引越しプランの種類|事業者ごとのサービス内容も徹底比較!

引越しプランの種類|事業者ごとのサービス内容も徹底比較!
大手の引越し料金と比較すると単身引越しナビなら最大67%安い!
  • A社 約67%OFF
  • B社 約50%OFF
  • C社 約20%OFF
summary
  • 引越しのプランはおまかせプラン・プチおまかせプラン・セルフプランの3種類に大別されます
  • 基本の引越しプランに加えて女性向けやシニア向けなど専用プランを提供している事業者もあります
  • 引越し業者によって提供しているプランが異なります
  • 最適なプランを決めるためには複数社から見積もりを取りましょう

引越しのプランは多種多様です。引越し業者によってプラン名やサービス内容が異なるので、利用者側からすると少しわかりにくいかもしれません。

そこで今回は、引越し業者のプランについて解説します。基本となるプランから専用プランまで、各プランを網羅して紹介しているので、引越しする際のプラン選びの参考にしてみてください。

引越しプランの種類

引越しプランの種類

引越し業者によってさまざまなプランがありますが、次の3つのプランはほとんどの事業者で用意されている基本的なプランです。

  荷造り 家屋の保護 家具梱包~搬出 開梱(荷解き)
おまかせプラン
プチおまかせプラン ×
セルフプラン × ×

各社が基本プランとして用意していますが、事業者によってサービス名やプラン内容が異なります。ここでは一般的なプラン内容を紹介していきます。

おまかせプラン

おまかせプランとは、旧居での荷造りから搬出入、搬送、新居での荷解きまで対応してくれるプランです。引越し業者によってサービス内容が異なりますが、基本的には引越しに付随するすべての作業を請け負ってくれます。

おまかせプランのメリットはなんといっても、自分たちで行う作業が減ることです。それによって引越し作業にかかる手間や時間の節約ができます。そのため、仕事や育児が忙しい人や、妊娠中や高齢者で荷造りが難しい人に最適なプランです。一方で、依頼する作業範囲が広くなればなるほど作業時間が延び、人件費がかかるため、引越し料金が高くなる点は留意しておきましょう。

おまかせプランについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、あわせてご確認ください。

プチおまかせプラン

プチおまかせプランでは、旧居での荷造りから搬出、搬送、搬入までを行ってくれます。引越しで最も面倒な荷造りをお任せできるので楽に引越しできるうえに、新居での荷解きは自分たちで行うため、おまかせプランよりも料金が抑えられます。ただし、後述するセルフプランよりは依頼する作業範囲が広くなるので、料金が高くなる点は理解しておきましょう。

セルフプラン

セルフプランは、引越し業者に搬出、搬送、搬入のみを依頼して、荷造りや荷解きはセルフで行うプランです。3つの基本プランのなかでも最も低価格で利用できますが、自分たちで行う作業範囲が広くなるので、引越し前後で時間が取れる人に向いています。また、単身の引越しプランは、基本的にセルフプランとなっています。

【引越しプランの種類別】引越し業者の比較

【引越しプランの種類別】引越し業者の比較

ここからは各プランに対応している引越し業者を一覧で紹介していきます。なかにはすべてのプランに対応している事業者もあるので、詳細は後述の「引越し業者別のプラン一覧」に記載します。

また、プランに関しては2022年6月21日時点の公式ホームページを参考にしています。変更になっていることも考えられるので、利用する際は必ず公式ホームページで確認しましょう。

おまかせプラン

おまかせプランを用意している引越し業者は次のとおりです。

  荷造り 家屋の保護 家具梱包~搬出 開梱(荷解き) オプション
新居のお掃除まで全ておまかせプレミアムプランほか

(サカイ引越センター)

アリさんフルパックほか

(アリさんマークの引越社)

おまかせパック フルコースほか

(アート引越センター)

サカイ引越センターやアリさんマークの引越社では、複数プランでおまかせプランに対応しています。アート引越センターでは、すべてのプランでおまかせプランを選択できます。

プチおまかせプラン

プチおまかせプランに対応している引越し業者は次のとおりです。

  荷造り 家屋の保護 家具梱包~搬出 開梱(荷解き) オプション
エコノミープラン

(ハート引越センター)

×
カンガルー引越便お値打タイプ

(西濃運輸)

× ×
おまかせパック ハーフコース

(アート引越センター)

×
荷造りおまかせスタンダードプラン

(サカイ引越センター)

×
家族のお引越し ハーフプラン

(日本通運)

× ×

プチおまかせプランはハート引越センターや西濃運輸、アート引越センターなどが対応しています。「プチおまかせプラン」という名前ではなく、「ハーフコース」「ハーフプラン」として用意されているケースもあります。

セルフプラン

セルフプランに対応している引越し業者は次のとおりです。

  荷造り 家屋の保護 家具梱包~搬出 開梱

(荷解き)

オプション
家族のお引越し セルフプラン

(日本通運)

× ×
全プラン

アップル引越センター

× ×
フクツー引越便ノーマルタイプ

(福山通運)

× ×

日本通運では、プラン名としては「家族のお引越し」としているものの、単身で大きな荷物が多い方にもセルフプランを利用いただけるようです。また、アップル引越センターでは、オプションサービスとして荷造りと荷解きを依頼できるサービスを提供しています。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

その他の引越しプラン

その他の引越しプラン

引越し業者によりますが、先に紹介したおまかせプラン、プチおまかせプラン、セルフプラン以外にも次のようなプランを用意している事業者もあります。

  • 単身引越しパック
  • 学割プラン
  • シニアプラン
  • 女性向けプラン(レディースプラン)
  • ミニプラン
  • 立ち寄りプラン

単身引越しパック

単身引越しパックとはトラック単位ではなく、トラックに積載するコンテナを貸し切って荷物を載せる引越しプランです。基本的には単身者向けのサービスですが、コンテナの本数を増やすこともできるので、荷物の量が少なければ二人暮らしでも利用できるでしょう。

コンテナは、別の人の荷物を載せたコンテナと一緒にトラックに混載して、順番に各依頼者に運ばれるので、トラック1台を貸し切る通常の引越しよりもリーズナブルな引越しを実現できます。ただし、先にも触れているとおり、荷物はコンテナに入れることになるため、単身引越しパックでは基本的に大型家具・家電の運搬はできません。別途宅配便で送るか、引越し先で調達する必要があることを覚えておきましょう。

学割プラン

学割プランは、引越しにかけられる費用が限られる学生向けのお得なプランです。引越し業者によっては、学生を応援する名目で、契約特典が付く場合もあります。

大手引越し業者のなかで学割プランを設けているのは、今のところアート引越センターだけとなっています。(2022年6月21日時点)

また、プランではありませんが、全国学生引越センターでは学生をメインターゲットに関東から全国への引越しに対応しており、学生の引越しを格安で後押ししています。

シニアプラン

シニアプランは高齢者向けに展開されている引越しサービスです。当日は荷造りから搬出、搬送、搬入、荷解きまで、ほぼすべての引越し作業に対応しています。引越しに備えた打ち合わせを行ったり、専任の暮らしのアドバイザーが整理整頓についてアドバイスをくれたりするなど、各社で利用者のニーズにあわせたサポートを用意しています。

作業範囲が広くなるので料金が高くなる点はデメリットですが、引越し作業には体力が必要です。高齢者の場合は、体力や筋力が落ちている場合が多いので、ケガをしやすいといった心配が出てくるでしょう。その点、シニアプランは引越しにおける高齢者の不安をカバーしてくれるプランになっています。

女性向けプラン(レディースプラン)

女性が安心して引越しできるように提供されているのが、女性向けプランです。引越し作業にあたるスタッフは女性が基本なので、男性スタッフに自分の荷物を運ばれるのが不安、自宅に男性が立ち入るのは避けたいという女性に最適です。また、同じ女性だからこその細かい点に気づいてくれることもあるので、きめ細かなサービスが期待できます。

ただし、女性向けのプランを用意している引越し業者は少数です。また、日程的に女性スタッフが足りない場合は男性スタッフが当日の作業員として入ることもある点には注意が必要です。

ミニプラン

ミニプランは、単身引越しパックでは荷物が入りきらないけど、通常プランを頼むには荷物が少なすぎる人向けの格安引越しプランです。ミニプランでは、作業員とトラックを手配してもらうケースから、トラックのみを手配してもらうケース、大型家具・家電だけを運んでもらうケースなどがあります。対応範囲は各事業者で異なるので、ミニプランを利用したい場合は見積もり時に相談してみましょう。

立ち寄りプラン

立ち寄りプランでは、2箇所から新居に引越しする場合に最適なプランです。たとえばルームシェアや同棲、結婚など、2箇所の拠点からひとつの新居に引越しする場合、別々の引越し業者に頼むと料金が高くなります。しかし、立ち寄りプランであれば順番にそれぞれの旧居に立ち寄って荷物を積み込んでくれるので、料金をおさえられます。

同じトラックに荷物を載せているので、荷物が届くのも当然同じ時刻です。そのため、搬入の立ち会いも一度で良く、荷解きを中断することがないのでスムーズに引越しを終えられます。

引越しプランの選び方

引越しプランの選び方

引越しプランを選ぶ際には、次の点を意識しましょう。

  • 複数社、複数プランで見積もりを取る
  • 大手だけでなく、中小規模の事業者も視野に入れる

はじめから「この会社のこのプラン」と決めてしまうのはとてももったいないことです。なぜなら同じサービスでも引越し業者によって料金が異なるからです。また、同じ引越し業者でもプランによって料金は変動します。

そのため、自分の条件にあいそうな引越し業者とプランを複数ピックアップして、見積もりを取って検討材料を集めましょう。その際、全国展開しているような事業者だけではなく、地域密着型の事業者も含めて選択肢を広げることをおすすめします。

【引越し業者別】引越しプラン一覧

alt_text

今度は引越し業者別に各社のプラン一覧を見ていきましょう。たとえばプランは同じでも細かいサービス内容が異なる場合もあるので、ぜひ参考にしてください。

無料簡単3ステップ!引越し料金を調べる

サカイ引越センター

サカイ引越センター

引用:サカイ引越センター

大阪に本社を置くサカイ引越しセンターは全国に支社を持つ国内でも有数の引越し業者です。取り扱いプランが豊富で、引越し人数や距離、作業範囲など、さまざまなシチュエーションにあわせて理想の引越しプランを選択できるでしょう。

オプションプランも充実しており、なかにはアルバムや写真、ビデオテープをDVDにリメイクする「思い出お引越サービス」という珍しいサービスもあります。また、サービスの充実度だけでなく、作業品質もピカイチのようです。過酷な条件で設計した独自の研修施設などで研修を受けたスタッフが作業にあたってくれるので、安心して荷物をお任せできるでしょう。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
プレミアムプラン おまかせ 荷造りから荷解きまで、一連の引越し作業に加えて、引越し後3回のお掃除サービス付きプラン
フルサービスプラン おまかせ 荷造りから荷解きまで行ってくれる、一般的なおまかせプラン
スタンダードプラン プチおまかせ 荷造りから搬入まで行ってくれる、一般的なプチおまかせプラン
エコノミープラン セルフ 搬出から搬入までの一般的なセルフプラン
ご一緒便プラン - 宅配便形式の引越しプラン。預けた荷物が後日届く
小口引越プラン 単身引越しパック 単身赴任など、荷物が少なく長距離移動が必要な引越しに最適なプラン

※2022年6月時点

サカイ引越センターの詳細を見る

アーク引越センター

アーク引越センター

引用元:アーク引越センター

アーク引越センターは1980年創業で名古屋に本社を置く老舗の引越し業者です。アーク引越センターの嬉しい点は、梱包資材のプレゼントやレンタルが充実しているところでしょう。ダンボール最大50枚、ふとん袋2枚を無料で提供してもらえるほか、ハンガーボックスも最大5個無料でレンタル可能のようです。また、繁忙期と土日祝は除く、毎月1~20日は特別料金で案内してくれるので、引越し料金をおさえたい人におすすめの引越し業者でしょう。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
ミニ引越プラン セルフ 一人暮らし、近距離の引越しをする人向けのプラン。搬出から搬入まで行ってくれる
ミニ引越長距離プラン - 宅配便形式の引越しプランで、荷物が届くまでに日数がかかる場合も。ただ、格安で対応してもらえる
荷物多め単身プラン セルフ 単身者で荷物が多い人向けのプラン。搬出から搬入まで行ってくれる
すべてお任せフルフルプラン おまかせ 単身から家族まで対応のおまかせプラン。荷造りから荷解きまで対応してくれる
近・長距離プラン セルフ 二人暮らしの近・長距離の引越しに対応するプラン
これから新生活プラン 立ち寄り 同棲や結婚など、これから一緒に住むための引越しをする人たち向けのプラン。2箇所に立ち寄ってくれる
シニアプラン シニア 荷造り、荷解きはセルフで行う必要があるが、60歳以上の場合、引越し料金が最大20%オフになる

※2022年6月時点

アーク引越センターの詳細を見る

アート引越センター

alt_text

引用元:アート引越センター

アート引越センターでは、おまかせパック、学割パック、レディースパック、シニアパックの4つのパックを提供しています。各パックにおいて、基本コース、ハーフコース(荷造り含む)、フルコース(荷造り、荷解き含む)があり、作業範囲も選択できるうえにフリー便を指定することが可能でしょう。

フリー便は日にちだけを指定して作業の開始時間は引越し業者におまかせするプランですが、見積もり時に作業開始時間の目安を教えてくれるので、「いつ来るか不安」という人でも安心して依頼できるでしょう。ただし、予約状況や荷物の量によっては利用をお断りされる場合もあるので、事前に相談することをおすすめします。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
おまかせパック セルフ 基本的な作業をまとめた標準プラン。作業範囲によってプランの変更が可能
学割パック 学割 学生向けのお得なプラン。作業範囲によってプランの変更が可能
レディースパック レディース 女性スタッフが対応してくれる女性向けプラン。作業範囲によってプランの変更が可能
シニアパック シニア 60歳以上の方向けのプラン。作業範囲によってプランの変更が可能

※2022年6月時点

アート引越センターの詳細を見る

ハート引越センター

alt_text

引用元:ハート引越センター

東京都葛飾区に本社を構えるハート引越センターは、1992年に設立された引越し業者です。引越し事業のほかにも、産業廃棄物収集運搬や古物商を行っている点が特徴です。不用品の回収・買取りなどを自社で行っているため、やり取りもスムーズに行うことができるでしょう。

全国に31店舗と拠点数はそこまで多くはありませんが、すべての店舗が直営店です。依頼する店舗によってサービスのばらつきが発生しないため、安心してお任せできるでしょう。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
スタンダードプラン セルフ 大物家具・家電だけの依頼も可能な荷物の量にも柔軟に対応してくれるプラン
エコノミープラン プチおまかせ 荷造りから搬入まで行ってくれる一般的なプチおまかせプラン
パーフェクトプラン おまかせ 荷造りから荷解きまで行ってくれる一般的なおまかせプラン
エクセレントプラン おまかせ 荷造りから荷解きに加えてハウスクリーニングまで行ってくれるプラン。食器類などは事前に写真を撮って同じ配置にしてくれる

※2022年6月時点

ハート引越センターの詳細を見る

日通(日本通運)

日通(日本通運)

引用元:日本通運

「引越しは日通」というCMソングでもおなじみの「日本通運」は、日本通運株式会社が運営している引越し業者です。老舗の物流会社でもあり、その流通網やノウハウを活かした引越しが可能のようです。

トラック輸送はもちろん、海上や鉄道コンテナでの運搬もできるので、長距離の引越しに特におすすめです。詳細は後述しますが、キャンペーンも豊富に用意されているので、お得に引越しを実現したい人は検討すると良いでしょう。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
単身パックS・L 単身引越し 単身者向けの引越しプラン。荷物の量にあわせて、コンテナのサイズを選べる
単身パック当日便 単身引越し 荷物が少なく、かつ近距離の引越し向けのプラン。半日程度で引越しが終わる
家族のお引越し - セルフ、ハーフ(プチおまかせ)、フル(おまかせ)から作業範囲を選べる

※2022年6月時点

日通(日本通運)の詳細を見る

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社

引用元:アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社では、基本プランにおいてフルパックから経済パックまで作業を依頼する範囲に応じて選択可能のようです。ダンボールをはじめとした梱包資材も無料で提供してくれるため、自分で用意する必要はないでしょう。

長距離の引越しの場合は、距離に応じてチャーター便やJR貨物列車・コンテナを活用します。引越し作業は自社の作業員が担当するので長距離でもリーズナブルな引越しが可能になるでしょう。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
基本プラン - 家族向けのプラン。依頼したい作業範囲を柔軟に選べる
ミニ引越しプラン ミニ 学生や社会人、シニアなど、荷物が少ない人向けのプラン。荷物の量に応じてさらにプランが細分化している
長距離引越プラン - 長距離の引越しをする人向けのプラン。移動距離に応じて、チャーター便またはJR貨物列車・コンテナを活用

※2022年6月時点

アリさんマークの引越社の詳細を見る

西濃運輸

西濃運輸

出典元:西濃運輸

西濃運輸は岐阜県大垣市に本社を置く、セイノーホールディングス傘下の運送会社です。カンガルー引越便という名称で個人向けの引越しサービスを展開しています。単身者向けプランが2つと、家族向けプランが1つのシンプルなプラン構成になっており、家族向けプランでは作業範囲に応じてプランを選択できるようです。

ちなみに単身引越しプランであるカンガルー単身MAX+1では、荷物が多い人はコンテナボックスの追加も可能で2本目以降は1本につき1,100円の値引き(3/15~4/10の期間は除く)も受けられるとのことです。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
単身引越 - 単身者向けのプラン。作業範囲は要確認
カンガルー単身MAX+1 単身引越しプラン 単身引越しプランは見積もり不要なことが多いが、カンガルー単身MAX+1では、正確なBOX数を算出するため見積もりを行ってくれる
家族引越 - 家族向けのプラン。作業範囲に応じてプランを選択可能

※2022年6月時点

西濃運輸の詳細を見る

アップル引越センター

アップル引越センター

出典元:アップル引越センター

「アップル引越センター」は、株式会社アップルが運営している引越し会社です。対応エリアはやや変則的であるものの、配送先は全国どこでも対応可能と謳っています。3分で見積もり額が確定できる予約システム「ラクニコス」や、LINEなどでのオンライン見積もりにも対応しており、可能な限り率先してIT化することでコストの無駄を省き、リーズナブルな引越し料金を実現できるでしょう。

基本セルフプランになっていますが、オプションで荷造りと荷解きも追加可能です。オプションを追加すれば、おまかせプランにすることも、プチおまかせプランにすることもできる仕組みになっています。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
単身のお引越し セルフ 単身向けプラン。洗濯機や照明器具の取付け・取外し、家具の解体・組み立てなど無料で行ってくれる
家族のお引越し セルフ 家族向けプラン。洗濯機や照明器具の取付け・取外し、家具の解体・組み立てなど無料で行ってくれる

※2022年6月時点

アップル引越センターの詳細を見る

福山通運

alt_text

出典元:福山通運

運送会社である福山通運は、物流で培ったノウハウを活かして引越しサービスも展開しています。プランは家族の引越しにも対応しているフクツー引越便と単身者向けの青春引越便の2つのみとなっています。エアコンの取外しや不用品の処理など、オプションサービスが充実しているので、最小限の手間で引越しを依頼できる事業者でしょう。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
フクツー引越便 - 家族でも一人でも対応しているプラン。おまかせ、プチおまかせ、セルフに加えて、輸送のみ行う節約プランを提供
青春引越便 単身引越し 単身者向けのプラン。コンテナボックスの数と配送地域により料金を計算するので、不明瞭な追加料金が発生しにくい

※2022年6月時点

福山通運の詳細を見る

全国学生引越センター

alt_text

引用元:全国学生引越センター

神奈川県に本社を置く、創業25年余を迎える全国学生引越センターは、学生と名が付きますが家族や社会人でも利用可能です。単身の場合は、19,800円からとリーズナブルに引越しができるでしょう。

梱包資材も無料で提供してくれて、使用済みのダンボールも無料で回収してくれるなど、引越し料金以外に追加料金が発生しない点も嬉しいポイントです。オプションになりますが、荷造り・荷解きにも対応してくれるので、引越し日までに時間がない場合でも安心できるでしょう。

■取り扱いプラン一覧

プラン名 プランの種類 特徴
単身のお引越し セルフ 単身者向けのプラン。19,800円から利用可能
ファミリーのお引越し おまかせ 家族向けのプラン。77,000円から利用可能

※2022年6月時点

全国学生引越しセンターの詳細を見る

まとめ

alt_text

引越しプランは作業範囲によって、「おまかせ」「プチおまかせ」「セルフ」に大別されます。そこからさらに派生して、単身向けの単身引越しプランや女性向けのレディースプラン、高齢者向けのシニアプランなどを各社が用意しています。まずは引越しに際して、荷造りや荷解きに時間が取れるのか、荷物の量は多いのか少ないのか、といった状況を把握したうえで、プランを絞っていきましょう。

単身引越しナビ

一都三県在住の単身者の方で、電話なしで、かつ引越し業者とのやり取りを極力少なくしたい方には当サイトが提供する定額引越しサービスの「単身引越しナビ」がおすすめです。荷物の制限は2トンのショートトラックに載せられるだけなので料金体系も非常にわかりやすく、見積もりの時間が削減できるようになっています。大型の家具・家電があっても、既定のサイズに収まるのであれば料金は変わりません。信頼できる数多くの提携事業者がいるから希望日でのお引越しが可能です。また電話対応は単身引越しナビかマッチングした引越し業者だけなので安心して利用できます。しつこい営業電話も、訪問見積もりもないので、じっくりと引越し準備を進められるでしょう。

こちらから電話することはなく、ネットから申し込んだら、マッチングできるまで待っていればOK。申込み手続きもネットで完結します。引越し業者が見つかったら、あとは当日までに梱包を済ませるだけです。梱包で使うダンボールも20枚ついてくるので、梱包資材の調達は必要ありません。時間のない人、できるだけ手間を少なくして引越ししたい人は、ぜひ利用してみてください。