事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
バケツ ホウキ

summary

  • 断捨離し荷物を減らすことで引越しのコストをおさえられます
  • 断捨離のコツは余裕を持ったスケジュール立てと取捨選択です
  • 断捨離で部屋だけでなく気分もすっきりして気持ちよく新生活がスタートできるでしょう

普段何気なく生活をしていると、いつのまにかものがどんどん増えていたという経験はありませんか。いざ引越しをすると決めて準備を始めても、ものが溢れているとどこから手をつけたら良いかわからず途方に暮れるでしょう。一人暮らしを快適にスタートしたいなら、引越しをする前に思いきって断捨離をしてみてはいかがでしょうか。

この記事では引越しをするときに断捨離をするメリットとその手順について紹介します。

一人暮らしの引越しと断捨離は相性がいい

クローゼット 断捨離

普段なかなか手をつけられない断捨離も、引越しの機会なら取り組みやすいでしょう。一人暮らしであれば、要不要の判断が自分でできます。断捨離によって荷造りや荷解きが楽になるだけでなく、メリットはたくさんあります。


引越しスケジュールを網羅!段取りよく準備や荷造りを進める方法【保存版】

引越しは持ち物を見直すきっかけになる

ずっと同じ部屋で生活していると、知らないうちにものがどんどん増えていき、クローゼットの奥や引き出しの中に、しばらく使わずに放置しているものもあるでしょう。特に女性の一人暮らしの場合は、洋服やアクセサリー、小物などが増えやすい傾向にあります。買ったものの、1シーズンだけ着てクローゼットの中に放置したままの洋服はないでしょうか。

一人暮らしの部屋は収納が十分ではないこともあります。ものが増えていってもスペースが限られているので、整理整頓は大変になる一方でしょう。引越しを機に、今持っているものが本当にいるのかどうかを見直し、不要だと判断したものは処分をするのがおすすめです。

引越し料金が安くなる

引越し料金は、「時期」「移動距離」「荷物量」などによって大きく変動します。引越しの時期や移動距離は変えられなくても、断捨離で荷物の量を減らすことはできます。不要なものや使っていないものを処分して、少しでも引越し料金を節約できるよう工夫をしましょう。

見積り時の基準となる荷物量は「ダンボールの枚数」や「2トンショートトラックに積み切れる量」など、依頼する引越し業者によって変わります。依頼する業者の見積り時の基準を超えると一気に金額が上がることもあるため、荷物なるべく少なくするためにも断捨離がおすすめです。

大型家具の場合、買い換えた方が安いことも

引越しの際、大型家具は引越し業者に運搬してもらうよりも買い換えた方が費用をおさえられることがあります。ベッドやソファなど、愛着があってなかなか断捨離できない家具もあるかもしれませんが、引越し料金は荷物量・サイズ・重量によって大きく変動します。規定量をオーバーして追加料金を支払うよりも、新しい家具を購入し、新居へ配達してもらう方が結果的に安くなる場合もあります。ただし、買い換える場合は新しい家具の購入費用に加え、古い家具の処分費用も発生するため、必要なものと買い換えるものをしっかり見極めることが大切です。

引越しで不要な家具を処分する8つの方法・費用の比較

荷造りと荷解きが楽になる

引越しをするうえで最も大変な作業の1つが荷造りと荷解きです。荷物が多いと、自力でたくさんのダンボール箱を梱包し、それを新居でまた1つ1つ荷解きしないといけません。1Kや1Rなどの一人暮らし向けの物件に引越しをする場合、引越し直後はダンボールで部屋のスペースのほとんどが埋まり、部屋での移動に支障が出ることもあります。

また、荷造りや荷解きはかなりの重労働です。荷物が多すぎると作業に取りかかるのも億劫になるため、断捨離をして必要なものだけを荷造りする方が気持ち的にも楽です。荷物を少なくすることで、荷造りや荷解きの作業時間を短縮できるので、多忙な生活の中で行う引越し作業の負担が軽くなります。

お小遣い稼ぎになる

断捨離をする方法は、必ずしも家具や家電を捨てるという方法だけではありません。大切に使っていたものやまだ充分に使えるものであれば、ただ捨てるよりも「売る」という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。リサイクルショップや買い取り専門店に持ち込んで査定してもらうと、思いがけない金額で買い取ってもらえることもあるので、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。

また、お店で買い取ってもらえなかったり、希望額に届かなかったりした場合は、フリマアプリなどを利用して個人間での取引をするのも良いでしょう。フリマアプリは、スマホから簡単に出品できるので、これまで利用をしたことがなかった方も断捨離を機に利用してみてはいかがでしょうか。

気持ちよく新生活をスタートできる

一人暮らしの部屋では収納が限られることも多いでしょう。引越しを機に断捨離をして必要なものだけを新居に持っていくことで、部屋の中がすっきりして気持ちよく新生活が始められます。整理整頓が行き届いたきれいな部屋だと頭の中もクリアになって、心機一転何か新しいことにチャレンジしたくなるかもしれません。また、「部屋がすぐにもので溢れてしまう」「過去の習慣やクセをなかなか断ち切れない」といった悩みを持っている人は、断捨離をすることでその悩みを解決するきっかけができる可能性があります。

新生活を充実させるためにも、新たに一人暮らしをスタートする前に断捨離をするのがおすすめです。

一人暮らしの引越し時の断捨離のコツ

断捨離 ゴミ捨て

「快適な一人暮らしを送るためにも断捨離を始めよう!」と思い立っても、具体的に何から手をつけたら良いのかわからず、なかなか動けない方もいると思います。

ここからは一人暮らしの引越し時に断捨離をするにあたって、いくつかコツをご紹介しますので、動き出すためのヒントにしてみてください。

時間に余裕をもって始める

いざ断捨離を始めようとしても、普段仕事をしていると作業を開始できるのが仕事後の夜遅くや休日になるケースが多くあります。さらに、疲れていたり他にやりたいことがあったりして後回しにしていると、なかなか作業も進まないでしょう。一人暮らしの場合、自分の都合で作業を進められるというメリットもありますが、逆にいつまでも始められずダラダラする可能性もあるので、しっかり計画を立てて自分を律しましょう。

まずは時間がかかる作業や、期限のあるものをリストアップするなど、いつまでに何をすべきか洗い出しておくことで、余裕をって準備ができます。

時間を区切って効率よく

断捨離をするときのコツは、短時間で区切って集中して行うことです。人の集中力には限界があるため、だんだん疲れてきたり、長時間同じ作業をしているうちに飽きてきたり、捨てる感覚がマヒして正常な判断ができなくなったりする可能性もあります。

今日は何時までと決めて時間を区切って作業することで、集中した状態を保つことができます。作業をする時は、テレビやスマホを見たり他のことをしたりせず、断捨離をすることに集中しましょう。また、断捨離は一度に全部をやりきる必要はありません。例えば、「今日はクローゼットの洋服を断捨離する」など、その日によってやるべきことを区切ることで、断捨離を効率よく進められるでしょう。

保留のものには期限を設定する

断捨離をしていくなかで、捨てるか悩むものも出てくるでしょう。無理になんでも断捨離することはありませんが、どうしようか迷って保留にしたものは一度一箇所にまとめて、後日改めて判断するのがおすすめです。ただし保留のままにせず、いつまでに判断するのかしっかり期限を決めておきましょう。ずっと悩んでいても部屋のスペースを取ったままとなり、またいつまでも後回しにしていると、引越し日も近づいてきます。保留したものを入れた箱に期限を書き込むなどして、自分で設定した期日までに判断しましょう。

残すものの量や数を決める

引越し先の収納や引越し業者の運べる荷物量に合わせて、あらかじめ残すものの量を決めておくこともおすすめです。引越し業者によって、基本料金に含まれているダンボールの数は決まっていることが多いので、「ダンボール何箱分」「洋服はダンボールに入るまで」など決めておくと良いでしょう。上限が決まっていれば、迷って保留にしていたものも思いきって見切りがつけやすくなります。

具体的な判断軸をもつ

断捨離をするうえで、何を捨てて何を残すかという判断軸を作ることはとても大切です。なんとなく断捨離の作業を進めると、捨てるべきか判断できず保留にするものが多くなります。「いつか使うかもしれないもの」ではなく、「使っているもの」で判断することも良いでしょう。

また、「1年間使っていない」など、具体的な数字を判断基準とするのも1つの手です。洋服など、1年以上クローゼットに収納したままなのであれば、次のシーズンも着る機会がない可能性が高いです。自分の判断軸を決めたら、思いきって断捨離をしましょう。

一人暮らしの引越しには単身引越しナビがおすすめ

断捨離をして身の回りの整理を始めると同時に、引越し業者をどこに頼むかも検討しましょう。引越し業者によってプランはさまざまですが、一都三県の一人暮らしの引越しであれば当サイトの運営する「単身引越しナビ」がおすすめです。

ここでは「単身引越しナビ」のメリットについて、詳しくご紹介します。

料金が安くて明確

引越し業者によって、荷物の量や部屋の階数、周辺状況などの条件によって金額が大きく変動します。見積りをとる際も、正確に荷物の量を伝えないと見積り金額と当日実際にかかる金額にズレが生じることがあります。

「単身引越しナビ」は、一都三県の引越しで住居や荷物に関する条件に当てはまれば、お手頃な料金で引越しを行えます。単身引越しナビは2tショートトラック積み切りパックで、閑散期・繁忙期のシーズン料金や、平日・休日で異なる6パターンの定額料金で構成されています。定額制であらかじめ金額がわかっているため、結局いくらになるのかと不安になる心配はありません。また、基本料金にはダンボール20枚が含まれているので、荷造りもスムーズに開始できるでしょう。

しつこい営業電話がない

引越し業者を決めるために一括見積りサイトなどで見積りを取ると、その後すぐに複数の業者から営業の電話がかかってくるため、見積りをとることに対して気が引ける方もいるでしょう。

「単身引越しナビ」は、独自のシステムで多くの引越し業者の中から希望にあった1社を紹介する引越しマッチングサービスです。個人情報が伝わるのはマッチングした1社のみのため、複数の業者からしつこく営業のメールがきたり、電話がかかってきたりすることはありません。Webサイトで希望条件を入力し申込みをしたら、あとはマッチングの連絡を待つだけととても簡単です。断捨離や引越し準備で多忙な方におすすめのサービスです。

信頼できる業者のみと提携しているから安心できる

引越し業者とのマッチングと聞いて、どのような業者が紹介されるか不安を感じる方もいるでしょう。料金が安い分、大切な荷物や家電を手荒に扱われのではないかと思う方もいるかもしれません。しかし、単身引越しナビでは国の許認可である「一般貨物自動車運送事業許可」を取得し、独自の審査を通過した信頼できる引越し業者のみ紹介するので安心してご利用いただけます。

まとめ

新しい場所で一人暮らしを始めるなら、引越しを機に断捨離をするのがおすすめです。断捨離とは、不要なものを「断つ」「捨てる」、そしてものへの執着から「離れる」ことを意味します。断捨離をすることで気持ちをすっきりとさせ、充実した新生活をスタートさせましょう。断捨離によって引越し料金が安くなるだけでなく、荷造りや荷解きが楽になるなど、メリットばかりです。この記事を参考にして、気持ちのいい生活が送れるように準備をしましょう。

※「断捨離」は山下英子氏の登録商標です。