまざまなサービスがあり、便利な一方で出費が増えるため必要なものを的確に選択する必要があるでしょう。なお、オプション料金を無料で案内していても、実は基本料金に含まれているということがあるため注意が必要です。以下にてオプションサービスの一例をご紹介いたします。
  • エアコンなどの電化製品の取付け取り外し
  • アンテナなどの取り付け
  • 不用品の処分

物件の退去にかかる費用

前の物件から退去するためにも、「原状回復費用」と呼ばれるハウスクリーニングや部屋の修繕のための費用が発生します。敷金を払っている場合はここから支払われるため、退去時に敷金がいくら返還されたかで原状回復費用がどれだけかかったかを判断できます。

原状回復費用の額は部屋の使い方によって異なるため、敷金は全額返還される場合もあれば一切返還されないケースまでさまざまです。

政府の統計をみてみると、平均的には敷金の約4割が返還されています。したがって、原状回復費用は敷金の6割程度であることが一般的なようです。その他、物件退去時にかかる費用の一例は下記のとおりです。

  • 不用品の処分代
  • 解約までの家賃

初期費用がない人でも引越し料金を安くする方法

財布 がま口 悩む

引越しには多額のお金が必要ですが、引越し後の新生活を考えてなるべく節約したいと考える人も多いでしょう。引越し方法を工夫するとコストをおさえられて、当初の想定よりも少ない資金で引越しができるかもしれません。混雑して費用が上がるタイミングを避ける、荷物を減らすなどさまざまな工夫の仕方があります。ここでは具体的に引越しの費用をおさえる方法を紹介します。

なお、以下でご紹介する方法のうち、賃貸物件に関わる費用をおさえた場合、以下の出費をおさえられます。

家賃6万円の場合家賃8万円の場合
敷金・礼金が安い物件を探す約12万円約16万円
フリーレント物件を選ぶ約6万円約8万円
仲介手数料を無料にする約3万円約4万円

※掲載している金額はあくまで一例であり、物件ごとに費用は異なります。

家賃が安い物件または・敷金・礼金がない「ゼロゼロ物件」を探す

物件契約時の初期費用を減らせば引越しの費用をおさえられます。敷金・礼金が安い、もしくは無料の「ゼロゼロ物件」と呼ばれる物件や、多少駅から遠くても家賃が安い物件などを選ぶと費用の節約につながります。ただし、敷金が無料の物件を契約する場合は、退去時に原状回復の費用を支払う必要がある点に注意が必要です。火災保険も補償内容を確認した上で費用がより安い保険に加入すると良いでしょう。

フリーレント物件を選ぶ

近年増加している「フリーレント物件」の活用も考えてみましょう。フリーレント物件は入居後一定期間分の家賃が無料になる物件で、しばらく住み続ければ費用を大きく節約できます。ただし、短期間で解約すると違約金を請求されてむしろ割高になる可能性があるため、物件の立地や間取りなどをよく考えて選びましょう。

仲介手数料を無料にする

仲介手数料は不動産会社との交渉で無料にしてもらえる可能性もないわけではありません。不動産会社によっては仲介手数料を無料とすることを謳っている場合がありますので、そういった先を探すのも一つの方法です。また物件によって仲介手数料を無料にしている場合もあるようです。

繁忙期を避ける

引越し需要が上がる繁忙期を避けるとコストをおさえられます。引越し業界は年度の境をまたぐ3月中旬~4月上旬に繁忙期を迎え、費用も非常に高くなります。引越し業者だけでなく、賃貸契約も年度末を控えた1~3月に契約数が増え初期費用が下がりづらくなるばかりか、さらに物件の競争率が上がります。

安く引っ越すには、可能な限り引越し業者と不動産会社の繁忙期を避けることが効果的です。特に11~1月にかけての年末は両業界ともに閑散期にあたり、安い費用での利用・契約が期待できます。また、閑散期は引越し業者や不動産会社も手が空いているため、より充実したサービスが受けられる可能性もあります。なるべくピークを避けて引っ越すことで満足度の高い引越しを実現できるかもしれません。

午前中以外に引っ越す

同じ日の引越しでも、時間帯を変えると費用に差が出てきます。

引越し作業には時間がかかるため、多くの人は朝からの引越しを希望します。しかし、引越し業者は一日に複数の引越しをこなすため、午前中の希望者ばかりになると効率良く移動できず午後に空き時間ができます。このような非効率な状況を緩和すべく、引越し業者は需要が高い午前中の費用を高くしてバランスをとっているのです。こういった事情から、利用者は午前中以外の引越し時間を選べば比較的安い費用で引越しできる可能性が高くなります。また、時間指定をしないフリー便であればさらに安く引っ越せますが、作業開始の時間帯が直前まで決まらない点には注意しましょう。

引越し業者をよく選ぶ

依頼する引越し業者をよく吟味しましょう。多くの引越し業者が特徴の異なるお得なパック料金のプランを設定しているので、自分の引越しスタイルに合ったパックを利用すればより安く引っ越せる可能性があります。業者によっては時期ごとの費用の目安がわかる表を公開していることがあるため、インターネットなどで調べて参考にしましょう。

多くの場合、中小業者は管轄地域内の比較的近距離の引越しに特化しています。そのため、近距離の引越しであれば大手業者よりも安価に同等以上のサービスが期待できる可能性があります。一方、長距離の引越しでは全国規模で展開している大手業者が優位とされています。サービスや万一の補償が充実しており、さらに人員・設備が多く比較的予約をとりやすいためです。

単身プランなどの工夫をする

引越し料金はさまざまな工夫でおさえられます。大きな荷物が少ない場合やすぐに引越し業者を決めたい場合は、各業者が提供している単身プランを利用しましょう。荷物が多く引越し予定日まで余裕がある場合は、なるべく多くの業者から見積りをとって比較します。荷物が少なく少しでも早く引っ越したい場合には、引越し業者ではなく宅配便で荷物を送ったりレンタカーなどを使い自分で引っ越したりする方法もあります。

荷物の量を減らす

荷物が少なければ少人数・小型トラックで引っ越せるため、引越しの際のコストが減り、費用の節約につながります。一方、荷物が増えると引越し業者が用意する人員の数やトラックの大きさが変わり、費用が上がります。

荷物量は業者に見積りしてもらうことで確認できるので、見積りを依頼する前に不用品の処分をしておくと良いでしょう。粗大ごみに出す、リサイクルショップに回収してもらうなど、不用品の処分にはさまざまな方法がありますが、オークションサイトで売却できればいくらかのお金が手に入り、差し引きでさらに引越しコストを下げられます。荷物を減らせば荷造りや引越し当日の運搬も楽になるため、引越しを良い機会と考えて家にあるものを整理しましょう。

引越しの資金がない!初期費用はローン払いできる?

ローン 家 ブロック

引越しの初期費用は家賃の約5〜6ヶ月分とかなり高額なため、事前に資金を準備してからの引越しが一般的です。しかし、「資金を準備できていないけれどすぐに引越しをしたい」「すぐに引越しをする必要がある」人はどのように資金を準備すれば良いのでしょうか。

初期費用を支払う際、クレジットカードで分割払いする方法や、ローンを組む方法もあります。クレジットカードでの分割払いは、不動産仲介業者がカード払い不可の場合は利用できません。ここからは、どのようなローンを組む方法があるのかを解説します。

フリーローン

主に銀行が取り扱う、個人に向けたローンのことを指します。基本的にフリーローンで借りたお金は利用者の目的に合わせて使用可能なため、初期費用の支払いにあてられます。

フリーローンのメリットは、カードローンよりも金利が低い傾向があるという点です。金利が低いと利息をおさえられるため、比較的返済しやすいのが特徴です。また、フリーローンの借入れは一度のみなので、お金の借り過ぎを事前に防げます。返済期日も決められており、返済計画も簡単に立てられるので、借りすぎが心配という人におすすめです。

しかし、フリーローンは審査に時間がかかるというデメリットがあります。カードローンには即日借入れが可能なサービスを提供している企業もありますが、フリーローンは審査に平均1週間程度時間がかかるため、急いでお金を借りたい人には不向きです。また、フリーローンは審査過程で用途の申告を求められる場合や、原則として事業目的などには利用できないといった点があります。

カードローン

銀行などの金融機関、クレジット会社が提供するローンを指します。一般的に、専用のカードを使いお金を引き出します。ネットから自分の口座に振り込む方法もあります。時間と場所を気にする必要がなく、柔軟に借入れと返済ができます。お金の利用目的が自由な点はフリーローンと同様です。

メリットとしては、カードローンは契約時の借入れ限度額の範囲内であれば、何回でもお金を借りられる点が挙げられます。例えば、50万円を限度額として契約した場合、1回目に20万円を借り、さらに必要になったら、残りの30万円を引き出せます。審査のスピードも早いため、早くお金を準備する必要のある方におすすめです。

しかし、借り過ぎから場合によっては返済が困難になることもあります。カードローンを利用する場合は、借りたお金をどのように返済していくか、自身の収支のバランスを考慮して検討することが大切です。

一人暮らしの引越しには単身引越しナビがおすすめ

単身引越しで簡単に安く引越しできる方法をお探しの方は、ぜひ当サイトが運営する引越しマッチングサービス「単身引越しナビ」をご利用ください。単身引越しナビは、引越しをしたい利用者と引越し事業者をマッチングするサービスです。旧居と新居の引越し情報と引越し日、お荷物の量を入力してリクエスト予約を完了したら、あとは引越し業者とのマッチングを待つだけです。

お得な定額料金

単身引越しナビは、基本料金、平日・休日料金、シーズン料金から決まる6パターンの定額料金制になっているためシンプルでわかりやすく、複雑な料金設定に悩まされることはありません。引越し料金は引越し日によって異なり、見積りの時点でそれぞれの引越し日の定額料金がカレンダーに表示されているため、ご自身のスケジュールと照らし合わせて安い引越し日を選べます。一番安い時期の引越しでは、29,480円(税込)から引越しが可能です。さらに、ダンボール20枚も定額パック料金に含まれています。単身引越しの平均ダンボールの使用量が10〜15枚程度なので多めに付いてくるのも嬉しいポイントです。なお、必要な方のみ別途高速道路料金や家電の取付け・取外しオプション料金がかかるので、見積りの際に確定金額を確認してください。

相見積りの手間がかからない

相見積りとは、複数の引越し業者に見積りを依頼し比較検討することを指します。引越しの相見積りをとるには、複数の引越し業者に同時に見積り依頼ができる一括見積りサイトを利用することが一般的ですが、サイトに登録した直後から大量の営業電話とメールが来て対応に手間と時間がかかるというデメリットがあります。

単身引越しナビでは希望に合った最適な1社とマッチングでき、利用者に連絡をするのは単身引越しナビかマッチングした1社のみのため、簡単でお手軽に見積りをとれます。営業電話に対応する手間がないだけでなく、不特定多数の引越し業者に個人情報が渡らないという点でも安心です。

マッチングする業者は、国の許認可(一般貨物自動車運送運送事業許可)を取得し、独自の審査を通過した安心のベテラン引越し業者のみであるため、どの業者とマッチングしても安心です。

まとめ

今回は、引越し料金の内訳や、引越し料金をおさえるための方法について紹介しました。引越し料金にはどのような項目があり、どのような理由で費用がかかっているのか知ることで、自分に必要なサービスを取捨選択できます。引越しが決まったら、ここで紹介した項目に注意して、費用の概算をとってみましょう。