事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
ダンボール ガムテープ

summary

  • 知人に手伝ってもらう場合には作業時間や謝礼などに配慮しましょう
  • 引越し業者に依頼する場合は運搬の邪魔にならないところにいましょう
  • 知人の引越しを手伝う場合には動きやすい服装を着ていきましょう

引越しは誰かの手を借りて行うのが一般的です。多くの人が引越し業者に依頼して引越しを手伝ってもらいますが、なかには家族や友人など身近な人物に手助けを頼む場合もあるでしょう。この記事では、知人へ引越しの手伝いを依頼するとき、および自分が頼まれたときのポイントや、引越し業者に依頼した際の運搬当日の過ごし方などについて解説します。

引越しの手伝いは誰に頼む?

引越しは多くの手間や労力が必要になるため、多くの場合一人だけでは行わずに協力者を募ります。協力してもらう相手はプロであれば引越し業者、それ以外であれば友人・知人が対象となるでしょう。それぞれで異なるメリットとデメリットがあるため、両者の特徴を正確に把握して自分の引越しに適した相手を選びましょう。

引越し業者に頼む

引越し業者 二人

引越しの代表的な手段は、引越し業者に依頼することです。引越しのプロである業者に頼めば、手軽かつ迅速に引越しできます。また、万が一の場合に補償を受けられる業者であれば、大きな安心感も得られるでしょう。一方、ある程度の費用がかかることや、好きな日時に引っ越せない可能性があるといった欠点もあります。人によってはプライバシー面が気になる場合もあるでしょう。以下でご紹介するメリットとデメリットを踏まえ、利用するかどうかの判断をすることをおすすめします。

引越し業者に頼むメリット・デメリット

楽に引っ越せる

引越し業者に依頼すれば、自分だけよりも引越し作業を格段に楽に行えます。引越し業者は家具や家電を梱包・運搬する道具やノウハウ、人員を持っているため、引越しプランによっては自分でほぼ何もせずに引っ越すことも可能です。

早く引っ越せる

引越し業者を利用しての引越しは、利用しない場合より迅速に行えます。引越し作業に慣れている業者のスタッフが作業を効率的に進めてくれるため、引越しのために割く時間を最小限におさえられるでしょう。急遽引越しを決めた場合などにも、荷物さえまとめておけば、とりあえず移動することが可能です。また、引越しでは多くの手続きが必要になるため、引越し作業以外のことに時間をかけられると、やるべきことが漏れたり慌ただしくなったりせずに済みます。

安心して引っ越せる

引越し業者に任せれば、荷物の汚れや傷を心配する必要がありません。さまざまなものを動かす引越し作業においては、家具や家などに汚れや傷を付ける可能性がありますが、引越し業者ならば安全に運ぶためのコツや道具をそなえています。万が一汚れや傷が付いた場合も、多くの業者が補償制度を提供しているため心配の必要がありません。

引越し料金が高い

引越し業者を利用する場合、少なくない額のお金がかかります。引越し業者に依頼した場合の料金は、業者選択、および距離や荷物の量などによって大きく変動しますが、基本的に業者は利益を上乗せする分だけ割高になる傾向があります。荷物の梱包やエアコンの取付け取外しなどのオプションも依頼すれば、さらに高額になるでしょう。

日程が制限される

引越し業者を利用する場合、好きなときに引越しができるわけではありません。業者と予定を合わせて引っ越す関係上、予約がとれるタイミングにこちらが合わせる必要があります。特に繁忙期である3月中旬〜4月上旬頃は引越し業者の予定がすぐに埋まるため、引越し可能な日時の選択肢が少なくなり、さらにタイミングを合わせづらくなるでしょう。

プライバシー面が気になる場合がある

人によってはプライバシーの観点から、引越し業者を利用することに抵抗を感じる場合があるでしょう。プロの引越し業者であっても赤の他人であることに変わりはなく、知らない人物が自分の家に入ったりものに触ったりすることに不快感を覚える人もいます。また、どうしても自分の住所を教えることになるため、引越し後も不安に感じる場合もあります。

作業員のレベルに差が生まれる場合がある

引越し当日の作業は、対応する引越し作業員のレベルによって、手際の良さや丁寧さに差が出ることがあります。依頼したことのある引越し業者だとしても、作業員のレベル次第では引越し作業にかかる時間が以前よりも長くなることがあるでしょう。基本的には、経験年数が長い作業員ほど引越し作業に慣れているため、テキパキと作業をこなしてくれる可能性が高くなります。しかし、経験年数が短い場合でも、引越し作業に関する社内研修をしっかりと受けていたり、何かあってもすぐにフォローできるベテラン作業員の方が一緒に作業していたりするため、経験年数はあくまでもひとつの目安として認識しておきましょう。

引越し業者が荷物を運搬している間はどう過ごすの?

引越しの当日、引越し業者の運搬を手伝った方がいいのか困ることもあるでしょう。
引越し業者に運搬を依頼している場合は、基本的に引越し作業は全て引越し作業員に任せます。引越し業者の手伝いをしようとして、かえって運搬作業の邪魔になり、作業時間の延長につながる可能性もあります。
ここでは、引越し作業員が荷物を運搬している間の過ごし方についてご紹介します。

運搬の邪魔にならないところにいる

引越し業者によって手順や積み方があるので引越し作業員への手伝いは不要です。運搬の邪魔にならない部屋の広い場所で作業を見守っていれば問題ありません。

子供がいる場合は目を離さないようにする

運搬中に事故が発生する場合もあるため、作業員に近づかないようにしましょう。特に、子供からは目を離さないように注意する必要があります。

引越し作業員からの質問に答える

新居に荷物を搬入する際、荷物の置き場所を聞かれることがあります。スムーズな荷解きのためにも、質問には可能な限り答えましょう。

友人・知人に頼む

引越し業者に依頼せず、友人や知人などに引越し作業を手伝ってもらう方法もあります。業者に頼む必要がない分コストをおさえられ、日程も柔軟に決められます。また、第三者が関わらないためプライバシー面も気にならないでしょう。しかし、引越し業者への依頼では必要ない人手の確保や、運搬の手間などがかかるという欠点もあります。荷物に汚れや傷などを付けてしまう可能性も少なくありません。

友人・知人に頼むメリット・デメリット

HELP 女性 部屋

安く引っ越せる

友人や知人に頼めば、多くの場合引越し業者に依頼するよりも安く引っ越せます。基本的にかかるお金はレンタカーの代金のみで、必要最低限のコストで荷物の運搬が可能です。出費が増えやすい新生活を前に引越しのコストを安くおさえられる点は大きなメリットといえます。

日程を自由に決められる

友人・知人と予定を合わせるだけで、自由度高く引越し日時を決められます。引越し業者には不特定多数の引越し客から依頼が入るため、時期によっては予定がすぐに埋まり選択肢が少なくなります。一方、友人などとの引越しならば予定を合わせやすく、多くの人が引っ越す繁忙期でも、費用面や日程について悩むことなく引越し計画を立てることが可能です。

プライバシーが保たれる

友人に手伝ってもらい引越しをすれば、自分のプライベートな部分に干渉され不快に感じる可能性が少なくなります。引越し業者に依頼すると、どうしても他人である引越しスタッフが家に入ったり荷物に触ったりする必要があります。一方気心の知れた友人であれば、プライバシー面が気になる人でも心理的な抵抗感が少なくなるでしょう。

大きな労力がかかる

友人・知人に頼んで引っ越す場合の作業は大仕事です。引越し作業は荷物の梱包や運搬が必要ですが、どちらも十分な装備やノウハウなどがない場合は苦労する作業でしょう。また、車の運転も必要であり、重い荷物を多数載せて大きな車を運転することは慣れていないと大変に感じる可能性もあります。

人手の確保がいる

手際良く引っ越すためにはある程度の人数を集める必要があります。引越し業者に依頼すれば十分な人数を業者側で用意してくれますが、自力では何人かに声をかけて予定を合わせる作業が必要です。当日のスムーズな引越しのために、各人が担当する仕事内容まで振り分けておくべきでしょう。引越し後に謝礼や食事会などの形できちんとお礼をする準備も必要です。

安全性に欠ける

身内だけでの引越し作業は安全に行える確証がありません。重く大きな荷物を慣れない人が運搬すると、何かの拍子に荷物や家を汚したり傷つけたりする恐れがあります。その場合、業者に依頼している場合とは異なり汚れや傷に対する補償もないため、大きな出費が発生することもあるでしょう。また、ものだけでなく、作業中に人がケガをする可能性があることも忘れずに考慮しましょう。

引越しの手伝いを知人に頼むときのポイント

知人に頼んで引越しを行う際には意識するポイントがあります。まず、手伝ってくれる相手への配慮を忘れず、余計な手間や負担がかからないように注意しましょう。また、引越しに熟達した人ではないため、業者に依頼した場合と比べて引越し作業に長い時間がかかることへの覚悟と用意も必要です。さらに、引越しが終わったら何らかの形で感謝の気持ちを伝えるお礼をする必要があります。

相手への配慮が大切

引越しを手伝ってもらうときは、相手に必要以上の負担をかけないように配慮しましょう。スムーズに引越し作業を進められるようにレンタカーの用意や荷造りなどをあらかじめ終わらせて、さらに各自がやるべきことをリスト化しておくのがおすすめです。

作業の内容にも工夫が必要です。壊れると困るものや大事なものは自分で扱うようにすることで、余計なプレッシャーを与えたりトラブルの発生などを防いだりできます。万が一荷物の破損などが起きても、手伝ってくれた相手を責めるようなことはしないようにしましょう。

時間に余裕を持たせる

多くの場合、知人と一緒に引越し作業を行うと、引越し業者に依頼する場合よりも作業に時間がかかります。大きなものを含む多数の荷物を車に積んで新居まで移動し、移動先ですぐに車から降ろして適切な場所に配置する作業は、特に引越し作業に慣れていないと苦労するでしょう。それよりも前の段階でもダンボールなどの資材調達からすべて自分たちで行う必要があり、長い時間をかけての準備・作業が必要です。引越し前後の予定にはできるだけ余裕を持たせておき、引越し作業と予定が重なるリスクを最小限におさえましょう。

引越しの手伝いにお礼や差し入れは必要?

知人に引越し作業を手伝ってもらったら、謝礼金や食事会など何らかの形でお礼をするのがマナーです。親しい間柄であれば食事会の方が気を遣わずに済むでしょう。

謝礼金を渡す場合は、約3,000~5,000円ほどが相場とされており、現金、あるいは商品券の形で渡すのが一般的です。渡す際は新札・新券を謝礼袋に入れて、感謝の言葉と一緒に渡しましょう。

食事会はさまざまなパターンがあります。新居で出前をとったりホームパーティを開いたり、またレストランに行って自分が支払うことも選択肢の一つです。形式よりも感謝の気持ちと楽しんでもらいたいという心意気が大切でしょう。

引越しの手伝いを頼まれたときのポイント

引越しの手伝いは自分が頼むだけではなく、友人・知人から頼まれるパターンもあります。引越しを手伝う場合には、引越し作業で必要になる道具を用意していきましょう。また、服装にも注意が必要です。大事な服を汚したり傷つけたりすると、自分だけでなく頼んだ相手にも気まずい思いをさせてしまいます。できるだけ万全の準備をして引越しをサポートしましょう。

おすすめの服装

引越し作業を手伝う際には、動きやすく汚れても構わない服装を選ぶことをおすすめします。荷物の運搬では重いものや大きなものもあり、床にほかの荷物が置かれて歩きづらい可能性もあります。動きづらい服装では満足に荷物を運べず、荷物・服の破損や自身のケガを招きかねません。また、引越しの際には旧居と新居の掃除も必要です。掃除では自分の服が汚れることも多く、大事な服を着ていくとその後の洗濯で苦労するでしょう。

靴は脱いだり履いたりしやすいものを選びましょう。室内外を何度も往復するため、都度靴紐を結びなおしていては手間がかかります。靴紐のない運動靴などが理想的です。

必要な持ち物

引越しの手伝いにおいて、主な仕事は荷物の運搬と家の掃除です。荷物を運ぶ際には軍手や台車などがあると便利です。また、壁や床などを保護するための養生テープも利用しましょう。さらに、大きな家具などを運ぶときに分解の必要がある場合もあるため、ドライバーなどの工具も用意しておくと困りません。

掃除ではほうき・ちりとり・雑巾などが必要です。また、ほこりが舞うためマスクの用意もおすすめします。さらに、掃除中に出るごみを処分するためのごみ袋もある程度持っていきましょう。

軍手

荷物の搬入出に使います。作業で手が汚れるのを防げるだけでなくケガの防止にもつながるため、必ず用意しましょう。普通の軍手だとかえって素手よりも滑りやすくなるため、手のひら全面に滑り止めのラバーが付いているタイプがおすすめで、作業人数分あると安心です。なお、手のひらのラバーが点々になっているタイプの軍手は、荷物を持つときのグリップ力が素手とあまり変わらないため、できれば全面ラバーのものを用意しましょう。

マスク

引越し作業中はホコリやダニなどが舞うため、吸い込み防止にマスクを着用しましょう。何枚かストックを用意しておき、汚れたら替えることをおすすめします。夏場の引越しなどは息苦しさから熱中症につながる恐れもあるため、呼吸確保のためなるべく高さのあるものを選ぶと良いでしょう。

カッターやはさみ

主に、開封作業で緩衝材を切る場合に使います。ダンボールのガムテープを切る際に使われがちですが、刃にノリが付いて切れ味が落ちたり、中の荷物を傷つけたりする恐れがあるため、ダンボールは基本的に手で開封することをおすすめします。開封作業でカッターを使う場合は、刃が折れたりうっかり指を切ったりしないよう注意しましょう。

油性ペン

ダンボールの中身や置き場所を書いておくのに必要です。搬入作業がスムーズになるだけでなく、開封作業や後片付けも楽になります。太字が書けるタイプのもので、ポケットへの出し入れのしやすさや失くしにくさから、長めのものが便利です。色は、基本的に黒一色で足りますが、割れ物やパソコンなど取り扱いに注意が必要なものは赤色で使い分けても良いでしょう。ただし、部屋別や種類別などで多くの色を使い分けるのは、かえって混乱のもとになるためおすすめしません。また、過去の引越しで使った中古のダンボールに記入する際には、既に記入されている文字を二重線で消して、違う色で記入し直しましょう。

ごみ袋

引越し作業や掃除で出たごみを処分するのに必要です。多めに用意しておくと良い反面、旧居のごみ袋が新居でも使えるとは限らないため、あらかじめ自治体のルールを確認しておきましょう。なお、当日旧居でごみが出て、翌日が回収日でない場合は、大家さんに回収日まで預かってもらい代わりに出してもらえないか相談してみましょう。もし断られた場合は、自分で自治体のゴミ処理場に直接持ち込むか、新居まで持っていくことになります。

※詳細は自治体によって異なるため、必要に応じて事前に各自治体にお問い合わせください。

スリッパ

作業で床が汚れるため、作業人数分のスリッパを用意しておきましょう。荷物に足先をぶつけてケガをすることも防止できます。なお、汚れることを前提に考えて、使い捨てのスリッパをおすすめします。

養生テープ

荷物で壁や床を傷つけないために必要です。通常は引越し業者が持参しますが、自分でも用意しておくと良いでしょう。ガムテープと異なり、剥がしやすくのりのあとが残りにくいのが特徴です。収納家具の引き出しや冷蔵庫のドアを固定して、運送中に飛び出したり開いたりするのを防げます。なお、養生テープはすぐに剥がすのが前提のものであるため、長時間放置するとのりが残りやすくなります。用途が終わったらすぐに剥がすようにしましょう。

掃除用具

掃除機は引越しの荷物に含まれていることがほとんどであるため、別途持ち運べるほうきとちりとりを用意しておくと良いでしょう。高さのある箇所の掃除用に、ハンディモップもあると便利です。ウエットティッシュもそのままごみとして処分できるため、多めに用意しておきましょう。旧居が賃貸物件の場合は、借り主には部屋を住み始めた時の状態に戻す「原状回復義務」があります。そのため、壁やキッチン、水回りの汚れなどは入念に掃除しておく必要があります。場合によっては、修繕費・清掃費の名目で敷金から差し引かれ、返却額が少なくなったり超過分を請求されたりするため注意が必要です。また、新居においても荷物の搬入前に掃除を行い、入居時のフラットな状態を撮影しておくことで、前の入居者が付けたキズの修繕費を請求されるといった無用なトラブルを防げます。

まとめ

今回は、引越しの手伝いを業者と知人のそれぞれに頼んだ場合のメリット・デメリット、および知人に頼むときのポイント、さらに自分が頼まれたときのポイントを紹介しました。引越し業者に依頼する場合と知人に頼む場合とでは、それぞれ対照的なメリットとデメリットがあります。知人に引越しの手伝いを頼む際には、時間がかかることを前提に考えるとともに、相手への配慮も忘れないようにしましょう。

引越しは一大イベントであり、身近な人に頼られれば相手からの信頼を感じられるものです。引越しをきっかけとして互いの信頼をより深められるよう、滞りなく準備を進めましょう。