事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
掃除 ダンボール 女性

summary

  • 賃貸物件の退去時には部屋を元通りにする「原状回復」の義務があります
  • 退去時に掃除をすることで修繕費をおさえ敷金の返金額を多くできるかもしれません
  • 入居時にほこりを取り除いたり、家の状態をチェックしたりするために新居も掃除するのがおすすめです

引越しの際には現在住んでいる家だけでなく、新居も掃除しましょう。この記事では、引越し時に掃除が必要な理由や引越し前の掃除箇所、入居前の掃除ポイントについて解説します。心を込めて掃除をして、気持ちの良い引越しをしましょう。

引越し時に掃除が必要な理由

引越し時にはマナーとして現在住んでいる家の最低限の掃除を行いましょう。また、マナーだからという理由だけでなく、借りた側には退去時に原状回復義務があり、また一定以上のクリーニング代を敷金から引かれないためにも掃除は必要です。一方、新居の掃除は、空室期間に溜まった埃を綺麗に取り除いたり家の状態をチェックしたりするのを目的として行います。

現在住んでいる家の掃除

引越し前に現在住んでいる家の掃除が必要なのは、借りた人に「原状回復義務」があるからです。原状回復義務とは、借りた人が常識を超えた範囲で物件を傷めた、あるいは汚した場合に修繕費用を負担するという国土交通省のガイドラインに基づく義務です。経年劣化や普通の暮らしを送るうえで汚れてくる部分は費用負担の対象ではありません。同様に、畳の日焼けや家電の設置による黒ずみも対象外とみなされます。

原状回復は物件を住む前の完璧な状態に戻すことを意味するものではありませんが、できる範囲の掃除をする必要があります。具体的には、ガスコンロ周辺の油汚れや浴室の水垢・カビなどは掃除しましょう。また、日常的に手入れが不足しているとクリーニング費用が多く発生する可能性があります。クリーニング費用は入居時に支払った敷金から支払われるため、敷金を返金してもらうためにも、掃除できる部分や汚れが目立つ部分はできるだけ綺麗にしておきましょう。

新居の掃除

新居がクリーニング済みの場合、掃除する必要はないと感じるかもしれません。しかし、入居する直前まで毎日クリーニングされているわけではないため、意外と埃が溜まっていることがあります。家具や家電を置いたら結構汚れていた、ということを避けるために、綺麗に見えたとしても事前にできるだけ掃除しましょう。

引越し先の掃除は家を綺麗にすることはもちろん、キズやトラブルの把握、カーテンのサイズや照明器具の状態を確認するのも目的です。入居前にキズやトラブルを発見したら、大家さんや管理会社にあらかじめ報告することで、次に引越しをする際に敷金から一定以上のクリーニング代を引かれたり、原状回復を命じられたりするといったリスクを避けられます。また、引越し当日にカーテンや電気が使えないと生活に支障をきたすため、カーテンは旧居のものを再利用できるサイズか、電気がつくか、なども必ず確認しておきましょう。

賃貸物件の退去時に、どこまで掃除をする?

賃貸物件退去後にはハウスクリーニング業者が室内を清掃するため、退去時の掃除は基本的に必須ではありません。しかし、掃除をしなかった場合、原状回復のためのクリーニング費用などを請求される可能性があります。退去費用をおさえるためにも、できる範囲で掃除をするのがおすすめです。また、全く掃除をしないのは部屋を貸してくれた大家さんに失礼にあたるのでマナーとしてある程度の掃除はしましょう。

原状回復の義務がある

賃貸物件の退去時には、入居者に原状回復義務があります。国土交通省のガイドラインには「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義されています。つまり退去時に入居者が物件を入居時の状態に戻す義務という意味です。日常生活を送るうえでの汚れや経年劣化は含まれませんが、入居者の過失や不注意によって物件を傷めた場合、修繕費用を負担しなくてはなりません。

経年劣化は回復の義務がない

生活していくうちに自然と劣化していくものは経年劣化として認められており、回復の義務がありません。例として、日照による壁やクロスの変色、家具・家電の設置による床やカーペットの凹みや設置跡、通常の使用による冷蔵庫後部壁面の電気焼けなどが経年劣化に当たります。しかし、キッチンやトイレなど水回りの油汚れやカビ、水垢は経年劣化には含まれないので、退去時に掃除をすることがおすすめです。また、ペットやタバコによる汚れも原状回復義務に含まれるため注意しましょう。

掃除をすれば退去費用が安くなる?

賃貸物件から退去するとき、ハウスクリーニング代がかかることが一般的です。このハウスクリーニング代は、部屋の広さが広くなるほど高くなるだけでなく、部屋が汚れていても高くなります。ハウスクリーニング代を安くおさえるために、部屋の汚れをなるべく落としておくことが重要です。一見落ちなそうな汚れや深い傷であっても、ホームセンターなど身近に売っているものを活用することで、自分で修復できる場合もあります。例えば、カーペットの汚れやカビは水や洗剤を使うことで落ちる可能性が高いです。また、壁や柱の傷もホームセンターなどに売っている専用の充填修復材を用いて修復できます。退去費用を安くしたい方は、できる限り部屋に汚れや傷がない状態にしましょう。しかし、契約内容によっては自分で室内のクリーニングをする必要がない場合もあるので、まずは賃貸借契約書を確認してみてください。また、画鋲の跡やフローリングのワックスがけなど、貸主が修繕を対応する部分もあるので注意してください。

引越し前の新居の掃除に必要な道具

掃除をするためには沢山の道具が必要になります。購入できる場所もそれぞれですので事前に道具をそろえておきましょう。

項目詳細
全般・雑巾
・バケツ・ほうき・ちりとり
・掃除機
・はたき・室内用洗剤
・フローリング用ウェットシート
・乾拭き用ウェットシート
・害虫対策グッズ・マスク・軍手
キッチン・タワシ・油汚れ用洗剤
浴室・浴室清掃用スポンジ・排水溝用洗剤
・カビ取り洗剤
・浴室用洗剤
トイレ・トイレ掃除用ウェットシート・トイレ用洗剤

引越し前の新居の掃除のコツ

掃除道具 床

広いお部屋をどこから掃除するか悩まれる方もいると思います。効率的に掃除をするために、以下では掃除のコツを説明していきます。まずは、掃除の大まかな順序から紹介していきます。

掃除の大まかな順序

掃除をする際は下に埃が落ちるため、天井から壁など高い順に拭いていくのが基本です。

(1)換気をする
(2)天井・壁を拭く
(3)窓を拭く
(4)照明器具等のホコリを落とす
(5)床を掃除する
(6)害虫対策をする

1.換気をする

天候の良い日を選んで長時間かけてしっかり換気をしましょう。また、今後家具や家電を置くことを考慮して、カビを防ぐためにも湿気はできるだけ少なくしておくのがポイントです。

2.天井・壁を拭く

家庭用お掃除ワイパーやフローリングモップを使用すると簡単に綺麗にできます。目立つ汚れがない、あるいはあまり余裕がない場合は、ハンディモップで軽く埃を落とすだけでも壁紙が明るくなり清潔な印象を与えられます。

また、カーテンレールも忘れずに掃除しましょう。

3.窓を拭く

窓は水で濡らした新聞紙で拭くといいでしょう。時間に余裕があれば水拭き用と乾拭き用の雑巾を用意し、窓用の洗剤をスプレーして軽く水拭きした後に乾拭きをしましょう。

結露によるサッシのカビは塩素系の漂白剤を使います。漂白剤をスプレーしてラップで薬剤を浸透させ、最後はいらない布で水拭きします。水拭きする際に隙間に入り込んだ埃も取り除くのがポイントです。漂白剤は匂いがきついので窓を開けて十分に換気しましょう。

4.照明器具等のホコリを落とす

照明器具やエアコンの上にはホコリが溜まっています。はたきやモップを使用すること簡単にホコリを落とせます。

5.床を掃除する

床は目立つ汚れがなければ掃除機をかけるだけで問題ありません。時間に余裕があれば水拭きや乾拭きをすると良いでしょう。家庭用のお掃除ワイパーを活用するのもおすすめです。

家具や家電が置いてあったところは特に埃が溜まっている可能性が高く、また床に汚れがついている場合もあるため念入りに掃除します。

6.害虫対策をする

煙を使う市販の害虫剤で害虫対策をしておくことをおすすめします。物が少ないうちに済ませておけば、家具や家電が汚れる心配をせずに害虫を駆除できるからです。換気をしながら実施しましょう。

場所別の掃除のコツ

水回り

清潔な空間で気持ち良く生活を始めるためにも、キッチンやトイレ、浴室などの水回りを掃除しておきます。トイレはウェットシートで埃を拭き取り、排水溝から匂いがする場合は排水溝用の洗剤を使用します。浴室にカビが生えている場合は、市販のカビ用洗剤で対処しましょう。キッチンは固く絞った雑巾でコンロを、メラミンスポンジで流し台を掃除します。洗面所の鏡はマイクロファイバーで、手を洗う場所は流し台と同様にメラミンスポンジで掃除するのがおすすめです。メラミンスポンジは素材によって適さない場合もあるので、よく注意して使うようにしましょう。

水回りは掃除と並行して、水が出るか、水漏れはないか、きちんと流れるかを確認しましょう。浴室は浴槽や床にヒビがないかも確認する必要があります。

キッチン

ガスコンロや換気扇、レンジフード、流し台などを掃除します。頑固な油汚れは重曹を使うのがおすすめです。重曹を水に溶かしたものをキッチンペーパーに含ませ、汚れた部分に貼って10分程度放置しましょう。重曹は100円ショップやドラッグストア、スーパーなどで購入できます。液体クレンザーをかけてブラシでこする、油汚れ用の洗剤を使って拭き取る、などの方法も効果的です。

換気扇はファンやフィルターを取り外し、油汚れ用の洗剤を混ぜたお湯につけて汚れを浮かせた後に洗い流し、細かい汚れは不要になった歯ブラシで掃除します。レンジフードの内部の汚れは、油汚れ用の洗剤を染み込ませたキッチンペーパーを貼り付けしばらく放置し、油が浮いたらキッチンペーパーで拭き取りましょう。

流し台はステンレス用クレンザーや市販の洗剤、重曹を水で溶いたものを使います。塩素系の漂白剤は変色の原因になり、目の粗い粉のクレンザーや研磨剤入りスポンジは流し台に傷がつくので避けましょう。

トイレ

便器の上にトイレットペーパーを敷き詰め、トイレ用の酸性洗剤やクレンザーを振りかけてしばらく放置しましょう。流した際に詰まらないように、トイレットペーパーの量は適宜調整してください。トイレットペーパーを流してブラシでこすると汚れが落ちやすくなります。また、酸性洗剤やクレンザーの代わりに重曹を水で溶かしたものを使用するのも効果的です。壁や床も尿飛びや埃で目に見えない汚れがあります。ウェットシートで丁寧に拭きましょう。

浴室

浴室の壁や床の石けんカスや水垢は市販の洗剤で落とせます。ただし、浴槽は材質によって使用できる洗剤が異なることに加え、洗剤のなかには混ぜると危険なものもあるため説明書をよく読んでから使用しましょう。

浴室に鏡がある場合は、水垢や「うろこ」を落とすために酢を利用するのがおすすめです。頑固な汚れは酢を染み込ませたガーゼの上にラップを貼って少し置くと汚れが落ちやすくなります。酢の代わりにクエン酸も使用できます。

天井や壁、床のカビを取る際は、カビや洗剤が目や口に入らないようにゴーグルやマスクをしてカビ用洗剤を使用しましょう。排水溝の髪の毛も忘れずに取り除きます。

和室

畳を掃除する際は、傷がつかないようにゆっくりと力を入れずに掃除機をかけます。より丁寧に掃除したい場合は、お茶の葉をかたくしぼったものを畳の上に撒いてほうきで履いた後に乾拭きすると良いでしょう。掃除機や雑巾を使う際は畳の目に沿って掃除することがポイントです。

日焼けした畳はまず掃除機をかけ、バケツに酢を薄めたお湯を使用しましょう。かたく絞った雑巾で拭いてから、最後に乾拭きもします。エアコンや扇風機を使用して乾かしながら行うのがおすすめです。

畳にカビが生えている場合は中性洗剤を薄めて固く絞った雑巾で拭き取り、消毒用アルコールを布に染み込ませて軽く拭きます。乾かした後には掃除機をかけましょう。

畳の上に家具の跡がついた場合は熱めのお湯で絞った布をあて、その上からアイロンをかけます。最後にドライヤーで乾かすと回復する場合があるので試してみてください。焦げ跡がある場合は、ティッシュペーパーにオキシドールを含ませて軽く叩くと漂白できます。

全体を見て汚い所を掃除しましょう。特にレール部分やサッシ部分は汚れが溜まりやすい場所のためしっかり確認する必要があります。窓ガラスを掃除する際には、ガラス用洗剤をガラス全体に吹きかけ、水に浸して固く絞った雑巾で拭きます。アルミサッシはまず軽くモップでほこりを取り除いた後で洗剤を付けた雑巾で拭いて最後に乾拭きします。網戸は、まず網戸を外し、全体にホースで水をかけます。洗剤をつけたスポンジで汚れを落として水で洗い流したら、乾いた布で拭き取りましょう。また、窓枠はカビが発生しやすい部分です。そのため、引越し後もこまめに掃除をすることをおすすめします。窓枠にカビが付着した場合は、中性洗剤や塩素系漂白剤を用いてスポンジで落とします。最後に水拭きをして、水気が残らないようにしましょう。

エアコン

まず初めに電源を切ってコンセントを抜いておきます。カバーを取り外しほこりが空中に舞わないようにフィルターをつけたまま掃除機をかけます。次にフィルターを取り外しフィルターの表面から掃除機をあててほこりを取ります。ほこりが残っている場合は水洗いをしてから自然乾燥させます。その後エアコン内部を掃除機にかけます。奥まで掃除機を入れ込むと故障の原因にもなるので無理のない範囲で掃除します。最後にフィルターをつけ、送風運転をしてフィルターを完全に乾かすことでカビの発生を予防できます。

ベランダ

ベランダで主に掃除をするポイントとなるのは、床と手すりです。雨や砂ぼこりにさらされている床は特に汚れやすいので念入りに掃除するようにしましょう。床を掃除する際は、まずちぎった新聞紙を濡らして髪の毛などの小さいごみを拭き取ったあと、ほうきで床全体を掃きます。次に水で薄めた中性洗剤をまき、ブラシでこすって汚れを落とします。最後に水で洗い流します。このとき、水をしっかりと流すことで、カビ発生の予防になります。手すりはまず重曹を薄めた水「をまいて、ブラシでこすります。そして最後に水で洗い流しましょう。

引越しの際の掃除についてよくある質問

掃除機 掃除 リビング

新居でも掃除は必要?

新居が空室期間の長い物件ですと、ホコリがたまっていることもありますし、換気をしていない場合は建材などから出る臭いが室内に充満している可能性がありますので掃除はした方が良いといえます。

退去時の掃除は必要?

賃貸契約をしている方は、引越し前に現在住んでいる家の掃除が必要です。借りた人への「原状回復義務」があるため、できる範囲の掃除をする必要があります。なお、退去時に汚れなどが目立つ場合には、とクリーニング費用が多く発生する可能性があります。クリーニング費用は入居時に支払った敷金から支払われることが多く、敷金を返金してもらうためにも、掃除できる部分や汚れが目立つ部分はできるだけ綺麗にしておきましょう。

掃除は業者に頼める?

自分で掃除するのが面倒だと思う方や、エアコンなど自分で行うことが難しい家電の掃除が不安な方は、業者に頼むことも1つの手です。お金はかかりますがその分手間がなくなります。賃貸契約をしている場合は、あらかじめ貸主にハウスクリーニング業者に依頼する旨の了承を取りましょう。指定の業者が既に決まっている可能性があるためです。また、賠償責任保険に入っている業者を選びましょう。せっかくお金を払って頼んだのに何らかの事故で物件や家財を損傷されては元も子もありません。

まとめ

今回は引越し前と入居前の掃除のポイントについて解説しました。旧居・新居ともに床や壁、窓、水回りなどを重点的に、それぞれの場所に適した方法で掃除するのがポイントです。市販の便利なお掃除グッズや身近な物を活用して効率的に掃除しましょう。