事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
人形 交渉

summary

  • 引越し料金は引越し業者と交渉をすることで値引きできることもあります
  • 値引き交渉をする際のコツは相見積りをうまく活用することです
  • 値引きできる金額の限界は引越し業者ごとに違い時期も関係するので事前に確認しておきましょう

いざ引越しを行おうとすると引越し業者は各社さまざまな料金形態でサービスを提供しているため、迷うことも多いでしょう。また見積りをしてみたら思っていたよりも引越し料金が高くなったということもあります。

そこで今回は「引越しの値引き」をテーマに、値引き交渉のコツや注意点などをご紹介します。

引越し料金は値引きできる?

引越し業者に見積りを依頼すると料金の概算を教えてもらえますが、同じ条件でも引越し料金には事業者ごとで差が出ます。特に引越し料金のような高額な出費は値切りすることで少しでも安くおさえたいものです。実際に引越し料金を値切りすることはできるのでしょうか。引越し業者に見積りを依頼したとき、初回から確定金額が出されることはあまりありません。これは引越し業者が自社の空車率と他社の金額を確認したうえで確定金額を出そうとするためです。空車率とは、引越し業者が所有しているトラックのうち、引越しに使われず空いている状態の割合です。もし空車率が高いのならば引越し業者は値下げをしてでも利用者を増やそうとします。引越し業者側も見積りの段階では利用者と交渉をしたうえで確定金額を出そうとしているため、他社の見積り金額や即決価格を伝え相談することで値切りできることが多いようです。

引越し料金の構造

引越し料金は「運賃」「料金」「実費」「オプション料金」といった要素で構成されています。「運賃」は国土交通省が示す運送にかかる標準的な料金です。荷物を運ぶ距離や時間、使うトラックの種類によって金額が変わります。また、「料金」は、荷物の積み卸し、搬出、搬入、荷造り、開梱に関わる人件費のことです。「運賃」と「料金」は見積りに明記するよう標準引越運送約款に定められています。「実費」は高速道路料金や梱包資材費、車両留置料などのことで、これらは運賃には含まれません。「オプション料金」はピアノの運送、不用品の回収や家電の取付け・取外し、荷物の一時預かりなど、追加のサービスを申込む際にかかる費用です。

引越し料金は平日か休日か、通常期か繁忙期かと行った時期的な要因により大きく変動します。特に繁忙期の引越し料金は通常期の2倍近くかかることもあります。

事業者側の手間は料金に反映されてしまう

上記のように引越し料金は主に4つの要素で構成されています。運賃、料金、実費は引越しのベースとなるものですが、オプション料金は、通常の引越しに加えて引越し業者の手間となるために発生する料金です。事業者側に追加で発生する手間はそのまま引越し料金に反映されます。見積りの段階でオプション料金が発生しそうなものはあらかじめ伝えておくことで、後から引越し料金が高くなったというようなトラブルを避けることができます。このように引越し料金は料金構造が複雑でどの事業者を利用するかを決めるのに多くの時間がかかります。

引越し料金の値引き交渉のコツ

できるだけ引越し料金は安くおさえたいけど、実際に値引き交渉はどうやって行えば良いのだろうかと悩まれる方も多いでしょう。ここでは、見積りをとってから値引き交渉を行うまでの一連の流れとコツをお伝えします。

相見積りをとる

見積りをとるときは、同じ条件で複数業者に見積りを依頼する「相見積り」をとるのが一般的です。引越し料金は各引越し業者が提供するプランやサービスによって差が出るので、相見積りをとることで引越し料金の差がわかりやすくなります。一括見積りサービスを利用することで効率よく相見積りがとれますが、複数の営業電話やメールが届くため対応に追われたり、安さばかり意識した結果、業者の質が担保されなくなったりするリスクもあります。また相見積りをとる際には名前や電話番号、メールアドレス、旧居・新居の住所といった個人情報の入力が必要です。思わぬところで個人情報が漏洩するなどのトラブルに巻き込まれることがないよう、一括見積りサイトを利用する際には必ず安全なサイトなのかを確認してから利用するようにしましょう。

相見積りをとっている旨を伝える

実際に引越し業者と交渉をするときには相見積りをとっていることを伝えましょう。「A社は〇〇円だったのですがそれより安くできませんか?」と値切り交渉をすることで、引越し業者も他社の価格より値下げをして自社を使ってもらおうとするため、交渉がしやすくなります。また、相見積りをした段階で気になった引越し業者の訪問見積りは最後の方にしましょう。最初に訪問見積りに来てもらった事業者に相見積りをしていることを伝え他社との競争になることを意識させることで、出来るだけ低い価格を引き出すことができます。あとはこの価格を元に値引き交渉を行っていけば、見積りの段階で興味があった引越し業者と交渉をするまでに基準の価格を下げていくことができます。

他社の料金を伝える際は注意する

他社の引越し料金を伝えるときにはその料金が本当に適正なのかを確認する必要があります。基本的に利用者は最初にとった見積り金額を基準に値引き交渉を行います。引越し料金は引越し業者や引越しを行う時期によって変わるため、最初にとった見積り金額が適正なのかを確認しないと最終的な引越し料金も高くなります。

すぐに決定しない

相見積りをとっただけで依頼する引越し業者をすぐに決定しないようにしましょう。相見積りの段階で事業者が示している価格はあくまで値引きされることが前提であり、相場どおりの価格とは言えません。また、相見積りを依頼した時点ではわからなかったオプションサービスなどによって、後から値段が高くなることもあります。実際に訪問見積りをしてもらって引越し業者と話し合ったうえで決定すると良いでしょう。

他サービスの紹介を受ける

一括見積りサイトに登録すると引越しに合わせてガス、電気や水道などのインフラ関連サービスやウォーターサーバーを契約してもらえれば引越し料金を値下げしたり、キャッシュバックしたりするといった勧誘をされることがあります。ほかにも無料サービスとして引越しに使うダンボールの個数を増やしてもらうことや、荷物を運ぶ際の殺虫サービスをつけてもらうなどして、実質的に引越しをお得にできることもあるようです。

決定前に再度値引き交渉を試みる

依頼する引越し業者がある程度決まったら、最後にもう一度駄目押しで値下げ交渉をしてみましょう。「〇〇円まで値下げしてくれたら引越しを依頼するのですが」と伝えれば、引越し業者も自社を使ってもらおうとしてさらに値下げをしてくれるかもしれません。しかし引越し業者にも値下げできる限界があるため、ある程度納得できる価格で妥協することも必要です。

引越し料金の値引きの限界はどれくらい?

ここまでは引越し料金の値引きのコツをご紹介してきましたが、実際にどれくらいの値引きができるのでしょうか。引越し業者によって見積り金額が違うため、値下げできる金額も違います。ここからは引越し業者の値下げの限界についてご説明していきます。

引越し業者によって異なる

相見積りをとると引越し料金は引越し業者ごとに全く違うことがわかります。これは引越し業者によって提供しているプランが違ったり、空車率に差があったりするからです。そのため値下げ可能な金額も業者ごとに違います。相見積りをとってみて気になった業者に直接問い合わせ、訪問見積りを行ってもらうのが良いでしょう。

時期によって異なる

相見積りで提示された見積り金額は空車率の影響を大きく受けています。引越し業者がどれだけ仕事を受注したいかは空車率で変わります。空車率が高い場合は値下げしてでも仕事を引き受けたい状況で、空車率が低い場合は値下げをしなくても仕事が入る状況だからです。引越し閑散期である11月から1月は、空車率が高くなるため比較的値切りしやすくなります。反対に繁忙期である3月中旬から4月上旬は引越し業者の空車率が低くなるため値引きできる金額は低くなります。ほかにも人気である午前中の時間帯を外したり、賃貸物件の契約が切り替わり引越しの数が増える月末以外の時期を選んだりすると値下げ交渉がうまくいくかもしれません。

引越しが安い時期はいつ?低コストかつ満足できる引越し方法を紹介!

値引き交渉し過ぎると嫌がられる

過度にしつこく値引き交渉をすると引越し自体を引き受けてもらえなくなったり、その後の対応が悪くなったりすることもあります。相見積りをもとに相場を把握したうえで、値引き金額の目標を決め、そこまで値引きしてもらえたら契約するなど値引き交渉はほどほどにしましょう。

引越し料金の値引き交渉の注意点

ここまでは引越しの値引き交渉のコツと限界についてご紹介してきました。しかし値引き交渉ができるからといって安さばかりを重視してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。ここからは引越し料金の値引き交渉の注意点をご紹介していきます。

信頼できる事業者に依頼する

事業者 運転

相見積りをとると各引越し業者の引越し価格の差がわかりやすくなるので、料金が安い引越し業者に目が行きがちです。しかし安さばかり重視していると、相見積りの段階では安かったが後からオプションを追加されて結果的に高額な引越し料金になったり、対応が遅かったりするなど、思わぬトラブルが起きることがあります。あまりに安すぎる引越し業者の利用しようとするときは、丁寧なサービスが行われるか、後から追加でオプションを請求されないかなどあらかじめ確認し、コストとサービスのバランスが取れた引越し業者を選ぶようにしましょう。

手間をかけ過ぎない

確かに相見積りをしてから引越し業者に値引き交渉を行うことで引越し料金を安くできます。しかしその労力は料金に見合っているでしょうか。相見積りサービスを利用すると多くの引越し業者からメールや電話で営業が行われるため想像以上に時間と労力を使います。また相見積りをすると多くの引越し業者が候補にあがるため結局どの引越し業者にするか選べなくなることもあります。引越し前には引越し業者選び以外にも各種手続きや荷物をまとめるなどやらなければいけないことが多くあるため、費やした時間と労力が値引きされた金額に見合わないということがないように気をつけましょう。

荷物量は適切に伝える

相見積りや訪問見積りの際には荷物量の情報をできるだけ細かく適切に伝えましょう。曖昧すぎる情報だとトラックの大きさが足りないため荷物が運べなくなったり、荷物量に対して必要以上にトラックが大きすぎるために本来より引越し料金が無駄に高くなったりすることがあります。ダンボールはいくつあって、大型の家具や家電は何があるかなど引越しに必要な情報は適切に伝えることで、見積りが正確になりトラブルを避けることができます。

引越しで荷物を減らすコツ!物を減らすと多くのメリットが

サービスの確認を怠らない

軍手 ガムテープ

相見積りの段階では引越しに関する細かい情報が引越し業者に伝わっていないため、見積りの段階では安かったが後からオプションが追加されて結果的に高い料金になることもあります。特にピアノの移動、不用品の回収や家電の取り外し、設置などを申し込む場合はオプション料金として別途料金がかかることが多いので引越し業者と交渉するときにどこまでが引越し料金に含まれているのかを確認しましょう。

双方の手間をかけずにリーズナブルな値段にするには

利用者が相見積りをとってから引越し業者と値引き交渉をし価格を決定していくという流れは利用者にとっても引越し業者にとっても時間と手間がかかります。当サイトが運営する「単身引越しナビ」は一都三県にお住まいの単身者向け引越しマッチングサービスです。​​平日・休日やシーズンで異なる6パターンの定額パックであるため料金形態が明確で、申込みの前に確定金額を確認できます。提携しているのは、国の許認可を取得したうえで、単身引越しナビ独自の審査を通過した安心のベテラン引越し業者のみで、利用者に最適な1社のみマッチングしてご紹介するため、しつこい営業電話やメールがなく安心してご利用いただけます。まずは日程と金額を確認し、リクエスト予約を行います。マッチング成立後に送られてくるメールを確認してからお申込みをいただき、引越しをした後にお支払いという流れで、複雑で面倒な手続きもありません。条件に当てはまる方は、ぜひご自身の引越し希望日の料金をチェックしてみてください。

まとめ

引越し料金の値引き交渉をしたいときは、まず相見積りをとることが基本です。しかし相見積りは条件にあったさまざまな引越し業者を比較できるというメリットの反面、多くの引越し業者から営業のメールや電話が届くことや思わぬトラブルに巻き込まれるというデメリットもあります。面倒な営業の対応に追われることなく明確な料金プランで安心して引越しをしたい方には「単身引越しナビ」のご利用がおすすめです。