事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
女性 スマホ ベッド

summary

  • 女性の単身世帯で不安を感じる場合は必ずしも訪問見積りをする必要はありません
  • 電話やビデオチャットなどでも引越しの見積りが可能です
  • それぞれの見積り方法のメリット・デメリットを比較して自分にあった見積り方法を検討しましょう

訪問見積りとは、引越し業者が実際に自宅を訪問し、荷物量や住居の状況などを確認して引越し料金の見積りをすることをいいます。引越し業者とはいえ、特に女性の一人暮らしの場合は部屋に人を招き入れることに抵抗がある方もいるでしょう。また、訪問見積りを依頼する場合は事前に部屋を片付けておかなければいけないなど手間がかかることもあります。今回は、そもそも訪問見積りをする必要があるのか、訪問見積りのメリット・デメリットをお伝えします。

女性だけでの訪問見積りは不安?

女性の一人暮らしの場合、引越しの訪問見積りといえども見ず知らずの人を自宅に招き入れることに不安を感じる方がいるでしょう。また、対面で見積りを行うため、その場で契約を断りづらいのではないかと懸念される方もいるようです。

安心して安く引越しするには?

引越し業者が自宅に訪問することが不安な場合、無理に訪問見積りを依頼しようとせず、ほかの見積り方法を検討しましょう。最近では、引越し業者との電話やビデオチャットを通じて荷物量の見積りができるサービスがあります。また、荷物量の少ない単身者は、荷物が積み切り式で料金を安くおさえられるプランが引越し業者ごとに存在するので、自分にあった引越しプランを探しましょう。

当サイトが運営する「単身引越しナビ」では、一都三県間での引越しを考えている単身者向けに、2tショートトラック積み切りパックをご提供しております。引越し料金は、繁忙期と閑散期のシーズン料金や、平日と休日で異なる6パターンの定額料金制です。Webサイト上のカレンダーで引越し希望日の料金を確認することができます。あとは住所や家財の情報を入力し家財が積み切れれば、申込み前に見積り金額を確認することができるため、訪問見積り不要で引越しを依頼できます。

訪問見積りでは何をする?

事前に電話やお問い合わせフォームで決めた日時に訪問見積りは行われます。業者から当日の作業内容などの説明がされ、実際に部屋の中で荷物量の確認が行われます。作業が終わると、必要なオプションサービスや追加料金の確認が行われ、最後に見積り金額が提示されます。

女性が訪問見積りをする際に気をつけたいこと

引越し業者が訪問見積りをする場合、プライベートなものを見られたくないと思う女性は少なくないでしょう。また、引越しの料金相場に関する知識が浅い方にとっては、提示された見積り料金が適正かどうか判断しづらい場合があります。そのような不安を払拭するために、事前に確認しておくべきことをご紹介します。

見られたくないものは浴室に入れておく

浴槽

訪問見積りでは、運搬する荷物の量や運搬できないものがないかを確認するため、クローゼットや押し入れの中までチェックする必要があります。下着のようなどうしても引越し業者の男性スタッフに見られたくないものがある場合は、あらかじめ浴室に入れておくのがおすすめです。一般的に浴室には荷物が少なく、引越し業者が浴室内を確認することはほとんどありません。どうしても見られたくないものは訪問見積りの前に浴室に移動させておき、浴室の確認は避けてほしい旨を伝えることで見られずに済みます。浴室に移動させた分の荷物については、別にダンボール〇個分の荷物があるという形で伝えることで、業者は荷物量を把握できます。

事前に相場を把握しておく

なるべく安く引越しをするには、事前に料金相場を確認し、他社との比較検討を行ったうえで引越し業者を選定する必要があります。また、業者間の比較だけでなく、時期による引越し料金の違いも把握しましょう。3月下旬〜4月上旬の期間は、年度の境目をまたぐので、卒業・入学・就職などのイベントにともなって引越し需要が増えるため、引越し料金も高くなる傾向があります。業者ごとの見積り料金や、見積りをする時期もふまえたうえで見積り依頼をすると費用をおさえることができるでしょう。

訪問見積りのメリット・デメリット

訪問見積りにはメリットがある一方デメリットもあります。どちらも把握した上でほかの見積り方法と比較して、訪問見積りを依頼するか検討しましょう。

訪問見積りのメリットは、大きく二つあります。一つめは、引越しのプロが実際に荷物や住居の状況を確認したうえで見積りを行うため、荷物量に合わせた正確な料金が把握できることです。電話見積りなどで荷物の申告漏れがあり、引越し当日に追加料金を請求されるといったリスクが低くなります。

二つめは、引越しサービスについての疑問をすぐに聞けることです。訪問見積りは対面でやり取りをしながら進めていくため、不明点があれば担当者に直接質問できます。また、現場の荷物量と照らし合わせて見積り料金説明をしてくれるため、認識のズレが起きにくく、疑問点もすぐに解消しながら話を進めることができます。

一方で、訪問見積りにはデメリットも大きく二つあります。一つめは、訪問見積りの依頼から完了まで時間がかかることです。訪問見積りを依頼する際には、引越し業者と訪問日時を決める必要があり、Web上で荷物量を入力するだけで完結する見積り方法に比べると見積りが完了するまでに日数がかかります。

二つめは、訪問見積りを行っていない引越し業者と比較して、引越し料金が高くなる傾向があることです。訪問見積りには見積り担当者の人件費や交通費などのコストが発生するため、引越し料金を安くしづらいという背景があります。

来訪が嫌な方に!訪問なしで引越し見積りをとる方法

訪問見積りのメリット・デメリットを理解したうえで、やはり自宅に人を招き入れることに抵抗があるという方もいるでしょう。ここでは、業者に訪問見積りを依頼することなく引越しの見積りをする方法をご紹介します。

電話見積りを利用する

電話で荷物量を引越し業者に伝えることで、訪問なしで引越し見積りができます。家の中を見られない一方、自分の言葉だけで荷物量を伝えるため、あらかじめ全ての荷物量を把握しておく必要があります。運搬する家具や家電の細かい情報を聞かれることがあるので、家の中を電話しながら確認できる携帯電話で電話見積りすることをおすすめします。

ビデオチャットによる引越し見積り

電話見積りと同様に、ビデオチャットを通じて荷物量の確認を行う見積り方法です。電話見積りとは違い、業者とのビデオチャットを通じて見積りを行ってもらうため、荷物量の確認は比較的正確かつ簡単に行えますが、部屋を映す必要があります。見られたくないものはあらかじめ浴室に隠すなど準備をしましょう。

単身引越しナビを利用する

単身引越しナビでは、基本料金が定額料金制で訪問見積りや値段交渉は必要ありません。Webサイト上で引越し情報や家財情報を入力した後は引越し事業者とのマッチングを待つだけです。国の許認可を取得し、単身引越しナビ独自の審査を通過した信頼できる引越し業者のみが登録しているため安心です。マッチング成立後は、引越し事業者からダンボールの配送や引越し開始時間の連絡が入り、後は引越し当日に向けて荷造りをするだけです!一人暮らしの女性で引越し事業者の訪問見積りに抵抗がある方、引越しの見積りに手間や時間をかけたくない方におすすめです。

まとめ

今回は、訪問見積りのメリット・デメリットについて解説しました。女性の単身世帯で訪問見積りに不安を感じる方は、必ずしも訪問見積りをする必要はありません。電話見積りやビデオチャットを通じての見積り方法や、Webサイト上で荷物の情報を入力するだけで完結する単身引越しナビサービスを利用すれば、訪問見積りの日程調整をしたり、訪問準備のために部屋を片付けたりする必要もなく、引越しの見積りをすることができます。それぞれの見積り方法の特長を比較したうえで、ご自身に合った見積りプランを検討しましょう。