引越しの見積もりは何社に依頼するのがおすすめ?業者の選び方も解説

お金 家 てんびん
大手の引越し料金と比較すると単身引越しナビなら最大67%安い!
  • A社 約67%OFF
  • B社 約50%OFF
  • C社 約20%OFF
summary
  • 引越しの見積もりは3社以上に依頼するのがおすすめです
  • ファミリー世帯は正確な荷物量で見積もってもらうためにも訪問見積もりを利用しましょう
  • 単身者の場合は電話やメールといったオンラインでの見積もり方法がおすすめです

引越しの見積もりは少なくとも3社以上に依頼する必要があります。ファミリー世帯が正確な荷物の量を見積もってもらうには訪問見積もりが適していますが、荷物が少ない単身者なら電話やメールなどの見積もりが主な方法になります。この記事では、引越しの見積もりをしたいと考えている人に向けて、何社にどのような方法で依頼すればいいか解説します。自分に合う引越し業者を選ぶために、ぜひ参考にしてください。

複数の業者に見積もりを依頼する理由

引越し料金は時期や移動距離だけでなく、荷物の量や必要なサービスの数によって大きく変化するため、必要な金額をできるだけ正確に把握するためには見積もり作業が必要です。しかし、引越し業者によって引越し料金や対応できるオプションサービスは異なるため、同じ条件で見積もりをしても見積もり結果は引越し業者によって異なります。そのため、自分の要望に沿った引越し業者を見つけるためにも、見積もりは複数の業者に依頼するのが一般的となっています。

何社に見積もりを依頼するのがおすすめ?

一番納得のいく見積もりを出してくれる業者に最終的に引越しを頼めるよう、見積もりは複数社に依頼すると良いと言われています。では引越しの見積もりは何社に依頼するのが良いのしょうか?見積もりの回数ごとのメリットとデメリットを見ていきましょう。

1社のみに見積もり依頼する場合

1社のみに見積もりを依頼するとメリットがある反面、デメリットもあります。以下で具体的なメリットとデメリットについて説明します。

メリット

基本的に見積もりは多くの手間がかかりますが、見積もりを1回で済ますならその時間は削減できます。1回済ます場合は、口コミや実績などから信頼できる会社なのかを確認してから見積もり依頼をしましょう。見積もりは引越し業者のWebサイトを確認して、電話や申込みフォームで依頼をします。ただし訪問見積もりを依頼する場合は、業者が家に来て、実際に荷物の量や立地を調べるため、1社だけでも多くの時間を使います。

また、事前の日程調整も必要です。見積もりを出した後もサービス内容の確認や価格交渉があるため、すぐに見積もりを終わらせたいという方は電話やメールなどで見積もりを依頼するようにしましょう。

デメリット

1社しか見積もりを受けないのでその金額が本当に適切なのかを判断しづらいです。特に電話やネットでの見積もり金額は業者次第で大きく変わります。1回の見積もりで引越し業者を決めることは危険です。

また、値下げ交渉にも不利になることもあります。1社しか見積もりを受けていないことが業者に知られると、足元見られて高めに料金設定される可能性があります。他の引越し業者の見積書を提示して、値下げ交渉することもできないため、相場よりも高い料金で決定するかもしれません。どうしても1社のみに見積もりを出す場合は、事前に相場をよく調べておきましょう。

2社に見積もり依頼する場合

2社に見積もりを依頼すれば、1社のみに見積もりを依頼する場合のデメリットをカバーできます。2社に依頼するメリットとデメリットをそれぞれ以下で紹介します。

メリット

2社の見積もりは、平日は仕事で忙しい人でも休みを使って、そこまで負担にならず見積もり依頼ができる数です。1社のみと比べれば時間はかかるものの、週末などお休みの日にまとめて見積もりできれば、あまり手間は感じないでしょう。引越し業者の比較検討も、どちらの引越し業者の方が良いか?と2択で考えられるためシンプルです。

引越し業者によってサービスが異なるため、自分の求めるサービスを提供している方を選べば、必要なサービスを受けられないといった事態を避けられます。

デメリット

2社の料金比較ができるため、単純に料金が安い方を選ぶという決断はできます。しかし、2社だけではその金額が本当に安いのかを判断できません。そのため、安い業者を選べるかは運次第となります。

また、他に選択肢がないため、自分が望むオプションサービスを提供する業者が1つしかなければ、その業者の見積もり金額が高くてもそこを選ばざるを得ません。

3社以上に見積もり依頼する場合

3社に見積もりを依頼すると慎重に業者を選べますが、時間や手間もかかります。以下で具体的なメリットとデメリットを解説します。

メリット

多くの業者の見積もりを受けることで、自分の希望の価格帯やサービスがある業者を見つけやすくなります。「結局引越し作業をお願いするのは1社だけだから引越しの見積もりを何社も受けるのは時間の無駄になる」と思うかもしれませんが、それは適切ではありません。

価格交渉のための材料を得ることで、値引き交渉はしやすくなります。「あの業者はこんな値段を提示してくれました」「この業者はこんなサービスを付けてくれました」などと交渉すれば譲歩して値引きやサービス対応に応じてくれるかもしれません。複数の業者に見積もりを依頼する際は、今までの見積もり結果を控えておくと良いでしょう。

また、単純に見積もりの数が増えればその分だけ希望の条件に近い業者が見つけやすくなります。

デメリット

見積もりを依頼する業者が多ければ多いほど見積もりの手間と時間がかかります。引越し前の忙しい時期に多くの見積もり対応をしていると、荷造りや各種手続きの時間がとれず、引越し直前になって慌てて作業をすることになるかもしれません。

また、選択肢が多すぎると逆に選びきれなくなります。引越しまで時間の余裕がある方であれば問題ないのですが、そうでない方は引越しまでの時間を逆算して、自分が対応しきれる程度の会社数におさめましょう。

多ければいいというわけではないので注意

家 電卓

これまでの話を読んで、「自分は限界まで安くしたいから10社以上見積もりをお願いしよう」と思う方がいるかもしれませんが、あまりおすすめできません。1社から見積もりを取るだけでも時間がかかるため、10社の見積もりを個別に取れば、ほかの引越し準備をする時間が少なくなります。

さらに多くの業者は値下げ交渉に応じるために最初に提示する見積もり料金は少し高めに設定しています。そのため、料金をおさえたいならば、見積もりの依頼数を増やすのではなく、値下げ交渉に力を入れた方が良いでしょう。

見積もりは何社がベスト?ケース別におすすめの方法を紹介

一口に見積もりといっても、実際に業者を家に招いて見積もりをするものからオンラインで行えるものまでさまざまな種類があります。見積もりを依頼する際は、依頼をする業者の数だけではなく、見積もり方法にも気を付けなければなりません。ここではそれぞれの見積もり方法のメリットとデメリットを詳しく解説します。

一括見積もりサイトを利用した見積もり

自分の要望にあうサービスと料金を提供できる業者を見つけるには、3社以上から見積もりを取るのがおすすめです。荷物の量などの情報を入力すると複数社の見積もりを出してくれる一括見積もりサイトを利用すると、一度の入力だけでさまざまな引越し業者の見積もりをチェックできます。

引越し料金は荷物量や移動距離、オプションサービスの有無で大きく変わります。よって、通常の引越しシミュレーションでは自分の引越しの相場を知ることは難しいです。しかし、一括見積もりならまとめて複数社の見積もりを出せるため、簡単に相場を把握できます。また比較した上で交渉すれば、値下げにも応じてもらいやすいでしょう。

ただし、引越し見積もりサイトに詳細を入力すれば業者へ個人情報が送られ、営業の電話やメールがひっきりなしに届きます。引越し業者によっては複数回電話がかかってくる場合もあるため、その点を理解しておく必要があります。

単身引越しナビの引越し見積もりで安くて安心な引越し業者とラクラクマッチング!

訪問見積もり

訪問見積もりは、引越し業者を家に招き、荷物量やオプションサービスの有無などの情報を確認する見積もり方法です。特殊な運搬が必要な荷物があるかどうか、家の前までトラックが通行できるかどうかなど、詳しい情報をもとに見積もりができるため、正確な見積もりが取れます。引越しの流れも詳しく決められ、当日もスムーズに引越しを進められる可能性が高いです。

訪問見積もりではその場で見積書を作成してもらい、実際に行う作業と料金を突き合わせて確認できます。直接説明を受けられるため、値下げ交渉もしやすいです。なお、引越し業者によっては訪問見積もりをするだけで、お米や洗剤などの日用品をくれる場合もあります。

ただし、訪問見積もりではその時点で詳細な希望を決めておく必要があります。対面でやり取りする分、他の方法よりも時間がかかります。

電話見積もり

電話見積もりとは、引越し業者に電話をかけて見積もりをとる方法です。引越し業者の指示に従い、荷物量、家具の大きさ、引越し先の住所や現住所などを伝えて見積もりを出してもらいます。

部屋に引越し業者を招く必要がないため、部屋が片付いていなくて人を呼びたくない場合や、女性の一人暮らしで引越し業者の男性スタッフを家に上げたくない場合も安心して見積もりを依頼できるでしょう。受付時間内なら見積もりを依頼でき、見積もりのために引越し業者と予定を調整しておく必要がありません。時間を効率的に使って多くの引越し業者に見積もりの依頼が可能です。

ただし、電話見積もりをするには、引越しで運搬する荷物の情報や自分の家の付近の情報を口頭で伝える必要があります。電話をしながら家中を歩き回って荷物について確認しながら情報を伝えるのは、意外と大変な作業です。複数の引越し業者に見積もりを依頼する場合、その作業を何度も繰り返さなければなりません。

また、電話見積もりで荷物の量や建物の状況を正確に伝えるのは難しいです。そのため、引越し業者が用意したトラックに運搬したい荷物がすべて積みきれなくなるケースもあります。そのようなトラブルを避ける目的で大きめのトラックでの引越しを提案する引越し業者も多いです。トラックが大きくなるほど引越し料金も高くなるため、損をしていると感じる方もいるでしょう。

メール見積もり

メール見積もりとは、引越し業者にメールで荷物の量や引越し先までの距離などの情報を伝えて見積もりを行う方法です。

メールだけで見積もりを取れるため、忙しい人でも利用できます。たとえば、会社や学校に行く前にメールを送付し、帰宅後に引越し業者から送られてきた見積もりの内容をじっくり見て比較することも可能です。

ただし、荷物の量や引越しの距離などの情報は、自分で判断して伝えなければなりません。素人が判断すると、実際の状況と差が出てしまう場合もあります。また、オプション作業が必要な荷物を把握しづらく、新居や現住所の周辺環境も詳しく伝えにくいです。

そのため、もともと荷物量が少なくて誤差が生じにくい一人暮らしの引越しのみ、メール見積もりに対応している引越し業者も多いです。

各見積もり方法はどんな人に向いている?

各見積もりはどのような人におすすめなのでしょうか?ここでは、それぞれの見積もり方法が向いている人について説明します。

・訪問見積もり

訪問見積もりは見積もりに時間がかかるものの、引越し業者による正確な見積もりができます。一般的に、運搬する荷物量が多いと引越し料金が高くなります。よって、余計な出費を増やしたくないファミリー世帯には訪問見積もりがおすすめです。ただし、引越し業者が家に来てすべての部屋の荷物を見て回るため、同居人に配慮したうえで訪問日を決めましょう。

・サイトや電話・メールを利用したオンライン見積もり

オンラインでの見積もりは、実際の荷物量を正確に伝えきれない可能性があります。しかし、運ぶ荷物が少ない方や単身者であれば、荷物量の認識齟齬によるトラブルの影響はあまり大きくありません。そのため、オンラインでの見積もりがおすすめです。世帯人数や荷物量が多い引越しの場合は、そもそもオンラインでの見積もりをしていない引越し業者が多いです。

引越しの一括見積もりサイトのデメリットや注意点は、こちらをご覧ください。

【シチュエーション別】おすすめの見積もり方法と見積もり社数

ここでは、シチュエーション別のおすすめの見積もり方法とともに、必要な見積もり社数について説明します。

家族での引越しの場合

家族での引越しの場合は荷物の量が多いため、訪問見積もりがおすすめです。荷物の量や自宅の周辺環境などの詳細を引越し業者にきちんと確認してもらいましょう。適正料金で引越し作業を進めてもらうためにも、3社以上から見積もりを取って比較することが大切です。他社の見積もりを参考にすると、スムーズに価格交渉ができます。

単身・一人暮らしの引越しの場合

単身・一人暮らしの引越しなら、サイトを利用した見積もり、電話見積もり、メール見積もりなどが向いています。荷物の量がそれほど多くないため、だいたいの条件を伝えれば正しい見積もりを出せる可能性が高いです。引越し業者と直接会う必要がなくて効率的に見積もりを依頼できる分、より多くの引越し業者に見積もりを依頼して比較しましょう。目安は3社前後です。

長距離の引越しの場合

長距離の引越しの場合、荷物の運搬方法によって料金が大きく変化する可能性があります。そのため、少なくとも3社以上から見積もりを取って比較することが大切です。家族での引越しなら訪問見積もり、単身・一人暮らしの引越しならリモートで依頼できる見積もり方法が適しています。

確認しておきたい各事業者の違い

実際に複数社に見積もりを依頼するにあたって、どのような違いに着目すれば良いのでしょうか?ここでは見積もりで確認するべき各担当者によって異なるポイントを説明します。

一番気にする方が多いポイントは料金です。引越し業者によって引越し料金は大きく変化するため、複数見積もりを取って自分の納得のいく料金を提示してくれる業者を探してみましょう。

もうひとつ大切なのがオプションサービスです。エアコンの取り付け・取り外しや、玄関から運び出せない荷物を窓からクレーン車で運びだすといった、追加で業者にお願いする作業のことをオプションサービスといいます。業者によっては自分が望むオプションサービスを取り扱ってないこともありますので、見積もりの際にしっかり確認しましょう。

自分に合った引越し業者の選び方

各社の見積もりが出揃ったら、自分が求める条件に最も近い引越し業者を選びましょう。料金の安さだけでなく、サービスの内容についてもよく確認する必要があります。最終的な決定を下す前に、各社の口コミや評判もチェックするとより安心です。

また、引越し業者を決める際は、見積もり以外の細かい部分についても把握しておきましょう。たとえば、補償内容やサービスの範囲などは引越し業者によって異なります。当日の作業員の人数についても知っておくと、よりスムーズに引越し作業ができます。

見積もりなしでお得な業者を簡単に見つける方法はある?

引越し方法によってさまざまな見積もりの形が存在します。しかし、どれも時間や手間がかかるため、面倒な見積もりなしで引越ししたいという方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが定額引越しサービスです。文字通り決まった値段で引越しができるサービスで、見積もりなしで引越しを行えます。例えば、一般的な定額引越しサービスの1つである単身パックは使用するコンテナボックスの数ごとに料金が設定されています。少ない荷物を効率的に運搬したい方向けで、コンテナボックスを使用することで荷物の量が少ない方でもお得に使用できます。しかし、コンテナボックスに入らない大型の家具は別の手段で運ぶ必要があるため、別料金がかかります。自身の荷物が指定されたコンテナボックスに収まるかどうかはしっかり確認しておきましょう。

単身引越しナビを利用する

単身引越しナビ

一都三県に在住の単身者の方で、電話なしで、かつ引越し業者とのやり取りを極力少なくしたい方には当サイトが提供する定額引越しサービスの「単身引越しナビ」がおすすめです。 荷物の制限は2トンのショートトラックに載せられるだけなので料金体系も非常にわかりやすく、見積もりの時間が削減できるようになっています。 大型の家具・家電があっても、既定のサイズに収まるのであれば料金は変わりません。信頼できる数多くの提携事業者がいるから希望日でのお引越しが可能です。 また電話対応は単身引越しナビかマッチングした引越し業者だけなので安心して利用できます。しつこい営業電話も、訪問見積もりもないので、じっくりと引越し準備を進められるでしょう。

こちらから電話することはなく、ネットから申し込んだら、マッチングできるまで待っていればOK。申込み手続きもネットで完結します。 引越し業者が見つかったら、あとは当日までに梱包を済ませるだけです。梱包で使うダンボールも20枚ついてくるので、梱包資材の調達は必要ありません。 時間のない人、できるだけ手間を少なくして引越ししたい人は、ぜひ利用してみてください。

引越しは相見積もりをしないと不利?即決で安くできる方法は、こちらでご紹介しております。

見積もりに関するQ&A

ここでは、引越し業者の見積もりに関するQ&Aを紹介します。

見積もりをとる際のマナーはある?

複数の引越し業者に見積もりを取る際は、相見積もりであることを事前に伝えましょう。比較したうえで断る可能性もあると知らせたほうが印象は良いです。また、断るなら、それが分かった時点で早めに連絡する必要があります。いくつもの引越し業者から見積もりを取っている場合、すべての引越し業者へ忘れずに連絡するよう注意してください。

訪問見積もりで部屋が汚いのはNG?

訪問見積もりの場合、部屋が多少汚くても基本的には問題ありません。大型家具・家電や全体の荷物の量が分かる状態であれば、見積もりは可能です。ただし、足の踏み場がなく、荷物の量も確認しにくい状態では引越し料金が高くなる可能性もあります。なぜなら、余裕を持って多めに荷物を見積る必要があるからです。訪問見積もりを選ぶなら、ある程度は片付けをしておいたほうがいいでしょう。

まとめ

この記事では、引越しの見積もりは何社に依頼すれば良いかや、具体的な見積もり方法、見積もり不要の定額引越しサービスについて解説してきました。安くて自分にあった業者を見つけるためには、3社以上に依頼するのがおすすめです。複数社への見積もり依頼を取る暇がないという方で条件にあてはまる方には「単身引越しナビ」の利用をおすすめします。この記事を参考に、ぜひ自分にあった良い業者を見つけてください。