事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
電卓 計算

summary

  • 3月中旬から4月上旬は1年で最も引越し費用が高いためタイミングが許す場合は避けましょう
  • 物件選びの際にできるだけ近い引越し先を選ぶと引越しの距離の見積り項目を安くできる場合があります
  • 一人暮らしの場合は単身者向けの引越しプランを利用するのもおすすめです

いざ引越しをしようとした時に引越し業者に見積りをとってもらったところ、予想外に料金が高くなったと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。引越し料金は定価がついているわけではなく、業者が都度見積りを出し料金が決定されます。そのため、予想外に高額になる場合がありますが、反対に引越し費用を安く抑える余地があるということでもあります。予想外に高い引越し業者の見積りを受けて悩んでいる方のために、引越し料金を安く抑える方法について紹介します。

引越し料金はどうやって決まる?

素人にはよくわからない引越し料金の相場ですが、条件によって大きく変動します。引越し業者が引越し料金を決めるときは主に、引越しの時期、引越しの人数、そして引越しの距離が考慮されます。引越し料金を安く抑えるにはこれら一つ一つを考慮していくことがとても重要なので順番に詳しく紹介します。

高い時期と安い時期がある

引越しの費用は時期によって変動します。当たり前ですが引越しの需要が増える繁忙期に費用は高くなり、そうでない閑散期に安くなります。また繁忙期には引越し料金が上がるだけでなく、引越し業者への依頼や物件探しの競争率も上がるため、引越し自体が困難になりかねません。引越しにおける繁忙期は3月中旬から4月上旬で、この時期は引越し業者が一年で最も忙しくなります。

反対に11月から1月は閑散期です。これはもう一つの繁忙期である年度の中間の9月ごろが過ぎて引越しの需要が落ち着くためです。引越しの時期を問わないのであれば、この閑散期に物件を探して引越しをしましょう。しかしこの閑散期は物件の入れ替わりが出たばかりの時期で、すぐ引越しをしようとする人が少ないため空き物件の数も限られています。そのため物件選びには、ある程度妥協する必要があることも視野に入れておきましょう。

引越しが安い時期はいつ?低コストかつ満足できる引越し方法を紹介!

単身と家族で料金が異なる

引越しにおいて単身か家族かによっても料金相場が異なります。もちろん引越しの規模が違うので、家族で引越しをする場合は単身に比べ運ぶ荷物の量が多くなります。そのため料金が必然的に高くなり、大まかには二人暮らしだと単身引越しの約2倍の費用がかかります。また単身引越し向けにサービスを展開している業者も多くあります。業者によって名前は異なりますが、単身引越し向けのプランを利用すると梱包資材をサービスでもらえたり、格安で引越しができたりとお得に引越しができるような設定になっています。

距離で料金が異なる

引越しの料金を決める3つ目の要素が引越しの距離です。単身者の引越しの場合、例えば1月で比較をすると、市内の引越しに相当する15km未満だと約30,940円、県内の引越しに相当する50㎞未満だと約34,680円、遠距離引越しに相当する500km以上だと約80,940円が大まかな相場です。引越し料金は運賃として引越しで移動する距離や移動時間に応じて定められており、主に引越し業者の運賃設定は時間制と距離制で分かれています。またそのほかに実費として高速道路・有料道路などを使用する場合、それらの利用料金も発生します。

引越し料金の相場は?

桜 家

引越しの料金は荷物の量や引越しの移動距離、引越し時期に応じて変動します。引越し料金を安く抑えるためには、引越し料金のおおまかな相場を知っておくことが欠かせません。価格相場の知識があると、引越し業者に見積りをとってもらう際にスムーズに価格交渉できたり、安い引越し業者を選んだりできます。大体の目安として繁忙期である春とそれ以外の時期の料金相場について移動距離、引越し人数ごとに紹介します。

繁忙期の引越し料金

繁忙期である3月中旬から4月上旬は年間で最も価格相場が高くなります。例えば単身者で同市町村内での引越しに相当する15km未満だと約50,620円、隣県への引越しに相当する200km未満の引越しでは約84,700円になります。また2人暮らしだと料金は、そのおよそ2倍かかり15km未満で約96,090円、200km未満では約164,009円かかります。3人家族の場合では、15km未満で約121,160円、200km未満で約183,840円がかかります。また、これらの金額はあくまで目安で、業者や時期によって細かな変動があるので参考の一つとしてお考えください。

通常期の引越し料金

繁忙期を過ぎた5月から2月の間は繁忙期より格段に引越し費用が安くなります。5月の場合単身者で15km未満の場合で約32,040円、200km未満で約46,440円かかります。また2人家族で15km未満だと約60,800円、200km未満だと約93,810円と高くなっていきます。さらに3人家族では15km未満で約75,430円、200km未満107,030円かかります。

引越し料金比較カレンダー

各月、人数別の引越し料金相場をまとめました。年度や地域によって価格は変動するのであくまで季節ごとの料金変化の参考としてお考えください。

単身者二人世帯3人家族4人家族5人家族
1月約30,900円~約34,600円約60,400円~約60,200円約73,000円~約78,700円約75,800円~約104,800円約85,100円~約144,300円
2月約35,600円~約37,900円約69,600円~約79,400円約77,600円~約95,000円約83,000円~約114,200円約99,100円~約140,500円
3月約50,600円~約62,500円約96,000円~約108,100円約121,100円~約141,400円約125,700円~約160,200円約134,800円~約225,500円
4月約39,000円~約45,200円約77,500円~約90,300円約91,700円~約120,700円約109,300円~約122,700円約159,700円~約169,100円
5月約32,000円~約37,300円約60,800円~約77,000円約75,400円~約92,900円約77,900円~約109,300円約104,000円~約172,800円
6月約32,800円~約35,800円約58,700円~約75,000円約72,700円~約140,700円約75,500円~約141,100円約91,200円~約184,000円
7月約33,000円~約36,100円約61,500円~約65,600円約77,100円~約79,100円約81,300円~約116,600円約99,900円~約162,000円
8月約31,200円~約35,000円約64,100円~約71,700円約74,600円~約84,100円約77,000円~約89,600円約89,400円~約138,900円
9月約31,900円~約38,200円約62,200円~約70,700円約68,400円~約89,900円約80,600円~約107,400円約111,800円~約147,700円
10月約31,400円~約36,300円約60,400円~約78,700円約70,100円~約102,000円約77,200円~約108,600円約94,400円~約177,900円
11月約33,400円~約36,000円約57,600円~約72,900円約74,600円~約107,30円約82,000円~約112,800円約106,400円~約149,400円
12月約31,700円~約36,100円約62,700円~約73,800円約71,200円~約91,600円約74,100円~約104,000円約95,600円~約143,300円

引越し料金を安くするコツ

いざ引越しの見積りをとると、思わぬ点で料金が加算され予想外に高い見積りを取られた方も多いのではないでしょうか。見積りが高くつきお悩み方のために、引越しにかかる費用や引越し業者への支払い料金を少しでも安く済ませる方法を紹介します。

相見積りをとる

引越しの価格を安くする最も一般的な方法として挙げられるのが、相見積りをとることです。引越しの条件が同じであっても引越し業者によって提示されるサービス、料金は大きく異なる場合が多く、複数の業者に見積りを依頼し比較することでより安く、自分に合ったサービスを提供している業者を見つけられます。また相見積りによって価格相場を知っておけば、既に利用する引越し業者が決まっている場合でも、よりスムーズに価格交渉を行えます。相見積りをとる上で引越し一括見積りサイトの利用が考えられますが、一括見積りサイトを利用するときには注意が必要です。利用する際に入力する個人情報をもとに引越し業者から営業の電話が頻繁に届いたり、引越し業者以外のインターネット回線やウォーターサーバーなどの営業の電話やメールも届いたりするようなケースがあります。これらの営業の相手をする手間が煩わしいと感じる方は、安心に使えるサイトを見つけるなど注意して利用する必要があります。

安い時期に引越しをする

次に考えられる方法が時期を選ぶことです。引越しは繁忙期と閑散期で料金が大きく異なるため、もしタイミングが許すのであればできるだけ繁忙期は避けて引越しをすると良いでしょう。特に3月中旬から4月上旬の新年度を迎えるシーズンは1年で最も引越し業者が忙しくなる時期で、引越し料金も格段に値上がりするのでできるだけ避けましょう。しかし閑散期に引越しをしようとすると、物件数が少ないなどの理由から物件選びを妥協せざるを得ない可能性があります。このことに留意して引越しの時期を選びましょう。また月毎の価格相場の変動を考えると、月初と月末は特に賃貸物件の更新時期の関係で引越し需要が高まるため、引越し費用が比較的高くなる傾向があります。安くなることの多い、月の中旬を選んで引越しをすると良いでしょう。

荷物を少なくする

引越しの際に荷物を減らすと引越しにかかる料金も安くなります。また荷造り・荷解きの手間がかからず、引越し作業が楽になるだけではなく、新居を広く使えて快適な生活を送れるメリットもあります。

荷物の量は引越し見積りの料金決定の大きな要素の一つなので、これを減らすことは費用を抑える最もシンプルな方法と言えるでしょう。必要なものの判断基準を明確にして不要なものは捨てることが大切です。また捨てるだけでなく、状態が良いものであれば買取サービスやフリマアプリなどで売ることで、多少のお金を得ることもできる可能性もあります。引越しの際には是非利用を検討してみましょう。

引越しで荷物を減らすコツ!物を減らすと多くのメリットが

引越し距離を短くする

やや強引な方法ですが引越し距離を短くする方法も考えられます。これは主に近距離での引越しの場合ですが、できるだけ現在住んでいる家から近い物件を選び、新居までの距離を短くすることで距離料金を減らすことができます。また徒歩圏内の引越しで荷物も少ない場合、引越し業者を利用せずに車で荷物を運んだり台車に乗せて運んだりすることで引越しの費用を抑えられます。無理のない範囲で距離の近い物件を選ぶことを心がけてみましょう。

安くて安心な引越しマッチングサービスがおすすめ

引越し料金を安く抑える方法について紹介してきましたが、結局多かれ少なかれ手間がかかりどうも面倒だと思った方もいるでしょう。そのような方にぜひご利用いただきたいのが、業者比較不要で安心な引越しマッチングサービスの「単身引越しナビ」です。現在は東京、千葉、神奈川、埼玉の一都三県内での単身引越しに限定したサービスですが、引越しにかかる費用を手間なく簡単に抑えたい人におすすめです。

料金が安くて明確

「単身引越しナビ」の料金システムは非常にシンプルでわかりやすく、ダンボール20枚分の資材費を含む2トンのショートトラックの積み切りパックで、平日・休祝日料金やシーズン料金を元にした6パターンの定額料金が設定されています。そのため、申込む前にいくらかかるのか自分でチェックできます。一般的な単身パックでは追加料金を取られることの多いベッドや自転車なども2トンのショートトラックに積み切れる範囲なら基本料金で運搬できます。細かく複数業者と料金を比較する手間を煩うことなく、リーズナブルな値段で引越しを行えるのが「単身引越しナビ」の最大の魅力です。

しつこい営業電話がない

相見積りをとる際に利用されることが多い引越し一括見積りサイトは無料で利用でき簡単に複数の業者の料金を比較できますが、デメリットとして登録した個人情報をもとに営業電話やメールが届くことがあります。特に悪質なサイトでは個人情報を転売しているケースもあり、見積りを依頼した業者以外からも頻繁に営業の電話が届くことがあります。しかし「単身引越しナビ」では、独自の審査をクリアした信頼できる引越し業者の中からマッチングした一社のみに個人情報が公開されるため、情報漏洩の心配はありません。個人情報が流出するのが不安な方や営業電話の対処が面倒な方は是非ご活用ください。

信頼できる業者のみと提携しているから安心できる

「単身引越しナビ」では運送業にかかる国の許認可(一般貨物自動車運送事業許可)を取得し、独自の審査を通過した引越し業者のみを登録しています。一括見積りサイトでは多くの業者の料金を比較できますが、本サービスでは実績多数の優良業者に絞って提携しているので安心してご利用いただけます。

その他の引越し代を安く抑える方法

これまでは引越しの費用を安く抑える一般的な方法について説明してきました。引越しの費用はさまざまな条件で変動するものですが、最後にこれまで紹介してきたものとは違う意外と知られていない方法で安く引越しを済ませるために実践できることを紹介します。

宅配便を利用する

引越しの時に宅配便を利用すると安く済むケースがあります。荷物を詰めたダンボールを新居まで引越し業者ではなく、宅配業者に運んでもらう方法です。しかし、宅配便を使った引越しには条件があり、宅配便を使うとどんな場合でも安くなるわけでは決してありません。まず前提として洗濯機などの大きな家具をそのままの状態で輸送できないので、ダンボールのみの依頼であることが条件です。また距離とダンボールの数によって引越しプランの方が安くなる場合もあるので、細かい計算をしてあらかじめ自分で見積もる必要があり手間がかかります。それぞれの宅配業者が定める距離と荷物量ごとの料金をチェックし引越しプランに比べて安いものがあれば、宅配便の利用をおすすめします。

自力で引越しをする

シンプルですが自力で引越しをすると引越しの費用は格段に安くなります。家族や友人に手伝ってもらうことで、業者に頼むよりも安く引越しできます。自力引越しは、引越し業者の人件費がかからないのが最大のメリットですが、そのかわり荷物を車に積んだり車を運転したり荷物を卸して新居へ運び込んだりと重労働の連続になります。しかし引越しの気分を味わえて楽しく感じられるかもしれないですし、かかる費用は自動車のガソリン代とダンボール代くらいなので、どんな手段を使っても引越しの費用を安くしたい人に奥の手としておすすめの方法です。

コンテナ便を利用する

コンテナ便を利用することで引越しの費用を安くできる場合もあります。コンテナ便とは鉄道の貨物コンテナを利用して引越しの荷物を運ぶサービスのことで、自動車を使った運搬に比べ人件費やガソリン代を削減できるため価格が安く設定されています。通常の引越しに比べると日数がかかる、鉄道が引かれていない地域では利用できない、また料金を知りたい場合に新居と旧居の立地によって費用が変わるので鉄道会社に確認する必要があるなど不便な面もありますが、引越しを急いでいない場合には選択肢の一つとして考えてみるのも良いでしょう。

帰り便・混載便を利用する

トラック 夜

帰り便や混載便は引越しの費用を安く抑えるためのかなりマニアックな方法です。帰り便とは、引越し荷物の輸送を済ませたトラックが出発地へ戻る時にトラックの荷室を有効活用する便のことです。このため輸送費が片道分の運賃だけで済むので料金が安く設定されています。デメリットとしては、引越しの日程が引越し業者に左右され自分の都合で決められなくなることです。また帰り便のサービスを提供していない業者もあるので、引越しの時間に余裕がある人は帰り便の利用が可能かどうか、見積りの際に引越し業者に問い合わせてみましょう。帰り便に似たサービスに混載便があります。混載便とは、同じ方面に行く複数の引越し荷物をまとめて1台のトラックに積載するサービスです。デメリットとしては荷物の量が限られている点が挙げられます。しかし、単身者など荷物の少ない引越しを考えている方にはおすすめの方法です。単身引越しの場合は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまでさまざまな安く引越しをする方法を紹介してきましたが、自分の引越しに合った手段をいろいろ組み合わせて工夫することで、予定していたコストよりも安く済ませられるかもしれません。引越し業者を利用する場合、引越しの費用は季節のような長期的な周期でも変動し、また1ヶ月の短い間でも月初、月末などの要素で変動します。他にも単身か家族か、荷物の量、引越しの距離などさまざまな条件でそれぞれの業者によって価格設定されています。引越し方法はさまざまあり、検討するのも大変でしょう。「手間も時間もかけずに安く引越しを済ませたい」という方は今回紹介した「単身引越しナビ」の活用もぜひ検討してみてください。