事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り

summary

  • 引越し見積りは各引越し業者や一括見積りサイトなどの専用フォームから依頼をするのが基本です
  • 専用フォームでの見積り依頼後のやりとりをメールで行う引越し業者はあります
  • 専用フォームを経由せず最初からメールでやりとりを行うのは難しいでしょう

転居が決まったら最初に行うのが引越し業者への見積り依頼です。しかし日中は忙しく、見積り依頼の電話をかけることが難しい方も多いでしょう。そこで今回は、引越し見積りをメールのみで行う方法をご紹介します。電話見積り、訪問見積りとの違いや、それぞれのメリット・デメリット、注意点などもあわせて解説します。

メールのみで引越し見積りは可能

パソコン コーヒー

対応できる業者は限られているものの、引越し見積りをメールのみで行うことは可能です。一般的に、引越し見積りは各引越し業者のWebサイトや、一括見積りサービスの専用フォームから依頼をします。そのため、メールのみでの見積りを行なっていない引越し業者や、特定のサービスにおいてだけメールのみで見積りを行っている引越し業者もあるので注意しましょう。

メールでの引越し見積りが可能なケース

引越し業者が見積りをする際は荷物の量や、部屋の間取り、周辺環境、運搬距離など、さまざまな条件を考慮して見積り金額を決定します。専用フォームではなくメールのみで引越し見積りを行う場合は、それらの引越しに必要な情報を自己申告しなければなりません。そのため、荷物量が多いファミリーでの引越しは、申告内容と実際の荷物量が異なる可能性が高いため、メールのみでの見積りに対応していない引越し業者が多いです。

一方で、荷物量が少ない単身引越しの場合は引越し業者がメールでの見積りサービスを行っていることがあります。また、一括で複数の引越し業者の見積りができるサービスも充実しているため、引越し料金を安くおさえたい単身者は活用しましょう。

メールのみで引越し見積りのメリット

引越し見積りは一般的に、引越し業者の見積り担当者が依頼者の自宅を訪れ、荷物量や搬出経路、周辺環境などを直接確認する訪問見積もりが一般的です。ただし、立ち合いが必要になるため、日中が忙しい方は見積り依頼を行うことができません。また、一人暮らしの女性や部屋の中に見られたくないものがある方などは、部屋に見積り担当者を入れることに抵抗があるでしょう。このような問題もメールでの見積りなら解決します。そして、メールでの引越し見積りには、ほかにも以下のようなメリットがあります。

自分のペースで見積りが取れる

メールでの見積りは空き時間などに見積り依頼を行うことができる点や、訪問見積りのように立ち会いを行う必要がない点がメリットです。24時間いつでも申込みができるため、仕事や転居の準備で忙しい時期に時間を気にせず申込めます。また、引越し料金を安くおさえたい方は、複数の引越し業者の見積りを取ることをおすすめします。自分のペースで引越し準備を行いたい方は、メールでの見積りを上手に活用しましょう。

対面や電話よりも断りやすい

引越しの見積りを取る際は、複数の引越し業者から見積りを取ることでしょう。しかし、最終的に依頼する引越し業者は1社に絞るため、そのほかの事業者は断りの連絡をしなければなりません。対面や電話で見積りを取っている場合、見積り段階で割引サービスや追加オプションのサービスなどが提示され、見積り担当者ともさまざまな会話をすることから親近感が湧きます。見積り担当者からのサービスを受けたにもかかわらず、断ることに精神的な負担を感じる方もいるでしょう。この問題もメールでの見積りであれば対面でコミュニケーションを取らないことから担当者と親近感が湧きづらく、断りの連絡もメール1本で完了するため、対面や電話で断るよりも精神的に楽になります。

メールのみで引越し見積りのデメリット

メールでの引越し見積りは、自分のスケジュールで見積り依頼を行えることから時間短縮につながったり、断りの連絡をしやすかったりするメリットがありました。しかし、以下のようなデメリットも存在します。

対応しているサービスが少ない

メールでの見積りサービスを提供している引越し業者は少なく、サービスも限られています。特に荷物量の多いファミリープランでは、メールのみで引越し見積りを行っている引越し業者はほとんどありません。そのため、ファミリーでの引越しの場合には、最初から全てをメールで行うことにこだわらない方が良いでしょう。最初のやり取りは専用フォームや一括見積りサイトを利用し、その後のやりとりをメールのみで行うなど臨機応変な対応を検討しましょう。

細かい質問がしづらい

メールのみでの見積り依頼は手間がかかります。メールのみで引越し見積りを行う場合、見積りに必要な全ての情報を文章にして送らなければなりません。家具の数や大きさを計測して、荷物量を文章にするのはもちろんのこと、引越し時間の調整や値引き交渉なども文章で行う必要があります。メールでのコミュニケーションは時間がかかるうえ、細かな情報を伝えたり、細かな情報を質問したりするのには向きません。ハンガーボックスの有無や梱包資材の量など、引越しの準備に向け多くの疑問を解消しなければいけない中で、何度も文字に起こすのは大変です。

メールのみで引越し見積りを行う際の注意点

時間や場所の制約なく引越し見積りが取れるメール見積りは非常に便利です。しかし、場合によっては追加料金を請求されたり、通常の見積りよりも手間がかかったりするため注意が必要です。

荷物量を見誤る可能性がある

メール見積りでは荷物量の申告や周辺状況の確認など、本来見積りのプロが行うことを自分で行わなければなりません。また、依頼者が自分で荷物量を申請するため、引越し業者との間で荷物量の認識に大きな相違が生まれることがあります。例えば、タンスや押し入れの中身を申請し忘れたり、本当は荷物量とは別に申告しなければならない種類の家具を申告し忘れたりすることがあります。引越し業者が引越し当日に旧居を訪れた際に、見積りで申請した荷物量が過少であることが判明した場合、追加料金を取られることもあるため注意して申請しましょう。

意外と手間がかかる

メールのみで引越し見積りを行う際に注意が必要な点の2つ目は手間がかかることです。見積りを取るためには荷物量だけでなく、住居情報や周辺情報を送らなければなりません。家具のサイズやダンボールの量、荷物の運搬導線の確認、エレベーターの有無とサイズ、トラックの駐車可能場所の確認など様々なことを自分で確認をします。また、荷物量に相違があると追加料金が発生するため、正確に把握しなければならず、それらを全て文章にしなければなりません。また、そこから値引き交渉やサービスの説明、疑問点の解消、日程や時間の調整など全てを行うと、かなりの量の文章、メールを送らなければならないことがわかるでしょう。

電話見積り

電話見積りは電話口の担当者の質問に答えて見積りを取る方法です。荷物量の確認や周辺状況の確認を電話で行うため、20〜30分ほどかかることを想定しておきましょう。

電話見積りのメリット

電話見積りは、見積りの立ち会いの必要ないことがメリットです。引越し業者の見積り担当者を自宅に入れる必要がなく、電話口で担当者の質問に答えることで見積りが完了します。引越しに必要な情報や注意点をプロである担当者と直接会話しながら見積りができるので、メール見積りと比べると荷物量に誤差が生まれにくく安心です。部屋を掃除する手間が省けたり、一人暮らしの女性が安心して見積りが取れたりすることも魅力です。また、自宅にインターネット環境がない方でも見積りを取ることができます。

電話見積りのデメリット

電話見積りのデメリットは、受付時間が決まっている点です。電話見積りは担当者から荷物量や周辺環境に関する質問などに答えながら見積りを行うため、それらがすぐにわかる自宅で電話をすることが好ましいです。そのため、20〜30分の電話が難しい場合は、電話見積りを依頼できません。そして、引越し費用をおさえようと複数の引越し業者から見積りを取ろうとした場合、業者の数の分だけ電話をしなければならないため、非常に手間がかかります。

また、引越し料金が高めに設定されている場合が多くあります。引越し業者が依頼者の荷物量の申告が正確ではないことを見越して、あらかじめ荷物量に余裕を持たせているためです。荷物量を見誤り、当日運べないことがないように、電話見積りで受け付けられる荷物量に制限がある場合もあります。

訪問見積り

お見積り書 ペン

引越し見積りを取る方法として最も一般的な方法が訪問見積りです。引越し業者の見積り担当者が自宅を訪れ、見積りに必要な情報を直接確認します。

訪問見積りのメリット

訪問見積りのメリットは正確な見積りができる点です。引越し見積りのプロが荷物量や家の周辺情報を直接確認するため、多すぎず少なすぎない適切な見積りの詳細を出せます。また、無料でオプションサービスや訪問見積り限定のサービスなどを提供してくれる引越し業者もあります。見積り担当者と対面でコミュニケーションが取れるため、細かな疑問点が解消でき、スムーズに引越しの準備に取り掛かれるでしょう。引越し当日のスケジュールも直接打ち合わせができるので安心です。

訪問見積りのデメリット

訪問見積りのデメリットは見積りにかかる20〜60分のあいだ、見積りに立ち合わなければならない点です。引越し業者の見積り担当者が直接詳細を確認して見積りを行うため、担当者を家に入れる必要があり、立ち合いをする必要があります。また、複数の引越し業者から見積りを取る際は、見積りを取る引越し業者の数だけ立ち会いの予定を調整する必要があり、さらに時間がかかります。見積り担当者から対面で営業を受けるため、断りづらくなってしまうのもデメリットです。また、正確な荷物量を把握してもらうためにも、事前に部屋を片付けておく必要もあります。

電話や訪問をなるべく避けて引越しをする方法

日中が忙しく電話見積りの受付時間内に電話ができない方や、訪問見積りをせずに見積りを取りたい方は、メール見積りや一括見積りを活用しましょう。しかし、メール見積りや一括見積りであっても、電話番号やメールアドレスを登録しなければならないサービスには注意が必要です。電話番号やメールアドレスを登録したことにより、さまざまな引越し業者から電話がかかってきたりメールが大量に送られてきたりすることがあります。たくさんの引越し業者から見積りの電話がかかってくるのが面倒な場合は、電話番号の登録が必要のないサービスを選びましょう。どうしても電話番号の登録が必要なサービスを使いたい場合は、詳細記入欄や備考欄などに電話でやりとりをしたくない旨を明記してください。

単身引越しナビを使う

面倒な電話やメールの対応、時間や場所の制約を受けずに引越したい一人暮らしの方は、当Webサイトが運営する「単身引越しナビ」を検討してみると良いでしょう。

一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)内において単身での引越しをお考えの人にぴったりのサービスです。Webサイト上にて引越し情報や希望日程を入力するだけで、条件に合う最適な1社をマッチングして紹介してもらえるサービスです。また、電話番号などの個人情報はマッチングした引越し業者1社のみに提供されるため、一般的な一括見積りサービスのように、複数の引越し業者から営業の電話やメールがくることがありません。

基本料金は29,480円(税込)〜で、条件に応じて休日・祝日料金やシーズン料金がプラスされる仕組みです。会社によって料金が変わることのない定額制なので、複数の会社への見積り依頼や価格交渉の手間を省けます。さらには、荷造りの必需品である梱包用ダンボールが20枚まで基本料金に含まれる点も大きな魅力です。一般的な一人暮らしであれば、衣類や細かなものを十分に梱包できるでしょう。

注意したい点は、「単身引越しナビ」は一般的な単身引越しに用いられる2tショートトラックに入る量の荷物しか運べない点です。荷物量に制限があり、トラックに積みきれない荷物や解体・組み立てが必要なIKEA家具は運搬できません。また、「フリー便なので引越し作業開始時間を指定できない」といった制約もあります。

しかし、一人暮らしを始める際は色々な準備や手続きをしなくてはならず大変です。そんな時、複数の引越し業者にメールや電話で見積りをもらって値段交渉をする時間はないと不安を感じている人はぜひ利用を検討してみてください。

まとめ

メールのみで引越し見積りを行う場合、時間や場所に左右されずに見積りが取れるメリットがあります。しかし、そもそも提供している引越し業者やサービスが少ないことや思っているより手間がかかること、追加料金が発生する可能性があるなどのデメリットもあります。一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)内の単身者の方は、引越し業者との煩わしいやり取りが不要で、安心の定額料金の「単身引越しナビ」を利用し、スムーズに引越しをしましょう。