事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
女性 財布

summary

  • 引越し見積りは引越し料金の構造を知ることで値段をおさえられる箇所を把握できます
  • 相見積りをとる際は値段を比較するだけでなく引越し業者が提供しているサービスの内容も確認しましょう
  • 一人暮らしの引越しを格安に済ませたい方には単身引越しナビがおすすめです

生活を送るうえで、家賃や生活費、交際費など、さまざまなお金がかかることから、節約できるところは節約したいと思うのが普通でしょう。何事においても値段をおさえるためには相場を知ることが重要です。相場を知ると高すぎるものや安すぎるものに気がつけるようになり、失敗をする可能性が低くなります。費用相場を知る重要性は引越しにおいても同様です。少しでも引越しの値段を安くおさえるためには、サービスに応じた相場がどのくらいか把握しましょう。この記事では引越しの見積りを格安にする方法と、注意すべきポイントについてご紹介します。

引越し料金の構造とは

値段を安くおさえるためには、引越し料金の構造をあらかじめ把握しておかなければなりません。引越し料金は、時期や荷物量、距離により変動します。どのように料金が決定されるかを把握することで引越し料金をおさえられる箇所を見つけられます。

時期によって料金が異なる

引越し料金は引っ越す時期によって大きく変動します。特に需要があり、料金が高くなるのは卒業・就職・転勤など引越しを伴うイベントが全国で起こる3月中旬~4月上旬です。反対に上期と下期の境目にあたる9~10月の転勤シーズンが落ち着くと需要が少なくなり11~1月の閑散期は料金が安くなる傾向があります。月により値段が大きく異なるため安い月に引っ越すのが理想です。

ほかにも需要に応じて変動があり、月初・月末より中旬、休日より平日、午前中より午後の方が安くなります。月初・月末が中旬より高い理由は、賃貸契約の更新が切り替わるタイミングが月末であるケースが多く、そこに合わせて引越しをする人が増えるからです。休日は学校や仕事が休みの人が多いため依頼が集中します。また、多くの人は朝から引越しに取り掛かり、昼頃に新居に到着して、午後はゆっくり荷解きしたいと思うため、午後より午前中のほうが引越し料金は高くなります。


引越しが安い時期はいつ?低コストかつ満足できる引越し方法を紹介!

荷物量で料金が異なる

運搬する荷物の量によって引越し料金が変わります。荷物が多ければ多いほど大きいトラックや作業員数が必要なため、引越し料金が高くなります。また、荷物が多いと、荷物を梱包する際に資材の量が増え、引越しによって発生したごみの処理費用などがかかります。以上のことから、引越し料金をおさえるためには、運搬する荷物の量を少なくすることが重要です。

このように荷物の量で値段が変わるため、必要のないものや、長時間使用していないものは、可能な限りリサイクルショップやフリマアプリで売ったり、知人に譲ったりしましょう。粗大ごみを自治体や業者に回収してもらうことも可能ですが、コストがかかるのでなるべく上記の方法で処分することをおすすめします。このように不用品を減らすことで引っ越した後の荷解きも楽になり、値段もおさえられるので一石二鳥です。

距離で料金が異なる    

引越しの値段が異なる理由として引越し先までの距離があります。運賃には、距離制運賃と時間制運賃の2種類があり、国土交通省が標準的なモデル料金を定めています。距離制運賃の場合、引越し先までの移動距離に応じて運賃が加算されていくため、物件選びの段階で現在の住所からできるだけ距離の近い場所を選ぶことで、運賃をおさえられ、引越し料金を安くすることに繋がるでしょう。

サービスによって料金が異なる

引越し料金は、オプションとして何を選ぶかで値段が変わります。オプションの例として、エアコンの移設・工事、不用品処分、ハウスクリーニング、乗用車の運送などがあります。引越しにおいては、引越し料金だけではなく、どのようなオプションサービスがついているのかも重要です。引越し料金が安い場合、オプションサービスを減らすことで引越し料金を下げている場合があります。オプションサービスを付けたり、もらえると思っていた梱包資材がもらえず自分で購入することになったり、追加でオプションをつけたりするなど余計にお金がかかる可能性があります。自分の引越しプランに合った引越し業者を選択しましょう。

格安な業者の選び方

price 値段

ここまでご紹介したように、引越し料金は時期や荷物量、移動距離、オプションサービスなどによって変動します。少しでも安い業者を見つけるには、相見積りをとることが重要です。相見積りとは、複数の引越し業者に見積りをとることで、引越し業者ごとに引越し料金を比較できるので、相場が分かり、より安い引越し業者を見つけられるなどのメリットがあります。しかしその一方で、時間がかかる点や、個人情報の流出につながる可能性など注意しなければならない点もいくつかあります。

相見積りをとる

1社のみで見積りをとると、その業者の引越し料金の設定が相場よりも高い場合に気づけません。そのため、相見積りをとり、複数の引越し業者の料金を比較することが重要です。また、相見積りをとっていることを引越し業者に伝えることで、各社は競合よりも安くして引越しの依頼を受けようとするため安い引越し料金で引っ越せる可能性が高くなります。そのほかにも、複数の業者に見積りをとる際に、各社が提供しているオプションサービスの内容を確認できます。引越し業者ごとに見積りを比較して、引越し料金とサービスのバランスが良い引越し業者を選びましょう。

相見積り時の注意点

相見積りをとることで、さまざまな引越し業者の比較ができるというメリットがあるということが分かりました。しかし、相見積りをとる際に注意しなければならないこともあります。複数の業者から見積りをとるため、その分多くの引越し業者とやりとりする必要があるうえ、個人情報が流出する危険性も高まります。以上の2点について詳しくご紹介します。


引越し一括見積り比較サービスは危険という評判は本当?

多くの事業者とのやりとりが発生する

一括見積りサイトに登録すると、すぐに引越し業者から大量の営業電話やメールが届くようになります。似たようなやりとりを複数の引越し業者と繰り返すため、引越し前の忙しい時期には負担になるでしょう。

より格安なプランを求めて多くの引越し業者とのやりとりをしているうちに、各社が価格競争のなかでできるだけ安い見積り金額を提示しようとして、結果的にサービスの品質が損なわれることもあります。

個人情報が流用される恐れがある

一括見積りサイトから相見積りをとると、さまざまな引越し業者に個人情報が伝わることになります。多くのサイトでは、名前、電話番号、メールアドレス、新居・旧居の住所情報が必須項目です。個人情報をきちんと管理してくれるサイトであれば問題ないですが、悪質なサイトだった場合に個人情報が流出する危険性があります。利用する前には必ずプライバシーポリシーを確認して、個人情報保護に対して適切に対応しているサイトかどうかを慎重に確認しましょう。

単身引越しナビがおすすめ

空 バンザイ

できるだけ安く手軽に引越したい人は当サイトが運営する「単身引越しナビ」のご利用がおすすめです。単身引越しナビは東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県のみに限定した単身者向けの引越しマッチングサービスです。2トンショートトラック積み切りの定額パックのため複数の引越し業者の見積り金額を比較検討する必要はありません。単身引越しナビを利用するのと、一括見積りサイトなどを利用して相見積りをとるのは、どのような違いがあるかご紹介します。

料金が安くて明確

単身引越しナビは平日・休祝日料金と、閑散期・通常期・繁忙期のシーズン料金から決まる6パターンの定額料金制で、申込み前に確定料金がわかります。

一都三県内の引越しで、移動距離が31km未満、15階以下の低・中層階の住まい(エレベーターが無い場合は5階まで)、20階建て以上の高層マンションを除いた建物で、建物前まで2トンショートトラック車両が通行できることが利用できる条件です。

しつこい営業電話がない

単身引越しナビでは、旧居と新居の引越し情報を入力してリクエスト予約を送信したら、あとは引越し業者とのマッチングを待つだけです。連絡をとるのは、単身引越しナビかマッチングした引越し業者1社のみ、引越し業者からのしつこい営業電話やメールに悩まされることはありません。

信頼できる業者のみと提携しているから安心できる

単身引越しナビには、実績多数のベテラン引越し業者が登録しています。提携している引越し業者はすべて国の許認可 (一般貨物自動車運送事業許可)を取得したうえで単身引越しナビ独自の審査を通過した信頼できるベテラン引越し業者であるため、どの引越し業者とマッチングしても安心してご利用いただけます。

まとめ

今回の記事では、少しでも引越し料金を安くするためにはどうすれば良いかをご紹介しました。今回ご紹介した方法のなかでもおすすめなのが、営業の電話に対応する必要がなく、信頼できる引越し業者のみと連携している単身引越しナビを利用することです。料金設定も分かりやすいので、気軽に利用できます。また、安全な引越し一括見積りサイトを利用して適正価格を知ることで自分の納得のいく引越しができます。自分のあったサービスを探して満足できる引越しにしましょう。