事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
倉庫 コンテナ

summary

  • 荷物を預けるには「引越し業者」「コンテナ・トランクルーム」「宅配収納」「物置シェア」などのサービスが利用できます
  • 「宅配収納」のなかには1箱約200円~預けられるものがあり少量預けたい方にはおすすめです
  • 月額制の荷物預かりサービスを利用する際は利用期間を考慮しましょう

引越しで多くの荷物を運搬する際に、荷物が多いなどの理由で「荷物を一時的に預けられる場所がほしい」と考える方もいるかもしれません。全国各地で、引越し業者や各種専門業者が荷物の預かりサービスを提供しています。荷物預かりサービスを利用すれば、一時的に荷物の量を減らすことができ、引越し当日の荷物の搬出・搬入作業も減らせます。

この記事では引越しで役立つ荷物預かりサービスの種類や使い方、料金相場などを紹介します。

引越し時に便利な荷物預かりサービスとは

荷物預かりサービスとは、専門業者がトランクルームなどを使用して利用者の荷物を一時的に保管してくれるサービスのことです。預けた荷物は、各業者が設けている倉庫やトランクルームなどに輸送され、保管してもらえます。預ける荷物の量や期間、業者などに応じて料金が異なります。ただし、預かりサービスに対応していない地域や、予約が埋まっている場合もあるため、事前に利用可能か確認しておきましょう。

サービス業者を選ぶ際は、荷物の量と預け可能な期間から判断しましょう。多くの荷物を短い期間で保管するなら引越し業者、少しの荷物を長期間保管するならトランクルームやコンテナ、宅配収納サービス、利用期間を柔軟に交渉したい場合は物置シェアサービスがおすすめです。

荷物預かりサービスはこんな人におすすめ

荷物預かりサービスはさまざまなケースで活用できます。以下のような場合は、利用を積極的に検討しましょう。

入居や退去のタイミングがずれる場合

入居や退去のタイミングがずれる場合に役立ちます。運び出した荷物を保管して、入居の日に改めて新居に搬入します。「先に退去が決まり、新居の入居までに荷物を保管する場所がない」などのケースで役立ちます。

自宅をリフォームする場合

荷物預かりサービスは、引越しだけでなく住宅のリフォームを行う際にもおすすめです。リフォーム中は仮住まいに移るため、荷物を家から運び出す必要があります。すべての荷物を仮住まいに持っていくのは手間がかかるため、すぐに必要のない荷物は預かってもらいましょう。仮住まいに置く予定だった家具が、サイズが合わないなどの理由で置けない場合にも有用です。

荷物を預ける4つの方法

荷物を預けるためには主に4種類の方法があります。自分に適した方法を利用しましょう。

引越し業者の荷物預かりサービスを利用

多くの引越し業者は、荷物預かりサービスを提供しています。引越し業者に引越し作業を依頼するときに同時に預かりサービスを依頼すれば、別途搬出・搬入の手配をする必要がありません。

コンテナやトランクルームを利用

ここでいうコンテナとは、輸送用のコンテナを収納スペース専用に加工した屋外のレンタル収納スペースです。コンテナ前まで車をつけられるところが多いので、車で持ち運びする重たいものの保管に向いています。トランクルームは、屋内にあるレンタル収納スペースです。監視カメラや空調などの設備が整っているものが多く、セキュリティ性を重視したい、カビなどの劣化を防止したい場合におすすめです。業者によっては自動車での輸送・送迎もしてくれます。

宅配収納サービスを利用

宅配便を利用して荷物を預けられるサービスです。スマートフォンのアプリから集荷や取出を管理できるサービスもあり、少量の荷物から預けられるため、手軽に利用できます。

物置シェアサービスを利用

物を置きたい人と空きスペースを有効活用したい人がマッチングできるサービスです。空きスペース提供者と交渉して利用期間や料金を決めます。

料金相場比較表

荷物を預ける4種類の料金相場

 料金相場特徴
引越し業者15,000~25,000円 ※冷蔵庫・洗濯機や冷蔵庫など一般的な家財を預けた場合引越し時に一緒に頼める 引越し業者が運搬してくれる  
トランクルーム(屋外)約5,000~13,000円(1~3畳)自力で運搬することで費用を押さえられる
宅配収納サービス約1,000~1,500円(1箱) 保管料と取出し送料を含む荷物を配送してくれるため、自分で運搬する必要がない
物置シェアサービス約5,000~7,000円(都内1畳)貸主と交渉ができるため、場所や期間を柔軟に決められる

引越し業者に依頼する際は、基本的に荷物預かりサービスはオプションの扱いになります。そのため、相場も業者によって数千円~数万円と差が出る場合があります。

トランクルームは、屋外に設置されているものが多くありますが、屋内での保管も行っている場合もあります。屋外と比べて安定した気候で保管が可能ですが、料金が高くなるため注意が必要です。一方、コンテナは屋外にそのまま積んであります。時間や曜日を選ばずに搬出・搬入できるほか、車を横付けすることも可能です。トランクルームと比較してコンテナの方が料金が安いことが多いですが、空調設備やセキュリティなどの管理はトランクルームに劣るため、機密性の高い書類や精密機器などの保管には向いていない場合があります。また、宅配収納サービスは1箱単位で料金が発生するほか、物置シェアサービスでは、料金の交渉ができ、長期間の利用で割引に応じてくれるケースもあります。

そのほか、料金相場とは別に月額で一定料金を支払う必要のあるサービスも多く、利用を考えているサービスは事前に料金体系について調べておくと良いでしょう。

引越し業者の荷物預かりサービスを利用する場合

女性 赤いハット

引越し業者の多くは依頼者の荷物を預かるサービスを提供しています。引越しの際にまとめて引越し業者に依頼でき、別途配送の手配をする必要がありません。

また、「引越しにともない荷物整理をしたいが時間がない」という場合にもおすすめです。引越し前の忙しいときに慌てて作業をする必要はなく、時間に余裕ができた時にゆっくりと整理に取りかかれます。

一方で引越し業者への荷物預かり依頼はデメリットもあるため、自分が預けたい荷物や引越し業者が提供しているサービスの内容を考えて選択しましょう。引越し業者の荷物預かりサービスを利用する際の流れやメリット・デメリットなどを以下で紹介します。

引越し業者の荷物預かりサービスを利用する流れ

引越し業者の荷物預かりサービスを利用する場合、自分で運ぶ手間がかかりません。引越し業者が旧居から荷物を搬出し、旧居から荷物や家具を保管する保管庫までの運送から新居の運搬まで行ってくれます。

引越し業者に荷物を預かってもらう場合、荷物の量・種類・保管する期間などから料金を決めるため、事前の見積りが必要です。引越し業者に引越し作業の見積り作業の際に、荷物預かりについても相談してみましょう。見積りの際には、料金だけでなく荷物の種類・大きさ・割れ物の有無などについても申告します。

正確な見積りができないと保管できなかったり、荷物を紛失したりするなどのトラブルにつながるため、正しい情報を伝えましょう。

引越し業者の荷物預かりサービスの料金相場

引越し業者は各社の方法で荷物預かりサービスを提供しており、料金もそれぞれ異なります。引越し業者の対応も、「荷物保管の料金のみ必要」「保管の料金に加えて運搬作業費も必要」「預ける期間により対応方法や料金が変わる」などの場合があります。短期間であれば料金が無料になる引越し業者もあります。

引越し業者の荷物預かりサービスは、業者によって料金設定が異なります。そのため引越し業者に見積りをとってもらう際に、預ける荷物の種類と期間を考えて料金を別途必ず確認しておきましょう。預ける荷物の量が多く、かつ保管期間が長いと料金が高くなる傾向があるため、荷物の量や期間を調整して出費を抑える選択肢もあります。

引越し業者の荷物預かりサービスのメリット

引越し業者に荷物を預かってもらうと、運搬にかかる手間を省けます。自分で荷物を管理する場合は、保管場所の確保や旧居からの運搬、保管場所から新居への運搬と必要な工程が多くあります。特に運搬では、大型の自動車を確保したり、多くの荷物を運んだりと、大きな負担がかかるでしょう。

引越し業者に依頼すればこれらの工程が不要になり、荷物の梱包も行ってくれ、自分で運ぶよりも安全な運搬が可能です。

大きい荷物や、荷物量が多いなど自力での運搬が難しい場合も、荷物運搬のプロである引越し業者に任せられれば安心です。また、荷物量が少なく、短い保存期間でも問題ない場合は、無料で預かってくれる引越し業者もあるようです。

引越し業者の荷物預かりサービスのデメリット

引越し業者に預けた荷物は、基本的に途中で引き取れません。そのため、預ける荷物を間違えたときに困る可能性があります。問い合わせて取り出してもらう方法もありますが、予定日前の取り出しは基本的に追加料金が発生します。そのため、荷物を預ける際は新居に行くまでに使わないものだけをよく選んで預けましょう。

また、荷物の保管環境にばらつきがある点もデメリットです。業者によっては、保管場所の温度や空調などが十分に管理できていない場合もあります。そのため、温度変化の影響を受けやすいものや大事なものは預けないようにしましょう。

トランクルームやコンテナを利用する場合

トランクルームやコンテナは、1人ごとに区切られたスペースが貸し出され、契約期間中自由に荷物を出し入れできます。いずれも料金や広さ、設備などの違いがあります。トランクルームはセキュリティ設備や温度、湿度管理などが充実しています。コンテナはトランクルームと比較してコストが抑えられることが特徴です。

そのほか、両者には共通したメリット・デメリットがあります。預けたい荷物の種類・量・大きさや預ける期間・時期、荷物を預けるために使える予算などを考えて、適した施設を選択しましょう。

ここではトランクルームやコンテナを使って荷物を預ける場合の流れやメリット・デメリット、両者の違いなどについて解説します。

トランクルームとコンテナの違いは?

トランクルームとコンテナはどちらも荷物を保管しておけるレンタルスペースですが、補償の点で違いがあります。

トランクルームは運営している会社があり、利用者との間で利用契約を結びます。運営会社はトランクルームに預けられている荷物に対して責任を持つ必要があるため、防犯対策や保管環境の整備が求められます。一方、コンテナ内に預けている荷物は何らかの被害があっても補償されません。

また、内部の環境も異なります。トランクルームはビル内に入っている場合が多く、気温や湿度などが一定に保たれています。そのため、環境の変化に弱い荷物でも、問題なく預けられるでしょう。一方、コンテナは野外に置かれている場合が多く、基本的には内部の温度管理もされていません。夏場などは非常に暑くなるため、温度変化に弱いものを預ける際は注意が必要です。

トランクルームやコンテナを利用する流れ

まず預けたい荷物に適したトランクルームやコンテナを探しましょう。「大きさや量はどの程度か」「気候変化に耐えられるか」「万一盗難や破損などの被害があっても大きな問題がないか」などを考えます。前述したように、トランクルームの方が安定した環境で安全に保管しやすく、コンテナは安価に利用できる点や大きな荷物を預けやすいタイプが多い点などのメリットがあります。

利用するトランクルームやコンテナが決まったら、電話やインターネットなどで申込みをしましょう。書類に必要事項を記入して送れば申込みが完了です。近年ではインターネット上だけで申し込めるものも多くあります。ただし、運営会社によっては、申込み後に審査がある場合もあるため事前に確認しましょう。

トランクルームやコンテナの料金相場

トランクルームやコンテナは月額制であることが多く、その利用料金は、大きさ・立地・内部設備などさまざまな条件により変動します。一般的に、サイズが大きく、駅の近くにあり、各種設備が整ったトランクルームは料金が高くなります。特に東京23区内は高価なトランクルームやコンテナが多く、屋外のコンテナよりもビルを利用した屋内トランクルームが多くみられます。

東京都内の屋内トランクルームの料金相場は0.5畳で約5,000~8,000円です。1畳では約10,000~15,000円、4畳では約35,000~60,000円が相場です。コンテナはトランクルームより安く、0.5畳などの1畳未満のコンテナで約3,000~5,000円、1畳~3畳ほどの場合は約5,000~15,000円が相場です。

トランクルームやコンテナのメリット

引越しにあわせてトランクルームなどを利用すると、運搬する荷物が減るため引っ越しやすくなります。引越し当日に多くの荷物があると運搬に手間がかかり、引越し業者の利用料金も増えます。荷物を預けておけば、引越し当日の慌ただしさを軽減でき、後日ゆっくりと預けた荷物を整理できます。

また、契約期間中であれば、新居への移動前でも自由に取り出せるため、預けたものが急遽必要になったり一時的に荷物を整理したくなったりしても安心です。

トランクルームやコンテナのデメリット

トランクルームやコンテナでは、荷物の預け入れと引き出しを自分で行わなくてはなりません。大きな荷物や数が多い場合は運搬に手間がかかります。また、旧居や新居から遠い場合も移動が大変でしょう。場合によっては、トラックなどをレンタルして運ぶ必要があるため、慣れない自動車での運転により事故が起きるリスクもあります。

さらに、基本的に月額制の契約形態をとるところが多く、1週間しか荷物を預けていなくても1ヶ月単位で利用料金が発生します。そのため、1ヶ月未満の短い期間の契約では費用が割高になる場合があります。

宅配収納サービスを利用する場合

利用者の荷物を預け入れたり引き出したりする際に、宅配業者に依頼して倉庫と利用者の自宅との間で荷物を運んでもらえる宅配収納サービスは、使い方によっては比較的安価で便利に荷物を預けられるでしょう。また、インターネットを使用する便利なオプションサービスなどもあります。

しかし、場合によっては多くの出費を招く可能性もあります。各業者のサービス内容や必要な料金、有用な情報などを調べて、よりお得に使える方法や荷物の種類などを考えましょう。宅配収納サービスの料金相場やメリット・デメリットなどについて以下で解説します。

宅配収納サービスの料金相場

ダンボール 

宅配収納サービスの多くは月額制を採用しています。料金はある程度幅がありますが、1箱単位で預けられダンボール1箱あたり約200円~1,500円が相場です。ただし、別途送料がかかる場合もあります。

業者によっては衣類や布団のクリーニングやオークションサイトへの出品など、さまざまなオプションサービスを提供しています。利用する業者を選ぶ際には、必要な料金や利用できるオプションサービスをよく確認しましょう。

宅配収納サービスのメリット

宅配収納サービスは、トランクルームやコンテナより利用料金が安く設定されている場合が多くあります。荷物の保管場所に利用者が直接向かう必要がないため、交通の便が良い場所に保管場所を設ける必要がないことから土地代がおさえられ、利用料金を低価格に設定できるのです。

また、電話やインターネットで荷物の預け入れや引き出しを依頼でき、手配が自宅ですべて完結する点もメリットです。

そのほか、預けた荷物をインターネット上で管理できるサービスを提供している場合もあります。インターネットでのサービスを利用すれば、パソコンやスマートフォンで気軽に荷物の管理ができます。何を預けたか確かめたいときに、すぐ内容を確認できるのは便利でしょう。

宅配収納サービスのデメリット

荷物の出し入れを宅配業者が仲介する関係上、預けた荷物をすぐに取り出せません。基本的に配達は翌日以降になるため、急遽必要になったときに困る可能性があります。そのため、宅配収納サービスを利用して預けている荷物は、すぐに必要になりにくいものを預けましょう。

また、荷物を出し入れする際に都度お金がかかる場合もあります。荷物を運ぶ送料として預け入れ・取り出しの両方で料金が必要になる可能性があり、何度も荷物の出し入れを行うと料金がかさむ恐れもあります。

さらに、預けられる荷物の大きさには制限があるため注意しましょう。大きな荷物は、預け入れを拒否されたり追加料金がかかったりする場合があります。

物置シェアサービスを利用する場合

業者ではなく、個人の家で荷物を預かってもらう「物置シェアサービス」と呼ばれるサービスもあります。家の空きスペースを倉庫として提供して、荷物を預けたい人から荷物を引き受けるサービスです。一般的な荷物預かりサービスとは異なる業務形態で、提供している会社も多くありません。

大きな特徴は、料金を利用者同士の交渉で決める点です。交渉次第でお得に利用できるかもしれません。物置シェアサービスは、うまく利用できればお得になる一方で、場合によってはトラブルになる可能性もあります。

ここでは物置シェアサービスの料金やメリット・デメリットについて解説します。

物置シェアサービスの料金相場

物置シェアサービスは交渉により料金が決まります。例えば最低額の設定料金が東京都は6,000円、ほかの道府県は3,000円の場合、この金額をベースに荷物を預けるゲストと保管場所を提供するホストの間で交渉します。ホストが指定する料金は1畳あたり5,000~7,000円が多いようです。最初にホストが最低額以上の料金を設定して、その後ゲストとホストで交渉して最終的な料金を決定する仕組みです。

なお、物置シェアサービスは、交渉により料金を決めるため引越し業者よりも高い自由度で価格が決められます。倉庫に預けた荷物を自由に出し入れできるようにして、その分少し高めの料金を設定するパターンもあるようです。

物置シェアサービスのメリット

物置シェアサービスの料金は一般的なトランクルームと比べて安価な傾向があります。管理費や鍵代などの初期費用も不要なので、料金を抑えたい方におすすめです。

また、交渉が可能な点もメリットでしょう。料金を双方が納得できる金額に設定できるだけでなく、期間の延長や運搬の手伝いなどをお願いできる可能性もあります。交渉する際は節度とマナーを守り、相手に迷惑をかけない範囲で行いましょう。

さらに、利用までに審査が必要ない点もメリットです。引越しに伴う一時的な荷物保管のために利用を申し込む必要がなく、手軽に利用できます。

物置シェアサービスのデメリット

デメリットは、依頼者とホストの間でトラブルが生じる可能性がある点です。自分の荷物を初対面の人に託すため、不安に思う方もいるでしょう。荷物を大事に保管してくれるか、相手と気が合うかなど人間関係の心配事が生じる可能性があります。あらかじめ預かってくれる相手のプロフィールを確認して、気になる点があれば早めに聞いておきましょう。

さらに、基本的に荷物を出し入れするタイミングに制限がある点も要注意です。荷物は相手個人の家に置くため、荷物を出し入れする際は相手の都合も考慮する必要があります。

まとめ

この記事では、引越しの際に便利な各種荷物預かりサービスの概要や料金相場、メリット・デメリットの解説を行いました。多くの荷物を運搬する引越しで、一時的に荷物量を減らせるのはとても便利です。それぞれの方法に良い点・悪い点があるため、自身の荷物や引越しスケジュール、予算などを考慮して選ぶことをおすすめします。荷物預かりサービスを利用して、効率的に引越しを行いましょう。