事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り

【人数別】東京都内への引越しにかかる費用の相場は?おすすめ業者5選も紹介

【人数別】東京都内への引越しにかかる費用の相場は?おすすめ業者5選も紹介
summary
  • 地方から都内へ引越しする際は、距離によって引越し費用が大きく異なります
  • 地方から都内へ引越しする際における費用総額の相場は、単身者で約40万円、四人家族で約60万円かかります
  • 引越し費用をおさえたい方は、「混雑する時期を避ける」「相見積りをとる」などの対策が有効です

地方などから都内へ引越しする場合、荷物を長距離運搬する必要があるため、数十万円規模の引越し費用がかかります。想像していたよりも引越し費用が高くなると、新居での資金繰りが苦しくなるかもしれません。

この記事では、都内への引越し費用に影響する要素・費用総額の相場から、おすすめの引越し業者までを解説します。金銭的な余裕を持って都内へ引越ししたい方は、ぜひ参考にしてください。

東京都内への引越し費用に影響する要素

東京都内への引越し費用に影響する要素

引越し費用は、「運賃」「料金」「実費」「オプション」の4つで構成されています。引越しする際は、引越し業者から費用に関する説明を受けますが、事前に知っておくことが大切です。以下では、運賃・料金・実費・オプションの意味を紹介します。

  • 運賃
    運賃は、距離制運賃もしくは時間制運賃によって決まります。引越し先が100km圏内であれば時間制運賃、100km以上であれば距離制運賃になることが一般的です。運賃は時間や距離が長くなるだけでなく、積載量の多いトラックを利用したときも高くなります。なお、国土交通省によって運賃の基準は決められているため、引越し業者によって金額は大きく変動しません。
  • 料金
    料金は、引越し業者のスタッフの人件費や、休日・深夜・早朝・冬期などの時間帯・時期、特大品のように通常よりも運搬が困難な荷物を運ぶ際に運賃とは別にかかる費用のことです。往復で利用する際は、割引になるケースもあります。しかし、引越しの場合は今住んでいる場所から新居までの運搬でしか利用しないため、料金が割引になるケースはほとんどありません。
  • 実費
    実費は、トラック代・梱包資材代などにかかります。ほかにも、高速道路の利用料・フェリーの利用料・燃料サーチャージにかかる費用も実費として挙げられます。特に大量の荷物を引越し業者に依頼する場合はトラックの台数が増えるため、実費が高くなることを知っておきましょう。
  • オプション
    オプションは、繁忙期の引越し・エアコンやアンテナの取り付け・荷造りのサポートなど、サービスにかかる費用です。「マンションの高層階に住んでいる」「急な時間変更」「玄関以外から荷物を運び出す」などのケースも、オプションになる場合があります。オプションの種類は、引越し業者によって異なるため、依頼する前に各引越し業者にどのようなオプションがあるのかを調べておきましょう。

全国各地から都内に引越しする場合の移動距離

全国各地から都内に引越しする場合の移動距離

現在住んでいる場所から都内までの距離を把握できれば、おおよその引越し費用を割り出せます。ここでは、各エリアから都内までの距離を簡単に紹介します。

  • 北海道
    北海道から都内までの距離は、1,000km以上です。主要エリアから都内までの距離で見ると、札幌市で約1,150km、根室市で約1,500km、函館市で約850kmとなります。
  • 東北地方
    東北地方から都内までの距離は約600kmです。都内までの距離を詳しく見ると、青森県で約720km、岩手県で約520km、宮城県で約400kmとなります。
  • 北陸・甲信越・東海地方
    北陸・甲信越・東海地方から都内までの距離は、約400kmです。ほかの地方に比べて都内までの距離感は近く、たとえば山梨県で約120km、新潟県で約300km、愛知県で約310kmとなります。
  • 関西地方
    関西地方から都内までの距離は、約500kmです。主要府県から都内までの距離は、京都府で約460km、大阪府で約500km、兵庫で約590kmとなります。
  • 中国・四国地方
    中国・四国地方から都内までの距離は、約800kmです。主要都市から都内までの距離を見ると広島県で約770km、山口県で約950km、香川県で約690km、高知県で820kmとなっています。
  • 九州・沖縄地方
    九州・沖縄地方から都内までは、地域によって異なるものの、1,000〜2,000kmほど離れています。本州にもっとも近い福岡県であっても、都内までは1,000km以上離れているため、ほかの地方よりも引越し費用は高くなる傾向です。

都内への引越し費用の相場

都内への引越し費用の相場

全国各地から都内へ引越しする際は、距離をもとにおおよその引越し費用の相場を求められます。引越し業界では、新生活が始まる2〜4月は繁忙期、それ以外の5〜1月は閑散期となっており、費用の相場に若干の違いがある点を知っておきましょう。

ここからは、一人暮らしの場合と三人以上(家族)の場合に分けて、都内への引越し費用の相場を紹介します。

一人暮らしの場合

荷物少なめの方の引越し費用の相場は、約35,000円〜約70,000円となります。たとえば、北陸・甲信越・東海関西地方から東京都内への引越しであれば約45,000円、中国・東北地方から東京都内への引越しは約70,000円かかることが予想されます。

【繁忙期(2~4月)】

  15km未満 50km未満 県外500km未満 500km以上
荷物少なめ 約39,259円 約47,620円 約45,822円 約67,202円
荷物多め 約52,975円 約58,198円 約71,510円 約111,650円

【閑散期(5~1月)】

  15km未満 50km未満 県外500km未満 500km以上
荷物少なめ 約34,376円 約36,049円 約42,068円 約61,483円
荷物多め 約45,460円 約45,379円 約60,758円 約96,128円

一方で、荷物多めの方の引越し費用の相場は、約35,000円〜約70,000円です。都内までの距離が遠い地方の方は、荷物の運搬を依頼するだけで約10万円かかる点は痛手となるでしょう。ベッド・テーブルなど、手軽に購入できるものは、引越し先の都内で購入するほうが引越し費用をおさえられるかもしれません。

三人以上(家族)の場合

家族が多くなると荷物量が増えることから、使用するトラックの台数が増えます。そのため、二人暮らしより三人以上(家族)のほうが、引越し費用は高くなる傾向です。都内までの距離が遠くなると、引越し費用だけで50万円以上かかるケースも見られます。

【繁忙期(2~4月)】

  15km未満 50km未満 県外500km未満 500km以上
二人暮らし 約86,800円 約99,200円 約203,600円 約274,000円
三人暮らし 約106,400円 約131,000円 約281,600円 約351,900円
四人暮らし 約117,500円 約141,500円 約307,500円 約376,300円
五人暮らし 約147,300円 約197,300円 約430,700円 約507,900円

【閑散期(5~1月)】

  15km未満 50km未満 県外500km未満 500km以上
二人暮らし 約61,800円 約72,500円 約141,600円 約179,100円
三人暮らし 約73,500円 約96,100円 約195,600円 約280,000円
四人暮らし 約78,400円 約110,800円 約201,200円 約303,900円
五人暮らし 約97,700円 約156,100円 約272,600円 約398,800円

引越し費用を少しでもおさえたい家庭は、運搬する荷物を断捨離したり、梱包などを作業分担したりすることをおすすめします。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

引越し業者に支払う料金以外に発生するもの

引越し業者に支払う料金以外に発生するもの

引越しする際は、引越し業者に支払う費用だけでなく、さまざまな料金が発生します。そのため、引越し費用以外にどのような料金がかかるのかを理解したうえで、予算を準備することが大切です。

ここでは、引越し業者に支払う費用以外に発生する料金を6つ紹介します。

  • 敷金・礼金
    敷金・礼金は、賃貸物件を契約した際に大家さんに支払うお金です。敷金は家賃の不払いが生じたときや部屋の修繕費に充てられます。一方で、礼金は賃貸物件を借りることに対するお礼として大家さんに支払います。敷金・礼金の相場は、どちらも家賃の1〜2ヶ月分です。契約内容によって、敷金は退去時の原状回復費用に充てられたり、礼金はなしだったりする場合があります。
  • 仲介手数料
    仲介手数料は、賃貸物件を契約する際に不動産業者に支払います。不動産を紹介してもらったことに対する礼金のため、契約が成立した時点で不動産業者に支払うことが一般的です。仲介手数料の相場は、不動産業者によって異なるものの、契約した賃貸物件の1ヶ月の家賃となります。ほとんどの場合、借主と大家さんで仲介手数料を折半して不動産業者に支払います。
  • 前家賃
    賃貸物件を契約する際は、契約日より翌月までの日割り家賃と入居月の家賃を、前家賃として支払います。前家賃が必要になるのは、翌月分の家賃を前月に支払うことが賃貸物件では一般的なためです。契約内容によっては、翌々月分までの家賃が前家賃として含まれる場合もあります。
  • 火災保険料
    火災保険は、「家財保険」「借家人賠償責任保険」「個人賠償責任保険」などの総称を指します。火災保険への加入は任意ですが、賃貸物件を契約する条件として「火災保険の加入」が求められるケースがほとんどです。火災保険料の相場は1万〜2万円程度となっており、加入するプランによって異なります。火災保険へ加入しておけば、火災が起きた際に家財道具が壊れても補償を受けられます。
  • 鍵交換費用
    鍵交換費用は、入居時に鍵の交換をする際にかかる費用です。基本的には、15,000円前後で収まることが一般的です。鍵交換をする・しないは契約時に選べますが、以前の住民が合鍵を作っている可能性があるため、特別な理由がない限りは鍵交換をすることが推奨されています。なお、不動産業者や大家さんから許可をもらえば、自分で鍵交換をすることも可能です。
  • 保証会社利用料
    保証会社利用料は、家賃の支払いを保証する会社の利用料として発生する費用です。保証会社によって利用料は異なりますが、家賃の50%前後が相場です。やむを得ない事情で借主の家賃支払いが遅れたときは、保証会社が家賃を立て替えます。なお、賃貸物件によっては連帯保証人を準備できる方に限り、保証会社利用料がかからない場合もあります。

都内で引越す場合の費用総額の相場

都内で引越す場合の費用総額の相場

地方などから都内へ引越しする際は、費用総額がいくらになるのかを知っておくと「想像以上にお金が必要になった」というような、金銭的なトラブルを防げるでしょう。ここからは、一人暮らしと三人以上(家族)に分けて、都内で引越しする際の費用総額の相場を紹介します。

費用総額の相場は通常時期に東京都内で引越しするものとし、単身者の家賃は7万円、家族世帯の家賃は10万円と仮定しています。なお、引越し費用は23区内の住むエリアなどによって大きく変動するため、あくまでも目安として参考にしてください。

一人暮らし

下記は、単身者が都内へ引越しする際にかかる、物件契約費用の相場です。

  料金相場
敷金・礼金 140,000円
仲介手数料 35,000円
前家賃 70,000円
火災保険料 10,000円
鍵交換費用 15,000円
保証会社利用料 35,000円

物件契約費用の相場は、30万円前後になる場合がほとんどです。そこから、引越し業者に支払う費用と家財購入費を合わせると、引越し費用の総額は約40万円になります。

三人以上(家族)

たとえば、4人家族で都内へ引越しする際の物件契約費用の相場は、次のとおりです。

  料金相場
敷金・礼金 300,000円
仲介手数料 150,000円
前家賃 150,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 20,000円
保証会社利用料 75,000円

物件契約費用は約71万円となり、引越し業者に支払う費用と家財購入費を合算すると、費用の総額は130万円以上に及びます。家族で引越しする場合、家族構成・子供の年齢などで荷物の多さが異なるため、上記で挙げた相場よりも引越し費用がかかる可能性がある点は知っておきましょう。

引越し費用をおさえるポイント3選

引越し費用をおさえるポイント3選

引越し費用を安くおさえたい方は、下記のポイントを意識してみましょう。

  • 混雑する時期を避ける
  • 相見積りをとる
  • 単身引越ナビを利用する

ここからは、引越し費用をおさえる3つのポイントを詳しく紹介します。

混雑する時期を避ける

引越しを希望する人が多く、予約が混雑する繁忙期は、通常の引越し費用とは別に料金がかかるケースがほとんどです。引越し業者によって異なりますが、混雑する時期を選ぶと通常の時期よりも1万円程度、引越し費用が高くなります。特に、次で挙げる時期は混雑しやすいため、避けたほうが良いでしょう。

  • 月末月初
  • 土日祝日
  • 大安などの吉日
  • 午前中 など

基本的には、身動きが取りやすい時期・時間帯、物事をはじめるのに日取りの良い日は混雑します。引越しするまでの期間に融通が利く場合は、月の中旬・平日・午後などの混雑しにくい時期・時間帯を選ぶと、引越し費用をおさえられるかもしれません。

相見積りをとる

相見積りとは、同じ条件で複数の引越し業者に見積り依頼することを指します。1社のみに見積り依頼するだけでは適正価格なのかを判断できませんが、相見積りをとれば相場をもとに安い引越し業者を見つけられます。

また、相見積りをとると、引越し業者によっては値下げなどの交渉に応じる場合があります。適正価格を把握できるだけでなく、費用をおさえられるため、引越しする際は相見積りをとるところから始めてみましょう。

単身引越しナビを利用する

単身引越しナビ

電話なしで、かつ引越し業者とのやり取りを極力少なくしたい方には当サイトが提供する定額引越しサービスの「単身引越しナビ」がおすすめです。

荷物の制限は2トンのショートトラックに載せられるだけなので料金体系も非常にわかりやすく、見積りの時間が削減できるようになっています。大型の家具・家電があっても、既定のサイズに収まるのであれば料金は変わりません。

信頼できる数多くの提携事業者がいるから希望日でのお引越しが可能です。また電話対応は

単身引越しナビ

かマッチングした引越し業者だけなので安心して利用できます。しつこい営業電話も、訪問見積りもないので、じっくりと引越し準備を進められるでしょう。

こちらから電話することはなく、ネットから申し込んだら、マッチングできるまで待っていればOK。申込み手続きもネットで完結します。引越し業者が見つかったら、あとは当日までに梱包を済ませるだけです。梱包で使うダンボールも20枚ついてくるので、梱包資材の調達は必要ありません。

時間のない人、できるだけ手間を少なくして引越ししたい人は、ぜひ利用してみてください。

都内への引越しにおすすめの業者5選

都内への引越しにおすすめの業者5選

都内へ引越しする際は、全国に拠点を持つ引越し業者を利用することがおすすめです。地域密着型の引越し業者では、遠方に荷物を運搬できない可能性があります。

ここからは、都内への引越しにおすすめの引越し業者を厳選して5社紹介します。

日本通運

日本通運

(引用:日本通運

日本通運は、全国に拠点を持つ知名度の高い引越し業者です。「丁寧に搬出から運搬までしてもらえた」「親切な対応で気持ちよく引越しできた」など、良い口コミが多数寄せられています。

日本通運は、海上コンテナ輸送・鉄道コンテナ輸送など、独自の輸送方法を有しています。そのため、北海道・沖縄県などの遠方から都内へ引越しする方でも荷物を運搬しやすい点は、日本通運の強みです。

東京都には、日本通運の拠点が7箇所あります。下記は、日本通運の基本情報をまとめた表です。

運営会社 日本通運株式会社 拠点数 197
見積り方法 訪問、公式サイト、電話、オンライン 対応エリア 全国
オプションサービス 支払い方法 現金
クレジットカード
QRコード決済
本店所在地 東京都千代田区神田和泉町2番地 電話番号 0120-154022

日本通運の詳細を見る

アート引越センター

アート引越センター

(引用:アート引越センター

アート引越センターは、きめ細やかなサービスと品質の高さから、業界のパイオニアとして活躍している引越し業者です。「アートクオリティカード」「アートスマイルカード」などを用いて、顧客満足度の向上に常に努めているため、長年にわたって多くの方から支持を得ています。

東京都には、アート引越センターの拠点が23箇所あり、引越し先の近くにある支店を選べば、引越し費用をおさえられるかもしれません。アート引越センターの基本情報は、次のとおりです。

運営会社 アート引越センター株式会社 拠点数 183
見積り方法 訪問、公式サイト、電話、Zoom、LINE 対応エリア 全国
オプションサービス 支払い方法 クレジットカード
現金
本店所在地 大阪府大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー16F 電話番号 0120-0123-33

アート引越センターの詳細を見る

サカイ引越センター

サカイ引越センター

(引用:サカイ引越センター

サカイ引越センターには、「プレミアムプラン」「フルサービスプラン」「スタンダードプラン」など複数のプランが用意されています。自分のニーズに合ったプランを選びやすいため、引越し費用・サービスともに満足しやすいと言えます。

サカイ引越センターの強みは梱包・運搬技術が高く、新型家電の運搬も安心して任せられることです。有機ELテレビなど細心の注意を払って運搬してほしい家電などがある方は、サカイ引越センターの利用がおすすめです。

東京都にはサカイ引越センターの拠点が26箇所あります。下記では、サカイ引越センターの基本情報を紹介します。

運営会社 株式会社サカイ引越センター 拠点数 200以上
見積り方法 訪問、公式サイト、電話、LINE 対応エリア 全国
オプションサービス 支払い方法 クレジットカード
現金
事前振り込み
本店所在地 大阪府堺市堺区石津北町56番地 電話番号 0120-00-1141

サカイ引越センターの詳細を見る

ハート引越センター

alt_text

(引用:ハート引越センター

ハート引越センターは、インターネット回線取次サービス・マイカー陸送・ペットの輸送など、遠方から都内に引越しする際に活用できるオプションが多い引越し業者です。家具家電以外に特殊なものを運搬したい場合は、ハート引越センターを利用すると、スムーズに引越しできるかもしれません。

ハート引越センターの公式サイトには、引越し準備を不備なく進められる「引越し手続きチェックリスト」「新居家財設置図」などが無料でダウンロードできます。特に初めて引越しする方は、各ツールを利用すると安心して引越し作業が進められるでしょう。

東京都には、ハート引越センターの拠点が2箇所あります。ここからは、ハート引越しセンターの基本情報を詳しく紹介します。

運営会社 株式会社ハート引越センター 拠点数 51
見積り方法 Webフォーム・電話・メール 対応エリア 全国
オプションサービス 支払い方法 現金
クレジットカード
本店所在地 東京都葛飾区奥戸5-12-4 電話番号 0120-66-8100

ハート引越センターの詳細を見る

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社

(引用:アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社は、関東・中部・関西地方を中心に人気がある引越し業者です。長距離引越しのプランを3つ用意しており、地方から都内への引越しに強いという特徴があります。なかでも、JRのコンテナ便を利用する業界初の引越しプランである「長距離エコ便」「長距離エコリーズナブルパック」は、利用者から支持を得ています。

低コスト優先で引越し業者を選びたい方は、アリさんマークの引越社からまずはチェックしてみましょう。東京都には、アリさんマークの引越社の拠点が3箇所あります。下表では、アリさんマークの引越社の基本情報をまとめています。

運営会社 株式会社引越社 拠点数 54
見積り方法 訪問、公式サイト、電話 対応エリア 全国
オプションサービス 支払い方法 クレジットカード
現金
QRコード決済
本店所在地 東京都江戸川区松本2-34-6 電話番号 0120-77-2626

アリさんマークの引越社の詳細を見る

まとめ

 

地方から都内へ引越しする際は、距離によって引越し費用が大きく異なります。都内に引越しする際の費用の総額目安は、一人暮らしで約40万円、4人家族で約130万円です。引越し費用を少しでもおさえたい方は、混雑する時期を避けたり相見積りをとったりすることが重要です。

また一都三県から都内で引越しを考えている単身者は「単身引越しナビ」もおすすめです。

荷物の制限は2トンのショートトラックに載せられるだけなので料金体系も非常にわかりやすく、見積りの時間が削減できるようになっています。大型の家具・家電があっても、既定のサイズに収まるのであれば料金は変わりません。

信頼できる数多くの提携事業者がいるから希望日でのお引越しが可能です。また電話対応は単身引越しナビかマッチングした引越し業者だけなので安心して利用できます。しつこい営業電話も、訪問見積りもないので、じっくりと引越し準備を進められるでしょう。

こちらから電話することはなく、ネットから申し込んだら、マッチングできるまで待っていればOK。申込み手続きもネットで完結します。引越し業者が見つかったら、あとは当日までに梱包を済ませるだけです。梱包で使うダンボールも20枚ついてくるので、梱包資材の調達は必要ありません。

時間のない人、できるだけ手間を少なくして引越ししたい人は、ぜひ利用してみてください。