簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる 簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる
電卓を持っている女性

summary

  • 閑散期である11月から1月は引越しが安くなる傾向にあります
  • 引越しの曜日や時間帯を調整したり荷物を減らしたりするなどで、さらに費用を安くできます
  • 引越しが安い時期を選べない場合は、物件の初期費用を抑えることも検討しましょう

引越しには一定の費用が発生します。多くの人は「少しでも安い費用で引越しを終えたい」と考えているでしょう。今回は引越しを安い費用で済ませられる時期やタイミングについて、ご紹介します。さらに、安い費用で引っ越すためのポイントや引越し業者の選定方法について解説。この記事を参考に、引越し費用を少しでも節約し、満足のいく引越しを実現させましょう!

引越しの安い時期

カレンダー

引越しの費用は時期によって変動します。基本的には、引越し需要が高まる繁忙期以外の時期が閑散期になります。そのため、引越しにかかる費用も下がり、低コストでの引越しが可能になるのです。一方で、繁忙期は引越し費用が大きく上がるだけでなく、引越し業者への依頼や物件探しの難易度も高くなります。閑散期は、選べる物件が少なくなることに注意が必要なものの、安い引越し費用が魅力です。引越しの時期を問わないのであれば、閑散期を優先して物件を吟味するのがおすすめでしょう。この章では、引越しの費用を安く抑えられる時期と高くなる時期を紹介します。

11~1月は引越し費用が安い

引越し費用は11~1月に安くなる傾向があります。年度の中間にあたる秋頃に引っ越す人も多いため、11月以降はそのピークが過ぎて再び落ち着く、いわば「引越し業者の閑散期」にあたるのです。ただし閑散期は、引越しの繁忙期が過ぎて、物件に入れ替わりが出たばかりの時期です。「すぐに引っ越そう」と思う人は少ないため、空き物件の戸数も限られています。そのため、引越し先となる新居の選択肢も少ないので、物件選びにある程度妥協せざるを得なくなる可能性があることは、留意しておきましょう。時間が許すのであれば、引越しの閑散期にコツコツと物件選びをできるといいですね。

3~4月の引越しは注意が必要

引越し費用の安い時期がある一方で、逆に注意が必要な「引越し費用の高い時期」もあります。3月中旬~4月上旬は引越しの繁忙期で、引越し業者が1年で最も忙しくなる時期です。年度末である3月には卒業・就職・転勤など引越しを伴うイベントが全国で起こるため、どの引越し業者も慌ただしくなるのです。繁忙期は引越し業社の需要が高く、引越し費用も通常より値上がりします。そのため安く引越したいと考える場合には、この時期を避けるようにしましょう。繁忙期は引越し業者の予約を確保し、物件を探すのも難易度が高いものです。

安く引越せるその他のタイミング

安く引越すためには時期を選ぶことが大切ですが、それ以外にも費用を下げられるコツがあります。例えば、多くの人が引越しのタイミングに選ぶ午前中を避けることが大切です。午後や夕方など、その時間帯に引越しをしたがる人が比較的少ない為、引越し業者が設定する費用も下がります。従って、午前中以外の時間帯を指定することで、ある程度、安い費用に抑えることができるでしょう。引越しの時間を指定しないフリープランを利用すれば、さらに高いコストカットが期待できます。ここでは引越し費用を下げるために覚えておくべき「時期以外の」タイミングを詳しく紹介します。

午前中以外の時間帯に引っ越す

多くの人は朝から引越しに取り掛かり移動、昼頃に新居に到着したいものです。限られた休日ですから「午後はゆっくりと荷解きをしたい」と考える人も多いはず。そのためか、朝一番で動き出せる午前中の引越しに人気が集中し、午後の予約が空いています。空いた時間ができてしまうことを引越し業者が避けるために、午後の引越しにかかる費用を安く設定することがあるのです。この午後指定をうまく活用すると、引越しを安い費用で終わらせることができるでしょう。

さらに午後の指定以上に安くできる方法がフリープランです。依頼時に時間帯を指定せず、引越し前日に業者の都合が良い時間帯を連絡してきます。時間帯が明確でないために「準備しづらい」というデメリットはありますが、まとまった時間を引越しにあてられる場合や、短時間で引越しが終わりそうな荷物が少ない人は活用してみてもよいでしょう。時間が読みづらいというデメリットはあるものの、引越しを安い費用で抑えられるなら考慮してみてもいいはずです。

大安の日を避ける

引越しの需要が上がる「大安」のお日柄を避けることでも、費用を抑えられる可能性があります。大安は「六曜」という古代中国で生まれた占いの用語で、鎌倉時代の伝来以来日本でも広く使われてきました。六曜は現在でもカレンダーに書かれており、何らかの行動を起こす際に参考にできます。大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6種類があり、なかでも大安は「最も縁起が良い」とされています。

引越しや結婚式などのイベントでは大安の日が選ばれやすいため、その分需要が上がり費用が高くなることもあるようです。占いや縁起を気にしない場合は、大安を避けて仏滅や赤口など縁起が良くない日を選ぶと安く引っ越せるかもしれません。

月末以外を狙う

同じ月でも月末以外を狙うと安く引っ越せる傾向があります。月末は賃貸物件の契約が切り替わるタイミングのため、月末以外の時期に引っ越すと、旧居・新居の家賃を同時に支払わなくてはならない可能性が出てくるからです。そのため多くの人が二重にかかる家賃の負担を抑えようと引越し日を月末に設定します。その結果として、月末の引越し需要が増加するのです。このため引越し費用が月末に上昇する原因の一つだと考えられます。契約の内容や家賃の増加幅、引越し業者の混雑状況などを加味しつつ、可能であれば月末以外のタイミングを狙って引越しましょう。

引越し費用は抑えずに安い物件を探す

引越しを考えている人のなかには、引越しが安い時期が良くても、それが叶わないこともあるでしょう。その場合は、引越し費用を抑えるのではなく、賃貸契約の初期費用を抑えることができないか検討してみましょう。

引越しの安い時期の結論は?

ここまで時期やタイミングを選んで、引越し費用を抑える方法を説明してきました。結論としては、引越し業者の閑散期である「11〜1月」を狙って引っ越すといいでしょう。さらに大安を避ける、また月末を除いた月中や月初に引越し日を設定し、時間帯も午後指定やフリー便での引越しをすることで、費用を抑える工夫をしてみてはいかがでしょうか。

さらに引越しを安いプランにするためには?

引越しは時期や日時を調整することで、安い費用で実施できます。さらに引越しにかかる費用をカットするためには、引越し費用がかさむ原因である荷物を可能な限り減らすことも大切です。荷物を減らすことで安い引越しプランを選ぶことができるようになります。引越し業者が設ける、自分にあった無理のないプランを活用しましょう。さまざまな引越し業者のあらゆるプランの詳細を知っておくことで、コストカットできるポイントが掴めるはずです。たとえば、荷造りは引越し業者に任せず、自分でやると引越し費用を安く抑えられます。さまざまな工夫を凝らすことで、より安い費用での引越しを実現できるのです。ここでは「時期や日時の調整以外で」引越しの費用を下げる方法について以下で解説します。

荷物を減らす

運搬する荷物を減らすと、引越しの費用も減らせます。引越し業者が請求する金額は、荷物が多いほど増えます。荷物が少なければ請求される金額は、少なくなるのです。さらに、荷物が少ないと梱包する際の資材も少なくて済み、引越し当日に発生したごみの処理費用も抑えられます。

荷物を減らすためには、不要なものを選んで処分する必要があります。壊れているものや使えないもの、長期間使っていないものは廃棄することを検討しましょう。ほかにも、売却や人に譲る手段もあります。自治体によっては、粗大ごみの処理場に自分で持ち込むことによって、廃棄にかかるコストを安い費用で抑えることもできます。このように必要がない物は、自分が納得のいく方法で上手く処分できると良いでしょう。引越しは不用品を減らす絶好の機会。だからこそ思い切って不用品を処分することで、新居でも快適に過ごすことができます。不用品を減らすことで、新居での荷解きの負担も減ります。さらに引越し費用も安いプランに変更できる可能性があるでしょう。

各種プランを活用する

引越しを安い費用で満足度の高いものにするためには、引越し業者が設けている各種プランを上手く活用することも大切です。引越し業者が用意しているクーポンや単身プラン、インターネット限定割引なども積極的に活用してみましょう。トラックで荷物を運ぶ際に、複数世帯の荷物を相乗りさせる方法や、営業所に戻る途中の空きトラックを利用すれば費用を抑えることができるでしょう。自分が妥協できる範囲によって、引越し業者が用意する安いプランの利用を検討することが、引越し費用を安くするには欠かせません。

ただし、プランによって受けられるサービスに変更が出てくる可能性もあるので、事前によく調べ、わからないことは引越し業者に前もって確認をとるなどの注意が必要です。引越し業者を選ぶ際には「安い」という点だけではなく、プランの詳細をよく調べて、自分に必要なサービスを具体的にイメージしてから選ぶと満足のいく引越しを実現できます。

自分で荷造りする

引越しプランには荷造りを代行してくれるものもありますが、安い費用で引越しを実現するためには、荷造りを依頼するプランを使わずに、自分で荷造りを頑張りましょう。自分で荷造りをする場合は、余裕をもってスケジュールを組むことが、引越しを気持ちよくできるポイントになります。引越し業者に頼むと引越しにかかる費用が増えるだけでなく、自分で梱包していないために、どこに何が入っているかわからなくなる可能性もあります。新生活では、行政の手続きやライフラインの確保と、何かと忙しい日々が待っています。すぐに荷解きができないこともあるでしょう。そんななか、必要なものが取り出せないのは、生活に支障をきたすものです。

荷造りする際には「食器類を一つずつ緩衝材で包む」、「書籍類は重くなりすぎないよう小さめの箱に詰める」など、梱包するアイテムごとに適した梱包方法を確認しましょう。ダンボールに、何を梱包したか品目を書くことを忘れないようにしましょう。当日に慌てないようにするため、新居のどの部屋に置いてほしいのかもダンボールに書いておくと、引越し業者の人も当日の作業がスムーズになるでしょう。荷造りする際は、時期外れのものから梱包して、荷造りの要領を掴んでいけるといいですね。

引越し業者の選び方

ガムテープを持っている引越し業者

引越し費用は、どの引越し業者に依頼するかによっても「費用が安い」以外にも仕事内容、対応力に差があります。引越し業者ごとの予想費用を知るために、見積りを依頼しましょう。見積りは複数の引越し業者に一括で依頼できるサイトがあるほか、直接引越し業者に自分が連絡する方法もあります。引越しの見積りは多くの引越し業社が無料で行ってくれます。

業者を選ぶ際には大手の引越し業者か中小の引越し業者かの選択も大切です。一般的に遠方に引越す場合は大手の引越し業者を、近距離の引越しでは中小の引越し業者を重視して考えると良いでしょう。この章では、引越し業者を選ぶ際のポイントを解説します。

複数の業者に見積りを依頼する

引越し業者に見積りを依頼するときには、特定の1社だけでなく、複数社に依頼するようにしましょう。これを「相見積り」といいます。インターネット上には、まとめて複数の引越し業者に相見積りの依頼ができるサービスが存在し、ユーザーは少ない手間で、多くの業者から見積りを一括で取れるために、大変便利です。実際に多くの方が「相見積り」を利用しています。ただし、一括見積り(相見積り)のサービス利用後に、複数業者から連絡がくるデメリットもあるため、利用する際は注意しましょう。ただでさえ忙しい引越しの準備に、さらにストレスがかかるようなことは避けたいはず。多くの引越し業者に見積りを取ったら、いずれは、1社に絞ることになります。契約をしない引越し業者には、断るという行動も必要になりますから、ここは自分でよく検討しましょう。

また、1社ずつ自宅に呼んで見積りをしてもらう「訪問見積り」を利用する方もいます。荷物量の見立てはプロである引越し業者の方が正確に行えるため、見積りサイトに自分で荷物量を書き込むよりも、実際の引越しにかかる費用に近い値を見積りしてくれるでしょう。ただし、訪問見積りは、引越し業者とのやりとりが多くなる負担や、見積りにとられる時間が多いことがデメリットです。女性の場合だと、面識のない男性スタッフが自宅にあがることに抵抗がある場合も多いでしょう。自宅はプライベートな空間ですから、ひっきりなしに多くの引越し業社が見積りにくることをストレスに感じる人もいます。訪問見積りをする際には、自分の性格やライフスタイルを考慮したうえで、さらに引越しまでの時間に十分な余裕があるかよく考える必要があるでしょう。

対応の早さと丁寧さを考える

見積りを依頼した際は、予想される見積りの費用だけではなく、連絡に対する返答の早さや引越し業者が行う仕事の内容を確認しましょう。いくら費用が安い場合でも、コミュニケーションがスムーズではない引越し業者を選んでしまうと、実際の引越し作業中にも良くない対応で悩むことがあるかもしれません。引越しの費用を下げたいあまりに、仕事がきちんとしていない業者を選んでしまうと、新居での生活が気持ちよくスタートできないかもしれません。自分の納得のいく費用で、きちんと仕事をしてくれる「信頼できる引越し業者」を選ぶことが大事になります。

さらにさまざまな引越し業者から見積りを受けた際に、気を付けたいことがあります。それは、引越し業者が明示する見積り費用の合計だけでなく、明細で仕事内容や費用の内訳詳細を確認しておくことが大切です。引越し作業の範囲も「エアコンの設置費用は含まれているのか」など、細かく把握しておくようにしましょう。複数の引越し業者に見積りを頼めば、似たような引越し費用の見積りも出てくるでしょう。このようなときは、より充実した仕事内容や、サービスで選ぶとよいでしょう。自分が本当に望んでいるサービスでないのなら、費用を払っても仕方がありません。見積りの際は、きちんと納得できる仕事内容になっているのかをチェックします。このように多くの引越し業者に詳細な見積りをもらうと、ほかの引越し業者との費用や仕事内容の比較に便利です。

長距離の引越しでは大手優先

引越し業者は、全国的に有名な大手業者と地域に根ざした中小業者に分かれます。どちらもメリットとデメリットがあり、仕事内容も差があるので、よく検討しましょう。長距離になる引越しでは、基本的に大手の引越し業者を優先して選びましょう。大手の引越し業者は全国各地に営業所があるので、さまざまな場所・条件での引越しに慣れています。さらに、大手の引越し業者は人員や設備が充実しているので、中小の引越し業者より予約を取りやすいというメリットもあります。

一方、自分が住む地域内での引越しには、地域に根ざしている中小の引越し業者の方が柔軟に対応できる場合もあるでしょう。地域の引越し事情もよくわかっているので、初めての引越しの際には強い味方になってくれるはずです。費用も大手の引越し業者と比べて、安い傾向があります。大手の引越し業者か中小の引越し業者か、自分の出す引越し条件に相応しく、費用が安い引越し業者を選択しましょう。

まとめ

引越し時期は安い時期を選ぶことが大事なポイントになります。引越し費用は、閑散期にあたる11~1月が安くなり、同じ日であっても午後の方が費用を抑えられます。引越しを安く済ませるために、不用品を整理して、自分にふさわしい引越しプランを選ぶと、引越しを安い費用で抑えることができるでしょう。引越し業者を選ぶ際には、複数業者に見積りを出す、相見積りを行うようにしましょう。安い費用で引越しを終えるだけはなく、自分の満足がいく仕事をしてくれる引越し業者を見つけるのも大事なポイントです。

引越し後も新生活にはお金がかかるため、少しでも引越しにかける費用は抑えたいもの。上手に計画を立てて、納得のいく引越しを実現しましょう。