簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる 簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる
冷蔵庫を開けている様子

summary

  • 引越し前日には冷蔵庫の中身が空になるように1~2週間前から計画的に減らし、霜取りと水抜きを必ず行いましょう
  • 電源は前日までには切り、入れるタイミングは設置後しばらく経ってからにしましょう
  • 冷蔵庫の処分は、家電リサイクル法に則って正しく行いましょう

家電製品のなかでも特に生活に欠かせない冷蔵庫ですが、引越し前には電源を切ったり、水抜きという作業を行ったりと、さまざまな準備が必要です。この記事では、中に入っている食品の整理方法や、前日までの準備、当日の注意事項などをご紹介します。

冷蔵庫の引越しの大まかな流れ

キッチン風景

引越し作業を行う際、冷蔵庫の中身をそのままにして運搬はできません。中身が入っていると重さが増加して運びにくくなるだけでなく、液体がこぼれたり氷が溶けたりして、荷物が濡れることも考えられます。そのほか、電気系統に水分が付着して、精密機械の故障に繋がる可能性もあるでしょう。そのため、冷蔵庫を運搬するには事前の準備が必要です。

冷蔵庫を運搬するには、まず冷蔵庫の中身を空にする必要があります。前述したように、中身が入っているとほかの荷物が汚れたり、壊れたりする可能性があるためです。引越しまでに食べきれない食品は処分しなければならないため、計画的に消費しましょう。

冷蔵庫の中身を空にしたら、電源を切りましょう。そして後述する「霜取り」「水抜き」などの作業を行い、掃除をします。台所洗剤などを用いて汚れを落としたら、布巾で水拭き、乾拭きをします。その後、冷蔵庫のドアを開けて庫内を乾かしましょう。掃除をしたあとにすぐにドアを閉めると、ふき取り切れなかった水が原因でカビが発生する可能性もあります。冷蔵庫の掃除が完了したら、運搬の準備をしましょう。

電源を切るタイミングに注意

前でも触れているとおり、冷蔵庫の中身が空になったら電源を切ります。冷蔵庫の電源は、最低でも引越しの前日には切っておきましょう。

冷蔵庫を運搬するには、霜取りと水抜きをする時間が必要です。特に冷凍庫の部分には、空気中の水分が冷蔵庫の冷気で凍って霜がつきます。電源を抜いてそのまま運搬すると、霜が溶け出して水分がこぼれ、ほかの荷物を濡らすことになりかねません。そのため、霜が溶ける時間を計算に入れて電源を切りましょう。なお、現在は霜取り機能のついた冷蔵庫もあるため霜がついていない場合もありますが、トラブルを避けるため、早めに電源を切ることをおすすめします。

食品は10日~2週間前から計画的に減らしていこう

冷蔵庫内の食品は、引越しの10日~2週間前には中身をすべて確認して、計画的に消費しましょう。特に、大容量の冷蔵庫を使用している場合は、食品の量も多いため早めに確認しておきます。引越しまでに食べきれない食品があると、処分しなければならないため、できるだけ残らないようにしましょう。

引越しが完了するまでの食事は、できるだけ冷蔵庫内のものでまかない、買い物も必要最低限にとどめておきましょう。特に、一度開封したら使い切らなければいけない容量の多い調味料や、冷蔵・冷凍の必要がある食品は、引越しまでに消費できるかよく検討します。消費できないと判断したものは、なるべく買い足さないようにしましょう。

冷蔵庫の中身は少しぐらい残っていても平気?

冷蔵庫の中身は、空にしておかなければなりません。特に夏の時期はトラック内が高温になる恐れがあり、生鮮食品などの傷みやすいものが入っていると引越し業者に運搬を断られる可能性があります。

どうしても生鮮食品を運びたい場合は、クーラーボックスを用意して自分で運搬したり、クール宅配便を依頼したりする方法があります。クール宅配便は費用がかかるため、最低限運搬したい食品だけ利用すると良いでしょう。ただし、生鮮食品の運搬に長時間かかると、衛生面の問題や温度の問題から、食材が傷む可能性もあります。安全に運搬するためにも、生鮮食品はできるだけ運搬を避けましょう。

そのほか、常温でも保存が可能なものは、ダンボールなどに入れてきちんと梱包しておきましょう。

意外に処理に困る調味料

食品や食材は献立を工夫して使い切ることができても、調味料は使いかけのものが残ることもあるでしょう。常温保存がきく調味料は、こぼれないようにしっかり梱包すれば運搬できます。そのほか、冷蔵の必要があるマヨネーズやケチャップ、ドレッシング、ポン酢、バター、マーガリンなど賞味期限が早いものは、引越し後も使用できるか確認しましょう。

廃棄の方法は、液体類は新聞紙などに吸わせて燃えるごみとして捨てる、プラスチックやビンの容器は中を洗って捨てる、などと自治体によって処分方法が定められています。処分方法がわからない場合は自治体のホームページなどを確認し、ルールを守って捨てるようにしましょう。捨てるものの種類によってごみの日も異なるため、引越しまでに処分できるように計画的に行動する必要があります。

前日の動き

前日までに冷蔵庫の中身を空にして電源を切ったら、前述した霜取りや水抜きを行いましょう。水抜きと霜取りは、運搬時の水漏れからほかの荷物を守り、冷蔵庫の故障を防ぐための大切な作業です。当日では間に合わない作業であるため、早めに行いましょう。霜取りや水抜きの作業が完了したら、冷蔵庫の掃除をします。掃除をしてきれいになった冷蔵庫で、新居でも気持ち良く生活を始められることでしょう。

ここでは、水抜きや霜取り、掃除の方法を具体的にご紹介します。

霜取り

冷凍庫には、冷やされた空気中の水分が霜となって凍りつきます。冷蔵庫の霜をそのままにしておくと、運搬中に霜が溶けて水漏れが起る原因になるため、霜取りは忘れずに行いましょう。

霜取りの方法は、温かいおしぼりで溶かし落とすように取ります。軽度の霜であれば、この作業を何回か繰り返すだけできれいに取れます。この方法で霜が取れない場合は、冷蔵庫のドアを開け、室温で溶かしましょう。このとき、溶けた水で周囲が水浸しになる可能性があるため冷蔵庫の周囲にタオルを敷くなどの対処をしましょう。霜がすべて溶けるには15時間ほどかかると言われていますが、頑固な霜でなかなか取れない場合にはドライヤーで温めるか、ヘラなどを使ってはがす方法もあります。ただし、道具を使用する場合は冷蔵庫本体を傷つけないように気を付けましょう。

なお、最近の冷蔵庫には自動で霜を取る機能がついているものも多いため、霜取り作業の前に取扱説明書で霜取り機能の有無を確認してください。

水抜き

多くの冷蔵庫には冷却時に出た水や霜取りで出た水を受けるための水受けトレーやタンクがついています。そのままにしておくと、運搬の際に水が漏れて荷物が濡れる原因となるため、電源を切って霜取りを行った後、水受けに溜まった水を取り除かなければなりません。水受けの場所は、冷蔵庫の前面か背面の底部分やモーターの上などが多いですが、見つからない場合は取扱説明書などで確認しましょう。メーカーによっては「蒸発皿」と表記されるものもあります。

また水抜き作業で冷蔵庫本体を傾けて行う必要がある場合には、必ず2人以上で安全を確保して作業するようにしましょう。水抜きを行ったら、水受けをきれいに洗って戻しておきます。

掃除

水抜きと霜取りが終わったら、冷蔵庫の中をきれいに掃除しておきましょう。まず、庫内の仕切りやドアポケット、製氷皿、製氷ボックスなどの取り外せるものは取り外して洗剤などで洗います。庫内や外回りも、台所洗剤を含ませた布巾などで汚れを拭き取りましょう。コンロなどに近い場所は、油跳ねなどによってべたついていることがあります。また、冷蔵庫の上部や背面、冷蔵庫の床の隙間などはほこりがたまりやすいため、しっかり拭きましょう。

汚れがきれいに拭き取れたら、固く絞った布巾で全体を水拭きし、最後に乾拭きをすれば終了です。あとは、取り外した付属部品を元に戻し、しばらく扉を開けて乾かしておきましょう。

当日の動き

引越し当日、冷蔵庫のように大きい家電製品は、運ぶ際に注意が必要です。運搬中に扉が開いてドアや室内を傷つけないように、テープなどで固定しておきましょう。ドアが大きい冷蔵庫の場合は、数ヶ所で固定します。

また、引越し業者を利用せず自分で運搬する場合には、冷蔵庫を寝かせたり傾けたりして運ばないように注意しましょう。一般的な冷蔵庫は冷却にフロンガスを使用しており、寝かせたり傾けたりすることによってフロンガスが移動して冷却システムを故障させる可能性があるからです。ただし、最近の冷蔵庫ではフロンガスを使用しない「ノンフロンガス冷蔵庫」も増えているため、気になる方は説明書を見るか、メーカーに問い合わせましょう。

すぐに電源を入れるのはNG!

新居に着いて冷蔵庫を設置しても、すぐに電源を入れることは避けましょう。運搬の振動などにより、前述したフロンガスが移動し、冷却システムが不安定な可能性があるからです。そのため、設置してから5時間ほど時間をおいてから電源を入れましょう。

また、冷蔵庫を設置してから庫内が十分に冷えるまでには、4~10時間かかると言われています。暑い時期にはさらに時間がかかるでしょう。冷蔵庫が冷え切る前に食品を入れると、温度保管が適切に行えず、食品が傷む原因になりかねません。食品を入れるのは、庫内が十分に冷えるのを待ってからにしましょう。

なお、ノンフロンガスの冷蔵庫の場合は、すぐに電源を入れても問題ない場合があります。説明書をよく読み、確認しましょう。

冷蔵庫を処分するときの手順

大型家電のゴミ

ここまで引越しにおける冷蔵庫の運搬手順をご紹介しましたが、引越しを機に冷蔵庫を処分したい方もいるでしょう。しかし、冷蔵庫は粗大ごみとして捨てることはできません。家電リサイクル法に則って、適正に処分する必要があります。処分方法は以下の三つがあります。

冷蔵庫の処分方法
1
購入した小売店に回収を依頼する
2
各自治体の家電リサイクルセンターなどに回収を依頼する
3
自分で運搬し指定引取場所で引き取ってもらう

いずれの方法もリサイクル料金や回収(運搬)費用がかかる場合があります。

リサイクル料金や回収(運搬)費用、指定引取場所などは自治体によって異なるため、問い合わせましょう。なお、問い合わせの際には、メーカーや容量を伝えるとスムーズに確認がとれます。

またリサイクル料金がかからない方法として、リサイクルショップやネットオークションなどで売却する方法もあります。うまく売却できれば売上金が入ってきますが、必ずしも売れるわけではありません。売れなかった場合も引越し前に処分できるようにスケジュールを組みましょう。

※詳細は自治体によって異なるため、必要に応じて事前に各自治体にお問い合わせください。

冷蔵庫を買い替える場合は?

では、引越しを機に冷蔵庫を処分して新しい冷蔵庫に買い替える場合は、どのようにすべきでしょうか。

新しい冷蔵庫を購入した場合は、購入店舗でリサイクル料金と回収(運搬)費用を支払い、古い冷蔵庫を引き取ってもらう流れが一般的です。古い冷蔵庫を引き取りに来てくれる場合もありますが、場合によっては店舗まで運搬する必要もあるため、事前に確認をとりましょう。新しい冷蔵庫は、配送日を指定して、購入店舗から新居に運んでもらうと便利です。

なお、購入にあたって新居の設置場所だけではなく搬入経路(エレベーターや階段の幅、玄関の間口や廊下の幅、室内のドアの広さ、高さなど)も考慮して、適切な大きさのものを選ぶようにしましょう。

運搬にクレーンが必要な場合もある

2階以上の部屋に冷蔵庫を搬入する際、「エレベーターに入らない」「そもそもエレベーターがない」などの場合は、作業員が階段を使って搬入するのが一般的です。しかし、冷蔵庫が大きく、搬入経路の確保が難しい場合は、クレーンを使用して窓から搬入する方法をとることがあります。具体的には、2tトラックに小型のクレーンがついた2tユニック車や大型クレーン車、昇降機、電動リフトなどを状況によって使い分け、搬入します。クレーンを利用した吊り上げ作業を行う場合は、事前に見積りをとりましょう。

クレーンによる搬入を引き受けてくれる業者は、主に下記の三つです。それぞれの特徴を理解して、依頼する必要のある場合は業者を検討しておきましょう。

家電量販店

新たに冷蔵庫を購入した際、購入店舗でクレーンでの冷蔵庫運搬を依頼できます。クレーンを使用する場合には別途追加費用がかかるほか、見積りにも費用がかかることがあるため注意が必要です。ただし、購入から搬入まで一つの業者で済むため手間がかからず、上手に交渉すれば運搬費用も含め冷蔵庫の割引をしてもらえる可能性もあるでしょう。料金の相場は、3万円前後が多いようです。

引越し業者

引越しの際の搬出・搬入だけでなく、冷蔵庫のみの搬入・搬出も請け負っています。荷物運びのプロとして、クレーンや昇降機、電動リフトなどを保有しており、手吊りに対応している業者もあります。そのため、家電量販店では断られるような条件でも対応してもらえる可能性が高く、引越しと同時にお願いする場合、料金の交渉もしやすいでしょう。

便利屋

ユニック車や大型クレーン車でのつり上げはもちろん、家電量販店や引越し業者に断られがちな手吊りなどにも対応する業者も多く存在します。料金はホームページなどで明示していることが多いためわかりやすく、引越しの費用を把握しやすいというメリットがあります。料金は、25,000~35,000円と業者により幅があるため、事前に条件などをよく確認しましょう。

まとめ

この記事では、引越しにおける冷蔵庫の取り扱いをご紹介しました。冷蔵庫は、引越し前の準備に時間がかかり、運搬などの際には繊細に扱わなくてはならない家電です。運搬時に故障させて、余計な出費にならないように注意が必要です。また、冷蔵庫を処分する際は、処分方法をよく確認し、各自治体のルールを守りましょう。

食品の管理など計画的に進めるべき準備が多く手間がかかりますが、新生活を快適に過ごすために、しっかり準備をしましょう。