事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
キッチン 家電

summary

  • 日常生活に欠かせない家電や健康に関わる家電は引越しと同時に使えるようにしましょう
  • 引越しで必要性が高い家電は冷蔵庫・洗濯機・照明器具・エアコンです
  • 掃除機・電子レンジ・炊飯器・電気ケトルなどがあると便利でしょう

引越しでは荷造りも大変ですが、新居で使う家電選びも悩ましいものです。失敗なく必要な家電をそろえて快適に新生活をスタートさせたいですよね。そこでこの記事では、引越し後に必要な家電リストと、不要になった家電の処分方法をまとめました。利便性の高い家電もピックアップしたので、新しい生活を始めるときの参考にしてください。

引越しで家電を買う前のポイント

家電 電子レンジ

新居で使う家電を買う前に、特に内見の時点で意識すべきポイントがあります。具体的には、家電設置用のスペースがある場所を確認すること、および各部屋の中で家電を置いた状態のイメージをしておくことです。また、実際に置けるか、置いたときに何らかの支障が出ないか確認するためのサイズ測定も欠かせません。せっかく新しい家電を買ったのに置くスペースがなかった、使いやすい場所に置けなかった、置いてみたら部屋に合わなかった、ということにならないよう、内見をするときから家電を設置した後の部屋のことまで意識しましょう。

設置スペースがどこにあるか確認する

家電を買う前に、各家電を置くためのスペースがどこにあるかを確認しておきましょう。冷蔵庫や洗濯機など大型の家電は特に、専用の家電置き場が多くの物件に用意されています。冷蔵庫は台所脇、洗濯機は洗面所や玄関脇など、家電置き場がある場所はある程度決まっています。家電を置くためのスペースがあるか、自分にとって使いやすい場所かの確認を内見の時点で行うことは大切です。

家電を置くイメージをする

物件を内見する際には、部屋のどこに何を置くかイメージしながら見て回ると効果的です。家の中に置ける家電の数や大きさ、それぞれの配置などをある程度考えられるため、入居前の準備がしやすくなります。家具の配置とあわせて、家電をうまく置ける場所や使いやすい場所、周りの雰囲気に合っている場所などを考慮しておきましょう。実際に置いてから決めるよりも、あらかじめ考える方が後々苦労しづらくなります。

設置場所のサイズを測る

家電配置のイメージをするときは、各家電を目当ての場所に設置できるか測っておく必要があります。詳細なサイズがわからないと、入居後にスペース不足で目当ての家電を置けなかったり、はみ出し過ぎて邪魔になったりする可能性があります。扉やクローゼットなどの開閉に支障が出ないか、大型家電は運搬時に扉や廊下などにぶつからないかなどの点も考慮しておきましょう。また、サイズを測るために、内見では巻き尺を持参すると便利です。

引越し後に最低限必要な家電リスト

引越しの際には出費が多く、家電をあれこれとそろえる余裕がない場合があります。基本的には少しずつほしい家電を買いそろえていくことになりますが、家電の種類によってはなるべく早く用意すべきものもあります。特に、日常生活に欠かせない冷蔵庫や洗濯機、引越し初日から必要になる照明器具、使えないと時期によっては命にもかかわるエアコンなどは、可能であれば引越しと同時に使えるようにするべきでしょう。

冷蔵庫

冷蔵庫は飲食物を保存するために欠かせない道具です。自宅で料理をする人にとってはもちろん、普段料理をしない人にとっても、飲み物や氷、食べ残した総菜などの保存のために冷蔵庫が必要です。特に夏場は食品が腐りやすいため、冷蔵庫がないと衛生面でも悪影響が出てくる可能性があるでしょう。頻繁に料理をする場合は、たくさんの食品を保存できる大きな冷蔵庫を用意することがおすすめです。一方で、料理のために食品をたくさん買い込む機会が少ない場合は、小さな冷蔵庫を用意しておくと良いでしょう。

洗濯機

日常生活で必ず発生する洗濯物を洗うために洗濯機も必要です。手洗いは手間と時間がかかりますし、コインランドリーが近くにあるとしても、使えば使うだけお金がかかります。

賃貸物件では洗濯機を置ける場所と大きさが決まっていることが多くあります。そのため、大型になりやすく蛇口の配置も特殊なことが多いドラム式よりも、一般的な縦型の洗濯機がおすすめです。

照明器具

重要ながら調達を忘れやすい道具として照明器具が挙げられます。トイレや浴室などにはあらかじめ設置されている一方で、リビングに備え付けられていないことがあるため、事前に必要かどうかを確認したうえで調達しましょう。机に置く卓上スタンドなども必要であれば用意します。

照明に取り付ける電球の種類は主に3種類あります。新しく用意する場合は、明るさと電気代の安さに優れているLED電球をおすすめします。

エアコン

夏や冬に気候が変わっても、エアコンがあれば快適に過ごせます。特に近年の夏は非常に厳しい暑さになることが多く、エアコンがないと家の中で熱中症になる恐れがあります。賃貸物件では最初から設置されている場合もありますが、設置されていなければなるべく早く用意すべきでしょう。エアコンは比較的長期間使用することが多いため、自分で設置する場合は電気代を節約できるモデルを選ぶとお得です。

最低限必要な家電の購入費用総額

上記の各家電の相場は、冷蔵庫が単身用の2ドアタイプで約40,000円、洗濯機が縦型の単身用で約40,000円、照明器具がシーリングのタイプで約10,000円、エアコンは工事費込みで約70,000円です。よって、購入費用総額はおよそ160,000円程度となります。

冷蔵庫はサイズによる価格のばらつきが大きいので、自分のライフスタイルに適したサイズのものを購入しましょう。また、エアコンも設置する部屋の広さが何畳用かによって価格が異なるので、部屋の大きさに合わせたものを購入しましょう。

引越し後にあると便利な家電リスト

洗濯機 家電 

世の中には非常に多くの家電があり、さまざまな形で生活の助けになります。あれもこれもと一度にそろえることはできなくとも、特に便利な家電を少しずつ買いそろえることは日常の楽しみにもなるでしょう。しかし、自分にとって不要なものを買ってしまうとお金や家のスペースを無駄にします。便利な家電にはどのようなものがあるか、自分に必要なものかを考えて購入しましょう。

掃除機

家の広さによっては掃除機があると便利です。一人暮らし用のあまり広くない家であればモップやホウキなどを使う方が手早く掃除できますが、部屋が複数ある家では掃除機の利点が大きくなります。掃除用具を選ぶ際には、床材の種類も踏まえて検討するのが良いでしょう。例えばカーペットを敷いている場合、手作業ではごみをとりづらいため、掃除機で手早くきれいにした方が快適です。

掃除機にはコードレス式やロボット式などさまざまなモデルがあります。吸引力や利便性など、自分が重視するものを考えて選びましょう。

掃除機の相場は、約10,000〜20,000円です。

電子レンジ

手軽に食品を温められる電子レンジも便利な道具です。料理する場合には食材の下ごしらえや冷凍保存していた残り物の温め直しに役立ち、料理しない場合でも総菜やレトルト食品などを温めるのに便利です。特に一人暮らし用の物件ではガスコンロの数が少ないことが多いため、複数の調理を並行して進めるのに電子レンジが活躍するでしょう。1台でトースターの機能も持っているオーブンレンジを選ぶとさらに便利です。

電子レンジの相場は約10,000〜20,000円です。

炊飯器

炊飯器があるとご飯を簡単に炊けます。また、近年ではご飯だけでなく、ピラフやスープなど、炊飯器でさまざまな料理を作る方法も編み出されており、自分で料理したい人や食費を節約したい人には欠かせないといえるでしょう。一方で炊飯器は、あまり料理せずご飯もパック入りのもので済ませる人にとっては不要な家電でもあります。購入後に使わず無駄にならないように、自分が炊飯器をどれくらい使うか考えておきましょう。

炊飯器の相場は約10,000〜20,000円です。

電気ケトル

電気ケトルがあれば短時間でお湯を沸かすことができます。やかんも用途は同じですが、電気ケトルの方が一般的に沸騰までの時間が短く、また安全性も高いです。ただし、やかんの方がお得なことが多いので、予算に合わせて選ぶと良いでしょう。インスタント麺・カップスープを作るときやコーヒー・お茶・紅茶をいれるときなど、さまざまな場面で活躍してくれるはずです。最近は見た目がオシャレなものも販売されているため、インテリアの一つとして取り入れるのもおすすめです。

電気ケトルの相場は、約3,000〜10,000円です。

電気シェーバー

特に髭が濃い男性は、電気シェーバーがあると毎日ストレスなく髭を剃って整えることができます。電動でないT字剃刀よりも高価ですが、シェービングフォームを塗布する手間がかからないため、時短をしたい方にはおすすめです。また、電気シェーバーの方が一般的に肌にやさしいと言われていますが、最近は肌への負担が小さいT字剃刀も販売されているため、電気ケトルと同様に自分の予算に合わせて適したものを購入すると良いでしょう。

電気シェーバーの相場は、約5,000〜30,000円です。

ドライヤー

お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かすのは、髪と頭皮を良い状態に保つために必要なことです。髪が濡れている状態が続くと、頭皮トラブルや臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。また、髪が乾ききっていない状態でブラッシングをしたり枕に頭を当てたりしてしまうと、摩擦によって髪に負担がかかるため、自然乾燥に任せずにドライヤーで髪をしっかりと乾かす習慣をつけることが大切です。

ドライヤーの相場は、約2,000〜50,000円と幅がありますが、高性能なものでなければ比較的安価で手に入ります。

空気清浄機

空気清浄機は特に花粉症の人にとって重要度の高い家電です。家の中に花粉が舞っていると心身ともに休まらないため、花粉がない空気を作り出すことが大切になります。また、花粉だけでなくホコリや悪臭なども除去してくれるため健康を維持するために役立ちます。一方、空気清浄機は花粉症でない人にとっては必要性が低いため、引っ越してすぐの購入は控えて必要と感じたときに買うと良いでしょう。購入する際は、設置する部屋が何畳かによって、その広さに適したモデルを選ぶ必要があります。

空気清浄機の相場は、約10,000〜40,000円です。

パソコン

パソコンはブラウジングや書類作成などさまざまな用途がありますが、使用頻度が人によって大きく異なる道具でもあります。仕事でパソコンを使っている人や趣味に使用している人などには欠かせない道具であり、逆にパソコンの使用機会がない人にとっては買う意味がありません。パソコンは基本的に高価な家電のため、買う前には「本当に必要か」、「どのような用途で使うつもりか」などをよく考えましょう。

パソコンの相場は、約50,000〜150,000円です。

あると便利な家電の購入費用総額

各家電について、性能・サイズ・メーカーの違いによる価格のばらつきがかなり大きいため、自分にとってどれが必要なのかを見極めて取捨選択をしながら、自分の予算と合わせて購入する家電を決めることが必要です。もし上記の「あると便利な家電」を全て購入すると、費用総額はおよそ190,000円くらいになるでしょう。

引越しのときに家電だけの運搬はできる?自分での運搬も可能?

通常の引越しでは、大型の家電・家具だけでなく、服や生活雑貨などの荷物もまとめて一緒に運んでもらいます。しかし、「冷蔵庫や洗濯機は引越し業者に運んでもらい、炊飯器などの小型の家電は自分で運びたい」という方もいるのではないでしょうか。

実は、大型の家電・家具のみを運ぶというパック・運送プランを用意している引越し業者もあり、荷物の量を少なくすることで料金を安くできる場合もあります。

なるべく引越し費用を抑えたいという方は、そのようなサービスが提供されているのか、引越し業者に問い合わせてみると良いかもしれません。

引越しで要らなくなった家電はどうする?

引越しは断捨離の絶好の機会なので、不要な家電が発生することが多々あります。また、引越しのタイミングで古い家電を新しいものに買い換えることもあるでしょう。要らなくなった家電は、責任を持って処分をするか、リサイクルショップなどに売却することが必要です。引越し先で処分すれば良いと考えているものもあるかもしれませんが、例えば引越し先の自治体の回収頻度が少ないなどの理由で、新生活を不要な家電に囲まれて送らなければならなくなる可能性もあり得ます。そのため、すっきりとした気持ちで新居に引越しができるように、どの家電が必要なのか、不要な家電はいつ・どのように処分・売却するのかを計画的に考えておくと良いでしょう。

処分する

不要な家電を処分する主な方法としては、引越し業者に依頼する、不用品回収業者に依頼する、自治体の回収サービスを利用するなどがあります。

引越しの当日に不用品を回収してくれるサービスを提供している引越し業者があるので、手間隙をかけずに不要な家電を処分したいという方は、見積りの際に問い合わせをすると良いでしょう。

また、不用品回収業者に依頼するのも、楽に処分をしたいという方には有効な手段です。しかし、不用品回収を行うための「一般廃棄物収集運搬業許可」を得ていない悪徳業者も存在するので、見積りの際には注意しましょう。

自治体に回収してもらう場合には、「家電リサイクル法」に則ってリサイクル料金を支払わなければならない家電製品があることに注意しなければなりません。具体的には、冷蔵庫・冷凍庫、テレビ、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機が該当します。

売却する

要らなくなった家電を売却する主な方法として、買取専門店・リサイクルショップを利用する、オークションやフリマアプリで売却する、友人に譲渡・売却する、などがあります。

まだ利用価値がありそうなものや、ごみとして処分してしまうのはもったいないけれど手放したいというものは、買取専門店やリサイクルショップに依頼してみると良いでしょう。Webサイトや電話から無料で見積りをするサービスや、出張買取サービスを実施している場合もあるので便利です。

ネットオークションや、近年利用者が急増しているフリマアプリで売却するという方法もあります。出品・発送の手間はかかりますが、自分の好きなタイミングで、かつ自分の希望する金額で売却きるのは大きなメリットです。

引越しの準備や荷作りを手伝ってもらったときに、友人にそのまま持ち帰ってもらうという選択肢もあります。大型の家電で運搬が困難な場合は、運送業者やトラックを利用しましょう。

荷物の過少申告には気を付けよう

どこにどの家電を置くか決まったら、いざ引越しです。ここで、あらかじめ引越し業者に申告した荷物の量と実際に運搬する荷物の量で差がないように気を付けましょう。特に引越しをきっかけに新しい家電を買うときは要注意です。というのも、「買い替えのために古い家電を粗大ごみなどで処分しようとしていたものの、処分の申請が間に合わず引越し当日まで古い家電が残ってしまい、運搬しなければならなくなった」というケースは少なくありません。申請していた荷物量よりも実際の量が多い場合、追加料金を支払わなければならなかったり、荷物を運んでもらえなかったりするなど、トラブルに繋がる可能性があります。特に、Webサイトや電話を利用して自分で荷物の量を申告する場合にそのようなトラブルは起こりやすいため、荷物の個数を複数回数える、古い家電を処分できる日や処分申請の方法を十分に確認するなどの対策を必ず行いましょう。また、もし荷物が増えてしまいそうなときは、なるべく早く引越し業者に連絡する必要があります。

自分に合った引越し方法を見つける

引越しの際にどのくらいの量の家電を処分するのか、あるいは買い換えるのかは、個人のライフスタイルや考え方によって変わってきます。なるべく既に所有している家電を引き続き使用することでコストを抑えたいという方も、引越しを機に古い家電を自分好みのものに買い替えたいという方もいるでしょう。

いずれにせよ、自分の予算と照らし合わせながら、必要な家電と不要な家電を仕分け、処分するものはその処分方法を前もって決めてことが必要です。引越しの1ヶ月前くらいから準備を進めておくことで、余裕のある自分の生活に合った引越しができるでしょう。

まとめ

今回の記事では、引越し後にほぼ必須、あるいは持っていると便利な家電、不要な家電の処分方法、そして家電を買い替える際の荷物量変化にともなう問題について解説してきました。照明器具や冷蔵庫、洗濯機などの必須の家電についてはどのサイズ・スペックのものを買うべきか、その他のあると便利な家電についてはどの家電が自分にとって必要か、自分の家や生活スタイル、体質などを考えて必要か否かを判断してから買うようにしましょう。また、家電を買う前に、内見の段階からどの家電をどこに置くか考えて寸法も測定しておくこと、引越しの際に古い家電の処分日や処分方法を十分に確認することも、家電の買い替えにあたって重要です。

引越しは生活環境が大きく変わる機会であり、家電も同様に生活の内容を変えてくれます。処分方法や設置場所などに気を付けつつ、新しい家と新しい家電で豊かな新生活を迎えてはいかがでしょうか。