事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
カレンダー 日付

summary

  • 10月の引越し料金は約24,000円~約100,000円程度の中で時期により需要や料金相場が変化します
  • 安く引っ越すには10月の中旬・下旬が狙い目です
  • 転勤にともなう引越しの場合は会社による負担金額や役所での手続きについて確認しましょう

引越しは、時期により需要が異なります。特に、転勤や人事異動の多い10月は引越しの需要が高まる傾向にあります。この記事では、10月の引越しにおける料金相場や月内の料金変化、さらに10月の引越し理由に多い単身赴任において意識すべきポイントなどを紹介します。

10月の引越しは繁忙期?閑散期?

引越し業者への依頼数は時期により増減します。特に、10月は引越しの需要が高まる繁忙期です。需要の変化にともない、同じ月内でも時期により引越し料金が変化するため注意しましょう。

多くの企業では、10月から下期が始まります。人事異動や転勤が発生しやすく、引越しの需要も高まります。そのため、学生よりも社会人の引越しが多いようです。なかでも、10月の祝日を利用して引っ越す方が多く、祝日周辺は引越し料金も高まる傾向にあります。

なお、10月13日は「引越しの日」に制定されています。明治天皇が京都御所から江戸城に入城された日で、近代における引越しの始まりとして引越専門協同組合連合会により定められました。引越しを検討する際は、引越しの日を考慮してみても良いかもしれません。

10月の引越し料金相場は?

引越し料金は、引っ越す人数や距離などに応じて変化します。また、10月の場合、月内での時期でも料金が左右されます。大まかな料金がわかれば引越し全体の必要予算もわかりやすくなり、早くから引越し料金の工面や、引越し方法の比較検討といった適切な準備が可能となります。新生活を幸先良く始めるためには、料金相場を把握して万全の態勢で引っ越せるような準備が大切です。引っ越したい時期を考慮して、支払うべき料金に目星をつけておきましょう。

ここでは、10月の引越し料金相場を引っ越す人数ごとに紹介します。

単身者・一人暮らしの10月引越し料金相場

引越し料金は荷物の量によっても変動します。そのため、荷物が少ない単身者の場合、引越し料金は比較的安くなる傾向にあります。10月の引越しは時期により料金相場が変わるため、荷物の量と引越し時期に注意して引越ししましょう。

単身での引越しは、多くの引越し業者が提供している「単身引越しパック」のようなサービスを利用するとお得になる場合があります。単身引越しパックは、積載量が決まったコンテナに荷物を積み、トラックで運搬する引越しサービスです。荷物が少ない引越し者向けに提供されており、一般的な引越しより安く手軽に引っ越せる点が魅力です。運べる荷物の量や料金などは業者ごとに異なるため、自分に最適なプランを利用できる業者を探してみましょう。

10月は転勤が多く発生する時期です。もともと一人暮らしをしている方や、事情により単身赴任をする方など、1人で引越しされる方も多い時期です。

以下は10月の単身引越しの料金相場を時期と引越し距離に応じてまとめた表です。荷物が少ない場合と多い場合のそれぞれで記載しています。

10月上旬の単身引越し料金相場

~15km未満 (同市区町村程度) 約29,800円
~50km未満 (同都道府県程度) 約35,300円
~200km未満 (同一地方程度) 約43,600円
~500km未満 (近隣地方程度) 約80,100円
500km以上 (遠距離地方程度) 約90,000円

10月中旬の単身引越し料金相場

~15km未満 (同市区町村程度) 約29,900円
~50km未満 (同都道府県程度) 約39,000円
~200km未満 (同一地方程度) 約41,400円
~500km未満 (近隣地方程度) 約60,800円
500km以上 (遠距離地方程度) 約87,200円

10月下旬の単身引越し料金相場

~15km未満 (同市区町村程度) 約34,300円
~50km未満 (同都道府県程度) 約34,600円
~200km未満 (同一地方程度) 約49,000円
~500km未満 (近隣地方程度) 約72,400円
500km以上 (遠距離地方程度) 約94,900円

カップル・2人世帯の10月引越し料金相場

2人世帯の引越しは、単身者と比べて荷物が増える点に注意しましょう。荷物の量に応じて引越し料金も高くなるうえ、荷物自体を運搬する手間とあわせて引越しのハードルが高く感じられます。引越し業者の選定の際、料金設定やオプションサービスの有無の確認に気を配りましょう。荷物が少なければ単身者向けのプランを利用できる可能性もあります。荷物量を把握して、サービスを提供している業者に確認してみるのも一つの手です。

同居や結婚などにより新しく二人暮らしを始める場合は、それぞれ異なる場所から荷物を運んでくるため、引越し料金は単身引越しの2倍になります。出費をおさえる方法として、「同じトラックで引っ越す」という方法があります。2人の荷物量が少なければ、1台のトラックに荷物をまとめて積められます。一度に2人分の荷物を新居に運び込めるため、荷物運搬の手間が少なくなるでしょう。また、家の前にトラックを停める時間を最小限におさえられるメリットもあります。荷物の運搬とあわせてどちらかが使っていた家具・家電などを同時に処分できる可能性もあるため、前もって引越し業者に確認しておきましょう。

以下は10月の2人世帯引越しの料金相場を時期と引越し距離に応じてまとめた表です。

10月上旬のカップル・2人世帯の引越し料金相場

~15km未満 (同市区町村程度) 約66,000円
~50km未満 (同都道府県程度) 約68,200円
~200km未満 (同一地方程度) 約101,200円
~500km未満 (近隣地方程度) 約111,700円
500km以上 (遠距離地方程度) 約171,900円

10月中旬のカップル・2人世帯の引越し料金相場

~15km未満 (同市区町村程度) 約57,600円
~50km未満 (同都道府県程度) 約84,000円
~200km未満 (同一地方程度) 約164,300円
~500km未満 (近隣地方程度) 約137,100円
500km以上 (遠距離地方程度) 約170,900円

10月下旬のカップル・2人世帯の引越し料金相場

~15km未満 (同市区町村程度) 約57,600円
~50km未満 (同都道府県程度) 約84,000円
~200km未満 (同一地方程度) 約89,800円
~500km未満 (近隣地方程度) 約172,700円
500km以上 (遠距離地方程度) 約182,000円

ファミリーの10月引越し料金相場

家族 ファミリー

親の人事異動が理由で、10月に家族で引っ越すケースも少なくありません。家族世帯での引越しは荷物が非常に多くなるため、引越し料金も高額になりやすい特徴があります。家族それぞれの家財に加えて、共用の家財も多数運ばなくてはならないためです。また、家族世帯の共用家具や家電は大型のものが多いため、運搬にも手間がかかります。

そのほか、家族の年齢によって選ぶプランにも注意が必要です。小さな子どもがいたり、親が忙しくてあまり家にいなかったりする場合は、引越し準備にまとまった時間を取れない可能性があります。引越し業者が荷造りまで行ってくれるプランを選択した方が安心です。

以下は10月のファミリーの引越しの料金相場を時期と引越し距離に応じてまとめた表です。

10月上旬のファミリーの引越し料金相場

~15km未満 (同市区町村程度) 約57,600円
~50km未満 (同都道府県程度) 約84,000円
~200km未満 (同一地方程度) 約89,800円
~500km未満 (近隣地方程度) 約172,700円
500km以上 (遠距離地方程度) 約182,000円

10月中旬のファミリーの引越し料金相場

距離 3人家族 4人家族 5人家族以上
~15km未満 (同市区町村程度) 約70,800円 約71,700円 約89,800円
~50km未満 (同都道府県程度) 約90,300円 約115,000円 約158,900円
~200km未満 (同一地方程度) 約163,700円 約178,300円 約245,300円
~500km未満 (近隣地方程度) 約166,000円 約177,200円 約244,500円
500km以上 (遠距離地方程度) 約232,300円 約252,200円 約370,600円

10月下旬のファミリーの引越し料金相場

距離 3人家族 4人家族 5人家族以上
~15km未満 (同市区町村程度) 約71,300円 約82,000円 約113,900円
~50km未満 (同都道府県程度) 約112,500円 約102,300円 約140,600円
~200km未満 (同一地方程度) 約121,700円 約106,900円 約146,900円
~500km未満 (近隣地方程度) 約174,100円 約172,100円 約294,000円
500km以上 (遠距離地方程度) 約247,400円 約263,300円 約386,600円

同じ月内でも上旬・中旬・下旬で引越し料金は異なる?

10月のなかでも、月内の時期によって引越し料金に差がつきます。9月上旬~10月下旬は半期の境目の時期にあたり、それに合わせた人事異動や転勤が増えることから、引越しの需要が高まるため引越し料金が高くなります。10月中旬以降になると転勤シーズンが終わり、引越し需要も落ち着くようです。そのため、費用をおさえるためには、中旬~下旬を狙うと良いでしょう。

なお、賃貸物件は、契約更新のタイミングにあわせて解約する方が多くいます。賃貸物件の契約は月末に更新される場合が多く、更新のタイミングにあわせて引越しを考える方が多くなります。そのため、場合によっては月末の料金も高くなるケースがあります。

したがって、10月に引っ越す場合は月の後半を狙い、中旬と下旬の料金差を確認してから選ぶと良いでしょう。賃貸物件から賃貸物件へ引っ越す場合は家賃の二重払いが発生しないか確かめることも必要です。

引越し月と引越し料金の関係

引越し料金の相場には、月ごとに大まかな傾向があります。月ごとの相場傾向を把握していれば、「この月にはいくら必要か」「この予算ではいつなら引っ越せるか」など、予算と引越し時期を組み合わせて詳細な引越しプランを立てやすくなるでしょう。

3月と4月はほかの月と比べて料金が非常に高くなります。年度の境目をまたぐので、卒業・入学・就職など引越しをともなう各種イベントが全国で起こり、引越し需要が増えるためです。引越し料金が高くなるだけでなく、業者の予約も取りづらくなるため、この時期に引っ越す場合は早めに動き出しましょう。

また、引越し需要は、準備や片付けにゆっくり時間を使える連休に高まる傾向があり、ゴールデンウィークの連休を取れる5月も引越し需要が高まりやすい時期です。年によっては9月にも連休ができるため、その際に引っ越す場合も、混雑状況や料金を検討しましょう。

なお、年末も比較的引越し需要が高まりやすい時期です。新年を新居で迎えたいと考える人が多く、12月下旬には引越し業者への依頼が増えるため料金が高くなります。さらに年末は引っ越しやすい連休です。3月や4月並みに混雑するケースもあるため、12月に引っ越す場合はなるべく中旬までに済ませることをおすすめします。

以下は月と人数ごとに引越し料金の相場をまとめた表です。

年間の引越し料金相場

 単身者二人世帯3人家族4人家族5人家族
1月約30,900円~約34,600円約60,400円~約60,200円約73,000円~約78,700円約75,800円~約104,800円約85,100円~約144,300円
2月約35,600円~約37,900円約69,600円~約79,400円約77,600円~約95,000円約83,000円~約114,200円約99,100円~約140,500円
3月約50,600円~約62,500円約96,000円~約108,100円約121,100円~約141,400円約125,700円~約160,200円約134,800円~約225,500円
4月約39,000円~約45,200円約77,500円~約90,300円約91,700円~約120,700円約109,300円~約122,700円約159,700円~約169,100円
5月約32,000円~約37,300円約60,800円~約77,000円約75,400円~約92,900円約77,900円~約109,300円約104,000円~約172,800円
6月約32,800円~約35,800円約58,700円~約75,000円約72,700円~約140,700円約75,500円~約141,100円約91,200円~約184,000円
7月約33,000円~約36,100円約61,500円~約65,600円約77,100円~約79,100円約81,300円~約116,600円約99,900円~約162,000円
8月約31,200円~約35,000円約64,100円~約71,700円約74,600円~約84,100円約77,000円~約89,600円約89,400円~約138,900円
9月約31,900円~約38,200円約62,200円~約70,700円約68,400円~約89,900円約80,600円~約107,400円約111,800円~約147,700円
10月約31,400円~約36,300円約60,400円~約78,700円約70,100円~約102,000円約77,200円~約108,600円約94,400円~約177,900円
11月約33,400円~約36,000円約57,600円~約72,900円約74,600円~約107,30円約82,000円~約112,800円約106,400円~約149,400円
12月約31,700円~約36,100円約62,700円~約73,800円約71,200円~約91,600円約74,100円~約104,000円約95,600円~約143,300円

10月の引越しをなるべく安く済ませる方法

10月はタイミングによってはお得に引っ越せる時期です。引越し方法を工夫すれば、さらに費用をおさえることも可能でしょう。

引っ越す時期は、月内の時期だけでなく曜日や時間帯も考えて日程を決めます。荷物を減らすことも効果的です。ここでは、10月の引越しをより安く済ませられる方法をご紹介します。

引越し曜日を調整する

引越し料金は曜日によっても変化します。土曜日が最も高くなり、一方で平日の火〜木曜日は安くなる傾向にあります。引越し作業には多くの労力と時間が必要であり、作業翌日は休みを取ってゆっくり過ごしたいと考える人が少なくありません。土曜日に引っ越せば多くの人は翌日が休日の日曜日にあたるため、引越し依頼が集中し、結果的に料金が高くなります。月曜日と金曜日は、休暇を取得すれば土日と合わせて連休を作れるため、土曜日と同様の理由で料金が高くなる傾向にあります。

一方、火〜木曜日に引っ越した場合、翌日が平日のため、引越し作業の疲れが残ったまま仕事・学校に行かなくてはなりません。そのため、引越し依頼が他の曜日より少なくなり料金が低くなる傾向があります。

したがって、日程の都合がつく場合は、火~木曜日の引越しがおすすめです。

引越し時間帯を午後にする

引っ越す時間帯を午後に設定すると、料金が安くなる可能性があります。多くの引越し業者では、予約時間帯を午前・午後・フリーの3種類から選択できる場合が多いです。午前中に引っ越すと作業終了後に午後の時間が空くため、体を休めたり役所・警察署などで手続きを行ったりとさまざまに時間を使えます。そのため午前の引越しを選ぶ人が多く、料金も午後より午前の方が高くなります。

より安く引っ越すなら午後の方が適していますが、引越し作業が遅くまで続くかもしれません。午後の引越しは午前に入っていた予約が終わってから実施されるため、午前の引越しに時間がかかると午後の引越しも開始が遅れます。さらに、作業開始時刻が遅くなると、作業が深夜にまで及ぶ可能性もあります。午後に引っ越す場合は、なるべく翌日の予定を空けたり周辺への騒音が出ないよう配慮したりと気を遣う必要があるでしょう。

荷物を減らす

引越し 荷物 準備

引越し業者に運んでもらう荷物を減らすことでも料金を安くできます。荷物が多いと業者は大きなトラックや多くの人員を用意する必要があり、トラックの運航コストや従業員の人件費などもより多く必要になります。業者の出費が増えると、コストを回収するために料金が高くなるという仕組みです。

荷物を減らすためには、見積りや荷造りの前に荷物を整理して不用品を処分しましょう。荷物を減らすと料金を安くおさえられるだけでなく、荷造りや運搬などの所要時間が短くなります。処分方法には、荷物を破棄するだけでなく、人に譲ったりオークションサイトで売ったりする方法もあります。可能な限り荷物を減らして身軽にしてから引っ越しましょう。

10月の引越し理由に多い転勤

9月下旬〜10月上旬は半期の境目にあたる時期で、それに合わせた人事異動が増えるため、転勤のために引っ越す人が多くなります。転勤による引越しは会社の都合で発生するため、一般的な引越しとは異なる点がみられます。費用負担や単身赴任にともなう手続きなど、転勤の際に重要なポイントを確認しましょう。この章では転勤による引越しでのポイントを紹介します。

会社が負担してくれる引越し費用は?

転勤による引越しは会社の都合で行うため、基本的には会社が費用を負担します。負担する費用の範囲は会社ごとに異なりますが、多くの会社では引越し業者に支払う実費や敷金・礼金・仲介手数料、そのほか入居に必要な諸経費などが支給されます。これら以外にも一時金、賃貸住宅の修繕費用や交通費・宿泊費も支給対象に含まれる場合があります。

なお、引越し料金の上限や、利用する引越し業者が指定されていたりする場合もあります。事前に見積書の提出を求めるケースもあるようです。

また、転勤による手当は社員の家族構成でも変化しやすい特徴があります。転勤に伴う費用負担額は会社や家族の有無などにより異なるため、転勤の可能性がある場合は早めに確認しておきましょう。

自己負担になりやすい引越し料金は?

転勤に伴う引越しのなかには、自己負担になる費用もあります。主なものとしてピアノ・骨董品など特殊な荷物の運搬料金などが挙げられます。引越しを機に普段使っている道具を買い替える場合や、一般的な方法での運搬ができないものを運ぶ場合は、自己負担になる場合が多いため注意しましょう。

また、窓からの搬出・搬入を伴う引越しなど通常の引越し料金より高くなるサービスを利用する際も、自己負担が求められます。そのほか、会社負担費用の上限を超えたり、指定されていない引越し業者を利用したりすると、費用の自己負担が生じます。必要最低限を超える引越しサービスを求める場合は、自己負担が生じると考えておくと良いでしょう。

単身赴任で必要な手続きは?

引越しをともなう転勤の際、家族がいる人は単身赴任を選ぶ場合も少なくありません。単身赴任するときは住民票の異動(移動)手続きが必要です。引っ越す前に「転出届」を、引っ越してから「転入届」をそれぞれの市区町村役場に提出しましょう。住民票の異動(移動)ができていないと最大5万円の罰金を科される可能性があります。しかし、「転入先での居住期間が1年以下」「生活の拠点が元の家にある」の2つを満たしていれば手続きをしなくて良い場合があります。

まとめ

この記事では、10月の引越しにおける料金相場や月内の料金変化、さらに10月の引越し理由に多い単身赴任において意識すべきポイントなどを紹介しました。年度の後半が始まる10月は区切りの基準として考えられるケースもあり、引越しにより新たな生活を始めるのに適したタイミングです。10月の引越しでは、料金相場を筆頭とする各種ポイントを忘れずに整理・確認し、引越しに生かしましょう。