事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
電卓 家

summary

  • 引越し料金を安く抑えるために引越しの際は比較サイトから相見積りをとるのがおすすめです
  • 需要が少ない閑散期や平日の引越しは見積りの価格交渉がしやすい傾向があります
  • 料金だけでなくサービスの内容も比較して、ご自身に最適な引越し業者を選びましょう

いざ引っ越そうと思っても、「どの引越し業者に依頼すればいいのだろう?」、「引越し業者の選び方が分からない」と悩む方は多いでしょう。引越しをする際には、少しでも安く、安心して任せられる引越し業者を選びたいものです。引越し業者は数多くありますが、引越し業者を比較する一括見積りサイトも多くあります。そこで今回は、引越しの相見積りのコツとおすすめの相見積りサイトをまとめました。

引越しの相見積りとは

相見積りとは、複数の引越し業者に同じ内容で見積りを依頼することをいいます。引越しにあたって1社に依頼するだけでは、その業者から提示された価格が適正なのか、受けられるサービスが他社に比べていいものなのか判断することは難しいですよね。そこで相見積りをとることで、引越し料金がより安い引越し業者を見つけられたり、サービスの内容を比較したりできます。さまざまな業者に依頼するということで、いくつかの業者を断る必要も出てきますが、相見積りをとっていると伝えればもちろん失礼には当たりません。またこれから紹介するサイトを用いれば、簡単に相見積りをとることができます。安心して相見積りをとり、最も好条件な引越し業者を選択しましょう。

引越しの相見積りをとるメリット

引越しの相見積りをとるメリットは大きく分けて2つあります。適正な価格を知ることができることと、引越し業者との交渉が有利になることです。以上のメリットについて詳しくご紹介します。

引越し料金相場がわかる

引越し料金の相場と聞いて、「東京から大阪まで、このくらいの荷物なら○○円くらいだな」という風にすぐにピンとくる方は、ほぼいないでしょう。引越しの経験がたくさんあるという方も、いつも任せている引越し業者とは違う引越し業者なら、もっと安く引越しができるかもしれません。複数の引越し業者を比較することで、相場より高い価格で依頼してしまうことを防ぎ、引越しにあたっての適正価格を知ることができます。また相見積りをとることで相場よりもとても安い料金で依頼できたり、お得な割引をしてくれる引越し業者を見つけられたりすることもあります。

交渉が有利になることがある

引越しの相見積りをとることで、引越し料金を下げやすくなります。1社に依頼する場合、その引越し業者は他の業者と価格競争をする必要がないため、その業者の提示する料金での依頼となります。しかし事前に相見積りであることを引越し業者に伝えておけば、引越しの依頼を受けるために他社よりも少しでも安い料金を提示しようとするでしょう。そのため、価格交渉がしやすくなり、安くお得に引越しを依頼しやすくなります。

引越しの相見積りをするデメリット

相見積りをすることにはメリットだけではなくデメリットもあります。繁忙期など料金を下げにくい可能性もある中、必要以上に労力を使いたくないものです。ご自身にとっての最適な引越し業者選びのために、これから紹介する三つのデメリットも参考にしてみてください。

時間がかかる

女性 電話

相見積りをとると、初めから1社のみに依頼するよりも時間がかかります。訪問見積りの際は、1社につき約20~60分前後の時間がかかることを想定しておきましょう。長ければ1時間程度かかることもあります。複数の引越し業者に同時に見積りを頼むこともできますが、引越し業者から断られたり、悪い印象を持たれて値引き交渉が難しくなったりすることがあります。訪問見積り当日は、異なる業者を鉢合わせないようにするために訪問見積りの間隔を約30分~1時間程度は開ける必要があるので、合計するとかなりの時間がかかります。また訪問見積りにかかる時間の他にも複数の引越し業者と電話やメールでやりとりをしたり、複数の引越し業者を比較し検討したりする必要があるため手間と時間がかかります。

来客に気を遣う

ご家族など複数人で引越しをする場合の見積りは、訪問見積りが一般的です。相見積りをする場合は繰り返し何人もの引越し業者を家に上げて見積りをしてもらう必要があります。いくらこちらがお客の立場だからといって、見ず知らずの人を家に上げるのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。また、引越しの見積りを正確にとるために、なるべく部屋をきれいな状態にしておく必要があります。部屋が散らかっていると荷物が多く見え、見積り金額が高くなる可能性があるためです。訪問見積りのたびに片づけをして、来客を迎えることを繰り返し行うのは精神的にも身体的にも大変な作業です。特にお子様がいらっしゃるようなご家庭では負担が大きいかもしれません。

対面だと断りづらい

対面で値引き交渉をするのは、電話やメールで交渉するよりも難しいと思われる方も多いのではないでしょうか。日常生活において値切る経験をすることはあまりないですし、訪問見積りをする引越し業者のスタッフは交渉のプロです。そのような相手に交渉をすることに不安を感じる方もいるはずです。

対面で「即決したら○○円安くします。」「即決でお得なサービスをつけます。」など言われた場合には、きっぱりと断り、「他社と比較したうえで検討します。」と伝えましょう。また、値切ることに不安があれば、交渉の前に「最初に提示された価格で他の引越し業者と比較します。」と伝えておくと、余計な交渉をせずに最安値を提示してくれるかもしれません。

引越しの相見積りの方法

相見積りの意味や、相見積りをとるメリットとデメリットを説明してきました。これから、実際に相見積りはどうやってとれば良いのかを具体的に説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

各社から訪問見積りを取る

代表的な引越し見積り方法の一つに、引越し業者が自宅に訪問して実際の家財や住居状況を見たうえで見積りをする訪問見積りという方法があります。訪問見積りを依頼することで、引越し業者は運搬する荷物の量などを正確に把握し、引越し料金を算出できます。相見積りをとる際には料金のみに注目してしまいがちですが、料金だけではなく引越し業者の強みや受けられるサービスなどについても説明してもらうようにしましょう。例えば年間引越し件数が多いほどノウハウが蓄積されており、顧客からも信頼されている業者であると判断できます。そのほか環境に配慮した資材を利用している業者や、テレビ配線や電気工事などを無料でサービスしてくれる業者もあるので、よく確認して引越し料金以外のサービス内容も比較しましょう。

電話やビデオ見積りで比較する

訪問見積りを依頼する方も多いですが、単身者や荷物が少ない方の場合は、業者によっては電話やビデオ見積りが可能なこともあります。電話やビデオ見積りであれば、複数の業者を家に上げたり、部屋を片づけたりする負担は軽くなりますが、業者が直接荷物を見ることができないため事前に荷物量を正しく把握していないと訪問見積りよりも時間がかかる場合があります。また、引越し当日に荷物が積みきれないというトラブルを防ぐために大きめのトラックが手配されることがあり、引越し料金が高くなるなどのデメリットもありますので、よく検討してください。電話やビデオ見積りの前には、寸法を測るためのメジャーの用意や、スマホの充電をしておくなどの準備を忘れないようにしてください。事前に運搬する荷物の量を把握しておくと、やりとりがスムーズになります。

引越し相見積りのコツを紹介

ここからは、手軽で簡単に引越し相見積りをとるためのコツをお伝えします。また、引越し料金は時期によって変動します。少しでも安くお得に引越しをするために、引越し料金が安くなる日をおさえておきましょう。

訪問見積り時、見られたくないものは浴室へ移動させると良い

訪問見積りの日程が決まっていざ片づけをしようと思っても、完全に部屋をきれいにするほどの時間をとることは大変です。また、プライベートなものを見せることに抵抗がある人は多いのではないでしょうか。そんな時には、見られたくない物を一時的に浴室においておくことをおすすめします。トイレや浴室は置いてある物が少なく、確認する業者が少ないためです。ただし、「他にも段ボール1つ分くらいの荷物があります。」と見積り時に伝えておくようにしましょう。そうすることで、追加料金の発生などのトラブルを防げます。

曜日や月末・月初で料金が変動する

引越し日によって引越し料金の相場は大きく変動します。例えば、土日・祝日は学校や会社が休みであることが多く、引越しの依頼が集中するため、引越し料金が高く設定されています。また、賃貸物件は月末までの契約であることが多く、月末に退去する人が増えるため引越し料金が高くなる傾向があります。引越しの日程に余裕がある場合は、引越し費用が安くなる平日や月初から中旬頃までの引越し日を選ぶのが良いでしょう。

引越し相見積りができるおすすめサイト5選

引越し業者のWebサイトやタウンページなどに記載された電話番号を探して連絡し、ご自身で交渉をすることもできますが、それには手間がかかります。一括で複数の引越し業者に見積り依頼をするために、相見積りサイトを利用する方法があります。

単身引越しナビ

当サイトが運営する「単身引越しナビ」は、その名の通り単身・一人暮らしの方向けの引越しマッチングサービスです。単身引越しナビでは、閑散期・繁忙期や、平日・休日ごとの6パターンからなる定額パックになっており、料金比較をする必要がありません。2トンショート積み切りパックで基本料金税込29,480円~というお得な価格設定になっています。また、一般的な引越し見積りサイトと異なり、単身引越しナビが最適な1社の引越し業者とマッチングしてくれるので、複数業者からのしつこい営業の電話に悩まされたり、ご自身で色々な業者を比較して悩んだりする必要はありません。さらに、マッチングする引越し業者は国の許認可を取得し、単身引越しナビ独自の審査をクリアしたベテランの引越し業者のみとなっているので安心です。見積りに時間や手間をかけず、お得に引越しをしたい方におすすめです。

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドでは、現在の住所や引越し先の住所、引越しの予定日、連絡先などを入力する簡単な3ステップで、相見積りの準備が完了となります。必要事項を入力したあとは引越し業者からの連絡を待つだけとなります。入力後すぐに電話やメールなどの連絡がくるので、そこからは各引越し業者と連絡を取り、最も良い引越し業者を選択しましょう。値引き交渉や相談をしながら引越し業者を決定したい方にとっては、簡単な手順で一度にまとめて複数業者に見積り依頼ができるため便利です。また引越し価格ガイドでは、引越し業者ごとの料金相場や、業者ごとの口コミを確認できます。さらに、引越し料金のシミュレーションも可能です。

引越し侍

引越し侍では、引越し情報を入力することで、引越し侍が複数の引越し業者に一括で見積りを依頼してくれます。引越し情報を入力した後は、引越し業者からの連絡を待つだけです。また、引越し侍が提携している引越し業者は300社以上で業界ナンバーワンなので、徹底的に引越し業者を比較したい方にはおすすめです。その他にも、引越し侍では現在の住所や引越し先の住所、荷物の量を入力するだけで、インターネット上での見積りのシミュレーションをしてくれます。引越し料金の平均値、最安値、最高値が分かり、相見積りを開始する前の目安にできます。あらかじめどれくらいの料金が相場なのか知っておきたい人はぜひ利用してみてください。

楽天引越し

楽天引越しでは、引越し情報などを入力するだけで一括して相見積りの依頼を行ってくれるので、あとは各引越し業者からの連絡を待つのみになります。また、同サイトで各引越し業者の口コミも確認することができます。さらに楽天引越しではお得なキャンペーンを多くやっており、電話見積りの申込みで100ポイントの楽天ポイントをもらうことができたり、引越し費用の1%分の楽天ポイントをもらったりすることができるため、普段から楽天カードを利用している方におすすめです。そのほかにも引越しの基本料金から20%の割引や、お米がもらえるなどのお得なキャンペーンが盛りだくさんです。時期によってキャンペーンの内容が異なるので、1度確認してみてください。

LIFULL引越し

LIFULL引越しでは、すきま時間を利用してできる簡単45秒の引越し情報の入力で全国100社以上の提携業者へ無料で引越しの見積り依頼をすることができます。その後LIFULL引越しからご自身の引越しに対応できるおすすめの引越し業者を提案してもらい、ご自身で見積りをとる業者を選ぶことができます。引越し業者と電話やメールでやり取りをしながら、ご自身の引越しに最適な引越し業者を選択しましょう。またLIFULL引越しでは、家族構成やライフスタイルに合わせて選べる引越しプランも充実していて、レディースプランや学割プランなど様々なプランがあります。さらにLIFULL引越しでもお得なキャンペーンをやっていることがあるので、ぜひ確認してみてください。

引越し相見積りのよくある疑問を解決

引越し相見積りの大まかな方法は分かったものの、いくつか疑問に感じる点もあったのではないでしょうか。適当に引越しの準備を進めてしまうことは、予期せぬトラブルの原因にもなります。引越し相見積りを滞りなく済ませるために、細かな疑問点も早めに解消しておきましょう。ここからは、引越し相見積りでのよくある疑問とそれに対する回答をしていきます。

訪問見積りの営業マンにはお茶を出す?

お茶 

「訪問見積りをすることになったけれど、訪問見積りの営業マンにお茶は出すの?」と疑問に思った方もいるでしょう。営業マンが自宅まで足を運んでくれるものの、こちらもお客側なので、どの程度おもてなしすればいいのかは悩みどころです。結論から言うと、お茶は出さなくても良いです。しかし、訪問見積りは長丁場になることもあるので、お茶を出すことで場が和み、円滑に交渉がきる効果があるかもしれません。

引越しの訪問見積りは何日前にすればいい?

引越しの見積りは、引越しの前日から1か月前までに行われていることが多いです。ただし、引越しの予定がまだまだ先だからといって、後回しにしてしまうことはおすすめできません。引越し業者が1日に請け負うことができる引越し件数は限られているので、引越しを希望した日時にもうすでに引越し件数が上限に達していると、引越しの日時をずらさなければなりません。特に、繁忙期の3月下旬〜4月上旬は特に早めに見積りをするようにしましょう。

把握しておきたい各社のサービス内容は?

引越し業者は各社で様々なサービスを提供していますが、ご自身の引越しプランにあったサービスを提供してくれる引越し業者を選ぶことが大切です。ダンボールや梱包資材をもらえる、不用品を一括で買取査定してくれる、家電製品の設置や配線をしてくれるなどのオプションサービスを提供している引越し業者がいます。ポイントなど様々な特典がついてくるという引越し業者もいます。各社それぞれの特長があるため、引越し料金と合わせてサービスの内容もよく検討しましょう。

まとめ

今回は、引越しの相見積りのコツとおすすめの比較サイトについて紹介しました。なるべく安く、お得なサービスを受けて引越しをするためには、相見積りが欠かせません。しかし相見積りは時間がかかったり、交渉で気を遣う場面も出てきたりするなど、大変なことも多くあります。そんな相見積りをなるべくお手軽で簡単に済ませるために、ぜひ今回紹介した比較サイトを利用してみてください。