事前に引越し料金が確定!電話見積り不要で待つだけでOK! 今すぐ無料であなたの引越し料金をお見積り
無料で引越し料金をお見積り
電卓 ガムテープ 軍手

summary

  • 営業電話・メールなしで引越しの見積りを済ませる際は、当サイトが運営する「単身引越しナビ」の定額プランの利用がおすすめです
  • 一括見積サイトを利用すれば、料金を比較してより安い業者を探せますが、多数の営業電話やメールに対応する手間がかかります
  • 訪問見積りやWebサイトでの見積りなど、それぞれのポイントを把握して自分に合った見積り方法を選びましょう

引越しをする際、引越し業者の料金を比較するために見積りが必要です。その際、引越し業者から大量の電話やメールがくることにわずらわしさを感じている方もいるのではないでしょうか。

引越し料金の見積りにはさまざまな方法があります。この記事では、4つの見積り方法と、電話なし・メールなしで見積りを行った場合のメリット・デメリットをご紹介します。

一般的に安く引越しをするには業者の比較が必要

引越しには多くの費用がかかるため、引越し料金はできるだけおさえることが理想です。しかし、引越し料金の設定は引越し業者によって異なるため、複数の見積りをとって比較する必要があります。

引越し業者によって料金が変動する理由は、実費、時期による割増料金、オプションサービス料を引越し業者が独自で設定しているためです。

相場よりも高い料金を設定している業者もあるため、相場を把握するためにも、1社の見積りで決めず、複数の見積りを比較して安い引越し業者を選びましょう。

引越し見積りの方法

引越し業者から見積りをとるには、大きく分けて4つの方法があります。

自宅に引越し業者を呼んで見積りをとる訪問見積りのほかに、電話やメール、Webサイトで見積りをとる方法です。

それぞれの方法にメリット・デメリットがあるため、自分に合った方法で見積りをとりましょう。

訪問見積り

引越し業者が自宅に訪問し、実際に家財や住居の周辺状況を確認してもらったうえで見積りをとる方法です。検討したい引越し業者を決めたら、訪問してもらう日時を電話やメールなど相談し、決まった日に家へ来てもらいます。引越し業者が家の中の家財や運ぶ荷物の量を見た後に、不用品の処分やエアコンの取付け・取外しなどのオプションサービスが必要か相談をして、見積書を作成してくれます。

所要時間は約20~60分ですが、価格交渉などをする場合はさらに時間がかかる可能性もあります。訪問見積りをする際は時間に余裕がある日に依頼しましょう。

メリットは、正確な見積りがとれる、スムーズに引越し作業ができる、という点です。

運搬する荷物量を実際に確認できるため、引越し業者は正確な見積りを出せます。荷物量にあったトラック、作業員が派遣されるので、思わぬ追加料金がかかるなどのトラブルも起こりにくくなります。

また、家や周辺の状況を知ることで、家具の運び出し方や、トラックを駐車できる位置などを引越し業者が把握でき、それに合わせて具体的な手順の打ち合わせができるため、当日の引越し作業がスムーズになるでしょう。

デメリットは、時間がかかる、他人を家に入れる必要がある点です。

所要時間は1回約30~60分程度ですが、複数の引越し業者へ訪問見積りを依頼する場合は、訪問日時を調整したうえで、何社も訪問に応対する必要があるため、手間がかかります。

また、他人を家に入れることに抵抗がある方には、訪問見積りはおすすめできません。特に単身者の女性の中には、引越し業者の男性スタッフと部屋に2人きりになるのを避けたい、と考える方も多くいます。

見積りや引越し作業時に女性スタッフを派遣している引越し業者もあるため、訪問見積りを依頼する際に対応してもらえるのか調べてみると良いでしょう。

電話での見積り

比較する引越し業者の営業時間内に電話をかけ、見積りをとる方法です。その際は、運ぶ荷物の量や現在の家の間取り、新居の住所など、できるだけ詳しい状況を調べたうえで連絡するとスムーズです。

多くの場合は、その場で見積りを提示してくれます。全体の所要時間は、約15〜30分前後です。

メリットは、家へ人を招く必要がない、時間を短縮できる、という点です。

電話をかけるだけで済むため、家の中へ人を入れたくない人や、女性でも気軽に見積りができます。

さらに、訪問日時を調整する必要もなく、所要時間も訪問見積りより短縮できるため、引越し作業や仕事が忙しくて時間がとれないという人でも複数業者の見積りがとりやすくなります。

デメリットは、料金が高くなる可能性がある、営業時間内に電話をしなければならない、という点です。

電話では家の様子を正確に把握しきれないため、引越し業者はトラブルを避けようとしてトラックや作業員に少し余裕を持たせた見積りを提示します。そのため、提示される料金がやや上乗せされる傾向にあります。

同じく料金の問題として、最初に提示された見積りより実際にかかる引越し料金が高くなるケースもあります。伝え忘れていた荷物があった場合や、家周辺の道路状況、運搬の難易度などによっては追加料金がかかることがあるため注意が必要です。引越し業者によっては、「電話見積りは単身者のみ」など、条件がある場合もあります。

また、電話見積りをする際は、引越し業者の営業時間内に電話をかける必要があります。訪問見積りよりは自由に時間が使えますが、仕事などで営業時間内に電話がかけられない場合は注意が必要です。

サイトでの見積り

パソコン デスクワーク

Webサイト上で引越し情報を入力して見積りをとる方法です。おおよその引越し料金が把握できる引越し見積りシミュレーションを提供しているサイトもあります。引越し希望日や住所、荷物の量などを入力すると、見積り金額が自動的に算出されるのが特徴です。

見積りシミュレーションは、引越し業者が提供しているものと、引越し一括見積りサービスが提供しているものがあります。

メリットは、引越し業者の見積りシミュレーションは個人情報を入力せずに概算の見積りがとれるサービスがある点です。

一括見積りサイトは複数の見積りをとるため、個人情報の入力が必要ですが、引越し業者が運営している見積りシミュレーションはその必要がありません。不特定多数の引越し業者へ個人情報を渡さずに、大まかな引越し料金の目安を知りたい方におすすめです。

また、電話見積りの場合は、引越し業者の営業時間内に時間を作って見積りをとる必要がありますが、サイトでの見積りは時間を気にせず、いつでも見積りがとれます。

デメリットは、伝えられる情報量が少ないため、正確な見積りをとるのが難しいという点です。

見積りシミュレーションはおおよその見積りのため、荷物が想定より多くてトラックに積みきれない、家の前にトラックが駐車できず運搬が難しい、などの理由で追加料金がかかるケースもあり注意が必要です。

メールでの見積り

引越し業者のメールアドレスに見積りの依頼のメールを送る方法と、メール見積りのフォームから情報を送信後、引越し業者から返信されるメールで見積りをとる方法の二つがあります。

メリットは、見積りシミュレーションと同じく時間に縛られず見積りがとれるという点です。

見積り依頼のメールに記載する内容は、引越し業者によって若干の差異がありますが、住所・氏名、新旧の家の間取りや周辺の詳しい情報、引越し希望日時や運搬してほしい荷物の量などを記載します。

自動的に料金が算出される見積りシミュレーションとは違い、引越し業者が送信された引越しの情報を把握したうえで見積りを出すため、より詳しい内容を知ることができます。また、引越し業者から返信されたメールが手元に残るため、後から見積りを比較するときにも便利です。

デメリットは、正確な料金を知ることが難しい、見積り条件が設けられている場合がある、入力の手間がある、という点です。

電話やサイトと同じく、文章だけでは荷物量や家周辺の状況などを正確に知ることが難しいため、当日に追加料金がかかるリスクがあります。

加えて、「単身者のみ」「荷物量が少ない」などの条件を満たした方しかメール見積りを受け付けていない引越し業者もあります。自分が条件を満たしているか、メールを送る前にチェックしましょう。

また、複数業者の見積りフォームに同じような内容を何度も入力する手間があります。何度も入力するうちに、間違った情報を記載しないよう気を付けましょう。

一括見積りサービスはメリットがあるがデメリットも多い

利用する一括見積りサービスに引越し日や荷物量などを登録すると、一括見積りサービスに登録している複数の引越し業者にその情報が送られます。その情報をもとにして複数の引越し業者が見積りを出すため、一度に多くの見積りをとれる点が、一括見積りサービスの特徴です。

簡単に複数の見積りがとれることが大きなメリットですが、一方でデメリットもあり、以下で詳しくご紹介します。

一括見積りサービスのメリット         

複数の引越し業者が登録しているため、フォームを入力し、登録するだけで複数の見積りがとれることが大きな特徴です。具体的にどのような点が便利なのか、ご紹介していきます。

見積りを比較することで安い業者が見つかる

引越しの料金の相場を把握するためには、複数の見積りが必要です。一括見積りサービスでは同時に複数業者から見積りがとれるため、相場を把握しやすくなります。相場が把握できれば、引越し業者を選ぶときの基準になります。例えば、先に依頼していた引越し業者が、他社の見積りと比較してみると相場よりも高いことがわかるケースもあるでしょう。多くの選択肢の中で、自分の予算と照らしあわせて引越し業者を比較検討できることが、メリットといえます。

さらに、一括見積りサービスを利用していることは、「他社と比較している」というアピールにもなります。引越し業者もライバルに勝つため料金を下げるので、1社の引越し業者に依頼するよりも安めの見積りを提示してくれることがあり、直接価格交渉するよりも手軽に割引してもらえるかもしれません。

個別に見積り依頼する必要がない                                 

引越し料金を安く済ませるには複数の見積りをとり、料金を比べるのが一般的な方法です。しかし、各引越し業者への訪問見積り依頼や、電話・メールで見積りの連絡するのは手間がかかるため、比べられる数も多くはありません。特に繁忙期は引越し業者の予約が混み合っており、引越しの依頼自体が難しいと見積りを断られるケースもあります。

一括見積りサービスを利用する場合は、必要事項を一度登録するだけで、複数の業者から見積りをとることが可能です。

全国展開している大手引越し業者、地域密着の引越し業者など、さまざまな強みがある引越し業者のなかから、自分の予算に合った引越し業者を簡単に探しやすくなります。今まで知らなかった地元の引越し業者が、自分の引越しプランに最適な可能性もあります。

一括見積りサービスには利用者の口コミなども掲載されていることが多いため、口コミや評価を一度に比較できることもポイントです。

一括見積りサービスのデメリット

ベッド 女性 

便利な一括見積りサービスですが、デメリットもあります。多くの引越し業者が登録しているからこそ注意しなければいけない点もあるため、きちんとデメリットを把握して、利用するか考えましょう。

多数の営業電話やメールが来て、交渉や管理に手間がかかる

見積りを多くとるということは、その分引越し業者から電話が来る件数が多くなり、応対するための時間と手間がかかるということでもあります。引越し業者によっては、深夜や早朝に電話をかけてくることもあるため、引越しの忙しい時期と重なってストレスの原因になるでしょう。

また、メールの場合でも多数の連絡がくると、引越しの手続きのための大事なメールが埋もれます。手続きのために重要な連絡を見逃すと、新生活にも影響が及びかねません。

候補に入らない引越し業者にはお断りの電話やメールをすれば連絡の回数は減りますが、各社に断りの連絡を入れるのにも時間と手間がかかります。

業者からの営業メール・電話の例

ご紹介してきたとおり、引越し業者にとって複数の業者と比べられているということは、ライバルよりも早く契約をとる必要があります。そのため、引越し業者のなかには熱心なセールストークで電話を長引かせ、さまざまな手段で契約をしようとすることもあります。

●今すぐに契約してほしいと即決を促す内容

●今すぐ契約してくれれば割引できるとする価格交渉

●オプションや別サービスの勧誘

すべての引越し業者が強引な契約を迫ったり、オプションサービスで割り増をしたりするわけではありませんが、電話でこのように言われて断りきれなかった、というケースもあります。

一度契約をすると、後で解約したくなった際に解約手数料がかかることがあるため、安易に契約せず、しっかり検討したうえで決定するよう心がけることが大切です。

個人情報がばらまかれるリスクがある

利用者が入力した引越し情報を複数の引越し業者に渡すことで、一括見積りサービスは多数の見積りをとることを可能にしています。

より多くの見積りをとるために、一括見積りサービスは複数の引越し業者に個人情報を渡します。その結果、最終的に成約に至らない不特定多数の引越し業者にも個人情報が流出されることになるため注意が必要です。

個人情報をきちんと管理している一括見積りサービスが大半ですが、悪質なサービスは引越し業者を精査しないまま、情報を横流しして利益を得ている可能性があります。

便利だからといって、複数の一括見積りサービスへ安易に個人情報を登録せず、サービスを利用する場合は数を絞り、利用規約や評判をきちんと調べてから登録しましょう。

営業メール・電話なしで引越し見積りを済ませる方法

個人情報を登録し、複数の見積りをする一括見積りサービスですが、電話やメールが大量にくることや、悪質なサービスに登録しないよう常に注意が必要です。

電話なし・メールなしで安く見積りをとりたい方に、当サイトが運営する「単身引越しナビ」をご紹介します。

「単身引越しナビ」が安くて便利で安心

当サイトが運営する「単身引越しナビ」は、一都三県内で単身・近距離で引越しをしたい利用者向けのサービスです。もし利用条件に当てはまらない場合でも個別で見積りが可能です。

定額料金のため、シンプルでわかりやすく、メールや電話での見積りのように、料金が途中で変わることがありません。基本料金29,480円(税込)を基準として、そこに休日や繁忙期などの条件で金額が追加されるシステムです。

定額パックでは単身者や荷物が少ない二人暮らしの方の引越しで一般的に利用されている、2トンショートトラックでの引越しになります。

また、単身引越しナビはマッチングした引越し業者1社のみをご紹介し、成約した場合にのみ個人情報を渡します。そのため、訪問見積りや、複数業者からのしつこい営業電話・メールに対応することなく、条件に合った引越し業者とマッチングが可能です。

紹介される引越し業者は、国の許認可を取得したうえで、単身引越しナビの審査を通過したベテランの事業者のみなので、安心して利用できます。

電話営業なしで業者が決まる

一括見積りサービスでは、利用者が情報を登録したうえで見積りを比較し、引越し業社を決める必要があります。その際に電話やメールのやりとりが発生しますが、単身引越しナビではその手間が発生しません。

利用者が希望する引越し日をリクエストするだけで、最適な1社を利用者に紹介してくれます。定額制のため見積り金額を比較する必要はなく、成約になった1社のみと連絡をするだけで引越しの予約を完了できます。

マッチングが完了した後は届いたメールの内容を確認し、申込みを完了すると成約となります。利用者側は、希望を出した後は待つだけで良いため、引越し準備に集中できます。

時間を有効活用し、引越しをスムーズに進めたい方におすすめです。

価格交渉なしで相場よりも安く引っ越せる

ご紹介してきたように、引越しの見積りは引越しの時期や荷物量などによって大きく変動するため、安くするためには比較や交渉が欠かせません。しかし、単身引越しナビは、事前に引越し業者と連携することで、相場よりも安い定額料金で引越しが可能としています。

土日祝日や通常期・繁忙期も「シーズン料金」として定額で提供しているため、申し込み前に料金を確認できます。

定額料金には、大サイズ・小サイズのダンボールがそれぞれ10枚ずつ、合計20枚の料金が含まれています。単身者が梱包する際に必要なダンボールは10~15枚ほど、本や漫画が多い方でも15~20枚ほどなので、基本的には十分な量のダンボールをもらえると考えて良いでしょう。追加で必要になった場合は、有料で1枚から追加注文が可能です。

信頼できる引越し業者とマッチングする

口コミや評価を見て引越し業者を選んでも、その業者が本当に信頼できるのか不安に感じる方も多いでしょう。

しかし、単身引越しナビは運送業にかかる国の許認可を取得したうえで、単身引越しナビ独自の審査を通過した引越し業者のみが登録されているため、自動的にマッチングしても安心です。

実際に登録されている引越し業者の会社名や紹介文の一覧はサイト内で確認できます。どのような引越し業者が登録されているか気になる方はチェックしてみましょう。

まとめ

さまざまな見積り方法をご紹介してきましたが、それぞれにメリット・デメリットがあります。特に電話なし・メールなしでより安い引越しの見積りをとる場合は、時間がかかる、料金が割高になるケースがあります。

手間をできるだけ減らし、引越し料金を安くおさえたい方は、当サイトが運営する「単身引越しナビ」をはじめとしたサービスを選択肢に入れつつ、自分に合った見積り方法を選ぶようにしましょう。