事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
女性、スマホ

summary

  • 引越し一括見積りサイトは時間がかからないなどのメリットがあるものの勧誘が来るなどのデメリットがあります
  • 引越し見積りは電話やメール不要なネット完結型がおすすめです
  • ネットで引越し業者の見積りをとる際は悪質な業者を選ばないために事前に口コミなどを確認しておきましょう

引越しの見積りをネットでお願いしようと考えている方は多いでしょう。ネットでの引越し見積りは便利な点がある反面、正確な見積りを行えないなどの不便な点もあります。この記事では、ネットの引越し見積りのメリット・デメリット、および正確な見積りを算出するためのポイントについて解説します。

引越しの見積りは必要か

男性、女性、ダンボール

そもそも、引越し料金の見積りはなぜ必要なのでしょうか。まず、引越しは繁忙期と閑散期で大きく料金に差が生まれます。一般的に繁忙期は3月中旬~4月上旬といわれており、たとえ同じ条件であったとしてもこの時期は料金が高くなることがほとんどです。また、引越しをする物件の条件や積載する荷物量・トラックが移動する距離によっても変動するため、見積りはその都度行うことが必要です。

引越し見積りの方法は、主に3つ挙げられます。

  • 電話見積り
  • 訪問見積り
  • インターネット見積り

電話見積りは口頭のみのやりとりで行う最も簡単な方法ですが、電話見積りのみで完結させるという業者はあまり多くありません。訪問見積りは昔から一般的に用いられる見積り方法で、引越し業者が直接依頼主の物件を確認します。これら2つの見積り方法に加え、インターネットの普及によってネット上で見積りを行える業者が最近は増えてきました。

引越し一括見積りサイトのメリット

時間がかからない

ネット上のWebサイトから見積りを行うため、時間をかけず手軽に見積り依頼ができるというのが一つめのメリットです。電話見積りは引越し業者の営業時間中に行う必要があり、訪問見積りも業者との打ち合わせのうえ日時を決める必要があります。しかし、ネット見積りであれば時間帯を気にせず好きなときに依頼ができるので、とにかく時間がないという場合に便利です。また、記入する内容もあらかじめ設定されているので、指定された項目のみを埋めていけば簡単に済ませられます。

業者ごとに連絡する必要がない

インターネット見積りは一括で複数の業者の見積りを依頼できるシステムです。そのため、引越し業者ごとに何度も連絡をする必要がなく、時間の節約ができる点はメリットでしょう。新旧の住所などの個人情報、そして荷物の総数などを引越し業者ごとにそれぞれ入力するのは手間がかかり、自分で探した業者でしか見積りを取れません。膨大な引越し業者のなかから、自分の引越し条件とぴったり合う業者を地道に探すのは時間がかかる作業です。一括見積りを利用すれば、自分の条件に合う引越し業者を探し出せる可能性が上がります。

複数業者の比較をしやすい

一括で見積りを申請した場合、内容や条件が同じであるため、業者ごとの比較検討が明確になります。引越し料金の相場というものは、実際に見積りの依頼をしてみないと見極めるのはなかなか難しいでしょう。少ない候補で見積りを依頼したところで、その見積り金額が適正であるのかどうかの判断は難しい問題です。

その点、多くの候補業者から見積り額を提示してもらえれば、ある程度の相場を自然と可視化できます。さらに、料金体系だけでなくサービス内容の比較も簡単なので、どの業者が合っているのかという情報収集が容易になるでしょう。

引越し一括見積りサイトのデメリット

電卓、家、緑

時間の制約がなく、短時間で複数の業者の比較ができるというインターネットでの見積りですが、デメリットも存在します。こちらもしっかりと把握しておきましょう。

勧誘が来る

大半の一括見積りサイトは、引越しをしたいと考えている人の情報を各引越し業者に明け渡すことで利益を得るという仕組みになっています。つまり、見積りサイトから顧客情報を入手した段階で勧誘という営業活動をしなければ、引越し業者側は見積りサイトに利用料金を支払うだけになるのです。このような背景があるからこそ、見積りを依頼した直後に各業者からメールや電話等で勧誘が来ることが多いです。

また、無理やり連絡を取ろうとしつこく勧誘を続けてくる悪徳な業者も存在します。通常、見積り依頼の際には電話番号と連絡可能な時間帯の情報を入力することが多いですが、その時間帯を無視して連絡をしてくることもあるようです。なんとか契約をしようと執拗に勧誘される場合があることも念頭に置く必要があります。

値引き交渉できるのか不安

一括見積りサイトに登録すると、簡易的にメールで返信がくることもよくあります。その段階で、値引き交渉に応じてもらえるかどうかわからないというのは懸念点の一つでしょう。特に繁忙期の場合、トラックの空車率が低く値段を下げなくても受注が来る場合が多いため、高めの値段設定にしている引越し業者が多くあります。そもそも、引越し料金は季節によって変動するため、確定した金額というものが存在しません。その分値引きできる余地を残した料金を提示してくる業者が多いのですが、メールでの返答の際は交渉に応じてくれるかどうか読み取ることが難しいでしょう。

実際のところは、一括見積りをしてから狙っている引越し業者に連絡をして、その後の段階で値引き交渉に踏み切るというパターンが多いようです。しかし、一括見積りの段階で値引きの余地があるかどうか早く知りたいという場合はわずらわしく感じるかもしれません。

引越し業者からばらばらに見積りが来る

複数の引越し業者に一度に見積り依頼ができるということは、依頼を簡単に済ませられるというメリットの反面、それだけいくつもの業者の対応に追われるという側面もあります。見積り依頼は一度にできても、その後の対応は一社ずつ個別に対応する必要があるのです。また、比較できる業者の対象が多くなるのはメリットであると同時に、選択肢が多すぎて選べないということにもつながります。比較対象を選別できる場合は、ある程度数を絞った方が負担を減らせるでしょう。

一括見積りでは正確な金額は出せない

一括見積りサイトは同じ条件での相場を知るには便利ですが、その金額はあくまで「概算」です。入力した荷物の量や移動距離など、入力した条件は限られているため、実際のところ正確な金額を出すには訪問見積りをしてもらうことが多い見積り方法です。引越し料金は、基本料金のほかに梱包や積み込み、養生、スタッフの人数、トラックのサイズなどさまざまな条件が折り重なって決定されます。それぞれの業者がどの範囲まで基本料金で行ってくれるのか、どこからがオプションサービスになるのか把握する必要があります。訪問見積り後、予想以上の料金に膨れ上がってしまった、ということになりかねませんので注意しましょう。

安い引越し業者と契約するためには

女性、ダンボール、電卓

複数の引越し業者の見積りを取る

自分で作業する分を増やして必要な分だけ引越し業者のサービスを利用すれば、引越し料金をおさえられます。引越しの料金は引越し業者が提供するサービスによって異なるため、まずは複数の引越し業者の見積りを取り、自分にとって一番適した引越し業者を選びましょう。

地域密着の中小業者も視野にいれよう

引越し業者には大手業者と地域密着の中小業者があるため、近距離での引越しでは中小業者の利用も検討しましょう。多くの中小業者は一定の地域で地域密着型のサービスを展開しているため、地域内に土地勘があり柔軟な対応を期待できます。また、スタッフの人数が比較的少ない分チームワークも良く、同じスタッフに一貫して対応してもらえることも多いため、コミュニケーションが円滑に進む可能性も高いメリットがあります。さらに料金も大手より安いことが多いため、引越し業者の充実したサービスを受けつつ安価に引っ越せるでしょう。

悪質な引越し業者を選ばないためのポイント

一部の悪質な引越し業者と契約をすると、予約金や手付金を請求されるなどトラブルにあう可能性があります。悪質業者を見抜くためのポイントを以下にて紹介します。

  • 見積り書に事業許可番号、見積り担当者の氏名が記載されているか確認
    国の許認可(一般貨物自動車運送事業許可)を受けている場合には、必ず見積り書に許可番号が記載されます。
  • 口コミなどを事前に確認しておく
    参考程度にはなりますが、口コミでの評価を見ておくこともひとつの方法です。

引越し一括見積りサイト利用の流れ

大まかな引越し見積りサイトの利用の流れは以下のとおりです。登録した引越し見積りサイトや提携している業者ごとに見積り依頼後の流れは変わるため、引越し見積り業者と相談しましょう。

  •  引越し見積りまとめサイトを選ぶ
  •  現在の住所と引越し先の住所等の情報を入力 
  •  完了後は登録したメール宛てに見積りが届く
  •  引越し業者の決定

それぞれ工程の特徴を以下にてご紹介していきます。

引越し見積りまとめサイトを選ぶ

見積りサイトによっては、メールアドレスのほかに電話番号も入力する必要があります。また、サイトごとにキャンペーンが異なるため、自分にあったサイトを選びましょう。

現在の住所と引越し先の住所等の情報を入力 

現在の住所や引越し先の住所のほかに、荷物の量や建物のタイプ、間取りなどを入力します。荷物の量について入力する際には、処分する予定のものは入力しないなど、正確に入力していくことがおすすめです。

完了後は登録したメール宛てに見積りが届く

入力が完了したら、選択した引越し業者からメールが届きます。引越し業者によって内容は異なります。基本的には、入力した情報をもとにした簡易査定金額の結果や、メールや電話、訪問での詳細な見積りの提案が行われるでしょう。

ネットのみで引越しの見積りはできる?

ネットで引越しの見積りをもらっても、確定的な金額を出すには結局訪問見積りが必要というケースは多くあります。しかし、ネットのみで引越しの見積りが完結するサービスも存在します。通話アプリによるビデオ通話を利用するサービスや、すべてメールのみで完結するサービスなどがあるため、自身の都合や希望に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

単身引越しナビがおすすめ

東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県内での単身引越しであれば、単身引越しナビの利用をおすすめします。「移動距離が31km未満」「15階以下の低・中層階住まい」「2トンショートトラック限定」という利用条件はありますが、他の一括見積りサービスにはない魅力的な特徴があります。

引越し業者の比較検討が不要

単身引越しナビは、一般的な一括見積りサービスとは異なる、利用者と引越し業者とを結ぶマッチングサービスです。利用者はまず、住所や荷物の情報、引越し希望日などを入力します。単身引越しナビは、この情報をもとに希望条件に合う引越し業者をマッチングしますが、マッチングするまでは引越し業者に情報は開示されません。そのため、マッチングまでに複数の引越し業者から電話やメールが殺到する心配はありません。マッチングの連絡を受けた利用者が支払情報を登録すると、引越しの契約成立となり、担当の引越し業者から日時の確認連絡やダンボールの配送を受けるという流れです。

なお、マッチング対象の引越し業者は、国の許認可(一般貨物自動車運送事業許可)を取得し、独自の審査を通過した信頼できる引越し業者のみであるため、安心して利用できます。

料金は定額制

単身引越しナビのもう一つの大きな特徴が、料金が定額制である点です。一般的な一括見積りサービスは、申込む段階では料金が分からず、また最初に提示される料金もあくまで概算です。単身引越しナビは、移動距離が31km未満かつ2トンショートトラック限定であることから、「平日/休祝日」と「閑散期/通常期/繁忙期」の組み合わせで、計6パターンの定額制を設けています。最も安い「平日+閑散期」の場合だと、税込29,480円(高速道路を利用した場合は高速道路料金が実費加算)で利用できます。サイト上で直近2~3ヶ月のカレンダー別料金表も掲載されているため、申込み段階で料金の把握が可能です。なお、2トンショートトラックとは、1R~2K程度の間取りに住む単身者の引越しに適しています。

また、単身引越しナビで成約すると、引越し業者から20枚のダンボールが提供されます。単身引越し者の平均ダンボール数が約10~15枚であるため、十分な量といえます。

正確な見積りのためにできること

それでは、見積り額を正確に出すためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。後になって予想外の金額に膨れ上がった、といったトラブルが起こらないよう、事前に注意すべきポイントを整理しておきましょう。

運んでもらう荷物を決める

まずは新居まで運ぶ荷物の選別をしっかりとしておきましょう。引越し料金は荷物の量で大きく金額が左右されます。申告した荷物の量によってスタッフ数やトラックのサイズなどが決定されるからです。そのため、引越しのタイミングを機に不用品の処分や断捨離を行う予定があるなら、持っていく荷物の積載量を明確にすることでより正確な引越し料金が算出できます。

また、より正確な情報をはじき出すためには物件の階数・エレベーターの有無・物件前の道幅など、引越し料金が高くなる可能性のある条件を先に提示しておくとより安心です。加えて、解体しなければ搬入できない家具、クレーンなどで吊り下げて搬入する家具に関しても、基本料金外であることが多いので事前に申告しておきましょう。

部屋を整理しておく

一括見積りサイトで「この業者にしてみようかな」という目星を付けたら、次の段階として訪問見積りを依頼することが一般的な流れです。その際に気を付けたいのが、あらかじめ部屋を整理しておくことが重要だという点です。整理整頓されていない状態で訪問見積りをお願いした場合、荷物量の把握が難しく実際よりも多く見積りをされる可能性があります。不要なものを区別するためにも、ある程度早い段階から部屋の整理を始めた方が安心です。

不用品の処分方法を明確にする

特に大型の家具や家電など、すぐに処分が難しいものは早めに処分する方法を決めておきましょう。見積りの段階では不用品として処分する予定だったのに、いざ引越し当日になって処分が間に合わなかったので新居に持っていくとなると、引越し業者にも迷惑がかかります。不用品処分をオプションサービスとして行っている引越し業者もありますが、もしなかった場合は引越し当日までに処分する方法を決めておきましょう。

以下は不用品の処分方法の一例です。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • 自治体の粗大ごみ回収に依頼する
  • リサイクルショップ・買い取り専門店で売る
  • ネットオークション・フリマアプリを利用する
  • 知人に譲る
  • 寄付する

どの方法を選んでも共通しているのは、処分にあたっては余裕をもって行動するという点です。より効率的な処分方法は何なのか早めに検討しておきましょう。

※詳細は自治体によって異なるため、必要に応じて事前に各自治体にお問い合わせください。

引越し業者の作業範囲を決める

引越し業者は荷物をただ新居まで運搬するだけでなく、オプションサービスとしてさまざまなサービスや作業範囲の拡充ができる場合があります。たとえば荷造りや荷解きの代行、部屋のクリーニングや不用品の回収などがそれにあたります。どのサービスが無料・有料であるかは引越し業者によって異なりますので、オプションサービスを依頼したい場合は引越し業者に確認してみましょう。なるべくコストをかけたくないという場合は最低限の荷物の運搬以外は自身で行う必要がありますが、時間がない・不安があるといった場合はオプションサービスを利用したうえでの見積り額を算出しましょう。

最適な業者の比較検討に必要な確認事項

引越し業者を選定する際に必要となる検討材料には、費用の他にも様々な事項があります。費用は安くおさえられたけど、後味が悪く結果的に失敗だったという事態にならないよう、複数の観点から業者を比較検討するようにしましょう。

引越事業者優良認定制度(引越安心マーク)の有無

「引越安心マーク」を取得している引越し業者は、安心できる業者であるという大きな目安です。引越安心マークとは、全日本トラック協会が定めた「安心・安全な引越しサービスのための基準」をすべて満たした業者に付与される、認定マークのことです。この引越安心マークは、一度取得したあとも3年ごとに更新の審査があるため、継続して安定したサービスを提供できているという証明でもあります。ただし、取得していない業者が必ずしも質の悪い業者というわけではないため、判断材料の一つとして考えることが大切です。

オプション作業の適用範囲

オプション作業の範囲確認をおこたると、想定外の追加料金が発生したり引越しが完了しなかったりといったトラブルに発展します。引越し作業は、搬出入や運搬、養生といった基本作業とオプション作業に分かれています。見積り段階で、どの範囲までが作業に含まれているか、また追加で必要な作業には料金が発生するのかを確認しておきましょう。主なオプション作業としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 洗濯機やエアコンの取外し・取付け
  • ダンボールの回収
  • 荷造り・荷解き
  • 家具の配置換え

作業当日のスタッフ構成

当日の作業スタッフの構成は、引越し業者のシフトなどにゆだねられるため、こちらで調整できることではありませんが、正社員が含まれているかは確認することをおすすめします。作業レベルがアルバイトよりも正社員のほうが優れているとは一概に言えず、当日の作業員が全員アルバイトだったとしても、作業効率が落ちるというわけではありません。ただし、会社に対する責任の度合いが異なるため、正社員が含まれていたほうがより安全といえます。実際に要望がとおるかは別にして、「正社員の人を入れてほしい」という希望を伝えておくと良いでしょう。

梱包資材

提供される梱包資材を確認しておくことで、自分が何を用意すべきかを把握できます。ダンボールは何枚まで無料で支給されるのか、緩衝材、ハンガーボックス、ガムテープなども支給してもらえるのか、事前に確認しておきましょう。特に、ハンガーボックスはスーツや礼服などの大切な衣類を運ぶのに便利です。

補償内容

引越し作業中に万が一事故や荷物の破損が発生した場合に、十分な補償を受けられるか必ず確認しましょう。一般的には、引越し業者は保険に加入しており、標準引越運送約款という共通のルールに基づいて補償が行われるため、適切な補償が受けられるでしょう。しかし、引越し業者によっては独自の補償基準を設けている場合もあり、補償に関する説明が曖昧な業者には注意が必要です。

契約条件の詳細

プランの契約条件を確認して、不明な点などについてはきちんと説明を求めましょう。特に、運送内容が「積み切り」となっている場合は、当日のトラックに積載できるだけの荷物しか運送してもらえず、積み切れない分は自分で運ぶ必要があるため注意が必要です。また、見積書が契約書も兼ねていると、見積りだけ取ったつもりがいつの間にか契約を結ばされていたということになるため、必ず確認しましょう。

まとめ

インターネット環境やスマートフォンが普及したことによって、手軽にオンラインで見積りができるという引越し業者も増えてきました。自分の好きなタイミングで申込めるのは嬉しいポイントですが、便利な点ばかりではありません。この記事を参考に、改めてどのような見積り方法を検討するのが良いか比較検討をしましょう。