事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
住宅街

summary

  • 引越し料金は距離に応じて変動するため近所への引越しは料金が安く済みます
  • 引越し業者を使わずに引っ越すことで引越し費用をおさえるという方法もあります
  • 同一市区町村内での引越しの場合でも「転居届」の提出を忘れずに行いましょう

引越しの料金は運搬する荷物量や旧居と新居の距離、引越しの時期などによって変動します。「近場の引越しは安いだろう」と安心していたにもかかわらず、実際は予想よりも料金がかかることもあるでしょう。そこでこの記事では、近所に引っ越す場合の料金相場や、費用をおさえて引っ越すコツについてご紹介します。

近所への引越しの料金相場は? 

まず、近所に引っ越す際の料金相場を見てみましょう。 一口に近所といっても、少しの距離の差で引越し料金も異なります。同じ都道府県や市区町村内での引っ越す方はもちろん、気に入った町でより条件の良い物件を見つけて、旧居のすぐ近くに引っ越すという方もいるでしょう。ここでは5~2月までの通常期と3~4月の繁忙期における距離別、世帯別の料金をご紹介します。

通常期(5月~2月)の近所に引っ越す際の料金相場

距離単身者2人家族4人家族5人家族以上
1km以内約21,000円約53,000円約63,000円約73,000円
5km以内約35,000円約64,000円約75,000円約85,000円
15km以内(同市区町村程度)約32,400円約61,800円約78,400円約97,700円
50km以内(同都道府県程度)約36,300円約72,500円約110,800円約156,100円

繁忙期(3月~4月)の近所に引っ越す際の料金相場

距離単身者2人家族4人家族5人家族以上
1km以内約244,800円約35,000円約47,000円約55,000円
5km以内約40,000円約66,000円約58,000円約75,000円
15km以内(同市区町村程度)約44,800円約86,800円約117,500円約147,300円
50km以内(同都道府県程度)約53,900円約99,200円約141,500円約197,300円

近距離の場合、引越し料金は時間制になる場合もあります。

引越し料金は「基本料金」「割増料金」「実費」「附帯サービス料金」で決まります。なかでも、近距離の場合は基本料金が時間制で定められます。

基本料金は実際荷物を運んだ時間、もしくは距離で設定される料金です。荷物を運ぶ距離が100Km以内の場合は時間制、荷物を運ぶ距離が100Kmを超える場合は距離制とされています。以下では基本料金の一例をご紹介します。

1トン超え2トン車まで 3トン超え4トン車まで 5トン超え6トン車まで
時間制 上限 下限 上限 下限 上限 下限
4時間制 約20,000円 約14,000円 約24,000円 約16,000円 約27,000円 約18,000円
8時間制 約34,000円 約23,000円 約40,000円 約27,000円 約47,000円 約31,000円
8時間を超えて1時間増すごとに 約3,000円 約2,000円 約4,000円 約3,000円 約5,000円 約3,000円
距離制 100kmを超え110kmまで 約38,000円 約25,000円 約43,000円 約29,000円 約52,000円 約35,000円
140kmを超え150kmまで 約44,000円 約29,000円 約50,000円 約33,000円 約61,000円 約40,000円
190kmを超えて200kmまで 約52,000円 約34,000円 約59,000円 約39,000円 約72,000円 約48,000円
200kmを超え500kmまで 20kmまでを増すごとに 約3,000円 約2,000円 約3,000円 約2,000円 約4,000円 約3,000円
500kmを超え 50kmまでを増すごとに 約7,000円 約5,000円 約8,000円 約5,000円 約10,000円 約6,000円

多少の荷物の変化では料金はあまり変わらない

引越し料金を安くするための一般的な対策として、荷物を減らすという方法が挙げられます。しかし、もともと料金の安い近距離の引越しでは、荷物量がわずかに減っただけでは、料金はあまり変わらない傾向にあります。

引越し料金を決める要素には、荷物や住居環境に応じたトラックの種類・台数と作業員の人数があります。見積り段階で判断した荷物の量に応じて、「どのトラックを何台使うか」「作業員を何人連れていくか」が判断されます。また、料金にはトラックのガソリン代や作業員の人件費なども含まれるため、トラックの台数や作業員の人数を減らさなくては料金も変わりません。そのため、多少荷物を減らす程度ではトラックの必要量・作業員の業務量ともに大きくは変わらず、料金もあまり変動しないのです。

近所への引越しを安く済ませるコツ

ここまで、近所の引越し料金の相場をご紹介しました。近くの引越しであっても、オプションサービスなどを依頼すると料金は高くなります。では、近所への引越しを安く行うにはどのような方法があるのでしょうか。以下でご紹介します。

繁忙期や土曜日・午前中を避ける

時計 時間

引越し業界では、進学や就職、転勤など引越しを伴うイベントの多い3月中旬~4月上旬が繁忙期にあたります。多くの引越し業者では繁忙期の引越し料金を高く設定しており、さらに予約も取りづらくなるため、可能な限り繁忙期を避けて引っ越すことをおすすめします。

また、月のほかに曜日や開始時間帯によっても引越し料金は変わります。土曜日は、土日休みの方の場合、日曜日に片付けをしたり疲れた体をゆっくり休ませたりできるため人気があり、その分引越し料金が高くなります。時間帯は、早く引越し作業を終わらせられる午前中が人気です。長い時間と大きな負担がかかる引越し作業では、「午前中に引越し作業を終わらせて、午後はゆっくり過ごしたい」考える方が多いようです。したがって、なるべく安く引っ越したい場合は、できるだけ繁忙期を避け、平日や午後便を狙うと良いでしょう。

「単身引越しナビ」を利用する

近所に安く引っ越すためには、引越しのタイミングなどに加えて引越し業者の選択も重要です。単身での短距離引越しの場合は、当サイトが運営する「単身引越しナビ」の利用がおすすめです。

単身引越しナビは、一都三県限定で単身での引越し希望者を対象にしているサービスです。希望者が住所や家財情報、引越し希望日を入力し、リクエスト予約を送信すると、条件に合った業者とマッチングします。マッチング成立後に送られるメールを確認した後で申込みを完了すると成約となります。

一般的な一括見積りサービスと異なり、個人情報は成約になった1社にしか伝えないため、複数業者からのしつこい営業電話・メールに対応する必要がありません。また、基本料金29,480円(税込)を基準として、平日・休日や繁忙期などの要素で決まる6パターンの定額料金制であり、申込み前に引越しの料金が分かるのも特長の1つです。引越しの距離や荷物量に条件があるため定額料金制の提供が可能になっています。近場で引越しをしたい一人暮らしの方のなかでも、少しでも見積りの手間を減らして手軽に引越したい方におすすめです。

自力で引っ越す

引越し業者を利用せずに自力で行う選択肢もあります。例えば、自分で用意した車に荷物を載せて運んだり、少量の荷物であれば宅配便を利用して配送したりすることも可能です。ただし、自力で大型の家具・家電を運ぶ際は大きな車が必要になります。マイカーをお持ちでない方は、レンタカー業者からバンやトラックなどをレンタルすることも検討しましょう。

なお、自力で引っ越す方法は引越し業者を利用するよりも安く済むというメリットがある一方、引越し業者を利用しないことによるデメリットもあります。以下では、自力で引越しをする際のポイントについて解説しています。それぞれの引越し方法のメリット・デメリットを理解して、自分に適した方法を選びましょう。

レンタカーを借りる場合の料金相場

レンタカーを利用して引っ越す場合、基本的にはバンやトラックなど大きな車両を使います。車種ごとに積める荷物の量やレンタカー料金が変わるため、運搬する自分の荷物量に応じて選択しましょう。また、大きな車両の運転に慣れていない方は運転感覚の違いに注意が必要です。さらに、積載量2トン以上のトラックは準中型免許を所持していないと運転できません。

レンタカーは自動車を借りる時間が長くなるほど料金も増加します。引越し作業を朝から夕方まで行う場合、レンタル時間は12時間程度で十分でしょう。

以下は引越しのためにレンタカーを借りる際の料金相場表です。車種や借りる時間ごとに分けて記載しています。

 6時間12時間24時間
軽トラック約5,600円約7,000円約8,800円
軽バン約6,050円約7,400円約8,600円
バン約8,400円約11,200円約13,000円
2トンショートトラック約10,300円約13,500円約16,500円
2トンロングトラック約14,600円約18,900円約23,300円

宅配便を利用する場合の料金相場

荷物量が少ない場合は宅配便を利用するという手段もあります。宅配業者も引越し業者と同様に荷物を運ぶプロであり、基本的に引越し業者より安く利用できます。ただし、運べる荷物には制限があるため、大きな荷物や重量のある荷物がある場合は注意しましょう。

宅配便の料金は箱の大きさで決まるため、なるべく小さい箱に荷物を詰められれば料金を安くおさえられます。

以下は引越しのために宅配便を利用する場合の料金相場表です。1箱あたりの荷物の大きさや引越し先ごとに分けて記載しています。荷物を発送する旧住所は東京都内を想定しています。

 60サイズ80サイズ100サイズ140サイズ160サイズ
北海道約1,300円約1,500円約1,800円約2,300円約2,500円
北東北約900円約1,200円約1,400円約1,900円約2,100円
南東北約900円約1,100円約1,400円約1,800円約2,100円
関東約900円約1,100円約1,400円約1,800円約2,100円
中部約900円約1,100円約1,400円約1,800円約2,100円
近畿約1,000円約1,200円約1,500円約2,000円約2,200円
中国約1,100円約1,300円約1,600円約2,100円約2,300円
四国約1,100円約1,400円約1,600円約2,100円約2,300円
九州約1,300円約1,500円約1,800円約2,300円約2,500円

自力で引っ越す場合の冷蔵庫・洗濯機の運び方

引越しで冷蔵庫や洗濯機を運ぶ場合、どちらも引越し前日までに内部に溜まっている水を抜いておかなくてはなりません。水が溜まったまま運搬すると、運搬中に漏水して荷物の汚れや破損に繋がる恐れがあります。

洗濯機の水抜きは、給水ホース・排水ホースの順に行います。給水ホースが繋がっている蛇口を閉めて洗濯機をスタートさせ、1分ほど回してから電源をオフにしましょう。給水ホースに溜まっている水が洗濯層に移動し、給水ホースの水抜きは完了です。給水ホースを取り外したら、再度電源をオンにして脱水のみを行います。排水ホースを取り外せば、洗濯機の水抜きは終了です。なお、ドラム式洗濯機では、水抜きの工程が異なる場合もあるため注意しましょう。

また、冷蔵庫は引越しの前日までに電源を落として庫内の霜を除去してから蒸発皿に溜まった水を捨てます。自動製氷機用の水が入っている場合は水を捨て、作られた氷も取出しておきましょう。また、自動霜取り機能がついていない冷蔵庫の場合は、引越しの数日前からコンセントを抜き、霜を溶かして丁寧にふき取る必要があります。

なお、冷蔵庫や洗濯機を運搬する際は、立てたまま運びましょう。横倒しにすると内部の故障を招く恐れがあります。また、必ず2人以上で運び、運搬中は扉や階段、廊下などにぶつからないよう注意します。家電自体や周囲の壁などを養生しておけば安心です。

さらに、冷蔵庫は新居への設置する際も注意が必要です。運搬中は振動により、内部が不安定な状態になるため、設置してからある程度時間をおいて電源を入れるようにしましょう。電源を入れてから庫内が冷えるまでも時間がかかります。すぐに食材を入れず、冷蔵庫が冷えるまではクーラーボックスなどで保存しましょう。

午後便や帰り便、混載便を利用する

引越し業者を利用する場合、午後便・帰り便・混載便などを利用しても安く引っ越せます。

午後便は、午後から引越し作業を行うことで、午前便と比べて料金相場が安く設定されているのが特徴です。

また、帰り便は配送の済んだ引越しトラックの空きスペースを利用したサービスです。引越しトラックは引越し作業を終えて営業所へ戻る際、トラックの荷台に空きスペースがあるため、この空きスペースを活用して荷物を運搬します。

そして、混載便は同じ方面に引っ越す依頼者の荷物を、まとめて同じトラックで運ぶサービスです。1台のトラックの荷台スペースをより無駄なく使えるため、低コストでの運搬が可能になり、その分引越し料金もおさえられます。

近所への引越しの注意事項

市区町村内での近所への引越しでは、ほかの市区町村への引越しと異なるポイントがあります。特に役所での住民票の異動(移動)手続きや固定電話の住所変更手続きについては早めに把握しておきましょう。近所に引っ越す場合の注意事項を以下で紹介します。

同じ市内の引越しでも役所への転居届は必要

引越しの際には住民票の異動(移動)手続きが必要ですが、同一市区町村内で引っ越す場合、住民票の異動(移動)のために役所で転入届や転出届を提出する必要はありません。代わりに引越し後に転居届を提出します。転居届は引っ越してから14日以内に提出するよう定められており、提出しないまま期限が過ぎると5万円以下の過料を科される場合があります。

転居届の提出手続きをする際は、本人確認書類や印鑑などが必要です。市区町村ごとに必要なものが異なる場合もあるため、事前に電話やインターネットなどで調べておきましょう。また、手続きは代理人でも可能ですが、引越し者と同じ世帯に住んでいない場合は委任状の持参が求められます。委任状は市区町村のWebサイトからダウンロードできるため、印刷・記入して役所に持っていきましょう。

近所への引越しでの固定電話の手続き

女性 固定電話

家で固定電話を利用している場合、市区町村内での引越しと、ほかの市区町村への引越しでは必要な手続きが異なります。ほかの市区町村に移る場合は電話管理業者の管轄範囲によって一度解約をする必要があります。まず、旧居の管轄で解約手続きを行い、新居の管轄で新規契約します。引越し後に電話回線の開通工事を行えば完了です。ただし、市区町村内での引越しならば住所変更手続きだけで問題ありません。

固定電話の住所変更手続きは、電話やインターネットで行えます。所持している固定電話で行う場合、「116」にかけると住所変更手続きが実施できます。携帯電話やインターネットを利用する場合は、市区町村を管轄している電話管理業者のホームページか、電話番号に連絡しましょう。

また、手続きを行う際は新居の住所・開通希望日・お客様番号がわかる書類などを手元に用意しておくとスムーズです。お客様番号は請求書などに記載されています。

なお、引越し前後で市区町村が変わらない場合、固定電話で使用している電話番号をそのまま使用できることもあります。同じ市区町村でも地区ごとに定められている収容局が異なる場合、電話番号も変更しなくてはなりません。

まとめ

この記事では、近所に引っ越す場合の料金相場や安く引っ越すためのコツ、引越しにともなう注意事項などを紹介しました。近距離での引越しは比較的料金を安くおさえることが可能です。工夫を凝らし、さらにお得な引越しを実現しましょう。