引越しの相見積もりのやり方とコツ|おすすめ比較サイトと業者の選び方

電卓 家
大手の引越し料金と比較すると単身引越しナビなら最大67%安い!
  • A社 約67%OFF
  • B社 約50%OFF
  • C社 約20%OFF
summary
  • 引越し料金を安く抑えるために引越しの際は一括見積もりサイトから相見積もりをとるのがおすすめです
  • 需要が少ない通常期や平日の引越しは見積もりの価格交渉がしやすい傾向があります
  • 料金だけでなくサービスの内容も比較して、ご自身に最適な引越し業者を選びましょう

引越しをする際は、少しでも安く、安心して任せられる引越し業者を選びたいものです。複数の引越し業者を比較・検討するためには、相見積もりが有効です。

本記事では、相見積もりのやり方・引越し費用を抑えるコツ・事業者の選び方について解説します。引越しの相見積もりができるおすすめのサイトについてもまとめているので、ぜひ活用してください。

引越しの相見積もりとは

相見積もりとは、複数の引越し業者に同じ内容で見積もりを依頼することをいいます。引越しにあたって1社に依頼するだけでは、その事業者から提示された価格が適正なのか、受けられるサービスが他社に比べていいものなのか判断することは難しいですよね。

そこで相見積もりをとることで、引越し料金がより安い引越し業者を見つけられたり、サービスの内容を比較したりできます。さまざまな事業者に依頼するということで、いくつかの事業者を断る必要も出てきますが、相見積もりをとっていると伝えればもちろん失礼には当たりません。

またこれから紹介するサイトを用いれば、簡単に相見積もりをとることができます。安心して相見積もりをとり、最も好条件な引越し業者を選択しましょう。

引越しの相見積もりをとるメリット

引越しの相見積もりをとるメリットは大きく分けて2つあります。適正な価格を知ることができることと、引越し業者との交渉が有利になることです。以上のメリットについて詳しくご紹介します。

引越し料金相場がわかる

引越し料金の相場と聞いて、「東京から大阪まで、このくらいの荷物なら○○円くらいだな」という風にすぐにピンとくる方は、ほぼいないでしょう。

引越しの経験がたくさんあるという方も、いつも任せている引越し業者とは違う引越し業者なら、もっと安く引越しができるかもしれません。複数の引越し業者を比較することで、相場より高い価格で依頼してしまうことを防ぎ、引越しにあたっての適正価格を知ることができます。また相見積もりをとることで相場よりもとても安い料金で依頼できたり、お得な割引をしてくれる引越し業者を見つけられたりすることもあります。

交渉が有利になることがある

引越しの相見積もりをとることで、引越し料金を下げやすくなります。1社に依頼する場合、その引越し業者は他の事業者と価格競争をする必要がないため、その事業者の提示する料金での依頼となります。

しかし事前に相見積もりであることを引越し業者に伝えておけば、引越しの依頼を受けるために他社よりも少しでも安い料金を提示しようとするでしょう。そのため、価格交渉がしやすくなり、安くお得に引越しを依頼しやすくなります。

引越しの相見積もりをするデメリット

相見積もりをすることにはメリットだけではなくデメリットもあります。繁忙期など料金を下げにくい可能性もある中、必要以上に労力を使いたくないものです。

ご自身にとっての最適な引越し業者選びのために、これから紹介する三つのデメリットも参考にしてみてください。

時間がかかる

女性 電話

相見積もりをとると、初めから1社のみに依頼するよりも時間がかかります。訪問見積もりの際は、1社につき約20~60分前後の時間がかかることを想定しておきましょう。長ければ1時間程度かかることもあります。

複数の引越し業者に同時に見積もりを頼むこともできますが、引越し業者から断られたり、悪い印象を持たれて値引き交渉が難しくなったりすることがあります。訪問見積もり当日は、異なる事業者を鉢合わせないようにするために訪問見積もりの間隔を約30分~1時間程度は開ける必要があるので、合計するとかなりの時間がかかります。

また訪問見積もりにかかる時間の他にも複数の引越し業者と電話やメールでやりとりをしたり、複数の引越し業者を比較し検討したりする必要があるため手間と時間がかかります。

来客に気を遣う

ご家族など複数人で引越しをする場合の見積もりは、訪問見積もりが一般的です。相見積もりをする場合は繰り返し何人もの引越し業者を家に上げて見積もりをしてもらう必要があります。

いくらこちらがお客の立場だからといって、見ず知らずの人を家に上げるのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。また、引越しの見積もりを正確にとるために、なるべく部屋をきれいな状態にしておく必要があります。部屋が散らかっていると荷物が多く見え、見積もり金額が高くなる可能性があるためです。

訪問見積もりのたびに片づけをして、来客を迎えることを繰り返し行うのは精神的にも身体的にも大変な作業です。特にお子様がいらっしゃるようなご家庭では負担が大きいかもしれません。

対面だと断りづらい

対面で値引き交渉をするのは、電話やメールで交渉するよりも難しいと思われる方も多いのではないでしょうか。

日常生活において値切る経験をすることはあまりないですし、訪問見積もりをする引越し業者のスタッフは交渉のプロです。そのような相手に交渉をすることに不安を感じる方もいるはずです。

対面で「即決したら○○円安くします。」「即決でお得なサービスをつけます。」など言われた場合には、きっぱりと断り、「他社と比較したうえで検討します。」と伝えましょう。また、値切ることに不安があれば、交渉の前に「最初に提示された価格で他の引越し業者と比較します。」と伝えておくと、余計な交渉をせずに最安値を提示してくれるかもしれません。

引越しの相見積もりのやり方

引越しの相見積もりは、「引越し業者へ直接見積もりを依頼する」「一括見積もりサービスを使って依頼する」という2つの方法があります。それぞれの流れ・メリット・デメリットを比較して、ご自身にあったやり方で相見積もりをとりましょう。

引越し業者へ直接見積もりを依頼する

気になる引越し業者をご自身でピックアップして、問い合わせフォームや代表電話から直接見積もりを依頼します。引越しまで余裕がある方、すでに引越し業者の目途が立っている方は、ゆっくりと時間をかけて比較・検討できます。また、直接依頼限定の特典が用意されている場合もあり、お得感を感じやすいでしょう。

一方で、1社だけでは引越し費用の相場がわかりづらく、適正な価格かの判断がつきません。相見積もりをとるためには、それぞれの事業者と個別にやりとりが必要で、手間と時間がかかる点がデメリットとなっています。

一括見積もりサービスを使って依頼する

一括見積もりサービスを利用して、複数の事業者にまとめて見積もりを依頼します。依頼の流れとしては、引越し見積もりサイトにアクセスし、指定されたフォームから引越しに関する情報を入力します。フォームを送信後、短時間で複数の引越し業者から見積もりの概算が受け取れます。

フォームを1回入力するだけで、相見積もりをとることができるので、引越し費用の相場を簡単に把握できます。また、同じ情報をもとに金額が算出されているため、事業者間の比較がしやすいのもメリットです。

デメリットとしては、営業電話が一斉に入るため、慌ただしく対応しなければならない点が挙げられます。1社に絞ったあと、ほかの事業者に断りの連絡を入れるのが面倒に感じることもあるでしょう。

単身引越しナビの引越し見積もりで安くて安心な引越し業者とラクラクマッチング!

引越しの相見積もりをとる際のコツ

相見積もりをとる際、金額を安く抑えるためのコツを紹介します。

  • 引越し費用の相場を知っておく

    単に「高いから値引きしてほしい」と交渉しても、なかなかうまくいきません。「他社の見積もりは○○円だった」と値引きの根拠を示すことで、価格交渉がしやすくなるでしょう。

  • 即決しない

    「いま決めてもらえば、○○円値引きします」と提案されることもありますが、細かく比較・検討できていないうちは、即決を避けましょう。相見積もりの段階では、もっとも低価格だったとしても、オプションが加わって最終的な金額が高くなるケースもあります。

  • 荷物の量を減らしておく

    引越し費用は荷物の量で変わります。不用品を処分したり、荷物を整頓したりすることで、見積もり金額を安く抑えることができます。

    ただし、引越しの需要が高い繁忙期などは、相見積もりをとっても値下げ交渉が難しい場合もあります。

引越し業者の選び方

相見積もりをとったあとは、引越し業者を1社に絞る必要があります。引越し業者は、以下の4つのポイントを意識しながら選んでいきましょう。

  • 引越しの日時で選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • サービス内容で選ぶ
  • 対応や評価から選ぶ

引越しの日時で選ぶ

引越しの繁忙期や日取りの良い土日は、すでに予約が埋まっていることもあります。そのため、退去日が決まっている方、入居を急ぎたい方は、引越しの日時の都合がつく事業者を選ぶことになります。

日時で選ぶときは、時間帯にも注意しましょう。引越しは「午前便」「午後便」「フリー便」といった、時間帯ごとのプランに分けられます。「午後便」「フリー便」は費用を節約できますが、夜遅くまで作業が終わらない可能性があります。荷物を搬出したあと、退去の立ち会いや長距離の移動など、何らかの予定が入っているのであれば、「午前便」を選ぶと安心です。

料金で選ぶ

料金で選ぶ場合は、概算の見積もりではなく、オプションを追加した最終的な見積もりを比較することがポイントです。とくに、一括見積サービスを利用して相見積もりをとると、基本料金を低く設定している事業者の見積もりが安くなります。

けれども、引越し業者によっては、家具の組み立てやエアコンの取り付けの費用が相場よりも高く、最終的な金額が当初より高くなるケースもあります。引越し業者を料金で選ぶ際は、荷物の量・希望日時・オプションの追加を細かく伝えて、正確な見積もりを受け取るようにしましょう。

サービス内容で選ぶ

引越し業者引越しの負担を軽減するためには、ご自身の引越しプランにあったサービスを提供してくれる引越し業者を選ぶことが大切です。サービス内容は事業者によってさまざまで、「ダンボールや梱包資材を無料でもらえる」「不用品を一括で買取査定してくれる」「家電製品の設置や配線をしてくれる」などが、オプションとして用意されています。事業者が提供するサービスをうまく活用することで、費用を抑えたり、引越し作業を効率化したりすることが可能です。

また、オプションサービスが充実していない事業者だと、「洗濯機の配線がわからない」「エアコンが使えない」といったトラブルにつながるケースもあります。トラブル防止のためにも、サービス内容や対応範囲は事前にしっかりと確認したうえで、事事業者を選びましょう。

対応や評判から選ぶ

対応や評判から事業者を選ぶ方法もあります。どれだけ料金が安くても、魅力的なサービス内容でも、肝心の引越し作業がスムーズに行われなければ意味がありません。相見積もりをとって気になる事業者が絞れてきたら、引越し業者の口コミサイトなどを利用して評判を調べてみましょう。

また、見積もり時の対応も「良い事業者・悪い事業者」を見分けるポイントとなります。メールの返信が遅い、依頼したオプションが見積もりに含まれていない、ダンボールの受け渡し方が雑など、少しでも引っ掛かりを感じたら、事業者選びの候補から外してみてもいいかもしれません。

大手の事業者に安心感をもつ方が多いですが、営業所によって利用者の満足度が異なる場合もあるため、事業者の規模に関わらず、口コミサイトの評判がよく、見積もり対応の満足度が高い事業者を選ぶのがおすすめです。

引越し相見積もりができるおすすめサイト5選

引越し業者のWebサイトやタウンページなどに記載された電話番号を探して連絡し、ご自身で交渉をすることもできますが、それには手間がかかります。一括で複数の引越し業者に見積もり依頼をするために、相見積もりサイトを利用する方法があります。

単身引越しナビ

単身引越しナビ

当サイトが運営する「単身引越しナビ」は、その名の通り単身・一人暮らしの方向けの引越しマッチングサービスです。単身引越しナビでは、通常期・繁忙期や、平日・休日ごとの6パターンからなる定額パックになっており、料金比較をする必要がありません。2トンショート積み切りパックで基本料金税込29,480円~というお得な価格設定になっています。

また、一般的な引越し見積もりサイトと異なり、単身引越しナビが最適な1社の引越し業者とマッチングしてくれるので、複数事業者からのしつこい営業の電話に悩まされたり、ご自身で色々な事業者を比較して悩んだりする必要はありません。

さらに、マッチングする引越し業者は国の許認可を取得し、単身引越しナビ独自の審査をクリアしたベテランの引越し業者のみとなっているので安心です。見積もりに時間や手間をかけず、お得に引越しをしたい方におすすめです。

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドでは、現在の住所や引越し先の住所、引越しの予定日、連絡先などを入力する簡単な3ステップで、相見積もりの準備が完了となります。必要事項を入力したあとは引越し業者からの連絡を待つだけとなります。

入力後すぐに電話やメールなどの連絡がくるので、そこからは各引越し業者と連絡を取り、最も良い引越し業者を選択しましょう。値引き交渉や相談をしながら引越し業者を決定したい方にとっては、簡単な手順で一度にまとめて複数事業者に見積もり依頼ができるため便利です。

また引越し価格ガイドでは、引越し業者ごとの料金相場や、事業者ごとの口コミを確認できます。さらに、引越し料金のシミュレーションも可能です。

引越し侍

引越し侍では、引越し情報を入力することで、引越し侍が複数の引越し業者に一括で見積もりを依頼してくれます。引越し情報を入力した後は、引越し業者からの連絡を待つだけです。

また、引越し侍が提携している引越し業者は300社以上で業界ナンバーワンなので、徹底的に引越し業者を比較したい方にはおすすめです。

その他にも、引越し侍では現在の住所や引越し先の住所、荷物の量を入力するだけで、インターネット上で見積もりのシミュレーションをしてくれます。引越し料金の平均値、最安値、最高値が分かり、相見積もりを開始する前の目安にできます。あらかじめどれくらいの料金が相場なのか知っておきたい人はぜひ利用してみてください。

楽天引越し

楽天引越しでは、引越し情報などを入力するだけで一括して相見積もりの依頼を行ってくれるので、あとは各引越し業者からの連絡を待つのみになります。また、同サイトで各引越し業者の口コミも確認することができます。

さらに楽天引越しではお得なキャンペーンを多くやっており、電話見積もりの申込みで100ポイントの楽天ポイントをもらうことができたり、引越し費用の1%分の楽天ポイントをもらったりすることができるため、普段から楽天カードを利用している方におすすめです。

そのほかにも引越しの基本料金から20%の割引や、お米がもらえるなどのお得なキャンペーンが盛りだくさんです。時期によってキャンペーンの内容が異なるので、1度確認してみてください。

LIFULL引越し

LIFULL引越しでは、すきま時間を利用してできる簡単45秒の引越し情報の入力で全国100社以上の提携事業者へ無料で引越しの見積もり依頼をすることができます。

その後LIFULL引越しからご自身の引越しに対応できるおすすめの引越し業者を提案してもらい、ご自身で見積もりをとる事業者を選ぶことができます引越し業者と電話やメールでやり取りをしながら、ご自身の引越しに最適な引越し業者を選択しましょう。

またLIFULL引越しでは、家族構成やライフスタイルに合わせて選べる引越しプランも充実していて、レディースプランや学割プランなど様々なプランがあります。さらにLIFULL引越しでもお得なキャンペーンをやっていることがあるので、ぜひ確認してみてください。

引越し相見積もりのよくある疑問を解決

引越し相見積もりの大まかな方法は分かったものの、いくつか疑問に感じる点もあったのではないでしょうか。適当に引越しの準備を進めてしまうことは、予期せぬトラブルの原因にもなります。

引越し相見積もりを滞りなく済ませるために、細かな疑問点も早めに解消しておきましょう。ここからは、引越し相見積もりでのよくある疑問とそれに対する回答をしていきます。

訪問見積もりの営業マンにはお茶を出す?

お茶 

「訪問見積もりをすることになったけれど、訪問見積もりの営業マンにお茶は出すの?」と疑問に思った方もいるでしょう。営業マンが自宅まで足を運んでくれるものの、こちらもお客側なので、どの程度おもてなしすればいいのかは悩みどころです。

結論から言うと、お茶は出さなくても良いです。しかし、訪問見積もりは長丁場になることもあるので、お茶を出すことで場が和み、円滑に交渉がきる効果があるかもしれません。

引越しの訪問見積もりは何日前にすればいい?

引越しの見積もりは、引越しの前日から1か月前までに行われていることが多いです。ただし、引越しの予定がまだまだ先だからといって、後回しにしてしまうことはおすすめできません。

引越し業者が1日に請け負うことができる引越し件数は限られているので、引越しを希望した日時にもうすでに引越し件数が上限に達していると、引越しの日時をずらさなければなりません。特に、繁忙期の3月下旬〜4月上旬は特に早めに見積もりをするようにしましょう。

まとめ

今回は、引越しの相見積もりのコツとおすすめの比較サイトについて紹介しました。なるべく安く、お得なサービスを受けて引越しをするためには、相見積もりが欠かせません。

しかし相見積もりは時間がかかったり、交渉で気を遣う場面も出てきたりするなど、大変なことも多くあります。そんな相見積もりをなるべくお手軽で簡単に済ませるために、ぜひ今回紹介した比較サイトを利用してみてください。