事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
女性 メガネ スマホ 部屋

summary

  • 引越しの際は相見積りをとって複数の引越し業者を比較するのが一般的です
  • 1社で即決すれば時間が短縮できますが価格交渉はしづらくなる可能性があります
  • 「単身引越しナビ」を利用すれば相見積りをとらなくてもお得に引越しができます

新しい環境で新生活をスタートする人にとって、引越しは費用や時間のかかる一大イベントです。できる限り金銭的な負担を減らし、満足できる引越しをするためには、より良い引越し業者選びをすることが大切です。引越し業者選びには、複数の引越し業者に見積りをとる相見積りや、1社で即決する方法などさまざまな手段があるため迷う方も多いのではないでしょうか。今回は、それぞれの手段のメリット・デメリットをご紹介するので、引越し業者を選ぶ際の参考にしてください。

引越しは相見積りが必須?

引越し業者を選ぶ際は、複数の引越し業者に見積りをとる相見積りという方法が一般的です。1社で即決するのが不安で複数の引越し業者を比較したいという方や、相見積りをとることで引越し料金を安くできるのでは?と考えている方も多いでしょう。たしかに、引越しの相見積りをとることで、引越し業者ごとにサービスや料金を比較して検討できます。しかし、時間がない場合や交渉が苦手、面倒な方などは必ずしも相見積りをしなければいけないわけではありません。ここからは、相見積りをとる以外の引越し業者の選び方と、相見積りと比較したそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

相見積り以外の見積り方法

相見積りをとらずに引越しを決める方法を二つご紹介します。まず、1社のみに見積りをとり、その引越し業者に依頼する方法です。また、近年注目されている、引越しを希望する人と引越し業者をマッチングさせてくれる引越しマッチングサービスを利用する方法もあります。相見積りをとらなくても安くてお得な引越しをすることは可能ですが、それぞれの見積り方法にはどのような特長があり、どのような人が利用するのが良いのでしょうか。相見積り以外の見積り方法について、詳しくご説明します。

1社だけで即決

引越しの際に1社の引越し業者にのみ見積りを依頼して、そのままその1社と契約すれば引越しの見積りをとるための手間と時間を大幅に削減できます。急に引越しが決まって引越し日が迫っていたり、忙しくて限られた時間の中でしか引越し準備ができなかったりする場合、複数の引越し業者と何度も同じようなやりとりをするのは負担になります。1社につき20~60分程度の時間をかけて、何社も見積りをとるのは難しいでしょう。その際には、1社のみ見積りをとりそのまま依頼することで早く引越し作業を開始できます。また、既に過去に引越しを依頼したことがあり信頼できる引越し業者がある場合にも相見積りをとる必要はないでしょう。1社のみの依頼の場合は、相見積りに比べて時間や手間がかからないため、手間を省けるというメリットがあります。しかし、引越しの見積り金額には定価がないため、引越し料金を比較できないと相場が分からないというデメリットもあります。1社のみに見積りを依頼する場合は、損をすることを避けるためになるべく信頼できる引越し業者を選択するようにしましょう。

引越しマッチングサービスを利用する

相見積りをとる方法や最初から1社のみに依頼する方法をご紹介しましたが、そのほかにも効率的に見積りをとる方法があります。近年さまざまな分野でマッチングサービスという言葉を聞くことが多くなりましたが、引越しにおいてもマッチングサービスを利用できます。当サイトが運営する引越しマッチングサービス「単身引越しナビ」では、引越しを希望する人と引越し業者をマッチングさせるサービスです。このサービスを利用すると、最適な引越し業者とマッチングできるため、自分で複数の引越し業者のなかから比較検討して1社を選ぶ手間はなくなります。そのため電話やメール、訪問などで引越し料金やサービスの交渉をしたり、1社のみの依頼で不安を感じたりすることがありません。単身引越しナビは一都三県の単身で引越しをしたい人向けのサービスで、お得に引っ越せる場合が多いので、ぜひ確認してみてください。

急ぎの引越しなら即決できる手段を

引越しの際は、やらなければならないことがたくさんあります。引越しと聞いてすぐに思いつくのは荷造りや荷解きですが、それだけではなく旧居の掃除や電気・ガス・水道の手続きなどがあり、想像以上に大変です。引越しの日程に余裕がない場合はもちろんですが、引越しはまだ先だと思っていても、いろいろな準備をしているうちにあっという間に引越しの日が近づいてきます。引越しすることが決まり次第、すぐに新居探しをしましょう。また、引越し業者を早く選ぶことも重要です。3月中旬~4月上旬の繁忙期は、引越しの依頼が殺到し、希望通りの日程で引越しできないことがあります。そのようなことを避けるために、早めに引越し業者と契約するようにしましょう。

急な引越しを行う方法!業者は当日対応もできる?

相見積りのメリット・デメリット

男性 考える 部屋

複数の引越し業者に見積りをとり、引越し料金や受けられるサービスを比較したうえで依頼できるのが相見積りです。比較することで引越し料金の相場が分かり、安い業者を選択できるというメリットがあります。しかし、複数業者とのやり取りに時間がかかるなど、時間に余裕がない引越しの状況においては向かないこともあります。ここからは、相見積りのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

相見積りをとることで、引越し料金の相場が分かるというメリットがあります。引越し料金には定価がなく、繁忙期や閑散期などのシーズン、移動距離、運ぶ荷物の量などのさまざまな要因が関係して引越し料金が決定します。そのため引越し料金の相場を知ることは難しいですが、複数の引越し業者から見積りをとることで、だいたいの相場を知ることができます。それによって高すぎる料金で引っ越すことを避けられます。

もう一つのメリットとしては、引越し業者との価格交渉がしやすくなります。相見積りをしていることを引越し業者に伝えることで、競合他社に負けないようにより安い価格を提示してくれる可能性が高くなります。

そのほかにも、大手業者と中小業者に見積りをとることで、業者ごとの得意な分野が見えてきます。相見積りをとることで、自分の引越し条件に適した引越し業者を見つけやすくなるでしょう。

デメリット

引越しの相見積りをすることのデメリットとして、まず時間がかかるということが挙げられます。見積りをとる際に電話やメールなどでやり取りをするほか、訪問見積りや電話見積りには1社につき約20分、場合によっては60分程度の時間がかかります。その作業を複数回やらなければならないので、時間の余裕が必要です。また、引越しの料金を下げてもらうためにいくつもの引越し業者と交渉する必要があるので、面倒に感じるかもしれません。

引越し料金が安くても、それは最低限のオプションサービスしかないことが理由の場合があります。ダンボールなどの梱包資材をもらえなかったり、家電の設置などをしてくれなかったりします。追加のオプションを依頼するか、自分で資材などの用意をした場合、最終的に金額が高くなる可能性があります。自分の引越しのプランにあった引越し業者を選びましょう。

引越しはめんどくさい?準備・手続き・見積りなどを楽に済ませる方法とは

1社で即決するメリット・デメリット

引越しまでに時間の余裕がない場合や、相見積りをとるのが面倒に感じる人にとっては、1社で即決するという手段を取ろうと考えている方も多いのではないでしょうか。1社で即決する場合には、相見積りをとる場合に比べて短時間で引越しの準備をできるというメリットはありますが、ほかの引越し業者と比較できないというデメリットもあります。以上のメリット・デメリットに関して詳しくご紹介します。

メリット

引越し業者を選ぶ時間が短縮されるのが最大のメリットです。これまでご説明したように、1回の見積りでは20~60分ほどの時間がかかります。そのほかにも電話やメールでのやり取りなどを繰り返す必要があり、忙しい引越し前の時期に手間と時間をかけなければいけません。1社で即決することで時間を短縮でき、荷造りや役所関連の住所変更手続き、新居の準備などを早めに始められるようになるためおすすめです。

1社で即決するには、この料金よりももっと安く引っ越せるのではないかと不安に感じる方もいるのではないでしょうか。もし繁忙期の引越し見積りで、業者が「今すぐ契約してくれれば安くなります」と契約を迫ってきた場合、そこで出される金額はその業者の底値の可能性が高いです。繁忙期は引越しをしたい人がたくさんいるため、1組の利用者が成約にならなくても他で契約を獲得できる可能性が高く、大幅な値下げ交渉に応じてまで依頼を受ける必要がないからです。1社で即決する場合でも、3月中旬~4月上旬の繁忙期には、底値が提示される可能性が高いです。繁忙期以外の時期でも、荷物を積まない状態で戻る予定だった荷台に荷物を積む帰り便などを提案された場合は、安値を提示してもらえる場合が多いです。また、引越しの見積りをとって即決した後にもっといい条件の業者が見つかったとしても、国土交通省の定める標準引越運送約款によって引越し日3日前までは解約料金が発生しないので契約を切り替えることは可能です。

デメリット

1社で即決することのデメリットとして、引越しの見積り時に即決料金として提示される価格が実はそれほど安くはない場合があります。特に引越しに関する知識が豊富でない利用者は多く、そのことを逆手にとって高めの値段設定をされることがあります。引越し経験がそれほどない場合だと、信頼できる業者なのか悪徳な業者なのかを判断することが難しいでしょう。また、引越し業者に対して相見積りをしていないと伝えると、他社の価格と競争しなくても契約する可能性が高いと判断され、大幅な割引は見込めなくなるかもしれません。時間がなくて見積りを1社しかとらない場合も、あえてこちらからその旨を伝えないほうが良いでしょう。

引越しマッチングサービスのメリット・デメリット

電卓 スマホ 手 指

当サイトが運営する「単身引越しナビ」は、一都三県の単身者向けの引越しをしたい利用者と引越し業者をマッチングさせるサービスです。従来の引越し見積りでは自分で引越し業者に見積りを依頼し、値引きなどの交渉をすることが基本的な手段でした。自分で引越し業者を選択することは簡単ではなく、とりわけ一括見積りサイトを利用する場合は鳴りやまない営業の電話やメールに困ることも多かったはずです。しかし、単身引越しナビを利用すれば、そのように悩む必要はなく、簡単に効率よく引越しを依頼する業者が決まります。これから、引越しマッチングサービスのメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット

単身引越しナビを利用することで、自分自身で引越し業者を選ぶ必要がなくなるというのが大きなメリットです。引越し経験が少なく、値引き交渉をあまりしたことがない人にとっては、営業のプロである引越し業者と交渉することは難しいのではないでしょうか。相見積りをとり、各業者を比較するのが面倒に感じる方も多いでしょう。また、一括見積りサイトを利用したり、相見積りをとったりした後に、不特定多数の引越し業者から営業電話やメールが何日間も続くことがあります。

単身引越しナビを利用すれば、自分の引越しプランに最適な引越し業者とマッチングできるため、そのような面倒に悩まされることもなくなります。登録している業者はすべて国の許認可を取得し当社独自の審査に通過した安心のベテラン引越し業者なので、安心して引越しを依頼できます。

料金は、平日・休日、シーズン料金から決まる6種類の定額制で、申込みの前にWebサイト上で料金を確認できるのも便利なポイントの一つです。

デメリット

単身引越しナビのご利用には、一部デメリットもあります。まず、引越しの距離が31km未満であることや、2トンのショートトラックに積みきれる荷物量であることなど、定額パックの対象となる条件が限定されています。なお、条件に当てはまらなかった方も個別見積りを依頼して最も安い引越し業者1社とマッチングできるので、検討してみてください。

単身引越しナビを利用すると、自分自身で直接複数の引越し業者と交渉できません。そのため実際の引越しの相場が分かりにくかったり、もっと良いオプションサービスを提供している引越し業者があるのではないかと不安に感じたりする方もいるでしょう。しかし、単身引越しナビでは実績のあるベテラン引越し業者のみと提携しているため、サービスの品質を心配する必要はありません。時間も手間もかかる引越しを少しでも楽に済ませるために、単身引越しナビの利用を是非検討してみてください。

まとめ

この記事では、引越しで見積りをとる方法についてご紹介しました。複数の業者に見積りをとる相見積りや、1社で即決する方法だけではなく、引越しマッチングサービスを利用できるということも分かりました。引越しはやることが多く、時間やお金もかかる一大イベントです。少しでもお得・快適に引越しできるように、ぜひ今回ご紹介した見積り方法のメリットやデメリットを参考にしてみてください。