簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる 簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる
粗品と書かれた熨斗

summary

  • 友達への引越し祝いは「5,000~10,000円」程度を目安に調達するとよいでしょう
  • 引越し祝いには「火を連想させるもの」や「新居を傷つける恐れのあるもの」はタブーとされているため注意が必要です
  • 迷う場合はタオルや洗剤など実用的なものを選ぶと、失敗が少ないでしょう

親しい友達が引っ越す際は、ぜひとっておきの「引越し祝い」をプレゼントして喜んでもらいたいのではないでしょうか。しかし、「引越し祝いのマナーがわからない」「具体的にどのようなものを贈ると喜ばれる?」など、疑問や不安を感じている方もいると思います。

そこで、今回は引越し祝いに関する基礎知識について、解説しながら友達に贈る引越し祝いのおすすめアイテムをピックアップしました。「1,000円以内」「3,000円~5,000円」「5,000円~10,000円」と予算別でご紹介するので、予算と照らし合わせながら組み合わせや贈り物を検討してみてください。

引越し祝いとは?

熨斗

まずは、引越し祝いの定義について押さえておきましょう。

引越し祝いとは、一般的に以下のようなケースにおいて「引っ越す方のご多幸やご発展を願って贈るお祝い」のことです。

  • 中古一戸建て住宅やマンションを購入して引っ越す場合
  • 賃貸住宅から賃貸住宅へと引っ越す場合

引越し祝いは「新築祝い」と混同されやすいですが、新築祝いは「新しく住居を建てて引っ越す場合に贈るお祝い」のことです。一戸建てやマンション、企業のオフィスなど建物の種類にかかわらず、新築物件の場合は一律で「新築祝い」と呼びます。

一方で引越し祝いは基本的に「個人の引越し」に対するものであり、企業がオフィスを移転する場合に贈るプレゼントは「移転祝い」となります。細かな違いではありますが、のちほどご紹介する「熨斗(のし)」の付け方に大きく関わってくるため、しっかりと把握しておきましょう。

引越し祝いを贈るタイミングは「引越し日から1~2ヶ月以内」がよいとされています。もし新居のお披露目会に招待されている場合には、その当日に持参するとよいでしょう。また、相手が引越したあとではなく、本格的に荷造りを始める前に贈るケースも多く見られます。

友達への引越し祝いの金額相場は?

友達への引越し祝いにおける金額相場は、5,000~10,000円程度と言われています。こちらの金額を目安に、友達との関係性なども考慮しながら、予算を検討するとよいでしょう。

参考までに友達以外に贈る引越し祝いの相場をご紹介すると、親や親戚の場合は30,000~50,000円程度が相場です。このように引越し祝いの相場は贈る相手との間柄によって変わるため、相場を参考にしながら、プレゼントを用意することをおすすめします。また友達から上記よりも高額な引越し祝いをもらったことがある場合には、その友達には金額を合わせて贈るのもよいでしょう。

友達への引越し祝いで現金は贈って良い?

引越し時には何かとお金がかかるため、親しい友達であれば、引越し祝いに現金を贈るのもいいでしょう。そのため、何を贈ろうか迷った場合や現金を贈って、好きなものを購入してもらうのもおすすめの方法です。

ただし、「年上の友人に現金を贈ると失礼」という考え方もあります。いくら友達とはいえ、相手が年上や上司・先輩にあたる場合には、現金は避けるようにしましょう。

友達への引越し祝いは何を贈れば良い?

友達への引越し祝いには、新居で活用できるキッチングッズやインテリアグッズ、さらには外れのない消耗品(タオルや食べ物、飲み物など)などもおすすめです。友達が喜ぶプレゼントを用意できるよう、以下のポイントを押さえて選んでみてください。

友達の好みを考慮して選ぶ

友達の趣味趣向に合わせて、お祝いを選ぶとよいでしょう。たとえばお酒好きな友達には好みの種類のお酒を贈る、インテリアにこだわっている友達には、ちょっとしたスペースに設置できる観葉植物を贈るというように、相手が興味のある分野のものをプレゼントするとよいでしょう。また相手にどういったものが欲しいか、聞くことも一つの方法でしょう。

生活で役立ちそうなものを選ぶ

生活で役立つアイテムも、友達への引越し祝いとしておすすめです。たとえばキッチン洗剤などの掃除用品やシャンプー類などのバスグッズは、新居ですぐに使えるため喜ばれる傾向があります。

部屋の間取りを意識して選ぶ

もしも家具など、大きなサイズの引越し祝いを贈りたい場合には、部屋の間取りを考慮して選ぶ必要があります。たとえば1Kや1Rの部屋に大きなインテリアをプレゼントすると、かえって迷惑になる恐れがあるためです。事前に間取りを確認し、邪魔にならずに設置できるサイズのものを選びましょう。

カタログギフトはあり?

特定のものを購入して贈るのも良いですが、カタログギフトも友達への引越し祝いとして喜ばれやすいでしょう。カタログギフトはカタログに掲載されているさまざまな種類の商品のなかから、気に入ったものを選べるギフトサービスです。

一口にカタログギフトと言ってもさまざまな種類があるため、相手の年齢や性別に合わせて選ぶとよいでしょう。特に「相手の好みがわからない」「本当に欲しいものを自分で選んでもらいたい」という場合に便利な方法です。

引越し祝いを贈る際のマナーを確認

友達へのプレゼントに関わらず、引越し祝いはマナーを意識して失礼のないように贈ることが大切です。特に注意したい「避けるべきプレゼント」と「熨斗の付け方」について解説するので、プレゼントを用意する前にしっかりとチェックしておきましょう。

避けるべきプレゼント

引越し祝いに避けるほうが良いプレゼントとしては「火(火事)」を連想させるものが挙げられます。たとえばキャンドルやライター、灰皿などは縁起が悪いとされているため、引越し祝いとして選ぶことのないように気を付けましょう。

また、壁掛け時計や絵画といった壁面に飾るものは、新居の壁を傷つける恐れがあることから敬遠される傾向があります。さらに、マットやスリッパには「踏み台にする」といった意味合いを連想させるため、特に目上の人には贈らないほうがよいとされています。

熨斗(のし)の付け方

御祝と書かれた熨斗

引越し祝いには「熨斗」をつけ、引越しに対するお祝い品であることを明確に示す形で贈るケースが一般的です。「紅白の蝶結びの水引」を選び、表書きは「御引越し祝」「御新居祝」「御転居祝」などとしましょう。また、シンプルに「御祝」としても良いですし、新居でのご発展を祈る意味で「御贐(おはなむけ)」としても構いません。ちなみに、もしも引越し祝いなのか新築祝いなのか自信がない場合は「御祝」と記載するほうが無難です。

~1,000円のおすすめ引越し祝い4選

ここから先は、友達に喜ばれやすいおすすめ引越し祝いを金額別にご紹介していきます。まずはちょっとしたプレゼントに最適な、1,000円以内のアイテムをピックアップしました。

洗剤

洗剤は、喜ばれやすい引越し祝いの代表格です。毎日使用する消耗品のため、いくつあっても困らず「いらない」と感じる人はまずいません。洗剤の本数が多いセットは1,000円以上が相場ですが、本数が少ないセットであれば1,000円以下でも見つけやすいでしょう。

なかには、おしゃれなスポンジがセットになったものもあり、見栄え的にもおすすめです。また、香りにこだわったタイプや無添加のタイプなどもあるため、贈る相手の好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

お菓子

食べ物は友達の引越し祝いとして贈りやすく、なかでもお菓子は世代や年齢を問わずに喜ばれます。特に一人暮らしの友達へのお祝いなら、1,000円以内の予算で素敵なスイーツギフトを購入できるでしょう。

クッキーのような賞味期限が長めのものを選ぶと、好きなタイミングで楽しんでもらえます。また、もしも新居にお呼ばれした際の手土産を兼ねて贈る場合には、ケーキやプリンなどの生菓子を選ぶのもおすすめです。

ただし、場合によっては甘いものが苦手な人もいるため、お菓子を贈りたい場合は事前のリサーチが必要かもしれません。また、食べる際に粉や食べかすが落ちるようなお菓子は、新居を汚す恐れがあるため避けるほうがよいでしょう。

コーヒー

コーヒー好きな友達への引越し祝いには、コーヒーギフトを選ぶのが良いでしょう。格式の高いホテルのコーヒーなどは数千円しますが、コーヒー専門店監修の小さなサイズのものであれば1,000円程度で販売されています。

いろいろな種類のドリップコーヒーがセットになっているタイプもあり、飽きずに楽しんでもらえるでしょう。コーヒーだけだと少し寂しいと感じる場合は、ちょっとしたお菓子を添えて贈るのもおすすめです。引越し作業は何かと疲れるものなので、落ち着いた頃にくつろぎのコーヒーギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。

オイルギフト

料理好きの友達には、オイルギフトを贈ると、喜ばれるかもしれません。オイルは消耗品で、いくらあっても困りませんし、日持ちもすることから、引越し祝いとして選ばれやすいアイテムです。

なかにはキャノーラ油・大豆油・コーン油がセットになったタイプや、数種類のオリーブオイルを楽しめるタイプなどバリエーション豊富で、特にオリーブオイルは見栄えもするためおしゃれな友達に向いています。健康志向の方には、素材にこだわったものや「コレステロールゼロ」のものを贈ると喜ばれやすいでしょう。ほかのギフトに比べるとリーズナブルで1,000円以内でも選択肢が多いので、選ぶ楽しみがある点も大きな魅力です。

1,000〜3000円のおすすめ引越し祝い4選

次に、1,000~3,000円程度で購入できるおすすめ引越し祝いをご紹介します。

タオル

タオルは、いわば引越し祝いの定番とも言える人気のアイテムです。実用的なので、何枚あっても重宝することはもちろん、好みに左右されることがないため、失敗なく贈れます。

特に実家を出て一人暮らしを始めた友達におすすめで、バスタオルとフェイスタオルがセットになったタイプを選ぶと、喜ばれやすいでしょう。デザインが特徴的なものは好みが分かれやすいので、シンプルなデザインで素材にこだわったものをセレクトしてみてください。

石鹸

石鹸は消耗品ですし、大きさもそれほど場所を取らないため、ぜひおすすめしたいアイテムです。金額としては1,000円程度のセットもありますが、見栄えのするおしゃれなセットを贈りたい場合は3,000円程度を相場として見ておくとよいでしょう。

「友達が普段石鹸を使っているかどうかわからない」と悩む場合もあるかもしれませんが、石鹸は芳香剤としても使用できるため、それほど心配する必要はありません。ハーブなどの香り付きのタイプを選べば、石鹸とともにリラックスタイムもプレゼントできます。

なかにはソープフラワーと呼ばれる観賞用の石鹸もあり、トイレや洗面所などに飾るインテリアとして贈るのもおすすめです。

キッチン用品

キッチン用品も、友達への引越し祝いにおすすめです。特に初めて一人暮らしや同棲をする人ならキッチン周りのものが整っていないケースも多く、引越し祝いとして贈ることで「買う手間が省けた!」と喜ばれることでしょう。

包丁やフライパンといった定番のもの以外にも、良質素材のまな板やシリコン製のキッチンツールセットなどもおすすめです。おしゃれな友達なら、キッチンで映えるような凝ったデザインのタイプを選ぶとよいでしょう。

ただし、フライパンや鍋を選ぶ際には「新居のコンロがガスなのかIHなのか」を確認しておく必要があります。また、こだわりのキッチン用品を一通りそろえている可能性もあるため、何か足りないキッチン用品はないか、さりげなく確認しておけると安心です。

アロマグッズ

特に女性の友達におすすめしたいアイテムが、ディフューザーやルームスプレーといったアロマグッズです。ぜひ引越しが落ち着いた頃にプレゼントして、引越し疲れを癒してあげましょう。

ただし、香りの好みは人によって異なるため、どのような香りのものを贈るのかは慎重に吟味することをおすすめします。できれば店頭にて実際に香りを確認し、香りの強すぎるタイプは避けるほうがよいでしょう。

また、ネット通販で購入する場合は口コミ・評判を参考にするのも一つの方法です。口コミをチェックすることでどのような種類の香りなのか、好みが分かれる香りなのかどうかを判断しやすくなります。とはいえ香りの感じ方には個人差があるため、あくまで参考程度にとどめておくことが大切です。

3,000~5,000円のおすすめ引越し祝い4選

続いて、予算3,000~5,000円でお考えの場合におすすめしたい引越し祝いをご紹介します。

入浴剤セット

新居でのバスタイムを存分に満喫してもらえるように、引越し祝いとして、入浴剤セットを贈るのもおすすめです。お風呂好きな友達なら、「毎日のお風呂がより楽しみになった」と喜んでくれることでしょう。

入浴剤セットには1,000円程度で購入できるプチギフトもありますが、3,000~5,000円の予算であれば高級感やデザイン性の高いおしゃれなセットを調達できます。たとえばお花をモチーフにしたものや可愛い瓶に入ったタイプなどがあり、見た目の華やかさにおいても引越し祝いとして最適です。自分ではなかなか購入しづらいような特別感のある入浴剤を選んで、引越し疲れを癒してあげましょう。

時計

時計は「新しい時を刻む」ことから、友達への引越し祝いのプレゼントにぴったりなアイテムです。ただし、「避けるべきプレゼント」の箇所でご紹介したように壁掛け時計は避けるほうがよいため、コンパクトな卓上タイプの時計が向いています。

卓上タイプであれば気軽に設置できますし、すでに持っていても複数の場所に置くことができて便利です。寝室に置く可能性を考慮して、なるべく秒針が静かなタイプを選ぶとよいでしょう。

デザインとしては、どのようなテイストのお部屋にも似合うようにシンプルなデザインのものが適しています。個性的なものを好むおしゃれな友達なら、普段の服装や部屋の雰囲気などを思い浮かべながら、ユニークなデザインの時計をセレクトするのもおすすめです。

お酒

お酒をよく飲む友達への引越し祝いには、ぜひお酒を贈るとよいでしょう。お酒は賞味期限が長めなので、焦らず好きなタイミングで楽しんでもらえる点が大きなメリットです。

基本的には好みの種類を選べば間違いありませんが、もしも高級感を演出したい場合はワインやシャンパンが向いています。ボトルのデザインが華やかなものが多く、お祝い感たっぷりのプレゼントとして喜んでもらえることでしょう。

なかには、飲み終わったあとのボトルをインテリアとして飾れるようなおしゃれなタイプもあります。くつろぎ時間にもインテリアにも華を添えられる、引越し祝いにぴったりなアイテムです。

食器

食器セットも、友達の引越し祝いとしておすすめのアイテムです。特に初めての一人暮らしや同棲をする方は食器が十分に揃っていないケースが多く、食器を贈ると喜ばれる傾向があります。

また、すでにある程度の食器を所有している方であっても、引越しに向けて古い食器を処分しているケースは少なくありません。友達の好みのテイストに合うような、使いやすい形の食器を贈るとよいでしょう。

ただし、赤い色の食器はなるべく選ばないようにするのが大切です。先述のように引越し祝いには「火を連想させるものはタブー」とされているため、火をイメージさせる赤い食器はできるだけ避けることをおすすめします。

5,000〜10,000円のおすすめ引越し祝い

最後に、5,000~10,000円程度で購入できる引越し祝いのおすすめ4選をご紹介します。親しい友達の引越しを特別感たっぷりにお祝いしたい場合には、ぜひ以下でご紹介するアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

キッチン家電

生活を便利にしてくれるキッチン家電は、特別な友達への引越し祝いにぴったりです。電化製品なので基本的には5,000円以上が相場ですが、同じ種類の家電でもメーカーによって価格が異なるため、予算に応じて選びやすいでしょう。

引越し祝いとして、特におすすめしたいのが、気軽にコーヒーを淹れられるコーヒーメーカーです。また、スピーディーにお湯を沸かせる電気ケトルや、自宅で手軽にパンを作れるホームベーカリーなども喜ばれる傾向があります。

変わり種としては、手作りのヨーグルトを楽しめるヨーグルトメーカーもおすすめ。ただし、プレゼントしたものをすでに持っている可能性もゼロではないため、贈りたいキッチン家電を持っているかどうかを事前に確認することが大切です。

グルメ

予算5,000~10,000円程度の引越し祝い選びで悩んだら、グルメのギフトに注目してみるとよいでしょう。グルメ志向の友達にはもちろん、年齢や性別を問わずに喜んでもらえます。

グルメのギフトを贈る際は、普段自分では購入しないような高級食材のものを選ぶことがポイントです。たとえば木箱に入ったお肉や産地にこだわったお米、産地直送のカニなどがおすすめです。

但し、生ものや冷凍グルメをプレゼントしたい場合は、宅配のクール便にて直接新居に届くように手配すること、事前に先方の予定を確認し、旅行や出張などとタイミングが重ならないように注意しましょう。

観葉植物

置くだけでお部屋をおしゃれに変身させてくれる観葉植物も、友達への引越し祝いにおすすめです。心身のリラックス効果が期待でき、新居での暮らしをより快適に演出できるでしょう。

観葉植物にはさまざまな種類がありますが、特におすすめしたいのは、お手入れが簡単なモンステラやサンスベリアです。また、新婚のご夫婦には「枯れない愛」の花言葉を持つサボテンが向いています。

ただし、人によっては植物に興味がない場合や育てることに手間を感じる場合もあるため、事前に相談してからプレゼントできると安心です。また、新居の間取りによっては大きな観葉植物は適さない場合もあるので、サイズは慎重に検討するとよいでしょう。

女性の友達への引越し祝いなら、花を贈るのもおすすめです。好みが分かれにくく、さらには新居をはなやかに演出してくれることから、どなたにも喜ばれやすいです。

お祝い品として特に人気が高いのが胡蝶蘭で、「幸せが飛んでくる」という花言葉が引越し祝いにぴったりです。贈る相手の好きなカラーを中心にブーケを用意するのもいいですし、花瓶やバスケットに入ったタイプを選べば、すぐに飾ってもらえます。

また、できるだけ長く楽しんでもらいたい場合は、生花ではなくプリザーブドフラワーを選ぶとよいでしょう。ブーケやリース、容器に入ったものなど、さまざまなタイプがあるので、贈る相手の雰囲気や好みのテイスト、予算などを考慮してセレクトしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

仲の良い友達だからこそ、引越し祝いはとっておきのギフトを贈りたいものです。喜んでもらえるように、「どのようなものなら喜んでもらえそうか」「自分だったら何が欲しいのか」を考えながら選ぶことをおすすめします。

その際は、引越し祝いとしてタブーとされているものを避けることはもちろん、熨斗などのマナーをきちんと守って贈ることも大切です。ぜひ今回ご紹介した予算別のおすすめを参考にしながら、お祝い選びをお楽しみください。