簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる 簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる
OKサインを出している男女の引越し業者

summary

  • 引越し業者は大手or中小といった種類のみで選ぶのではなく複数の観点で比較しましょう
  • 相見積りをした際の対応のほかに評判やオプションサービスからも業者を選ぶと失敗しにくくなります
  • 相見積りをする際は自分のなかでの条件を明確にして引越し業者を選びましょう

引越しは、引越しを行う日時や、プランによって費用が変動します。また荷物の量によっても変わるので、費用が最初から決まっているわけではありません。したがって、引越しを決めた際には、見積りをとることから始めます。直接引越し業者に見積りを依頼することもできますが、それでは時間がかかってしまいます。そのため近頃ではWebで一括見積り(相見積り)を取ることが一般的です。荷物の量や家の場所などから引越し費用を算出して、費用や仕事内容を比べるのがよく使われている方法です。この記事では引越し業者の種類・特徴や見積り方法、選ぶ際のポイントを紹介したうえで、注意点やよりお得な引越し業者の選び方、費用を安く抑えて引っ越すポイントなどを解説します。

引越し業者の種類・特徴と選ぶ際の4つのポイント

ダンボールに囲まれている女性

引越し業者を選ぶ際にチェックすべきポイントは、次の4つです。

  • 業者の対応や評判
    …電話・自宅訪問・見積り連絡への対応、インターネットの評判や口コミなど
  • 引越し費用
  • 引越しの日時
  • オプションサービスの充実度

引越し業者の出す見積りを構成している要素は、家族世帯でも単身世帯でも、とくに変わりがありません。以下で詳しく解説します。

引越し業者の種類とそれぞれの特徴

業者選びのポイントをお伝えする前に、引越し業者の種類について解説します。

引越し業者は大きく、全国対応の大手引越し業者と、地域密着型の中小引越し業者の2種類に分けられます。単身者の場合のそれぞれの内容・特徴は以下のとおりです。

引越し業者の種類 対応エリア・距離 対象 参考費用 サービス品質 メリット
大手業者 全国対応、
遠距離も可
家族引越しおよび単身引越しに対応 要問い合わせ 比較的満足度が高い 遠距離の引越しや家族での引越しにも対応可能
地域密着・ 中小業者 短距離〜中距離を中心に対応 単身引越しに特化している業者が多い 15,500円〜 業者により大きく異なる 融通が効きやすい

大手引越し業者は中小業者と比較して費用が高い分、対応の良さやサービスの充実度には定評があるため、安心して利用できるでしょう。それでは、「中小の引越し業者は大手より費用が安くなっているから、対応やサービスが悪いのか?」というと必ずしもそうではありません。中小の引越し業者や地域密着型引越し業者のなかには、元大手引越し業者出身のスタッフが集まっている業者もあります。さらに地域の状況に詳しい引越し業者も多く評判が良いところも多いです。

引越し業者を選ぶ際は「大手の引越し業者か?」とも悩みますし、「中小の引越し業者が良いかも?」と迷ってしまいますよね。そのような場合は、引越し業者の規模にこだわるのではなく、以下で紹介する4つのポイントを目安に、自分に合った引越し業者を選択することをおすすめします。

業者の対応や評判

引越し業者の質を確かめるためには、見積り依頼に対する「返事の早さ」と「見積りの内容」がポイントです。返事がメールの場合は宛先の名前に間違いがないか、質問に対して的確に回答されているかなども確かめたいものです。電話で引越し業者から返事が来た場合は、電話を受けた時間帯が非常識でないか、自分が質問した内容に的確な応対をしてくれているかなどの点で判断します。自宅への訪問見積りが行われた場合は、担当者の対応や人柄にマイナスな印象がないかを確認してください。見積り依頼に対して丁寧な対応ができる業者であれば、実際の引越し作業でも丁寧な作業が期待できるはずです。

その他にも、口コミや評判をWeb検索や引越し情報のWebサイトから探したり、実際に利用したことがある知人に聞いたりし、総合的に判断してみてください。引越し業者は異なっていても、仕事内容は似通ったところもあります。梱包した荷物の取り扱いや引越し業者の対応の良し悪しなどを調べてみてみましょう。

引越しを費用の安さだけで選んでしまうと、「家を傷つけられた」「大切な荷物を乱暴に扱われて破損した」などのトラブルにつながりかねません。トラブルを未然に防ぐためにも引越し業者の対応や評判をWebなどでも確認しましょう。

引越し費用

引越し業者選びで費用の安さを重視している方は多いのではないでしょうか。新居の契約金や新しい家電など、引越しには多くの費用がかかります。そのため引越し業者の費用をなるべく節約したい人も多いはずです。どこの引越し業者の費用が安いかを判断するために、まずは相見積りをとり、複数の業者を比較して相場を知ることが大事です。自分の条件に合い、最も費用を抑えられる引越し業者を選びましょう。費用を重視するがあまり、引越し作業が適当なのは本末転倒です。見積りは費用だけでなく「どんな仕事内容をしてくれるか」「ダンボールやエアコンなどの取り付け工事もしてくれるか」などもしっかり確認したいものです。引越し業者に見積りを依頼する方法については後述します。

引越しの日時

引越し業者を選ぶ際、次の理由から引越しの日程と時間が大切になってきます。

  • 希望日程で引越しできないことがあるから
  • 引越しの時間帯で費用が変動するから

まず日程に関しては、全国的に入学や転勤、転職などが多くなる3月中旬〜4月月上旬など引越しの繁忙期には依頼が殺到するため、引越し直前の依頼だと希望日程が通らないことが多くあります。スケジュールに余裕を持った依頼が必要です。繁忙期に引越しをしなくてはならないときは、早めに動くことが必要でしょう。

引越しを行う時間帯も引越し費用に影響します。基本的に引越し費用は午前中が高いことが多いです。午後や指定しない場合には費用が安くなります。引越しのために十分な休みを取れない人は、なるべく午前中の早いうちから行動したがります。また引越しは人生でそう何度もあることではないので、予想外のハプニングが起こったりすることもあり、作業が押すことも考えられます。そのため「午前中に引っ越したい」と考える人は多いです。

引越し費用を安く抑えたい場合は、「午後便」か「フリー便」を選びましょう。フリー便は、引越しの日だけをあらかじめ決めて、時間を指定しない引越しプランのことです。作業開始が遅くなったり具体的な開始時間帯がわからなかったりというデメリットはありますが、同じ日で時間を指定するより大きく出費を抑えることができます。

■通常期(5~2月)

単身 家族(4人家族)
午前(8時~11時) 39,500円 93,000円
午後・夜(12時~20時) 29,500円 68,000円

■繁忙期(3~4月)

単身 家族(4人家族)
午前(8時~11時) 47,600円 147,400円
午後・夜(12時~20時) 37,600円 122,400円

※同一市内での引越し(~15km)と仮定した場合の費用を算出しています。

オプションサービスの充実度

基本プランに含まれていないオプションサービスの充実度やメニューの有無は引越し業者によって異なるため、トラブルを避けるため事前に確認しておきましょう。また、引越し業者のなかには、費用を安くするため基本プランの中に最低限のサービスしか含んでいない会社もあります。結局オプションをたくさん付けないといけなくなり、「最終的な引越し費用が高くなってしまった……」などと後悔するでしょう。次のようなサービスが基本プランに含まれているか、オプションで用意されているのか、その費用はどのくらいなのかをチェックしておきましょう。

  • ダンボールは無料でもらえるか?何箱か?有料か?
  • エアコンの脱着は別費用か?
  • 不用品の処分は対応してもらえるか?
  • ピアノなど大型荷物は運んでもらえるか? など

引越し業者に見積りを依頼する2つの方法と相見積りのメリット

ダンボールの上でメモをしている人の手元

引越し業者に依頼する際は、最初に見積りを依頼します。見積りとは家の場所や構造、荷物の量などから引越し予算を推測する作業で、大きく分けて以下の2つの方法があります。

  1. 特定の業者に直接依頼する
  2. 一括見積サイトを利用する(相見積りをとる)

それぞれの特徴を踏まえて自分に合った方法を選びましょう。

業者に直接連絡する

特定の引越し業者に直接電話やメールなどで連絡すると、日程や時間帯、大まかな荷物量に合わせて引越し費用を見積もってくれます。方法は電話や訪問など、業者によってさまざまです。

直接依頼したときのメリットとして、トラブルが起こりづらい点が挙げられます。見積りや契約に合わせて必要な情報を確認し準備を進めてくれます。悪天候や渋滞などのトラブルが発生しても丁寧かつ柔軟に対応してくれるでしょう。

一括見積りサイトを利用する

もうひとつの一般的な方法として、インターネット上で利用できる引越しの一括見積りサイトを利用する方法が挙げられます。サイト内で大まかな情報を入力すると、サイトに登録している多数の引越し業者から各社ごとの見積りが伝えられるサービスです。

見積りサイトのメリットは、時間をかけずに多くの見積り結果が得られる点。インターネット上だけで手続きを進められるため、手軽に多くの引越し業者から費用見積りを入手して比較(相見積り)できます。連絡の早さや内容から業者の質を測ることもできるでしょう。

また、複数の業者を比較することで、混載便や帰り便などの費用の安いプランに出会える可能性が高くなり、お得に引越しができます。

混載便とは、トラック1台に対して複数世帯の荷物を一緒に載せて運ぶ方法です。タクシーの相乗りをイメージしていただくとわかりやすいかと思いますが、同じトラックに複数の人の荷物を載せるため、1世帯あたりの費用が割安になります。単身者など荷物が少ない方や、遠距離引越しで即日完了しなくても良い方(途中で荷物の積み替えが発生することが多いから)におすすめです。

帰り便とは、自分でトラックを手配するのではなく、別の方が引越しをしたあと、荷台が空になったトラックを利用して荷物を運ぶ方法です。たとえば、「東京→大阪」にAさんの荷物を運んだトラックが、「大阪→東京」に戻る際にBさんの荷物を運びます。トラックの片道分の異動(移動)費用(人件費、ガソリン代など)が抑えられ、「空の状態で営業所まで戻るだけ」という無駄がなくなるため、引越しの費用を抑えられます。混載便がベストかと思いきや、混載便にもデメリットは存在します。混載便は荷物が集まる予測がつかないため、お届け予定日などが指定できません。指定をするには、別オプションを頼まなければならない場合も多いのです。オプションをつけていくうちに、自分だけの荷物をトラックに載せることができる「チャーター便」と費用に大差がないこともあります。また、他の人の荷物もいっぺんに運ぶので、何度も積み込みや荷下ろしがあります。だからこそ紛失や他人の荷物に自分の荷物が混じってしまうリスクもあるでしょう。

引越し業者を選ぶときの注意点

ダンボールに囲まれている女性

引越し業者を選ぶために見積りを行いますが、見積りにはいくつかのデメリットや注意点があります。

  • 多くの引越し業者に連絡先や個人情報を公開するため、営業活動へ利用される恐れがある。
  • 訪問見積りのために業者が自宅に来ると、ある程度の時間をとられるうえに、そのまま即決を強く求められたり、後から多数のオプションを勧められ費用を吊り上げられたりする可能性がある。
  • 見積り費用にオプション費用が追加されることで、後から高額になる場合がある。

複数の業者から多数の連絡がくる

一括見積りサイトを利用すると、多くの引越し業者から次々に見積り結果の連絡が来るようになります。多数の連絡が来るため、業者ごとの情報を整理できない可能性もあります。自分で整理ができない情報量なら、見積りをとっても意味がありません。また、見積りを正確に行うために訪問見積りを提案されることも多くあり、複数業者の訪問日程を調整するのに苦労するかもしれません。複数の業者に見積り依頼をかけていることで、契約を急かされることもあります。

なかには見積りをお願いしていない企業からの連絡が来ることもあるようです。「水やインターネット回線を販売する営業のメールが送られてきた」というケースも。このような場合は、電話番号登録が不要なサービスもあります。しかし、「電話の代わりにメールが多く届いた」ということもあり、「必要なメールが読みづらくなった」と困ることも出てきます。一括見積りをお願いしたら、契約するまでに至らない企業は早めにその気がないことを伝えるのが必要となるでしょう。

訪問見積りが必要な場合もある

一括見積りサイトはインターネット上で見積もってもらえるサービスですが、多くの場合、より正確な見積りを行うために自宅への訪問見積りを提案されます。訪問見積りはある程度の時間が必要になるうえ、家にあるすべての荷物を確認されるため、女性ならとくにプライバシーの面で気になる方もいるでしょう。また、少数業者と上手く交渉するためには事前に引越し費用の相場を調べておく必要もあります。

さらに、訪問見積りでは見積りが終わったその場で、即決の契約を求められる場合もあります。即決を求めるのには理由があり、「即決すると安くする」と伝えられるようです。しかし、安くなった引越し費用が他社と比べてどれほど安いのかまでの比較ができません。その引越し業者のなかでは、確かに値引きを頑張ってくれたのかもしれませんが、その値引き額も他社と比べれば大したことがないこともあるでしょう。セールスに弱い方は、訪問見積りを避けた方が冷静に判断できるでしょう。

 オプションにより費用が変動しやすい

引越し費用を決める要素にはさまざまなオプションも含まれます。たとえば「壊れやすいものや骨董品などの梱包」、「生き物の搬送」、「エアコン・通信機器などの付け外し」、「不用品の引き取り」などのオプションサービスがあり便利ですが、便利であるがゆえにあれこれとオプションを利用していくと費用が高額になってしまいます。自分に必要なオプションの優先順位はしっかりと立てるべきです。引越し業者によっては基本の見積り金額を安くして多数のオプションを付けさせることもあります。「安い」と思って契約したはずが、結果的には多額の引越し費用を支払わされてしまうケースもあるようです。そうならないためには、見積りの時点で「安い」と感じても、後々大きく追加される可能性があることには注意が必要です。

自分で決めたサービス内容と予算内でやってくれる引越し業者と契約する

引越し業者に一括で見積りを依頼しても、思ったような見積りの回答を得られないかもしれません。引越しの見積りで大切なのは「どこの引越し業者が一番安いのか」ではなく、自分が希望するサービスや仕事ぶりをしてくれそうな引越し業者を選ぶことが大切なのです。自分が出した引越しにかける予算内で契約できそうな引越し業者が多く見つかった場合は、よりサービスや仕事ぶりに信頼ができそうな引越し業者を探すことが大切になるでしょう。ただし、自分が決めた予算が、引越し業者の相場にあっていないこともあるので、一括見積りを行った上で自分が引っ越しをするシーズンの相場感覚を掴むことも大事なポイントになります。

引越し業者の選び方で大事な安い見積りを提案してもらう方法5つ

荷物を持っている引越し業者

引越し業者は多くの種類があり、選ぶ方法にもメリットとデメリットがあります。各業者を吟味して最適な業者を選ぶために、次のようなさまざまな方面から業者の質や自分の引越しに対する適性を確かめましょう。

  • 引越し先までの距離を考慮する
  • 営業担当者との心理的な相性を考える
  • 繁忙期を避けて通常期〜閑散期に依頼する
  • 見積り前に処分や売却などで荷物を減らしておく
  • 引越し希望日になるべく幅を持たせて幅広い見積り提案をもらう

引越し先が遠距離か近距離かを考える

地方を跨ぐ長距離の引越しでは、全国各地に拠点を持っている大手業者の方が安定した質の引越し作業を期待できます。一方、県内や隣県程度までの近距離では、地域に密着している中小業者の方が、融通が利き費用が安く抑えられる可能性が高くなります。そのほかの特徴として、大手は企業の規模に応じて「しっかりした保証を備えている」中小の引越し業者は「スタッフが少ないことから同一スタッフが一貫して対応することが多いため利用者と業者の間でミスコミュニケーションが起こりづらい」といった特徴もあるようです。それぞれにメリットがあるので、実際にコミュニケーションをとり、仕事を任せることに信頼がおけるかどうかをなどが考えましょう。

営業担当と相性が良いか確かめる

引越しは、人とのコミュニケーションも多く必要になります。引越し業者と自分との相性を差し置くことは危険です。見積りの費用が安くても、言いたいことを伝えられないような引越し業者に仕事を任せてはいけません。マナーをしっかりと守っていることはもちろん、引越しをする人の立場になって仕事を提案してくれる引越し業者が良いでしょう。話しやすさで、引越しの打ち合わせの充実度は決まってきてしまいます。営業担当者との会話の中で、もしはっきりした理由がなくとも「この人には任せたくない」と感じた場合は、ほかの業者を優先的に考えた方が後悔せずに済むかもしれません。

繁忙期を避ける

引越しの費用は、引越しの需要によって変動します。引越しの需要が増える春先は引越し業界の繁忙期になります。そのため費用も上がるのです。安い費用で引っ越したい場合は、引越し需要が低い閑散期を狙いましょう。多くの業者では11~1月が閑散期です。この時期は秋に多く行われる人事異動と年度末前後の卒業や就職などの間にあたる時期です。さらに繁忙期に挟まれて引越し客が全国的に少なくなるタイミングになります。閑散期は引越し費用が安くなるだけでなく、引越し客が少ないことから希望した時間やプランで予約を取りやすくなるでしょう。閑散期は新築物件が多く出回り、初期費用を抑えられるメリットもあります。物件を探す人も少なくなるので、落ち着いて物件を選びやすい時期でもあるので、とくに引越しを焦っていないのなら、閑散期に引っ越すことも検討してみましょう。

人数 繁忙期(3〜4月) 通常期(5〜2月)
同一都道府県内での引っ越し(〜50km)
単身 約37,600〜62,800円 約29,200〜41,500円
2〜3人家族 約86,600〜160,400円 約48,100〜69,700円
4〜5人家族 約124,300〜208,000円 約69,100〜90,400円
別の都道府県への引っ越し(〜200km)
単身 約49,800〜142,100円 約41,500〜71,082円
2〜3人家族 約109,100〜230,100円 約60,600〜100,000円
4〜5人家族 約150,916〜312,400円 約83,800〜135,800円

荷物を減らす

引越し業者に見積りを頼む際は、あらかじめ新居に持っていく荷物を減らしておくことをおすすめします。引越しの費用は、荷物の量によっても変動します。不要な荷物を減らすると、そのぶん引越し費用を安く抑えることができます。引越しが完了したあとの荷解きにかける時間も少なくて済みます。

不用品を処分する際は、その方法にも工夫すると良いでしょう。粗大ごみとして捨てるだけでなく、各自治体のリサイクルセンターに持っていったり、フリーマーケットアプリなどで販売したりすればお金として手元に残るかもしれません。引越し費用も安く抑えられますし、売却費用を引越しに当てることでさらにコストカットした引越しが叶います。まだ使えそうな不用品は、この機会に手放してみることもおすすめです。

引越し希望日に幅を持たせる

あらかじめ自分が決めた日程や時間で見積りを希望してしまうと、引越し業者も柔軟な対応がしにくいものです。そのため、費用を抑えることが難しくなります。引越し日まで余裕を持たせて、引越しを見込む前後のスケジュールはなるべく空けておくと費用を安くできるでしょう。なるべく幅をもたせて、引越し希望日を業者へ伝えましょう。

引越し業者には、時間の指定をのぞいて「○日から○日でお願いします」と伝えることで、帰り便や混載便などの安い運搬方法を引越し業者から引き出すことができます。具体的に「○日から○日までに帰り便や混載便はありますか?」と聞くのも良いでしょう。とにかく費用を抑えたいこと、そのためにプランを選ばないことを明かせば、引越し業者もより提案をしてくれるようになるでしょう。

まとめ

この記事では、引越し費用を抑える方法を紹介しました。引越し費用を抑えるためには、引越し業者の選び方が大きく関わってくることも理解できたと思います。引越し業者に依頼する場合は、まずは見積りをとる必要があります。複数の引越し業者に見積りをお願いする場合は、自分のなかで「こんな引越しをしたい」という譲れない条件を主軸に引越し業者を選ぶと失敗がありません。どんな引越し業者にも必ずメリットとデメリットがあります。自分に必要がある仕事内容を明確にしつつ、各引越し業者が持つ特色を持つ引越し業者を選び、費用を抑えられると良いですね。