簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる 簡単3ステップ!あなたの引越しをお見積り!無料で確定料金を調べる
笑顔の女性

summary

  • 引越しの見積りは通常時で約2週間~1ヶ月前、繁忙期の3月~4月は1~2ヶ月前には取る必要があります。
  • 引越し業者で見積りを取るときは「日時」「場所」「荷物の量」を把握しておきましょう。
  • 複数の引越し業者で見積りを取る方法と、メリットとデメリットをご紹介します

引越し業者に引越しを依頼するときは、最初に見積りを取る必要があります。はじめのステップである見積り依頼を早くすれば、余裕を持って引越しを進めることができるでしょう。いつ頃から見積り依頼をできるのかを把握して、引越し全体のスケジュールを組んでおくことが重要です。この記事では、引越し業者への見積り依頼をすべきタイミングと、見積りの取りかたをご紹介します。

引越しの見積りを取るタイミング

御見積書

引越し業者を選ぶ場合、まず複数の業者に見積りを取って費用の概算金額を確認してから依頼先を決定します。そのため、希望の引越し時期が決まっている場合は、それよりも前に余裕を持って見積りを取らなければなりません。

また、単に見積りを取るといっても、引越し業者との立ち会いの日程調整や、自分が立ち会う必要があるかなどの確認を忘れてはなりません。業者の都合もあるため、「直前に見積りを依頼したら、日程調整がうまくいかずに結局見積りを取れなかった」という事態にもなりかねません。大事な引越しを任せる業者なので、しっかりと検討するためにも、余裕を持って見積りを依頼しましょう。以下では引越しの見積りを取るおすすめのタイミングを紹介します。

通常期(5月〜2月)

年間を通じて、引越しの見積りは約2週間~1ヶ月前には依頼したほうがいいでしょう。もちろん引越し先や時間帯などでも条件は変わりますが、おおよそ1ヶ月前までに引越し業者に見積り依頼と立ち会いの予約ができれば気持ちに余裕を持って引っ越せるでしょう。

引越しまでの期間が短いと準備も慌ただしくなり、急ぐあまりに手続きを忘れたり、割高な手段を選んだりするかもしれません。落ち着いてミスなく引っ越すためにも、早めの見積り依頼を心がけましょう。

繁忙期(3月~4月)

この時期の引越しは、入社や転勤、入学など、時期をずらしにくい事情がある場合が多いため、どうしても需要が集中します。そのため、こういった引越し需要が大きく増える繁忙期は、通常期と同じ時期に見積り依頼をしても希望どおりの日程で引っ越せない可能性があります。1ヶ月前には希望日前後の週まで引越し業者のスケジュールがすべて埋まっている場合も少なくありません。2ヶ月前に申し込んでも希望どおりに予約できないことがあるため、繁忙期の引越しがわかった場合は一刻も早く見積り依頼を行うべきでしょう。

見積りの取りかた

引越しの見積りの取りかたは主に2種類の方法に分かれます。事前に必要な情報をまとめて自分に適した方法で依頼しましょう。ここでは見積り依頼の方法と、メリットとデメリットについて解説します。

必要な情報をまとめる

引越し業者に見積りをとるときは、あらかじめ必要になる情報をまとめておきましょう。具体的には、「いつ・どこに引っ越すか」「荷物はおおよそどのくらいの量か」を把握しておくと良いでしょう。この情報をもとに、引越し業者は費用の算出や予約状況の確認、トラックや人員の手配を進めます。

引越し業者に見積りを依頼する

見積り依頼に必要な情報をまとめたら、引越し業者に連絡して見積りを依頼します。依頼方法は主に「直接依頼する」「一括見積りサービスを利用する」の2種類があり、それぞれにメリットとデメリットあります。引越しまでの時間や複数業者の比較など、自分が重視するポイントを踏まえて見積りを依頼しましょう。

直接依頼する

見積り依頼のシンプルな方法は、引越し業者1社ずつに直接見積りを依頼することです。具体的には、電話やホームページなどを使って各業者に見積りを依頼します。メリットは、手早く業者を決めてスピード感のある引越し依頼が可能なこと、でしょう。引越しまで時間がない場合は有効な方法です。一方、この方法のデメリットはほかの業者と比較しづらく、相場がわからないまま契約する可能性もあるということです。

一括見積りサービスを利用する

インターネット上にある一括見積りサイトなど利用すると、複数の引越し業者にまとめて見積りをしてもらえます。一度に複数業者の見積りを確認できるため比較して選びやすく、見積り依頼の手間が一度で済むのもメリットです。一方、一括見積りサービスのデメリットは、サービス利用後に多数の引越し業者から電話やメールが送られてくる可能性があること、でしょう。その都度対応しようとすると返答に手間がかかるうえに、着信履歴が増えて目当ての業者からの履歴がどれか分からなくなることもあるため気をつけましょう。

見積りで確認すべきこと

見積りのポイント

見積り依頼の段階で、引越し業者の担当者と電話や訪問などで接触できます。せっかく引越し業者と直接話せる機会が持てるのですから、聞きたいことはどんどん確認しましょう。引越しの費用やキャンセル料はいくらか、荷造りに必要な道具と入手方法など、引越しのプロから多くの情報をもらえます。

引越し費用

見積り依頼では、当然ながら費用を確認する必要があります。電話やホームページなどであらかじめ伝えられた金額より高くなる場合も少なくないため、追加金額や費用の内訳を必ず確かめましょう。各種オプションサービスは必要なものを選んで利用します。費用を支払う時期と支払い方法の確認も必要です。多くの引越し業者では引越し当日に現金で支払いますが、業者やよっては事前にクレジットカードで支払える場合もあります。

キャンセル料の発生時期

何らかの理由で引越しをキャンセルする場合に備えて、キャンセル料の金額や発生する時期についても確認しておきましょう。国土交通省が定める「標準引越運送約款」では、以下の金額がキャンセル料として依頼者に請求できる上限額とされています。

■キャンセル料と発生時期

金額の発生する時期キャンセル料の上限額
引越し当日から2日前運賃と荷役料金の合計のうち20%
引越しの前日運賃と荷役料金の合計のうち30%
引越し当日運賃と荷役料金の合計のうち50%

多くの引越し業者は標準引越運送約款に基づいて運営していますが、なかには独自の約款を利用している場合もあります。依頼する業者でキャンセル料の基準がどうなっているかの確認は、どんなに急いでいても欠かさないようにしましょう。

荷造りに必要なもの

荷造りに関しても確認しましょう。荷造りに欠かせないアイテムにダンボールがありますが、自分の引越しではダンボールはいくつ必要か、また引越し業者からもらえる数に制限はあるかなど、見積りにあわせて聞いておくと、後になって困りません。荷物の種類によってはダンボールに詰められないものもあるため、ダンボール以外に必要な梱包資材や入手方法なども一緒に確認することをおすすめします。

見積り依頼と同時期にやるべきこと

時間を節約するために、見積り依頼と並行して引越し準備もある程度進めることをおすすめします。具体的には、新居の確認や荷物の整理などを進めます。

新居の確認

引越し先の新居は、引越し決定後すぐに決める必要があります。見積り依頼では新居の立地も費用に関わるため、新居を正式に決めてから見積り依頼をしましょう。また、荷物を搬入するときのために、新居前の道にトラックを停められるかどうかや、エレベーターの有無、部屋の扉や階段などの寸法も事前に測っておきます。

新居の契約は、賃貸の場合、家賃の支払い能力の審査なども必要なため数日かかる場合もあります。なるべく早く進めて時間に余裕を持たせましょう。

引越し日時を決める

見積り依頼にあわせて、実際に引越しをする日時を決めましょう。引越しは3~4月、賃貸物件の契約は1~3月に繁忙期を迎えます。繁忙期は引越し日時の予約も思うようにとれなくなるため、可能であれば繁忙期以外の時期を狙うとスムーズに引っ越せるでしょう。また、同じ引越し日でも午前中に予約が集中しやすいので、この時間を避けると比較的予約がとりやすく費用も割安になる傾向があります。

荷物を整理する

旧居での荷造りを始めるために、まずは荷物の整理を行います。新居に持っていくものと旧居で処分するものに分けましょう。最初に荷物を処分して数を減らすと荷物の梱包をしやすくなります。

荷物の処分方法は、「粗大ごみに出す」「不用品回収業者に依頼する」「オークションサイトで売る」などが挙げられます。粗大ごみは回収までに時間がかかることもあるため、引越し決定後、できるだけ早く荷物を整理して回収の申し込みをすると良いでしょう。

見積りを取るときの注意点

引越しの見積りでは、引越し業者に見積りを依頼してから、荷物量をもとに交渉して費用を決めます。トラブルなく費用を節約して引っ越すために、以下で紹介する注意点を把握しておきましょう。

複数業者を同時に訪問させない

引越しの見積りは複数の業者に見積り依頼をして比較するのが一般的ですが、訪問見積りの場合には、依頼のバッティングに注意が必要です。複数業者の訪問見積りを同じ時間帯で行うと、業者への対応がしづらくなったり、業者が十分に荷物の確認ができなくなったりする問題があります。業者によっては同じ日にほかの業者が来ると知った時点で訪問見積りを断る場合もあるため、なるべく訪問見積りは業者ごとに異なる日程にしましょう。

あまり多くの業者に見積りを依頼しない

見積りを依頼する引越し業者の数は、ある程度絞りましょう。多くの業者から見積りを取っても、提示される費用の幅はある程度は決まってくるうえに、特に訪問見積りでは立ち会いなどで時間をとられるため、ほかの引越し準備に支障が出ます。

具体的には、見積り依頼する業者は大手・中堅・小規模の3社を選ぶと見積り内容の検討にはいいかも知れません。信頼があり費用が高めの大手、安さを重視する小規模、両者の中間として中堅の業者から各1社ずつ選ぶのもおすすめです。

口約束はしない

引越し見積りの場で、口頭だけの約束をしてはいけません。見積りをするスタッフは基本的に引越し業者の営業担当であり、実際の引越し作業を行うことは稀です。そのため、見積りの際に約束したつもりでも、引越し当日の作業スタッフには話が伝わっておらずトラブルになる可能性もあります。見積りの場で費用やサービスなどについて約束するときは、必ず見積書などの文書に記載してもらいましょう。

引越し費用が安くなる時期

引越し費用は見積りの際に決まりますが、荷物の量や引っ越す距離などに加えて、引越しの時期でも費用が変わります。基本的には年度末の繁忙期の少し前が安くなりますが、引っ越す人数によっては、ほかの時期で安く引越しできる場合もあります。自分の引越しではいつ引っ越すと安くなるかを把握しておきましょう。以下では、引っ越す人数ごとに見積りが安くなる時期を紹介します。

単身の場合

単身で引っ越す場合は、10~1月が安く引っ越しやすい時期です。これは年度の境にあたる春と半期が終わる秋の間の時期で、卒業・就職・異動などの引越しを伴うイベントがあまりない時期にあたります。引越しの需要が低いため、引越し業者も見積り金額を下げる傾向があります。

複数人の場合

家族世帯や二人暮らしなど複数人で引っ越す場合は、10~1月に加え、8月上旬が安く引っ越しやすい時期です。10~1月は、単身の場合と同様に卒業や異動などで引っ越す人が少ない時期にあたります。また、8月は中旬以降が学校の夏休みや職場の盆休みなどで引っ越す人が増える時期なので、少し前の8月上旬は逆に引越し需要が少なく、費用も抑えられるタイミングです。

まとめ

引越しはさまざまな手続きや作業を同時進行で進めなくてはならず、多くの人にとって簡単に済ませられるものではありません。また時期や方法によって引越しにかかる費用にも違いが出るため、いろいろな選択肢を検討する必要があります。時間に余裕を持って、タイミング良く見積りを取るのも、良い引越しを実現する秘訣です。今回ご紹介したポイントを押さえて、計画的な引越しを目指しましょう。