事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り

summary

  • 引越しの挨拶はしたほうが好ましいですが義務ではありません
  • 女性は一人暮らしと周りに認識されると防犯上のリスクが発生するので注意が必要です
  • 挨拶をするか迷ったら管理会社や大家さんに確認しましょう

引越しの際に行う作業の一つとして引越しの挨拶があります。近所との関係を円満にするために挨拶は必要ですが、場合によっては挨拶をしない方が良いこともあります。例えば一人暮らしの女性が引越しの挨拶をすると、防犯上のリスクが発生するため危険です。この記事では引越しの挨拶は必要なのか、一人暮らしの女性が引越しの挨拶をする際の注意点などについて詳しく解説します。

そもそも引越し挨拶は必要なのか

一昔前までは引越しをすると近隣住民に挨拶に行くのが一般的でした。しかし、近年は引越しの挨拶をしない人が増えていると言われています。「面倒な人間関係に巻き込まれたくない」「女性の一人暮らしだから」などがその理由ですが、これまでどのような理由で引越しの挨拶が一般的であったのかを解説します。

引越しの挨拶はどうすればよい?メリットや具体的な方法を解説!

近隣の人との関係を始めやすい

引越しの挨拶は、近所付き合いを始めることにつながります。友好的な関わりを持つことで、知らなかった地域の情報を教えてもらえるといったメリットがあります。

また、万が一災害が起こったり、家の鍵を紛失したりしたときも、顔見知りであれば助けを求めやすくなります。まったく知らない人に助けを求められても、不審に思われる可能性が高いでしょう。引越しの挨拶をすることで、お互いに助け合える関係を築くことにつながります。

近隣の人が分かる

引越しをする本人が近隣の人を気にするのと同様に、引越し先の人たちも新しい入居者に対して不安を感じている場合があります。挨拶をすれば顔と名前を知ってもらうことができ、ペットを飼っている場合なども、その場で認識してもらえます。生活騒音はトラブルにつながる要因の一つですが、家族構成や生活リズムをお互いに知ることで、今後のトラブルを防げる場合もあります。また、苦手な人が近隣に住んでいる場合も、挨拶で一度顔を合わせておくことで、自衛策を考えることもできます。

一人暮らし女性が引越し挨拶をするリスク

一人暮らし女性の場合は、無理に引越しの挨拶をする必要はありません。女性が一人暮らしをしていると分かると、防犯上のリスクが高まる可能性があります。ここでは、一人暮らしの女性が挨拶をすることで発生するリスクについて、詳しく解説します。

一人暮らしであると認識される

女性の一人暮らしであることがわかると、犯罪の標的として狙われる危険性も考えられます。警察庁によると、住宅を狙った犯罪が1日に100件以上起きているという報告もあり、一人暮らしの女性の場合は特に注意が必要です。そのため引越しの挨拶をする場合は、無闇に一人暮らしであることを話さないようにしましょう。家族や友人、知り合いの男性に挨拶に同行してもらい、同居や同棲であるとカモフラージュする方法もあります。遠方への引越しで挨拶に同行してもらうことが厳しい場合は、手紙で挨拶を済ませることも検討しましょう。この際、女性の一人暮らしと気づかれないように、フルネームは書かず苗字だけを書きます。

住民トラブルにおいて強気に出られる可能性がある

マンションやアパートに住むとなると、上下左右には近隣住民の方がいるため、騒音などが原因でトラブルになることもあります。その際、相手が一人暮らしの女性と分かると強気に出てくる人もいます。

トラブルが起こった場合は、まずは不動産会社や大家さんに相談するといった対処をしましょう。女性の一人暮らしと認識されている状況でクレームを入れると、強気に応対される可能性があります。また、一度トラブルを起こすと、些細なことでも標的にされ、文句や行動がエスカレートしていく恐れもあります。未然にトラブルを起こさないためにも、女性の一人暮らしの場合は、あえて引越しの挨拶に行かない選択肢も検討しましょう。

挨拶をするかしないか判断に困ったら

引越しの挨拶にはメリットとデメリットがあるため、実際に挨拶をするか否かは慎重に検討する必要があります。しかし、自分だけで最善の策を選ぶのは難しいことでしょう。ここでは、新居に引越しをして近所に挨拶するか判断に困った際に、どのように行動すべきかをご紹介します。

最低限大家さんには挨拶する

木 人形 握手

不動産会社を通して新居の契約をする場合、大家さんに実際に会うことはほとんどありません。もし、何かの機会で大家さんに会った場合は、引越しの挨拶をすることをおすすめします。特に大家さんが同じ賃貸物件に住んでいる場合は、挨拶をしておくと良いでしょう。引越し当日は、大家さんからごみの分別、集荷についての用紙を持って挨拶に来る場合もあります。住人とのトラブルが発生した場合など、さまざまな場面で大家さんにはお世話になるでしょう。事前に挨拶をして顔見知りになっていれば、相談なども依頼しやすくなります。友好的な関係を築くためにも、最低限大家さんには引越しの挨拶をしましょう。

困ったら管理会社か大家さんに聞いてみる

引越しの挨拶をするか否かで困った場合は、新居の管理会社や大家さんに相談してみましょう。引越しの挨拶が必要かどうかは、他の住人の体質によって異なる場合もあります。単身者向けの新居に引っ越した場合は、防犯上の理由などからあえて挨拶をしない人がいることもありますので、無理に挨拶をしない選択肢も検討しましょう。

反対に、ファミリー向けのマンションやアパートに引っ越す場合は、引越しの挨拶をした方が良いでしょう。挨拶をすることで、その地域の情報を教えてもらえることにつながり、万が一のときの助けにもなります。

引越し先の新居で挨拶が推奨されているかどうかは、管理会社や大家さんに聞かないとわかりません。挨拶をするかどうかで最善の選択をするためにも、事前に相談することをおすすめします。

引越し挨拶をする範囲とマナー

一軒家の場合は、「向こう三軒両隣」という言葉があるように、両隣と向かい側3軒の合計5軒に挨拶をするのが基本です。敷地が接近している場合は、裏の家にも挨拶をすると良いでしょう。マンション・アパートならば、上下左右の合計4軒に挨拶をするのが基本です。廊下を挟み、向かい側にも居住者がいる場合は、そちらにも挨拶をすると良いでしょう。

挨拶に行くタイミングや長さは、「できるだけ早く、手短に」を心掛けましょう。あまりにも遅い時間だと、相手に迷惑をかける場合があります。時間帯は、土日の午前10〜午後5時が適切です。非常の時間に行く場合は、「夜分遅くに恐れ入ります」などの言葉を添えましょう。また、挨拶の際の服装は清潔感のあるものを着用し、印象を悪くしないようにしましょう。

引越し挨拶に適した時間帯は?常識的な時間を抑えて初対面で好印象を!

手土産選びのポイント

挨拶品 のし タオル

引越し挨拶の際に手土産を持参すると、印象を上げることにつながります。あまり高価なものを選ぶと相手への負担になるため、金額は約500〜1,000円程度のものを選びましょう。タオル、お茶、日持ちするお菓子など、渡す相手を選ばないものをおすすめします。お菓子を渡す場合は、挨拶をできる日が遅れることも考慮し、できるだけ日持ちするものにしましょう。

また、熨斗(のし)を付けると礼儀正しい印象になります。水引が蝶結びのものを選択しましょう。表書きには、「御挨拶」または「粗品」が一般的です。下段には、表書きよりも小さく贈り主の名前を書き入れます。最後に「外熨斗(のし)」という方法で包装します。 

引越しの挨拶で渡す粗品の相場は?定番の品物も紹介

一人暮らしの引越しには「単身引越しナビ」がおすすめ

引越し業者を選ぶとき、「料金がややこしい」「初めての一人での引越しで手続きが面倒」「引越し業者が多くてどこを選べばいいのかが分からない」と思っている方には、「単身引越しナビ」がおすすめします。一都三県内での引越し、移動距離が31km以内などの条件がありますが、一人暮らしの引越しに最適なマッチングサイトです。

定額パックで安くて分かりやすい

「単身引越しナビ」は、とてもシンプルな料金プランです。基本的に引越し料金は、「運賃+料金+実費+オプション」で構成されています。引越し料金には定額が存在しないため、業者間での価格差が発生します。「単身引越しナビ」は、平日・休日やシーズンで異なる6パターンの定額パックで料金形態が明確なため、ややこしい料金に悩まされる必要はありません。その中でも一番安い定額料金は税込29,480円です。さらに、ダンボール20枚もパック料金に含まれています。

しつこい営業電話がない

一括見積りをした場合、業者からの電話が殺到して困る可能性があります。「単身引越しナビ」は複数の引越し業者からのしつこい営業の電話はありません。利用者の希望に合った最適な一社をマッチングして紹介するので、利用者の情報を知るのはマッチングした一社のみです。そのため、ほかの業者に情報が漏れ、プライバシーを侵害される心配もありません。

信頼できる業者のみと提携しているため安心できる

「単身引越しナビ」では、国の許可(一般貨物自動運送事業許可)を取得し、「単身引越しナビ」独自の審査を通過した信頼できる引越し業者のみを紹介しています。登録されている業者は、実績多数のベテラン業者のみであるため、どの業者とマッチングしても安心して利用ができます。 

まとめ

この記事では、引越しの挨拶の必要性やメリット、女性の一人暮らしの場合はどうするのかなどについてご紹介しました。挨拶をして顔見知りになることで、いざというときに助けてもらえる場合があります。しかし、一人暮らしの女性の場合は、無理に挨拶をするとトラブルに巻き込まれる危険性もあります。挨拶をすることのメリットとデメリットについてしっかりと検討し、新居での生活をより良いものにしましょう。