事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
女性 電話 悩む

summary

  • 荷物の少ない単身者の引越しの場合は電話のみで引越し見積りができることが多いです
  • 電話見積りは見積り時間を短縮できるメリットがあります
  • 一方で電話見積りは引越し業者が不測の事態に備えて引越し料金を高めに出す可能性があるのがデメリットです

引越しをする際、家に引越し業者を招くのではなく電話で済ませたいという方もいるのではないでしょうか。電話での見積りは、訪問での見積りの場合に発生する部屋の片付けやスケジュールの調整などの手間がなく、その場で見積りを完了させることも可能です。しかし、電話で見積りを行うためには、事前に準備が必要なことや注意しておくこともあります。この記事では、引越しの見積りを電話で依頼する場合の注意点やメリット、デメリットについて解説します。

引越しの見積りは電話だけで済ませられる?

引越し見積りは、引越し業者が実際に訪問して荷物の量や間取りなどを確認する流れが一般的です。通常はそのようにプロが現地で行う作業を、電話でのやり取りだけで、実際に見なくても正確な見積りが出せるのか疑問に思う方もいると思います。初めて見積りをする場合にどういうことを聞かれるのか、業者からの質問に自分はきちんと答えられるのかといった不安を感じて当然です。また、昨今のコロナ禍の影響もあり、人との接触を減らす意識が強まっているなかで、電話のような非接触型の見積りを依頼する方が増えています。荷物が少ない場合、引越し業者もWebサイトからの申込みや電話のみでの依頼を受けるなど、直接訪問なしでの見積りへの対応を増やしています。また、スマホのビデオ通話を利用するなどして、電話での見積りに対する不安を解消するための工夫やサービス導入をしている引越し業者もあります。

電話のみの場合とビデオチャットの場合がある

訪問なしでの引越し見積りには、大きく2つの方法があります。「電話のみの見積り」と「ビデオチャットの見積り」です。電話のみの場合は、その場ですぐに電話をかければ見積りができて便利です。ビデオチャットの場合は、映像で荷物や部屋の状況を見せるため、言葉だけで説明できるか不安な方や、相手の顔を見て見積りを行いたいという方が安心できる方法です。ただし、映像でのやり取りとなるため、自分の部屋や荷物を見せることになり、訪問での見積りと同様の事前の準備が必要です。

複数の引越し業者に見積りを依頼する場合、日程をまとめて調整できないと対応が大変になる場合があります。その煩わしさを避けたいという方には電話での見積りがおすすめです。また、さらに簡単に見積りを依頼したい場合は、当サイトの運営する単身引越しに特化した引越しマッチングサービス「単身引越しナビ」もおすすめです。「単身引越しナビ」は、Webページから自分の引越し希望日や荷物の情報を入力したら、あとは引越し業者とマッチングするまで待つだけでOKのため、見積り交渉をする手間が省けます。

引越しの見積りを電話で取る手順

女性 電話 スマートフォン

引越し業者が電話の見積りを行う際に必要となる情報はたくさんあります。そのため、あらかじめ必要な情報を確認し把握しておくことでスムーズに見積りが進められます。下記の項目を参考に、しっかり事前に確認しておきましょう。

電話をかける前に準備すること

電話で引越しの見積りをとる場合、荷物のサイズや搬入経路、家具や家電などダンボールに入らない荷物についての情報を伝えます。引越し業者が、電話での見積りを正確に行うために必要なので事前に確認しておきましょう。

必要事項の確認

見積りの際に、引越し業者には「契約者のフルネーム」「連絡がつく電話番号」「引越しをする人数」などを伝える必要があります。また、現住居についても「住所」「階数」「間取り」「駐車場の有無」「エレベーターの有無」などの情報も必要です。

特に、現住居についての情報が曖昧だったり不足していたりすると、引越し業者は必要な対応が判断しづらく、見積りが正確に出せない場合があります。

さらに、引越し先に関しても、現住居と同様に「住所」「階数」「間取り」「駐車場の有無」「エレベーターの有無」を伝えましょう。こちらも正確な見積りを出すために必要な情報なので、あらかじめ調べておきましょう。見積りというと荷物だけに着目しがちですが、搬出入を行う際の導線なども重要な情報です。そのほかにも、「引越し希望日時」によって見積り金額が変動するので、事前に最適な日程を検討しておきましょう。

荷物のサイズや搬入経路の確認

電話で見積りをとる場合は、荷物のサイズや搬入経路について引越し業者に伝える必要があります。訪問見積りの場合は、荷物のサイズや搬入経路を引越し業者が直接現地で確認できますが、電話の場合だと確認できません。大型の家具や家電は見積りまでにサイズを測っておき、個数も把握しておきましょう。

また、引越し業者は現住居や引越し先の周辺の道路幅、駐車場などの情報に基づいて、荷物の搬出入方法を決めます。自分で持ち運びができるサイズの荷物であれば細かい確認は不要ですが、冷蔵庫や食器棚など大型の荷物は、「玄関から搬出できるか」「エレベーターで運搬できるか」といった確認が必要です。

ただし、すべての荷物のサイズを測ったり、搬出入の経路をもれなく完ぺきに把握したりすることは難しいでしょう。そのため、電話見積りの際に追加で情報を聞かれてもすぐに回答できるように、荷物のサイズを測るためのメジャーを用意しておくのが大事です。また、周辺の経路を確認するために、外に出られるような服装で電話をすることもおすすめします。

ダンボールに入らない荷物を確認

引越し業者はダンボールのサイズや個数から計算して、荷物の搬出入で使用するトラックのサイズを決めます。しかし、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電、クローゼットやベッドといった大型家具などダンボールに入らない荷物もあります。それらの荷物を引越し業者が把握していないと、当日用意していたトラックに荷物が入りきらない可能性があります。その場合、1回で運びきれずに、別のトラックを用意する必要があるため、追加料金が発生します。このような事態を避けるためにも、電話見積りの際に、ダンボールに入りきらない荷物の有無について事前に確認をしておきましょう。

また、3月中旬~4月上旬の引越しの繁忙期は、引越し業者も多忙になり、荷物の量に応じた最適なトラックがすぐに用意できないこともあります。大きな荷物の追加や伝え漏れによってトラックが変更となってもすぐに用意できず、希望していた日時に引越しできなくなる可能性もあるので注意が必要です。

電話見積りの流れ・内容

見積りを依頼する準備が整ったら、実際に引越し業者に電話をかけて見積りを依頼してみましょう。基本的に電話で、必要事項や荷物量などの情報を業者に伝え、それに対する見積り回答をもらいます。ケースによって異なりますが、所要時間は15~30分程度です。

電話見積りの対象は、引越し業者によって、荷物の量や個数で対応の可否を判断していたり、単身者のみ対応可能という差があります。さらに、大型家具の有無など、Webサイトに詳細な条件を記載している引越し業者もあるので、あらかじめチェックしておきましょう。また、電話見積りを受け付けていない引越し業者もあるため注意が必要です。ただし、電話見積りを行っていなくても、問い合わせをすることで条件次第で対応してくれる業者もあります。

電話で引越しの見積りを取る時の注意点

引越しの見積りを電話だけで済ませるのは簡単で便利ですが、電話ならではの注意点も知っておきましょう。注意点は、大きく分けて「携帯電話の充電」と「部屋の外にある荷物の申告」の2つです。

携帯電話を充電しておく

電話での見積りでは、通話中に荷物のサイズを測り直したり、実際に家の外に出て確認したりする可能性があります。その際に固定電話を使用していると、毎回保留にして移動する時間と確認をして戻ってから業者に伝えるという手間がかかります。そのため、電話見積りには、移動しながら通話ができる携帯電話を使用することをおすすめします。この時に注意する必要があるのが、携帯電話の充電残量です。充電切れになると見積り担当の方との連絡が取れなくなり、見積りが中断します。再度電話を掛け直しても、同じ見積り担当者がでず、見積りがやり直しになる可能性もあります。このような事態を避けるためにも、十分に充電を行った状態で見積りに臨むようにしましょう。

なお、電話見積りは15~30分程度を目安に行われるので、その間電話できる充電量があれば問題ありません。

家の外の荷物も申告する

引越しで持っていく荷物は見積り時にすべて伝える必要があります。電話見積りでは、家の中にいることが多いため、家の中の荷物だけで見積りを取ろうとすることがあります。しかし、家の外にある荷物を見積り時に伝えていなかった場合、当日トラックに乗りきらないなどの事態が発生するので、見積りまでにはどこにどのような荷物があるかを部屋の外まで把握しておきましょう。部屋の外にあるため忘れがちになるものの例は、駐輪場に置いてある自転車や、ベランダに設置した物干し竿などです。

また、荷物の写真を撮っておいたり、メモ書きしたり、見積り中にすべての荷物を伝えたかチェックできるようにしておくと抜け漏れがなくなります。見積り担当者からも外の荷物の有無について質問されると思いますが、事前に確認しておくことで見積りにかかる時間を短縮できます。

引越しの見積りを電話でとるメリット

電話で引越しの見積りをとるメリットはたくさんあります。訪問での引越し見積りよりも時間が節約できる点や、実際に見積り担当者が家に入ることもないので、女性の一人暮らしでも安心できるといった点があります。詳しく解説をしていきましょう。

時間の節約になる

訪問で引越しの見積りを行う場合、まず見積り担当者との日程調整が必要です。対面での見積りの場合、見積りしてほしい日時にすでに別の見積りが入っていて対応できないなど、調整のやり取りが増えて予定より時間がかかることがあります。

さらに引越しシーズンは予約できる日時がほとんど埋まっていたり、見積りを終えたい日までに、対応してもらえなかったりといった懸念もあります。この時、電話見積りであれば日程を調整することなく、電話をかけたタイミングですぐに対応してもらうことができるため、時間の節約ができます。

女性の一人暮らしでも心配が少ない

引越し業者が訪問して見積りを行う場合、どんな人が見積りに来るかわからないことに不安を感じる方もいるでしょう。特に女性の一人暮らしの方は、男性の引越し業者が訪問に来る場合、部屋の中を見られることや、二人きりになることに対して不安を感じる方もいるでしょう。訪問見積りの場合は、プライベートな荷物や下着など、隠しておかないと見積り時に見られる可能性もあります。その点、電話見積りであれば非接触で完結するため、余計な心配をせず安心して見積りを進めることができます。

引越しの見積りを電話でとるデメリット

電卓 ブロック はてな

電話で見積りをとるのは便利である一方で、荷物の多い引越しに不向き、電話では詳細を伝えづらい、料金が割高になる可能性があるといったデメリットもあります。

荷物の多い引越しには向かない

家族での引越しなど、荷物が多い引越しでは、当初想定していた荷物の量から当日積み込む荷物に大きな差が出る可能性があります。引越し当日に追加でトラックやスタッフが必要になると、見積り時よりも料金が高くなるため、正確な荷物量が確認できない電話での見積りにはあまり向かないでしょう。そのため、家族での引越しは訪問見積りを依頼するのが一般的です。しかしスケジュールの都合などにより、どうしても電話見積りで進めたいという方は、荷物の量を明確にしたうえで、問い合わせをして相談をしてみましょう。

電話では伝えづらいことも多い

荷物の量や周囲の状況は、電話で説明すると伝わりにくかったり、引越し業者からの質問もわかりにくかったりします。そのため、口頭でのやり取りに慣れていないと時間がかかる傾向にあります。

荷物の大きさなどは比較的伝えやすいですが、搬出の際の経路や引越し先の情報など、あらかじめ確認が必要な情報もあります。先述した事前の確認事項をしっかり確認して準備しておくとスムーズに見積りができるでしょう。誤った情報で伝わると引越し当日に追加のトラックが必要になる可能性もあるので、時間がかかってもきちんと確認をし、正確に情報を伝えることをおすすめします。

料金が割高になる可能性がある

電話見積りの場合、訪問に比べて引越し料金が割高になる可能性があるので注意しましょう。割高になる理由は、引越し業者側が荷物の誤差や申告漏れにも対応できるように少し余裕を持った見積りを出す可能性があるためです。

引越し業者は、電話での見積りの際に申告されなかった荷物が発生した場合の追加対応やトラブルを極力減らすために、通常より大きめのトラックや多めの作業員を用意する場合があります。そのため、利用者が荷物の状況をしっかり把握していても、本来より見積り料金が高くなる場合があります。

訪問見積りは引越し業者が正確に荷物の状況を把握し、料金をおさえるための工夫を提案できる場合や、直接交渉して料金をおさえられる場合もあります。しかし、電話では現場が確認できない以上はそのような交渉が難しいため、割高になる可能性があることも理解して見積りを依頼するようにしましょう。

その他の引越しの見積りを取る方法

電話以外にも引越しの見積りを取る方法は大きく4つあります。

訪問見積り、メール・チャットなどでの見積り、一括見積りサイトで見積り、引越しマッチングサービスの使用です。

訪問見積り

引越し業者が、実際に部屋の間取りや荷物の状況を見て見積りを行う方法です。正確な見積りが期待でき、細かな相談にも乗ってもらいやすいでしょう。初めて引越しをする方や、あまり引越しに慣れていない方が見積りを依頼する時におすすめです。

担当者がはっきりしているので、見積りのあとのやり取りもスムーズに進めることができ、何か問題が起きた場合も対処を依頼しやすいといったメリットがあります。

直接料金についての相談ができる場合もありますので、引越し料金を安くおさえたいという方は、訪問見積りを検討してみるのが良いかもしれません。

なお、訪問での見積りについての詳細はこちらの記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

引越しの訪問見積りは必要?準備や注意点も解説

メール・チャットなどでの見積り

引越しの際に、メールやチャットで見積りをとれる場合もあります。メールやチャットでの見積りは、24時間都合の良いタイミングで依頼ができる点が大きなメリットです。

訪問見積りのように日時の予約などのスケジュール調整も不要で、都合の良いタイミングでやり取りを進めることができます。

ただし、毎回メールの返信を待つ必要があったり、チャットでは対応していないイレギュラーな質問の回答に時間がかかったりする可能性もあります。電話や訪問など直接話ができればすぐに解決できることにも時間がかかったり、文字だけでのコミュニケーションだと伝えることが難しかったりするため注意が必要ですが、引越し業者の営業時間内でのやり取りや対応が難しい場合に便利な見積りで、日中に外出できない仕事に就いている方におすすめです。

一括見積りサイトで見積り

どこの引越し業者に依頼するか決まっていない場合は、一括見積りサイトを使って、見積りを取ることもできます。さまざまな事業者から相見積りを取ることによって、どこの引越し業者が最適なのか検討する材料になります。

引越し業者によっては当日中に、遅くとも2〜3日以内には見積り連絡があります。料金やサービスを比較検討したうえで、じっくり決めたい方にはおすすめです。

個別に連絡する手間が省けるといったメリットがある一方で、たくさんの事業者から見積りの連絡がくるため、ひとつひとつに目を通すのは面倒に感じる方もいるでしょう。

下記の記事にて、一括見積りサイトを使用して見積りを取ることについて詳しく書いてありますので、参考にしてみてください。

引越し一括見積り比較サービスは危険という評判は本当?

引越しマッチングサービスを使用

引越しマッチングサービスとは、引越し希望者と引越し業者をマッチングするサービスです。ドライバーと直接交渉できるサービスもあり、スマートフォンで手軽に依頼先を探せるようになっています。特に荷物が少ない単身者で、すぐに引越しをしたい場合や、個人のスケジュールに合わせて、融通をきかせたい場合などにおすすめです。引越し繁忙期で、なかなか引越し業者とのスケジュールが合わない時にも、マッチングサービスを使用することで、最適なドライバーが見つかる場合もあります。ただし、利用可能エリアが限られているので、まずは対応が可能かどうか確認してみましょう。

一都三県で引越しをする場合には、先程もご紹介した「単身引越しナビ」をおすすめします。「単身引越しナビ」は、引越し見積りから引越し業者とのマッチング、支払いなど一連の手続きをネット上で完結できます。また、希望の引越し日程や引越し情報を入力し申込みをした後は、待っているだけで最適な一社が決まるという特徴もあります。電話よりも簡単に引越し見積りをしたいという方は是非検討してみてください。

まとめ

この記事では、電話による引越し見積りのメリット・デメリットについて解説しました。電話での見積りは訪問よりも手軽に依頼でき、スケジュール調整も不要といったメリットがあります。引越し業者側が直接見て確認することができない分、説明が難しかったり、料金が割高になったりすることもありますが、使い方次第でスムーズに引越しの手配を完了できます。電話で引越しの見積りを取る際には、事前の準備をしっかりしてから依頼するようにしましょう。