簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる 簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる
引越し業者 男性 ダンボール

summary

  • 引越しの見積りは訪問見積り以外の方法でも実施可能であり訪問見積りは必ずしなければならないわけではありません
  • 訪問見積りを依頼する際は事前に準備が必要です
  • 訪問見積りにはさまざまな注意点があります

多くの引越し業者では見積りを依頼すると、訪問見積りをおすすめされます。しかし、訪問見積りは、引越し業者を家に入れなくてはならないため、面倒だと思う方もいるのではないでしょうか。この記事では、引越し業者による訪問見積りの概要や流れ、注意点などについて解説します。

引越し業者の訪問見積りとは

訪問見積りとは、旧居に来てもらい、実際の荷物量や周辺地域を確認してもらうサービスです。訪問見積りによって、引越しにかかるおおよその金額を提示してくれます。「引越し当日まで荷造りが終わらない」「運搬する荷物が増えた」といったことがない限り提示された料金は変動しません。

また、訪問見積りは無料で行えることがほとんどです。しかし、業者は見積りを行うためにコストがかかっています。担当者の人件費や訪問に使う燃料代などの回収もかかっているため、多くの業者は依頼者に契約させようと積極的に交渉してくるかもしれません。

とはいえ、訪問見積りはあくまでも見積りの段階のため、ほかの引越し業者の条件が良ければ断ることも可能です。

なお、訪問見積りにかかる時間は20~60分程度とされています。特に、荷物の量が多い場合は、より時間がかかることもあるようです。

電話見積りを実施している業者もいる

引越し業者のなかには、電話見積りを行っているところもあります。主に単身者のような荷物が少ない引越しの場合に利用しやすく、業者による家への訪問が不要なため手軽に見積りを取れます。

電話で見積りを取るときは、事前に準備しておくとスムーズに進められるでしょう。あらかじめ新居・旧居の住所や間取り、引越しを希望する日時、荷物の数などを控えておきます。特に、ダンボールで梱包が不可能なものがある場合は必ず伝えましょう。引越し当日に問題なく運べるように、荷物の数や大きさを正確に伝えることも大切です。

なお、電話見積りにかかる時間は15~30分程度です。ただし、目視で荷物量を確認できないため、場合によっては訪問見積りよりも時間がかかるかもしれません。

訪問も電話も面倒なら

訪問見積りも電話見積りも面倒であれば、インターネットを利用して見積りを取ることも可能です。引越し業者や不動産会社などが公開している専用のWebサイトにアクセスして、入力フォームに各種情報を記入して送信すれば見積りを行ってくれます。パソコンやスマートフォンで簡単に見積りを取れるため、より手軽に見積りを取れるでしょう。

ただし、インターネットでの見積りは、業者から来る多くの連絡に対応しなくてはなりません。引越し業者によっては、時間を問わず連絡してくることもあるため、対応に手間がかかるでしょう。引越し業者からの連絡対応を行わずに見積りを取りたい場合は、後ほどご紹介する「単身引越しナビ」の検討をおすすめします。

訪問見積りの流れ

女性 ノートパソコン

まず、引越し業者に問い合わせましょう。電話や問い合わせフォームなどから連絡して、名前、住所、電話番号などの個人情報と、訪問日の日取りを決めます。

見積り当日、引越し業者の担当者が訪問し、家にある荷物の量や種類などを確認します。梱包資材やトラックの調達量に関わるため、見積り後に荷物量の変更が起きないように注意が必要です。また、押し入れやクローゼットなどに入っている荷物も忘れてはいけません。そのほか、当日に行ってほしいオプションサービスなどの依頼も伝えておきましょう。

担当者が引越し内容と引越し希望日のスケジュールを検討して、料金を提示してくれます。最後に見積書を作成して、引越し約款などを確認すれば訪問見積りは完了です。引越し業者によっては、契約に至った場合にその場で無料ダンボールの受け渡しがあります。

複数業者を同時に訪問見積りはできる?

引越し料金やサービスの内容は引越し業者ごとに異なるため、見積りを取る際は複数業者に依頼して比較しましょう。各業者に訪問見積りを行ってもらうことも可能ですが、業者同士の訪問時間が重なる状況は避けましょう。そのため、見積りを依頼する際は別の日時を指定して、どうしても同時になる場合はあらかじめ業者に連絡しておきます。

また、複数業者に見積りを依頼していることは、日時が重なっていなくとも業者に伝えることをおすすめします。多くの場合、ほかの業者に顧客を取られないようお得な料金を提示してくれるため、値引き交渉が行いやすくなるかもしれません。

引越し業者の訪問見積りで準備すること

引越し業者が訪問見積りで訪ねてくるまでに、どのような準備が必要なのでしょうか。ここでは、訪問見積りの際に必要な準備について内容を紹介します。

部屋の片付け・不用品の処分

訪問見積りの前に部屋を片づけ、必要ないものを処分しておきましょう。引越し業者に運んでもらう荷物の量が増えると料金も高くなるため、荷物を減らして料金をおさえます。さらに、運搬する荷物量を減らせば、荷造りや搬出・搬入作業の手間も減るでしょう。

また、荷物は整理しておくと、訪問見積りで担当者が把握しやすくなります。引越しを決めたら早めに荷物整理をして、スムーズに見積りの依頼を出せるように備えておきましょう。

クローゼットや扉を開けておく

訪問見積りの際には、クローゼットや扉は開けておきましょう。引越し業者は荷物の量・種類などを確認する目的で訪問してきます。そのため、自分の荷物がある場所が一目で把握できるようにするのが大切です。他人の部屋でクローゼットや扉などを勝手に開けるとマナー違反になるため、部屋の扉が閉まっていると荷物を確認しづらくなります。訪問の前に自ら扉を開けておきましょう。

隠したいものは風呂場に置いておく

人によっては「引越し業者に自分の持ち物を見られたくない」と考えるケースもあります。何らかの理由で見積りの際にも隠したい荷物がある場合は、風呂場やトイレなどのような見積り作業中に見られない場所に置いておきましょう。

風呂場やトイレは荷物が少なく、見積りの際にあまり確認されません。不安な方は事前に「風呂場は見ないでほしい」などと伝えておくと安心でしょう。そのほか、空の湯船に荷物を入れて蓋をしておく方法もあります。

訪問見積りの注意点

訪問見積りの際には注意すべきポイントがあります。ここでは、訪問見積りの際の注意点を解説します。

ペットは一時避難させる

家でペットを飼っている場合、見積りの際はケージなどに入れておきましょう。ペットが担当者の足元でうろうろしていると見積り作業の邪魔になります。引越し業者の担当者が動物を苦手としている場合、見積り作業に集中できなくなる恐れがあります。動物が苦手な担当者でなくとも、担当者やペットがケガをしてトラブルになる可能性もあるため、見積り作業中はケージに入れて担当者と接しないような対策が必要です。

汚い部屋は高く見積られがち

部屋が汚いと、料金を高く見積られる可能性があります。多くの引越し業者は荷物量の変動があっても困らないように、余裕を持った荷物量で計算します。特に、汚い部屋では新居に持っていくものと引越し前に処分するものの区別がつきづらいため、より多くの荷物量を見積られるかもしれません。

また、汚い部屋は、引越し業者に嫌がられる可能性もあります。部屋が汚いと引越し作業をしづらく、相場より高い料金を提示されるかもしれません。そのため、訪問見積りを依頼する際は、部屋をきれいに片付けてから行いましょう。

訪問見積りは面倒?

引越し業者による訪問見積りは一般的な見積り方法ですが、作業を進めるのが面倒だと感じるかもしれません。前でもご紹介したように、引越し業者に依頼してから家の掃除や荷物整理を行い、荷物の場所や種類などがわかりやすくなった状態で担当者を迎え入れる必要があります。その後、担当者と確認・交渉などを行って料金が伝えられるという流れです。これらの作業は、複数の業者に依頼している場合は何度も行う必要があり、時間と手間がかかるでしょう。

また、最近では引越し料金の相場はインターネットなどで調べると簡単に把握できます。そのため、「相場を知るために多くの業者に依頼する手間をかけたくない」という方もいるでしょう。

訪問見積りは「なし」でも引越しできる?

男性 ソファー

前述したように、訪問見積りは負担が大きく、可能であれば訪問見積もりをせずに引っ越したいと考える方も少なくないでしょう。しかし、家族世帯のような荷物が多い場合の引越しでは、訪問見積りが事実上必須になっています。訪問見積りをしないと荷物量の把握がしづらく、引越し当日に「把握していなかった荷物がある」ということが起きる可能性があるからです。そのため、荷物量が多い引越しは、確実に運びきるために訪問見積りで正確な量を把握する必要があります。

一方で、荷物が少なければ荷物量が増えても大きなリスクがないため、訪問見積りをせずに引っ越せる場合もあるでしょう。訪問見積りをしない場合は電話・メールやチャット、写真アプリなどを利用して見積りを行います。

また、引越し業者によっては訪問見積りが不要になる自社サービスを展開している場合もあります。「サービスにどのような種類があるか」「自分は利用できるか」などを調べて、最適なサービスを選択しましょう。

引越し見積りを手軽に行うなら「単身引越しナビ」がおすすめ!

東京、神奈川、埼玉、千葉で単身の引越しを考えている場合は「単身引越しナビ」の利用がおすすめです。

単身引越しナビは、引越し業者とのマッチングサービスです。関東の一都三県を対象に、荷物が少ない単身の引越し者と引越し業者をマッチングします。

利用者が必要な情報を入力すると条件に適した引越し業者が選出され、利用者が気に入れば決定して業者選択が完了します。連絡先は依頼が決定した業者にしか伝えないため、多くの業者からの営業電話やメールに悩まされることがありません。

なお、利用できるプランは2tショートトラックの積み切りパックに限定されています。あまり多くの荷物を運べませんが、時期ごとに料金が定額で定められているため、予定を立てやすいという利点があります。

ただし、フリー便以外利用できないため、当日は午後から引越しが始まる可能性もあります。利用する際は、翌日まで含めて余裕をもったスケジュールを設けておきましょう。

 

引越し料金を安くするポイント

引越し料金を安くおさえるためにはいくつかのポイントを意識しましょう。時期に気を配ったり荷物を減らしたりすれば料金が安くなり、より節約して引っ越せます。この章では引越し料金を安くおさえるための主なポイントを2つ紹介します。

繁忙期を避ける

引越し料金の料金相場は時期によって異なるため、相場が高い時期を避けて引っ越すと料金を安くおさえられます。

引越し業者の多くは3月中旬~4月上旬にかけて繁忙期を迎えるため、料金が高騰します。この時期は年度の境目にあたり、全国で卒業・入学・就職など引越しを伴うイベントが発生するタイミングです。引越し業者の予約も非常に取りづらくなるため、可能であればほかの時期の引越しを検討しましょう。

繁忙期以外にも、月内・週内で料金が高くなるタイミングがあります。賃貸物件の多くは月ごとに契約を更新しており、契約が切れる月末に引っ越すと効率良く引っ越せます。そのため、同じ月でも月末付近は引越し需要が高く料金も上昇するようです。

また、曜日のなかでは、土曜日が高くなる傾向にあります。土曜日は翌日が休日のため、「引越しの翌日に自由時間を取りたい」と考える人も多くいるためです。

このように、さまざまなタイミングでの引越しを検討して、最もお得なタイミングを選びましょう。

荷物を減らす

引越しを機に荷物を処分して減らすことも効果的です。新居に運ぶべき荷物が増えると、引越し業者はより大きなトラックや多くの人員を用意する必要があります。トラックの運行料金や従業員の人件費などが増えるため、利用客に求める料金も増えます。一方で、荷物が少なければ小さなトラックと最小限の人員で足りるため、料金も安くおさえられるでしょう。

不要なものは、ごみとして廃棄するほかリサイクルやフリマアプリなどで販売する方法もあります。少しでも手持ちのお金が増えれば、その分引越し料金の足しになるでしょう。

また、古い家電などは買い替えを検討するのもおすすめです。

まとめ

この記事では、引越し業者による訪問見積りの概要や流れ、注意点などについて解説しました。訪問見積りは、正確な料金見積りができる一方で、面倒に感じられる点も少なくありません。訪問見積りを行う場合は、なるべくお得な料金を設定してもらえるように気を配りましょう。

お得な見積りで最適な引越し業者を選び、満足度の高い引越しを実現してください。