引越し業者に訪問見積もりを依頼する際の注意点|準備事項や流れを解説

引越し業者に訪問見積もりを依頼する際の注意点|準備事項や流れを解説

目次

  1. 引越し業者の訪問見積もりとは
  2. 引越し業者に訪問見積もりを依頼する前に注意すべき点
    1. 部屋を整理整頓しておく
    2. 訪問見積もりは複数の業者に依頼する
  3. 引越し業者に訪問見積もりを依頼している当日に注意すべき点
    1. ペットは一時避難させる
    2. 業者同士の訪問時間が重ならないようにする
    3. お茶・お菓子を出しても見積もりは有利にならない
    4. 余裕を持って時間を確保しておく
    5. 契約するか悩んでいる場合はダンボールを受け取らない
  4. 引越し業者に訪問見積もりを依頼した後に注意すべき点
  5. 訪問見積もりの流れ
    1. ステップ①引越し業者に見積もり依頼をする
    2. ステップ②引越し業者に荷物量を確認してもらう
    3. ステップ③引越し内容をヒアリングしてもらう
    4. ステップ④引越しに関する疑問を質問する
    5. ステップ⑤見積書を作成してもらう
  6. 引越し業者の訪問見積もりで準備すること
    1. 引越しに関する情報をそろえる
    2. クローゼットや扉を開けておく
    3. 隠したいものは風呂場に置いておく
  7. 相見積もり以外で引越し料金を安くするポイント
    1. 繁忙期を避ける
    2. 荷物を減らす
  8. 訪問見積もりをしないと決めることには注意が必要
  9. 訪問見積もりが面倒くさい人におすすめの見積もり方法
    1. 電話見積もり
    2. オンライン見積もり
  10. 引越し見積もりを手軽に行うなら「単身引越しナビ」がおすすめ!
  11. まとめ
大手の引越し料金と比較すると単身引越しナビなら最大67%安い!
  • A社 約67%OFF
  • B社 約50%OFF
  • C社 約20%OFF
summary
  • 訪問見積もりを依頼する際は、事前に準備をしておくことでスムーズな作業が可能となります
  • 訪問見積もりにおけるさまざまな注意点を認識することにより、適正な価格で引越しを依頼することができます
  • 引越しは訪問見積もりが基本ですが、荷物が少ない単身者や女性向けに電話・メール・チャット・電話などで見積もりができる業者もあります

訪問見積もりは、引越しの費用を決定する上でとても大切な作業となります。業者を家に入れなくてはならないため、面倒に感じることがあるかもしれませんが、引越し費用をおさえるためにも事前の準備が重要です。この記事では、引越し業者による訪問見積もりの概要・流れ・注意点などについて解説します。

引越し業者の訪問見積もりとは

訪問見積もりとは、旧居に来てもらい、実際の荷物量や周辺地域を確認してもらうサービスです。訪問見積もりによって、引越しにかかるおおよその金額を提示してくれます。「引越し当日まで荷造りが終わらない」「運搬する荷物が増えた」といったことがない限り提示された料金は変動しません。

また、訪問見積もりは無料で行えることがほとんどです。しかし、業者は見積もりを行うためにコストがかかっています。担当者の人件費や訪問に使う燃料代などの回収もかかっているため、多くの業者は依頼者に契約させようと積極的に交渉してくるかもしれません。

とはいえ、訪問見積もりはあくまでも見積もりの段階のため、ほかの引越し業者の条件が良ければ断ることも可能です。

引越し業者に訪問見積もりを依頼する前に注意すべき点

引越し業者に訪問見積もりを依頼する際は、次の2点に注意しましょう。事前に少し準備をするだけで、見積もり費用をおさえたスムーズな引越しが実現できるでしょう。

  • 部屋を整理整頓しておく
  • 訪問見積もりは複数の業者に依頼する

部屋を整理整頓しておく

訪問見積もりの前に部屋を片づけ、必要ないものを処分しておきましょう。引越し業者に運んでもらう荷物の量が増えると料金も高くなるため、荷物を減らして料金をおさえます。さらに、運搬する荷物量を減らせば、荷造りや搬出・搬入作業の手間も減るでしょう。

また、荷物は整理しておくと、訪問見積もりで担当者が把握しやすくなります。引越しを決めたら早めに荷物整理をして、スムーズに見積もりの依頼を出せるように備えておきましょう。

訪問見積もりは複数の業者に依頼する

訪問見積もりは、複数業者から取りましょう。複数の見積もり比較することで、費用の目安がつきやすくなります。引越し費用は時期やプランによっても変動が大きく、相場がわかりづらい傾向があります。

複数の業者から見積もりを取ることで、適正価格が掴みやすく、納得した上で依頼することができるでしょう。引越しの距離や荷物量によっても異なりますが、3〜4社から見積もりを取るのが一般的です。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

引越し業者に訪問見積もりを依頼している当日に注意すべき点

引越し業者に訪問見積もりを依頼している当日は、次の5つの注意点を覚えておきましょう。

  • ペットは一時避難させる
  • 業者同士の訪問時間が重ならないようにする
  • お茶・お菓子を出しても見積もりは有利にならない
  • 余裕を持って時間を確保しておく
  • 契約するか悩んでいる場合はダンボールを受け取らない

ペットは一時避難させる

家でペットを飼っている場合、見積もりの際はケージなどに入れておきましょう。ペットが担当者の足元でうろうろしていると見積もり作業の邪魔になります。引越し業者の担当者が動物を苦手としている場合、見積もり作業に集中できなくなる恐れがあります。

動物が苦手な担当者でなくとも、担当者やペットがケガをしてトラブルになる可能性もあるため、見積もり作業中はケージに入れて担当者と接しないような対策が必要です。

業者同士の訪問時間が重ならないようにする

引越し料金やサービスの内容は引越し業者ごとに異なるため、見積もりを取る際は複数業者に依頼して比較しましょう。各業者に訪問見積もりを行ってもらうことも可能ですが、
業者同士の訪問時間が重なる状況は避けましょう。
そのため、見積もりを依頼する際は別の日時を指定して、どうしても同時になる場合はあらかじめ業者に連絡しておきます。

また、複数業者に見積もりを依頼していることは、日時が重なっていなくとも業者に伝えることをおすすめします。多くの場合、ほかの業者に顧客を取られないようお得な料金を提示してくれるため、値引き交渉が行いやすくなるかもしれません。

お茶・お菓子を出しても見積もりは有利にならない

訪問見積もりにきた担当者にお茶・お菓子を出しても、見積もりが有利になることはありません。お茶を用意することで印象を良くすることはできるかもしれませんが、見積もり料金は引越し時期や荷物の量などで決まります。

お茶を出す場合は、値引きを期待するのではなく、その場の雰囲気を和ませることを目的だと考えましょう。どうしても飲み物を用意しておきたいときは、湯呑やティーカップではなくペットボトルがおすすめです。ペットボトルであれば、その場で飲みきれなくても持ち帰ってもらえます。

お菓子は大事な商談中に食べづらく、甘いものが苦手な人にとっては迷惑になる可能性もあるので、無理に出す必要はありません。

余裕を持って時間を確保しておく

訪問見積もりに必要な時間は、部屋の広さや依頼する内容によっても変わりますが、20~60分程度がひとつの目安です。

時間がないからといって見積もり料金を早く提示するよう催促してしまうと、荷物の量が正確に把握できず、のちのち追加料金が発生するなどのトラブルにつながりかねません。

スケジュールを空けておくのを面倒に感じるかもしれませんが、訪問見積もり当日は、余裕を持って時間を確保しておくことが大切です。

契約するか悩んでいる場合はダンボールを受け取らない

訪問見積もり当日は、契約を結んでいない顧客に対しても、ダンボールを置いていこうとする引越し業者がいます。「念のため置いていくだけなので、キャンセル料は一切かかりません」といわれると、ついダンボールを受け取ってしまいそうになりますが、契約するか悩んでいる場合は基本的にはダンボールを受け取らないようにしましょう。

一度ダンボールを受け取ってしまうと、「断りの連絡を入れる必要がある」「返却の手間が発生する」など面倒なことになりかねません。強引にダンボールを渡そうとする業者がいても、はっきりと断るようにしてください。

引越し業者に訪問見積もりを依頼した後に注意すべき点

訪問見積もり後の断り方についても、注意する必要があります。複数業者から訪問見積もりを取った場合は、必ず1社に絞り、他の業者にはキャンセルの連絡を入れなければなりません。

契約していないとはいえ、作業員やトラックを確保している場合もあるため、できるだけ早く断りの連絡を入れましょう。

断るときは、「希望の日時で引越しできるのが〇〇社だけだった」というように、具体的な理由を伝えられると納得してもらいやすくなります。断り方を誤ってトラブルにならないためにも、できるだけ早く誠実な姿勢で返事をすることを意識しましょう。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

訪問見積もりの流れ

女性 ノートパソコン

訪問見積もりでは、引越し業者の担当者が家を訪れて、荷物の量や種類などを確認します。梱包資材の数やトラックのサイズも荷物量によって変わるため、当日までに変更が起きないようしっかりと準備しておきましょう。

荷物量を確認したあとは、引越し内容や希望の日付、作業に入る時間などのスケジュールを検討して料金が提示されます。訪問見積もりの流れが分かっていると、スムーズな引越しを実現できるでしょう。

  • ステップ①引越し業者に見積もり依頼をする
  • ステップ②引越し業者に荷物量を確認してもらう
  • ステップ③引越し内容をヒアリングしてもらう
  • ステップ④引越しに関する疑問を質問する
  • ステップ⑤見積書を作成してもらう

ステップ①引越し業者に見積もり依頼をする

まずは、引越し業者に訪問見積もりについて問い合わせます。問い合わせフォームなどから連絡して、名前・住所・電話番号などの情報を入力します。

訪問希望日は複数求められることが多いので、あらかじめ空いている日時をいくつかピックアップしておきましょう。問い合わせフォームを送ったあと、居住地域を担当する営業支店からメールか電話で連絡が入り、具体的な訪問日時を決めていきます。

ステップ②引越し業者に荷物量を確認してもらう

はじめに、荷物量の確認が行われます。担当者は、本棚やタンスなどの大型家具の有無、冷蔵庫や洗濯機などのサイズ、ダンボールに詰める荷物の目安を調べていきます。

ダンボールは重い食器などを入れる小さめタイプ、軽い洋服などを入れる大きめタイプごとに、おおよそ何箱必要かを算出します。引越しに必要のない荷物は分けておくと、スムーズに作業が進むでしょう。

また、押し入れやクローゼットに入っている荷物や屋外に保管してある荷物についても忘れずに伝えてください。

ステップ③引越し内容をヒアリングしてもらう

つぎに、引越し内容のヒアリングが行われます。引越しの日時だけでなく、業者に依頼したい内容を細かく伝えることが重要です。

ヒアリングの内容としては、「梱包は引越し業者に依頼するか」「引越し作業の希望開始時間は何時か」「引越し先の立ち合いは誰が行うか」などが挙げられます。

また、オプションサービスとして、エアコンの移設・不用品の処分・電気工事などの依頼を検討している場合も、ヒアリング時に伝えましょう。

ステップ④引越しに関する疑問を質問する

見積もり訪問では、引越し当日の作業内容・引越しに関する約款・引越し業者の強みなどの説明も受けることになります。引越しに関する不安や質問があれば、このタイミングで聞いておきましょう。

また、引越しに必要なダンボール・ガムテープ・緩衝材などの資材をどれくらいもらえるのかも確認します。ダンボールは無料で受け取れる場合が多いですが、上限が設定されていないかもチェックしましょう。

また、緩衝材は基本的に有料オプションとなりますが、割引の特典やキャンペーンを利用することで、無料となるケースもあります。

ステップ⑤見積書を作成してもらう

さいごに、見積書を作成してもらいます。訪問見積もりでは、担当者がその場で見積書を作成して、提示します。

見積書は細かいヒアリングを経て作成されていますが、抜け漏れがないか改めてチェックします。

見積書を受け取ってからすぐに契約する必要はないので、必要に応じて複数社から見積もりを取り、それぞれ比較してみましょう。ただし、繁忙期はすぐに予約が埋まってしまう可能性もあるため、できるだけ早い段階で引越し業者を決定するのがおすすめです。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

引越し業者の訪問見積もりで準備すること

引越し業者が訪問見積もりで訪ねてくるまでに、どのような準備が必要なのでしょうか。ここでは、訪問見積もりで必要な3つの準備項目について紹介します。

  • 引越しに関する情報をそろえる
  • クローゼットや扉を開けておく
  • 隠したいものは風呂場に置いておく

引越しに関する情報をそろえる

訪問見積もりでは、引越しに関する情報をスムーズに伝えられるよう準備しておきましょう。引越しに関する情報として最低限必要なものは、引越し先の住所・希望の引越し日・引越し先へ持って行く荷物です。

ほかにも、引越し先の建物の階数・エレベーターの有無・トラックが駐車できる場所などの情報があると、より正確な見積もり作成が可能となります。引越し先周辺の道幅についても分かるとベターです。

クローゼットや扉を開けておく

訪問見積もりの際には、クローゼットや扉は開けておきましょう。引越し業者は荷物の量・種類などを確認する目的で訪問してきます。

そのため、自分の荷物がある場所が一目で把握できるようにするのが大切です。他人の部屋でクローゼットや扉などを勝手に開けるとマナー違反になるため、部屋の扉が閉まっていると荷物を確認しづらくなります。訪問の前に自ら扉を開けておきましょう。

隠したいものは風呂場に置いておく

人によっては「引越し業者に自分の持ち物を見られたくない」と考えるケースもあります。何らかの理由で見積もりの際にも隠したい荷物がある場合は、風呂場やトイレなどのような見積もり作業中に見られない場所に置いておきましょう。

風呂場やトイレは荷物が少なく、見積もりの際にあまり確認されません。不安な方は事前に「風呂場は見ないでほしい」などと伝えておくと安心でしょう。

そのほか、空の湯船に荷物を入れて蓋をしておく方法もあります。引越しの訪問見積もりで引越し業者はどこまで見るのかは、こちらの記事をご覧ください。

相見積もり以外で引越し料金を安くするポイント

引越し料金を安くおさえるためにはいくつかのポイントを意識しましょう。時期に気を配ったり荷物を減らしたりすれば料金が安くなり、より節約して引越せます。

  • 繁忙期を避ける
  • 荷物を減らす

繁忙期を避ける

引越し料金の料金相場は時期によって異なるため、相場が高い時期を避けて引越すと料金を安くおさえられます。

引越し業者の多くは3月中旬~4月上旬にかけて繁忙期を迎えるため、料金が高騰します。この時期は年度の境目にあたり、全国で卒業・入学・就職など引越しを伴うイベントが発生するタイミングです。引越し業者の予約も非常に取りづらくなるため、可能であればほかの時期の引越しを検討しましょう。

繁忙期以外にも、月内・週内で料金が高くなるタイミングがあります。賃貸物件の多くは月ごとに契約を更新しており、契約が切れる月末に引越すと効率良く引っ越せます。そのため、同じ月でも月末付近は引越し需要が高く料金も上昇するようです。

また、曜日のなかでは、土曜日が高くなる傾向にあります。土曜日は翌日が休日のため、「引越しの翌日に自由時間を取りたい」と考える人も多くいるためです。

このように、さまざまなタイミングでの引越しを検討して、最もお得なタイミングを選びましょう。

荷物を減らす

引越しを機に荷物を処分して減らすことも効果的です。新居に運ぶべき荷物が増えると、引越し業者はより大きなトラックや多くの人員を用意する必要があります。トラックの運行料金や従業員の人件費などが増えるため、利用客に求める料金も増えます。一方で、荷物が少なければ小さなトラックと最小限の人員で足りるため、料金も安くおさえられるでしょう。

不要なものは、ごみとして廃棄するほかリサイクルやフリマアプリなどで販売する方法もあります。少しでも手持ちのお金が増えれば、その分引越し料金の足しになるでしょう。また、古い家電などは買い替えを検討するのもおすすめです。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

訪問見積もりをしないと決めることには注意が必要

できれば訪問見積もりをせずに引越したいと考える方も少なくないでしょう。しかし、家族での引越しのように荷物が多い場合、訪問見積もりが事実上必須となっています。訪問見積もりをしないと荷物量の把握がしづらく、引越し当日に「把握していなかった荷物がある」ということが起きる可能性があるからです。

一方で、荷物が少なければ荷物量が増えても大きなリスクがないため、訪問見積もりをせずに引越せる場合もあります。訪問見積もりをしない場合は電話・メール・チャット・写真アプリなどを利用して見積もりを行います。

荷物が少ない単身者だけでなく、家に男性が訪れることに抵抗がある女性向けのサービスを展開している業者もあります。「自宅に知らない人が来るのが嫌」「訪問見積もりに応対する時間がない」という人は、さまざまな業者を比較しながら最適なサービスを選択しましょう。

訪問見積もりが面倒くさい人におすすめの見積もり方法

訪問見積もりが面倒くさい人におすすめの見積もり方法として、「電話見積もり」「オンライン見積もり」の2つがあります。これらの方法は、引越し業者が自宅を訪問することなく、遠隔でのやりとりで見積もり依頼が完結します。

忙しくて立ち会いの時間を確保できない人、家の中に立ち入ってほしくない人に向いている方法です。

電話見積もり

引越し業者のなかには、電話見積もりを行っているところもあります。主に単身者のような荷物が少ない引越しの場合に利用しやすく、業者による家への訪問が不要なため手軽に見積もりを取れます。

電話で見積もりを取るときは、事前に準備しておくとスムーズに進められるでしょう。あらかじめ新居・旧居の住所や間取り、引越しを希望する日時、荷物の数などを控えておきます。特に、ダンボールで梱包が不可能なものがある場合は必ず伝えましょう。引越し当日に問題なく運べるように、荷物の数や大きさを正確に伝えることも大切です。

なお、電話見積もりにかかる時間は15~30分程度です。ただし、目視で荷物量を確認できないため、場合によっては訪問見積もりよりも時間がかかるかもしれません。

オンライン見積もり

訪問見積もりも電話見積もりも面倒であれば、インターネットを利用して見積もりを取ることも可能です。引越し業者や不動産会社などが公開している専用のWebサイトにアクセスして、入力フォームに各種情報を記入して送信すれば見積もりを行ってくれます。パソコンやスマートフォンで簡単に見積もりを取れるため、より手軽に見積もりを取れるでしょう。

ただし、インターネットでの見積もりは、業者から来る多くの連絡に対応しなくてはなりません。引越し業者によっては、時間を問わず連絡してくることもあるため、対応に手間がかかるでしょう。

引越し業者からの連絡対応を行わずに見積もりを取りたい場合は、後ほどご紹介する『単身引越しナビ』の検討をおすすめします。

引越し見積もりを手軽に行うなら「単身引越しナビ」がおすすめ!

単身引越しナビ

一都三県に在住の単身者の方で、電話なしで、かつ引越し業者とのやり取りを極力少なくしたい方には当サイトが提供する定額引越しサービスの「単身引越しナビ」がおすすめです。 荷物の制限は2トンのショートトラックに載せられるだけなので料金体系も非常にわかりやすく、見積もりの時間が削減できるようになっています。 大型の家具・家電があっても、既定のサイズに収まるのであれば料金は変わりません。

信頼できる数多くの提携事業者がいるから希望日でのお引越しが可能です。 また電話対応は単身引越しナビかマッチングした引越し業者だけなので安心して利用できます。しつこい営業電話も、訪問見積もりもないので、じっくりと引越し準備を進められるでしょう。

こちらから電話することはなく、ネットから申し込んだら、マッチングできるまで待っていればOK。申込み手続きもネットで完結します。 引越し業者が見つかったら、あとは当日までに梱包を済ませるだけです。梱包で使うダンボールも20枚ついてくるので、梱包資材の調達は必要ありません。時間のない人、できるだけ手間を少なくして引越ししたい人は、ぜひ利用してみてください。

まとめ

家の中に入ってチェックされることを考えると面倒に感じるかもしれません。しかし、訪問見積もりには正確な見積金額を提示してもらいやすいというメリットもあります。訪問見積もりを依頼する場合は、事前に流れを理解して必要な準備をしておきましょう。

また、引越し当日にトラブルが発生しないよう、オプションサービスや資材についてもしっかりと確認しておくことが大切です。複数の見積もりを比較して最適な引越し業者を選び、満足度の高い引越しを実現してください。