事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
不用品 ダンボール

summary

  • 不用品処分方法として「引越し業者に依頼する」「不用品回収業者に依頼」「粗大ごみ回収サービスを利用」「買取専門店を利用」「リサイクルショップ」「オークションやフリマアプリで売却」「友人に譲渡・売却」「団体への寄付」があります
  • 売却までの手間と処分費用を照らし合わせて不用品をどう処分するか決めましょう
  • 安い費用を謳う不用品回収業者には不法投棄のような違法な方法をとっている可能性もあり注意が必要です

引越しはものを捨てる絶好の機会なので、多くの場合、不用品が多く発生します。不用品を処分するためにはさまざまな方法がありますが、人によって、また不用品の種類によって適した処分方法は異なります。処分のために費用がかかる場合もあるため、アイテムごとに最適な方法で処分しましょう。そこでこの記事では、引越しの際に不用品とされやすいアイテムやその処分方法、処分にかかる費用の相場などを紹介します。

引越しで不用品を処分するタイミング

片付け 処分

引越しに慣れていない人は、不用品の処分をどのような段取りでするのか迷ってしまうことも少なくありません。引越しで不用品を処分するタイミングは「梱包前」です。できるだけ荷物を少なくすると、引越し業者にかける予算を少なくできるからです。新居が決まったら、その新居にもっていく家具を考えましょう。収納する家具もこのタイミングで決められると良いですね。この収納家具に収まりきる物品を持っていくと、新居のスペースを広く使えます。

しかし、収納家具に収まるからといって、新居に不用品を持ち込むわけにはいきません。不用品を洗い出し、新居に持ち込まないことを心がけましょう。物が少ないと新居での生活がスムーズに運びます。

引越しのタイミングで処分しがちなアイテム

ここでは引越しの際に不用品として、処分する方が多いアイテムについて紹介します。不用品を処分するか迷った際に捨てるかどうかの判断基準や買い替えのタイミングとあわせて解説しましょう。

食器類

何かの行事や引き出物でもらった食器類は不用品になりやすい傾向があります。特別な日や来客時のためと思って買ったものの食器棚の奥深くに眠っているグラス類や、日常使いはしない食器類も、引越しの際に不用品として処分されやすいです。特にブランドもののように価値のある高価な食器類は気軽には使えず、もったいないけれど使わないまま保管されているケースもあるでしょう。高価でも滅多に使う機会がなければ、引越しを機に思い切って処分すると気が楽になります。そのほか、使い古して来客用に使用できない食器やほかの食器で代用可能なものも不用品として処分しましょう。

もちろんそのままごみとしての処分も可能ですが、未使用品のブランドものであれば買取業者に依頼するというのも一つの方法です。

エアコンやテレビなどの大型家電

新居によっては、エアコンを取り付けるスペースに今まで使用していたエアコンが入らないこともあります。また、古くなったエアコンの場合は取り外しと取り付け工事の費用を考えた場合、引越しのタイミングで買い換えた方が後の出費をおさえることができるため、不用品として処分を考える人も多いでしょう。買い替えと共に下取りサービスでうまく処分できると良いでしょう。テレビも新居のリビングの大きさを考慮したとき、「もっと大型のテレビがほしい」となりやすく、今まで使っていたテレビが不用になる場合があります。壊れていない場合は、リサイクルショップで売却したり、オークションにかけたりと不用品として処分できる場合があります。しかし、状態が悪い場合は廃品回収業者に依頼したり、買い替える際に家電量販店に下取りしてもらったりすると良いでしょう。

パソコンのような電子機器

パソコンのような電子機器は長く使っていると買い替えることもあるでしょう。引越しを機会に最新機種への買い替えを検討するはずです。古くなったパソコンを家に置き去りにしている場合もあるかもしれません。パソコンは数年で動作が重くなったり、異音を発したりするなどの異常が出やすくなります。また、異常がなくても古いモデルでは最新のソフトが使えない可能性もあるでしょう。パソコンのモデルチェンジはペースが早いため、時期を考慮しつつ早めにパソコンの買い替えを検討しましょう。

ただし、電子機器は個人情報や機密情報など重要な情報がデータとして残っているため、完全に削除するようにしたいもの。自分で削除できなければ、多くの機密情報が入っているパソコンを手放すのは不安になるでしょう。そんなときは、パソコン専門の回収サービスを利用すればデータの削除も依頼できるので安心です。

ピアノのような楽器

趣味や習いごとの一貫としてピアノやギターなどの楽器を始めたものの、いつの間にか部屋の隅に置き去りになっていることもあるでしょう。楽器を辞めてしまった場合だけでなく、実力の向上によりさらに良質な楽器に買い替える場合もあります。楽器は単価が高いものが多いうえに、ピアノのように一人では運べないような大きさのものもあり、いざ手放そうと思っても困ることがあります。特にサイズが大きいものは、処分するだけでもかなりの費用がかかるのが悩みどころです。そのような場合は、楽器専門の買取サービスを利用してみるのがおすすめです。店舗に持ち込みができなくてもオンラインで見積りサービスを行っている事業者もあります。

特に古い楽器を処分したいときには、長く放置して価値が下がる前に買い取ってもらう方がおすすめです。

衣類

引越しの際に不用品とされやすい衣類は、新居に持ち込む前にしっかりと吟味しましょう。梱包すると意外とスペースを要することが多く、衣類の量を減らせると梱包の負担や引越しに関する費用を削減できるからです。

季節外れのものから梱包を始めると引越しの準備がスムーズなので、まずは季節外れの衣類から不用品かどうかの判断をします。流行が過ぎたものや毛玉、色あせが目立つ物は不用品として思い切って処分を考えます。また、新品に近いものでも数年は着用していない衣類も処分できると良いでしょう。体型の変化で着られなくなった衣類は「またそのときに購入する」と割り切り、一度手放すことを検討しましょう。

シーズン中の衣類の断捨離は、「このシーズン中に何回着たか」を目安にすると不用品かどうかの判断がしやすいです。また、着用しすぎて襟や裾がよれているもの、色あせしているものは思い切って手放しましょう。

自転車

新居が駅から近い場合や、急な坂が多くて自転車を使用するのが難しい場合は、引越しで自転車を手放す人も多いでしょう。自転車を買い替える場合は、自転車を取り扱うお店で下取りしてもらえる場合もあります。状態が良くメーカー品の場合は、リサイクルショップでも売却できる場合があります。

書籍

コミックや小説はかさばるため場所をとります。何度か読んだものでも、新居に持ってくまでの愛着がない場合は、不用品として処分してみましょう。近頃では、デジタル機器を使用したりネットカフェでコミックや小説を読めたりするなど、このようなサービスを利用すると新居のスペースを圧迫せず、趣味を楽しむことができます。手元に置いておく必要がないものは、このようなサービスを使ってみると良いでしょう。不用品としての処分が決まったコミックや小説などの書籍は、古本屋やフリマアプリを使って賢く手放すと良いです。人気のコミックはまとまった巻数で査定に出すと、高額買取をしてくれる店舗も多いです。これを機に一気に断捨離できるとベストです。

家具

大きな家具は新居に持っていくとしても、引越し業者が搬出できないサイズのものもあるため、事前に引越し業者に確認してみましょう。大きい家具は処分するのも一苦労です。分解の手順を踏んでからでないと、そもそも処分が難しいこともあります。大きな家具は軽トラックで運び出すしか方法がなく、売却するにも送料が高くなります。トラック積み放題の廃品引取業者を探して、処分を前提に行動する方が良いでしょう。アンティークの家具は、査定に出すために搬出するのが困難なことも多いので、あらかじめそのような品を鑑定するのが得意な業者に見積りを出してもらうと良いです。大型家具は、搬出にかかる費用や送料をふまえても、売却費用がかさむ場合には売却を考えると良いでしょう。

衣類以外にも忘れてはならないのが靴です。家族分の靴を含めるとかなりの量になることが多いでしょう。特に小さいお子さんを育てている家庭では、洗い替えの靴を多く用意している傾向があります。しかし、お子さんの成長に見合った靴であるかは、梱包する前に一度チェックしたいです。部活や大きな功績を残したスポーツシューズは思い入れもあり、処分に出したくない方も多いようですが、室内に飾っておくわけにもいかず玄関の収納を圧迫します。引越しを良い機会と捉えて思い切って処分を考えてみましょう。

高価な革靴はメンテナンスが必要なことが多く、適切なメンテナンスが施されていなければすぐにカビることも多いです。状態確認をして、今後も管理ができるかどうかを見極めましょう。また、管理の維持が難しい場合や、あまり履くことがない場合は状態の良いうちに売却するのも手段の一つです。

コレクション

切手やヴィンテージのおもちゃ、ジュエリーなど大切にしてきたコレクション類を「引越しのタイミングで整理しよう」という方もいらっしゃるでしょう。コレクション類を捨てるときは、それぞれのアイテムに対する思い入れを考えます。どのような価値や思い出があるか思い出せなければ、そのアイテムに対するこだわりや思い入れは多くないでしょう。また、保管状態があまり良くない、そもそも価値があるのか不明なこともあるでしょう。そういったものは、引越しの際に不用品として処分するチャンスです。

本当は価値があるにもかかわらず、相場がわからない相手に安く買い叩かれて後悔しないように、買い取りを検討する場合はコレクション品の買取実績が豊富な事業者に買取依頼をしてみましょう。

不用品を処分する8つの方法

引越し業者に依頼する

引越し当日に不用品を回収してくれるサービスを実施している引越し業者もあります。引越しの作業と同時に不用品の処分を行ってくれるため、時間をかけずに不用品の処分をお願いしたい場合に最適です。また、リサイクル業者と提携して買取サービスを行っている引越し業者もあります。

一方で、不用品回収ができるエリアに制限があったり、回収・買い取りのできる品物に制限があったり、引越し業者によって不用品に関する処分サービスの違いが大きいため、見積りの際に内容を確認しましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は依頼をすれば自宅まで不用品を回収しに来てくれるため、自身で運び出しをする必要がありません。そのため、不用品の内容や数が多いという場合におすすめの選択肢です。事業者によっては部屋(間取り)ごとの回収を行っている場合もあり、大量に不用品が出て困っているというケースには特に有効です。

粗大ごみ回収サービスを利用する

自治体ごとに粗大ごみの回収を行っているので、住んでいる市区町村ごとに回収品目や費用が変動します。自治体のWebサイトに回収方法の手順と大まかな品目ご費用が記載されているはずですので、チェックしてみましょう。1点ごとの回収費用は、事業者を利用するより安価です。

なお、粗大ごみとして回収できるかどうかは、いくつかの条件に該当しなければならないため、何でも回収してもらえるというわけではありません。エアコンやテレビ・冷蔵庫など家電リサイクル法対象の製品も回収できません。さらに、回収にあたって1件ずつ申請しなければならないため、不用品の数が多い場合も不向きです。

買取専門店を利用する

まだ利用価値のありそうなものや、ごみとして処理するにはもったいないけれど手放したいというものは買取専門店に依頼してみると良いでしょう。Webサイトや電話から無料で見積りができるパターンが多く、出張買い取りが利用できれば店舗に持ち込む手間もかかりません。買取専門店はブランドバックや楽器、おもちゃなど特定のジャンルのみを買い取り対象にしている場合と、さまざまな品目に対応している場合があります。まとめて不用品を出したいという場合はWebで見積りを出してもらい、買取してもらうのがおすすめです。

ただし、ものや状態によっては値段をつけることができず買取不可というパターンも出てくるので注意が必要でしょう。

リサイクルショップを利用する

リサイクルショップに持ちこむという方法もあります。買取専門店に比べ、衣類や雑貨類なども買い取り対象にしており、より買取内容に幅をもたせているところがメリットですが、買取専門店ほどの査定結果にはならない場合が多いようです。

持ち込み品のみというリサイクルショップもありますが、出張買い取りを実施している場合は大きなサイズの家電や家具も対応してもらえる場合もあり便利です。

オークションやフリマアプリで販売する

ネットオークションや近年利用者が急増しているフリマアプリで不用品を手放すという方法もあります。自分の好きなタイミングで、かつ自身で販売する費用設定ができるため、売ることができれば納得のいく費用で取引できることがメリットです。

ただし、出品にあたっては1品ずつ写真を撮影して商品状態の記入をし、落札・購入した相手に適宜発送する手間がかかります。大量に出品したい場合はかなりの労力を要するでしょう。また、取引を行うにあたって金銭授受のトラブルが発生する可能性があることや、期間内に必ず売れるとは限らないという側面もあります。

友人に譲渡・売却する

自分がいらないと思ったものでも、友人に声をかけてみたら「ぜひほしい」という反応が返ってくることがあるかもしれません。引越しの準備や荷造りを友人に手伝ってもらったときにそのまま持ち帰ってもらえば、事業者に依頼するよりも手間もかかりません。大型家具のように運搬が難しい場合は、運送会社やトラックを利用しましょう。

ただし、いくら相手が友人とはいえ「親しき仲にも礼儀あり」です。無理やり渡すことのないよう、あくまでも「できればもらってくれたら嬉しいな」という気持ちで尋ねてみましょう。

団体へ寄付する

福祉施設やNPOへ寄付ができる団体に送るという方法もあります。団体によって新品しか取り扱っていない場合や中古の品物でも可という場合もあり、注意点はさまざまです。引越しの際にでた不用品を必要としているかどうかは、団体のWebサイトから問い合わせをして確認しましょう。衣類や日用品、学用品、楽器、雑貨など必要としている場合は多く、不用品を送ることで社会貢献ができるのは大きなメリットです。自分の必要としていないものがもう一度誰かの役に立つことは、大きな魅力でもあります。

不用品を処分する際にはトラブルにならないように注意する

不用品 処分

無料を謳ってチラシを配ったり、車で巡回したりする業者のなかには無許可営業の悪質な業者も存在するため、気を付けましょう。たとえ不用品を処分するだけでも、業者をよく吟味して選ばなければトラブルに発展する場合もあります。

自分はその気がなくてもその業者が不法投棄をして、正しくない方法で不用品を処分するかもしれないため、不用品の処分を依頼する業者が、きちんと信頼を寄せられるかどうかは重要です。無料だと謳っていても、実際に不用品の処分を依頼した後に、思わぬ高額請求をされることもあります。詳細の見積りをきちんと提出するか、買い取り時のオプションが明確に定められているかは、事前にしっかりと尋ねておくと安心です。また、その不用品処分を引き受けている業者が信頼できるかの指標として、「Webサイトを持っているか」「見積りや領収書を書面で出しているか」などを確認しておきましょう。

あまり有名な業者ではないのに、魅力的なサービスばかりを提案してくる業者には、疑いを持つようにしましょう。仕事を依頼する前にその不用品処分業者の住所が、きちんと実在しているかもチェックしましょう。不用品を引き受けたものの業者にとってメリットがないものは、不法投棄する悪徳業者も存在します。その場合、処分したものが自分に返ってくるほか、法によって罰せられる可能性もあります。どのように処分されるか考えるまでが、そのものを所有した責任となります。

不用品処分の費用相場

最後に、実際に不用品を処分した場合にどのくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。ここでは不用品回収業者に依頼する場合と自分自身で自治体に連絡し処分する場合を比較します。ここでの情報はあくまで相場ですので、より詳しい費用が知りたい方は回収業者や自治体ごとにお問い合わせください。

不用品回収業者の相場

不用品回収業者に依頼した場合、以下の基本費用のほかに人件費や階段・エレベーター昇降などのオプション費用がかかる場合がありますので、見積りはしっかりと確認しましょう。

  • ベッド:3,000~10,000円程度
  • ソファ:2,000~5,000円程度
  • タンス:3,000~8,000円程度
  • テレビ:2,000~5,000円程度
  • 冷蔵庫:3,000~6,000円程度
  • 洗濯機:3,000~6,000円程度

自治体の相場

 不用品の処分を自治体に依頼した場合、前述のとおり不用品回収業者に依頼するよりもコストを低くおさえることができます。一方で、回収のスケジュールが平日の朝早い時間帯であることや、家電リサイクル法の対象品目となるテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機は自治体で回収できないという点に注意しましょう。

  • ベッド:1,000~3,000円程度
  • ソファ:500~3,000円程度
  • タンス:300~3,000円程度
  • テーブル:300~1,000円程度

処分費用とは別にかかるリサイクル料金

自分でテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機のいずれかを処分したいという場合は、リサイクル費用を支払って家電量販店または特定の集積場所にて処分を行うことになります。処分する家電製品を買ったお店で、もしくは買い替えをした場合は下取りという形で引き取ってもらいましょう。もしも該当する店舗が近くにないという場合は自治体に相談をして対応してもらいます。リサイクル料金は以下のとおりです。

  • テレビ(液晶~15型):1,836円~
  • テレビ(液晶16型~):2,916円~
  • エアコン:972円~
  • 冷蔵庫(~170L):3,672円~
  • 冷蔵庫(171L~):4,644円~
  • 洗濯機・衣類乾燥機:2,484円~

まとめ

荷造りや整理を進めるにあたってさまざまな種類の不用品が出てくるでしょう。面倒だからといって一つのサービスにまとめて処分してもらおうとすると、かえって手間や時間がかかりかねません。処分したい品物や量に合った処分・回収方法を選ぶことで、効率的に荷物を減らすことができます。すっきりとした気持ちで新居に引越しができるように、計画的に不用品処分を行いましょう。