事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
お金 家 てんびん

summary

  • 引越しの見積りは3社以上に依頼するのがおすすめです
  • ファミリー世帯は正確な荷物量で見積もってもらうためにも訪問見積りを利用しましょう
  • 単身者の場合は電話やメールといったオンラインでの見積り方法がおすすめです

引越しの料金は荷物の量や引越し距離、オプションサービスの有無などによって大きく変わるため、一人ひとりの引越し料金はそれぞれ異なります。引越しの見積りは複数の引越し業者に依頼をして比較検討をすることが一般的ですが、何社に依頼すれば良いかわからない方も多いでしょう。そこで、この記事では見積りを依頼する業者の数や具体的な見積り方法まで紹介します。

複数の業者に見積りを依頼する理由

引越し料金は時期や移動距離だけでなく、荷物の量や必要なサービスの数によって大きく変化するため、必要な金額をできるだけ正確に把握するためには見積り作業が必要です。しかし、引越し業者によって引越し料金や対応できるオプションサービスは異なるため、同じ条件で見積りをしても見積り結果は引越し業者によって異なります。そのため、自分の要望に沿った引越し業者を見つけるためにも、見積りは複数の業者に依頼するのが一般的となっています。

何社に見積りを依頼するのがおすすめ?

一番納得のいく見積りを出してくれる業者に最終的に引越しを頼めるよう、見積りは複数社に依頼すると良いと言われています。では引越しの見積りは何社に依頼するのが良いのしょうか?見積りの回数ごとのメリットとデメリットを見ていきましょう。

1社のみに見積り依頼する場合

メリット

基本的に見積りは多くの手間がかかりますが、見積りを1回で済ますならその時間は削減できます。1回済ます場合は、口コミや実績などから信頼できる会社なのかを確認してから見積り依頼をしましょう。見積りは引越し業者のWebサイトを確認して、電話や申込みフォームで依頼をします。ただし訪問見積りを依頼する場合は、業者が家に来て、実際に荷物の量や立地を調べるため、1社だけでも多くの時間を使います。また、事前の日程調整も必要です。見積りを出した後もサービス内容の確認や価格交渉があるため、すぐに見積りを終わらせたいという方は電話やメールなどで見積りを依頼するようにしましょう。

デメリット

1社しか見積りを受けないのでその金額が本当に適切なのかを判断しづらいです。特に電話やネットでの見積り金額は業者次第で大きく変わります。1回の見積りで引越し業者を決めることは危険です。

また、値下げ交渉にも不利になることもあります。1社しか見積りを受けていないことが業者に知られると、足元見られて高めに料金設定される可能性があります。他の引越し業者の見積書を提示して、値下げ交渉することもできないため、相場よりも高い料金で決定するかもしれません。どうしても1社のみに見積りを出す場合は、事前に相場をよく調べておきましょう。

2社に見積り依頼する場合

メリット

2社の見積りは、平日は仕事で忙しい人でも休みを使って、そこまで負担にならず見積り依頼ができる数です。1社のみと比べれば時間はかかるものの、週末などお休みの日にまとめて見積りできれば、あまり手間は感じないでしょう。引越し業者の比較検討も、どちらの引越し業者の方が良いか?と2択で考えられるためシンプルです。

引越し業者によってサービスが異なるため、自分の求めるサービスを提供している方を選べば、必要なサービスを受けられないといった事態を避けられます。

デメリット

2社の料金比較ができるため、単純に料金が安い方を選ぶという決断はできます。しかし、2社だけではその金額が本当に安いのかを判断できません。そのため、安い業者を選べるかは運次第となります。また、他に選択肢がないため、自分が望むオプションサービスを提供する業者が1つしかなければ、その業者の見積り金額が高くてもそこを選ばざるを得ません。

3社以上に見積り依頼する場合

メリット

多くの業者の見積りを受けることで、自分の希望の価格帯やサービスがある業者を見つけやすくなります。「結局引越し作業をお願いするのは1社だけだから引越しの見積りを何社も受けるのは時間の無駄になる」と思うかもしれませんが、それは適切ではありません。価格交渉のための材料を得ることで、値引き交渉はしやすくなります。「あの業者はこんな値段を提示してくれました」「この業者はこんなサービスを付けてくれました」などと交渉すれば譲歩して値引きやサービス対応に応じてくれるかもしれません。複数の業者に見積りを依頼する際は、今までの見積り結果を控えておくと良いでしょう。また、単純に見積りの数が増えればその分だけ希望の条件に近い業者が見つけやすくなります。

デメリット

見積りを依頼する業者が多ければ多いほど見積りの手間と時間がかかります。引越し前の忙しい時期に多くの見積り対応をしていると、荷造りや各種手続きの時間がとれず、引越し直前になって慌てて作業をすることになるかもしれません。また、選択肢が多すぎると逆に選びきれなくなります。引越しまで時間の余裕がある方であれば問題ないのですが、そうでない方は引越しまでの時間を逆算して、自分が対応しきれる程度の会社数におさめましょう。

多ければいいというわけではないので注意

家 電卓

これまでの話を読んで、「自分は限界まで安くしたいから10社以上見積りをお願いしよう」と思う方がいるかもしれませんが、あまりおすすめできません。1社から見積りを取るだけでも時間がかかるため、10社の見積りを個別に取れば、ほかの引越し準備をする時間が少なくなります。

さらに多くの業者は値下げ交渉に応じるために最初に提示する見積り料金は少し高めに設定しています。そのため、料金をおさえたいならば、見積りの依頼数を増やすのではなく、値下げ交渉に力を入れた方が良いでしょう。

見積り方法は何を選べばいい?

一口に見積りといっても、実際に業者を家に招いて見積りをするものからオンラインで行えるものまでさまざまな種類があります。見積りを依頼する際は、依頼をする業者の数だけではなく、見積り方法にも気を付けなければなりません。ここではそれぞれの見積り方法のメリットとデメリットを詳しく解説します。

サイトを利用した見積りのメリット・デメリット

見積り方法の一つに、荷物の量などの情報を入力すると複数社の見積りを出してくれる一括見積りサイトというものが存在します。ここでは一括見積りサイトを利用した見積りのメリットとデメリットを説明します。

メリット

一度サイトに情報を入力するだけで複数の業者の見積りを受けられます。見積りは自身の要望に合ったサービスと料金を提供してくれる業者を見つけるためにも、3社以上は見積りを取った方が良いため、一度の入力で何社も見積りを行える一括見積サイトはおすすめの方法です。

また、引越し料金は荷物の量や移動距離、オプションサービスの有無で大きく変わります。そのため通常の引越しシミュレーションなどでは自分の引越しの相場を知ることは難しいのですが、一括見積りでは一度で何社もの見積りが出るため、比較をすることで相場がわかります。また一括見積サイトを通して交渉する引越し業者はライバルが多いことを理解しているため、値下げ交渉に応じてもらいやすいです。

デメリット

引越し見積りサイトに詳細を入力すると業者に個人情報が送られるため、営業の電話やメールがひっきりなしに届きます。業者によっては何度も電話をかけてくるところがあるため利用の際には気を付けましょう。

訪問見積りのメリット・デメリット 

業者を家に招いて、荷物の量やオプションサービスの有無など引越しに必要な情報を調べてもらう見積り方法を訪問見積りといいます。メジャーな見積り方法ですが、今一度メリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット

訪問見積りは実際に業者が家に来て、運搬する荷物量や特殊な運搬が必要な荷物の有無、家の前までトラックが通行可能かどうか、など引越しに必要な情報を調べるため、正確な見積りが取れます。引越しの流れも詳しく決められるため、当日もスムーズに引越しを進められます。

また、訪問見積りではその場で作成した見積書を見せてもらえるため、実際に行う作業とその料金を合わせて把握できます。直接引越しについての説明を受けるので、値下げ交渉がしやすいうえに、業者側も無理に見積り額を上げることが難しくなります。

さらに、業者によっては訪問見積りをするだけで、お米や洗剤などの日用品がもらえる場合があります。その場ですぐに契約をしなくても良いため、特典のある業者を選択してみても良いでしょう。

デメリット

訪問見積りでは、当日のトラックの大きさやオプションサービスの詳細まで決定するため、当日までに運んでもらう荷物を決めておかなければいけません。また、対面で引越し業者から見積りに関する説明を受けるので、ほかの見積り方法に比べて時間がかかります。そのため引越しまでに時間が無く、見積りに時間をかけたくない方には向きません。

また、訪問担当者から直接営業を受けるので、断ることが苦手な方や押しに弱い方は「自分に決定権がない」「後日電話で相談したい」などの逃げ道を作っておくと良いでしょう。

電話見積りのメリット・デメリット

電話見積りとは、引越し業者に電話をかけて見積りをとる方法です。業者の指示に従って荷物の量や家具の大きさ、引越し先の住所や現住所などを伝えていきます。

メリット

部屋が片付いていないため家に人を呼びたくない場合や、女性の一人暮らしで、引越し業者の男性スタッフを家に上げたくない場合は、電話見積りを検討しましょう。引越し業者の質問に答える形式になるので、引越しが初めての方でも安心です。

さらに、引越し業者と予定を調整しておく必要がなく、受付時間内で暇があるときに業者に電話すれば簡単に見積りを行えます。時間を効率的に使えるため、その分多くの業者に見積りを依頼できます。簡単な荷物の整理をしておくと、より早くやり取りを済ませられるでしょう。

デメリット

引越しで運搬する荷物の情報や自分の家の付近の情報を口頭で伝える必要があるため、電話をしながら家中を歩き回ることになります。メールの場合は、一度業者に送った内容を流用すれば手間は省けますが、電話の場合は見積りの回数分繰り返す必要があるため、電話のみとはいっても大変な作業です。

また、電話見積りでは正確な荷物の量や建物の状況を伝えることが難しいです。そのため、引越し当日になって引越し業者が用意したトラックに「運搬したい荷物がすべて積みきれない」という状況になる恐れがあります。そういった事態を避けるために引越し業者は想定よりも大きめのトラックを用意することが多いです。そうすることで、荷物の量が電話見積りの際に把握していた量よりもある程度多くても、問題なく引越しを行えるようにしています。しかし、トラックが大きいほど引越し料金は高くなるため、電話で伝えた荷物量よりも当日に運ぶ荷物が少なかったり見積り通りだったりした場合には、余分にトラックが大きくなった分だけ料金を損したと感じる方もいるでしょう。

メール見積りのメリット・デメリット

メール見積りとは引越し業者にメールで荷物の量や引越し先までの距離などの情報を伝えることで見積りを行う方法です。荷物の量などは自分で判断します。

メリット

メールだけで見積りが取れるため、まとまった時間がなくても問題ありません。引越しの時期は忙しいため、自分の余裕がでたタイミングで見積りを終えたいという方は多いでしょう。メール見積りはそのような方におすすめです。朝、会社や学校に行く前に見積りメールを送付して、帰宅したあとでじっくり引越し業者の見積り内容を比較検討するということができます。

デメリット

荷物の量や引越し距離などの情報を自分で判断して伝えることになるため、メールで伝えた荷物量と実際の荷物量に差が出ることがあります。また、オプション作業が必要な荷物が把握しづらかったり、新居や現住所の周辺環境を詳しく伝えづらかったりとデメリットが多いです。

もともと荷物量が少なく、メールで伝えた荷物量と実際の荷物量の差があまり生じにくい一人暮らしの引越しのみメールでの見積りに対応していること多いです。

各見積り方法はどんな人に向いている?

ここまでいくつかの見積り方法を紹介しましたが、どの見積り方法を選択すれば良いのか判断するのは難しいと思う方もいるでしょう。各見積りはどのような人におすすめなのでしょうか?荷物量や世帯人数、引越し距離などをもとにそれぞれの見積り方法がどのような方に向いているかを説明します。

・訪問見積り

訪問見積りは見積りに時間がかかるものの、業者が家に来て荷物の量を詳しく調べてくれるため正確な見積りができます。運搬する荷物量が多いと引越し料金が高くなるので、荷物量を正確ではない量で見積もられ、余計な出費とならないようにするため、ファミリー世帯には訪問見積りがおすすめです。ただし、業者が家に来てすべての部屋の荷物を見て回るため、世帯人数が多い場合は家族などの同居人に配慮したうえで訪問日を決めるようにしましょう。

・サイトや電話・メールを利用したオンライン見積り

オンラインでの見積りでは、自分の言葉で業者に荷物の量を伝えるため、実際の荷物量を正確に伝えきれないことがあります。引越しで運ぶ荷物が少ない方や単身者であれば、荷物量の認識齟齬によるトラブルの影響はあまり大きくないため、オンラインでの見積りがおすすめです。そもそも世帯人数や荷物量が多い引越しの場合は、電話やメールでの見積りを受け付けていない業者が多いため注意が必要です。

確認しておきたい各事業者の違い

実際に複数社に見積りを依頼するにあたり、どのような違いに着目すれば良いのでしょうか?ここでは見積りで確認するべき各事業者によって異なるポイントを説明します。

一番気にする方が多いポイントは料金です。引越し業者によって引越し料金は大きく変化するため、複数見積りを取って自分の納得のいく料金を提示してくれる業者を探してみましょう。

もうひとつ大切なのがオプションサービスです。エアコンの取り付け・取り外しや、玄関から運び出せない荷物を窓からクレーン車で運びだすといった、追加で業者にお願いする作業のことをオプションサービスといいます。業者によっては自分が望むオプションサービスを取り扱ってないこともありますので、見積りの際にしっかり確認しましょう。

見積りなしでお得な業者を簡単に見つける方法はある?

引越し方法によってさまざまな見積りの形が存在します。しかし、どれも時間や手間がかかるため、面倒な見積りなしで引越ししたいという方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが定額引越しサービスです。文字通り決まった値段で引越しができるサービスで、見積りなしで引越しを行えます。例えば、一般的な定額引越しサービスの1つである単身パックは使用するコンテナボックスの数ごとに料金が設定されています。少ない荷物を効率的に運搬したい方向けで、コンテナボックスを使用することで荷物の量が少ない方でもお得に使用できます。しかし、コンテナボックスに入らない大型の家具は別の手段で運ぶ必要があるため、別料金がかかります。自身の荷物が指定されたコンテナボックスに収まるかどうかはしっかり確認しておきましょう。

単身引越しナビを利用する

定額引越しサービスとして一般的な単身パックは、見積りの時間を省けるものの、荷物量が多い場合は通常の引越しより料金がかかる恐れがあります。では荷物量は多いが見積りなしの定額引越しサービスを利用したいという方はどうすれば良いでしょうか?そんな方におすすめなのが当サイトの運営する「単身引越しナビ」です。「単身引越しナビ」とは引越し業者とのマッチングができる定額引越しサービスで、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の引越しで利用できます。「単身引越しナビ」のメリットとデメリットを解説します。

メリット

通常の単身パックではコンテナボックスに荷物を詰め込みますが、荷物量が多くてコンテナボックス2つ以上を使うことになれば、結局引越し料金は割高になります。単身パックはコンテナボックス1つに対して定額料金が設定されていましたが、当サイトが運営する「単身引越しナビ」では2tショートトラック1台に対して定額料金が設定されているため、従来の単身パックに比べて十分な量の荷物を詰め込めます。

また、「単身引越しナビ」には国の許認可を得た数多くの優良な引越し業者が登録されています。多くの引越し業者のなかから自分の引越し日と都合の良い業者が自動的にマッチングをするので、申込み後は待っているだけで問題ありません。さらに、一般的な一括見積りサイトと異なり、申込み情報のうち氏名や電話番号といった個人情報は、マッチングした引越し業者にのみ公開されます。一括見積サイトにありがちなたくさんの業者から大量の営業電話やメールが来て困るようなことはありません。

デメリット

単身引越しナビは2トンショートトラックを一台使用するため、荷物の量が極端に少ない方や、一部の家具・家電だけを運びたい方にとっては割高となります。また、定額料金を実現するために、対応可能エリアは一都三県で、15階以下にお住まいなど住居の条件があるので注意しましょう。

複数の引越し業者に依頼をして比較検討をするほうが、安くて良い引越し業者が見つかると思いつつも、そこまで手間をかけられない、時間がないという方はぜひ試してみてください。

まとめ

この記事では、引越しの見積りは何社に依頼すれば良いかや、具体的な見積り方法、見積り不要の定額引越しサービスについて解説してきました。安くて自分にあった業者を見つけるためには、3社以上に依頼するのがおすすめです。複数社への見積り依頼を取る暇がないという方で条件にあてはまる方には「単身引越しナビ」の利用をおすすめします。この記事を参考に、ぜひ自分にあった良い業者を見つけてください。